FC2ブログ
『訪問看護元気化計画~現場からの15の提案~』   6月15日分
 
 6月15日付で、医学書院から『訪問看護元気化計画 ~現場からの15の提案~』という単行本を出版させていただきました。執筆は、私と川越博美さんです。2025年を描いて夢を語り、15の提案にまとめたものです。現在の日本の訪問看護の現場・現状がどうなっているのかがわかり、この先をいっしょに考える材料が詰まっているかと思います。ぜひ、ご一読を!!

以下は、本の「はじめに」の一部です

全国行脚をさせていただきました
私たち二人は、不思議な縁がありました。年齢は10歳くらい離れているのに何だが気があって約20年弱の付き合いになっています。私たちが知り合ったのは、1992年訪問看護ステーションの制度がスタートした年です。東京で各々がステーション立ち上げに奮闘し、その後、1993年に東京訪問看護ステーション連絡会を設立の中心的メンバーとして動き、そして現場からの発信を試みてきました。(宮崎は、「北千住訪問看護ステーション」、川越は、「白十字訪問看護ステーション」)
 二人で、全国の訪問看護の現場訪問しようと話し合ったのが2007年6月です。それぞれが多様な状況に接し(病気など)、日本の訪問看護のこれからを原点に返って考え直そうと思ったのです。そこで、全国の現場に直に接し、そして現場の皆さんと語り合い、今後をともに考えることを全国の皆さんに呼びかけました。
 2007年9月から2008年8月まで、月1回の現場訪問を12回に渡って実施させていただきました。(一覧表参照)そしてそのことを、雑誌『訪問看護と介護』医学書院発行に連載で掲載させていただきました。
 全国行脚の主な内容は三つです。①訪問看護同行・・・ ②都道府県の訪問看護ステーション連絡協議会などの皆さんと屈託なく語り合う会、③私たちの講演会『訪問看護――着た道・行く道』。15ヶ所の訪問看護ステーションで受け入れてくださり、35軒の利用者宅を同行訪問、語り合う会では、豪華な食事を共にし(ところによってはいっしょに宿泊し)、そしてのべ1200名の訪問看護師の方に講演を聞いていただきました。まずは、受け入れてくださった方々、本当にありがとうございました。心よりお礼を申し上げます。
 その全国行脚の中で感じたこと、考えたことをまとめて発信しなければならないと自覚し、私たちなりにまとめてみました。

私たち二人の“夢”の表現であり、『提言』です
 政治も、社会保障も、国民の生活も先行きわからない状況の中で、2008・2009年を一つの定点として、日本の訪問看護を概観してみました。そして、今後の日本の訪問看護のあり方について、二人で“夢”を語りその実現の姿を提言させていただいたつもりです。「まだまだ足りない、貧弱だ」と同時に、逆に「こんなことできるはずない」と両面からのご批判があるでしょう。これが、私たち二人の到達点です。
 第1章では、日本の訪問看護の現状を全国行脚で見たこと・出会ったことと統計とをミックスして表しました。
 祭2章は、『15の提言』です。今後の日本の訪問看護、いいえ地域での看護師の活動について提言・呼びかけです。
 私たち二人は、あまり制約を受けずに自由に発言できる身分です。エビデンスもしっかりしていないとお叱りを受けるかもしれませんが、長くこの分野に携わってきた者として、未来に向けての精一杯の発信です。
訪問看護元気化計画

2010.06.16 Wed l 著書紹介 l top ▲
『だから訪問看護はやめられない』    3月25日分
 久々に本を出版しました。『だから訪問看護はやめられない』メデイカ出版です。
編著者:宮崎和加子
漫画:岸 香里
著者:阿部郷子・諏訪部高江・竹森志穂・宮田乃有・渡邊美也子
  

私の本の紹介のあいさつ文です。
訪問看護に携わる30代の若いナースたちが中心になって本を出版しました。
『だから訪問看護はやめられない』 という本です。
 日本で訪問看護の試みがはじまって早30年余。全国に訪問看護は広がりましたが、今ちょっと足踏み状態。これからの日本の社会にとって期待が大きい訪問看護。飛躍的に発展させる鍵keyは『若いナースがどんどんこの分野で活躍すること!!』だと思います。
今、病棟で働いているナースたちに「訪問看護っておもしろいのよ」「20代で一度は訪問看護を経験しよう!」と呼びかける本です。
訪問ナースさん・・・おもしろさを語り合おう
病棟ナースさん・・・とにかく一度現場に来てみて!
看護部長さん ・・・若いナースに訪問看護を体験研修する年単位のシステムを作りましょう!
看護関連学生さん・・病棟経験は、短期間でいいよ。(なくてもいいよ)訪問看護の現場に!
 ぜひ、周囲にいるナースにこの本をご紹介ください!! この本が売れることが、訪問看護の将来にさまざまに影響すると思っています。
マンガあり、写真ありで訪問看護の世界にはこれまでになかったような本です。
 訪問看護の分野・業界を盛り上げていくことに、どうぞみなさんお力を貸していただけますようお願いいたします。
 
若手の著者の竹森志穂さんの本の紹介文
「訪問看護がわかる本」を作りました。
これは、訪問看護の技術テキストではなく、訪問看護サービスを紹介する本でもありません。病棟で働いている看護師や看護学生の方々に、「ぜひ一度は訪問看護を経験しよう!」と呼びかけるために書いた本です。
看護職の皆様、また看護職以外の皆様、ぜひ購入して読んでみてください。そして、読み終わった後は、看護師をめざしている友人や知り合い、訪問看護に興味を持っている看護師の方々に、この本を紹介してください。
訪問看護制度を作り上げてきた宮崎和加子さんと一緒に、(比較的)若い訪問看護師が一緒に話し合いながら書きあげました。気軽に読めて、それでいて「訪問看護ってどんな感じなんだろう」という疑問に答えています。前半は、漫画家で看護師の岸香里さんが、実際のケースを参考にして漫画を書いてくれました。訪問看護師の皆さんは、「いるいる、こういう利用者さん」「あったあった、こんなこと」ときっと感じると思います。まだ訪問看護を経験していない皆さんには、「へー、訪問看護って面白いかも」と思っていただけると信じています。
訪問看護の面白さのひとつは、「思い通りにいかないこと」です。そのことでもちろん大変なこともありますが、だからこそ工夫しがいがあり、新しい利用者さんの姿や自分自身を発見したりすることにつながります。
そのような訪問看護の楽しさや面白さを率直にお伝えする本です。

 どうぞよろしくお願いいたします。(いろいろ事情があり、購入していただきたいのです。2200円)

うまく表紙の絵を貼り付けることができなくてすみません。インターネットで題名を検索するとかわいい個性豊かな表紙出てきますので、どうぞご覧下さい。

2010.03.26 Fri l 著書紹介 l top ▲
『ずっと心に残る19話』『平穏死』    3月5日分

 昨日、東京新聞の封筒で荷物が届きました。?と思いながらあけてみたら1冊の本が入っていました。題名は、『下町っ子戦争物語ーーずっと心に残る19話』(早乙女勝元著、東京新聞出版)です。早乙女氏とは、かなり昔(30年位前からかな)親しくさせていただいており、お互いに本を出版するたびに送っているので、私は大体の本(でも半分くらいかな?)は読んでいます。どの本も大事な社会問題をわかりやすく書いてある本です。
その中でも今回のこの本は、とても心に染み入りました。早乙女氏は、「東京大空襲といえば早乙女勝元」といわれるほどの方で、ご自身も空襲にあわれ、その惨事を記録に残すようにずっと取り組んでこられた方です。江東区に民設で「東京大空襲・戦災資料センター」を作る先頭にたち館長もつとめられています。

12歳で東京大空襲を

 酒宴を共にする機会もたまにあり、よくお話を聞いていたので、早乙女氏のことは、おおよそのことは知っているつもりでいたのですが、実は殆ど知らなかったんだということが、この本を読んでわかりました。
子どもの目からみて戦争がどういうふうに始まり、周囲の大人はそれをどういうふうに受け止め、実際の空襲などがどうだったのかが、手に取るように表現されているのです。話や他の本や写真で見聞きしていましたが、実際に子どもである早乙女氏が体験した東京大空襲の様が目に浮かぶように表現されているのです。悲惨さだけがかいてあるのではなく、子どもがその時代をどんなふうに生きたかのたくましさも見えます。“庶民”が見えるとでもいうのかな。
改めて戦争ってなんなんだろう!?とつくづくため息がでました。今どうしてこの本がと一瞬思ったのですが、あっというまに読んでみて、戦後65年の今、また読み・そして次世代に伝えなければならないのだと思いました。早速、我が子どもたちに読むようにすすめよう。
早乙女氏がいっています。「東京大空襲」と「関東大震災」の区別がつかない若者に会い、『過去の教訓を学ばぬものは、再び同じ過ちを繰り返す』という警句が胸の内に甦ってくると。
何だか新鮮な感覚で受け止められる本なんです。

『平穏死』
 今年の目標である“本を週●冊読むぞ”をしっかり守っています。ジャンジャン本を読んでいます。その中で1冊の本を紹介します。『平穏死』(石飛幸三著・講談社)
友人からプレゼントしていただいた本。『死』に対していろいろな表現がある。たとえば、安楽死・過労死・在宅死・自然死・・・。しかし、この『平穏死』という言葉ははじめて聞きました。はすに構えて読み始めたのですが、なかなかおもしろかった。この本はきっとすごく話題になると思う。いままで中々いいたくても大きな声でいえなかったこと、あるいは本などで活字にしにくかったことを書いた本。 Amazonの紹介では「「特養」常勤医が現場から初めて告発。特養ホームの介護現場では、胃に管を通して栄養注入する胃ろう手術や多量の点滴が肺炎を誘発している。数少ない常勤医が過剰な医療をしない平穏死を提案する」と。
 長年外科医として第一線で直す治療をしてきた著者の医師が、定年後、世田谷区の特養ホームの医師となり、人間が老いて死んでいくときの医療のかかわり方についてかなりはっきりといっている。点滴や胃ろうでのチューブ栄養は必要ない場合が少なくないのではと。
 在宅や特養ホームなどの生活の場での医療のあり方、人生の最期の看取り方を国民全体で考え直す必要があると思うのは、私だけでなく多くの人。この本は一石を投じているように思う。ぜひ、ご一読を!
 
いい本があったら、ぜひ私に紹介してください!! 読書は楽しい!!

2010.03.05 Fri l 著書紹介 l top ▲
『訪問看護実務相談Q&A』出版   9月5日分

 今年は、単行本を何冊か出版予定です。まず、第1冊目が9月20日付で出版されます。題名は、『三訂・訪問看護実務相談Q&A』中央法規出版です。
 この本は、社団法人・全国訪問看護事業協会が編集し責任を持って世に出すもので、当協会の担当者が共同で編集・執筆しました。担当した13名は、現場の訪問看護ステーションの所長さんたちが主です。当協会の週1回の電話相談で電話での相談を担当をしているベテラン所長さん。私は、当協会の事務局の仕事を行っているので、この本のまとめにかなりの時間とエネルギーをかけました。

訪問看護と『医療保険』『介護保険』
 この本のオビに書いてあるのは、「この1冊で、訪問看護制度・運営の全体がわかる」「介護保険・医療保険の訪問看護の最新情報を網羅」「訪問看護の迷いや疑問にお答えします」です。訪問看護をめぐる制度の解釈が難しいために、その確認や疑問の電話相談がとても多いのです。今年の4月(2009.4改訂)に介護保険の報酬改訂があり、かなり変更がありました。その内容を追加し、新しい改訂版として出版したものです。
 昨年、医療保険の改訂があり、昨年度1年間の電話相談が約1000件あり、それを分析・選択・整理し、それまであったQ&Aと合体し、全部整理し、結果的に415個のQ(質問)に対してA(答え)を厚生労働省に確認をして、正確に解釈し著述したものです。
 Q&Aだけではなく、制度の概要や年度別改訂の内容、関係法令・厚生労働省の通知などの原文も掲載されています。訪問看護事業を行う上でなくてはならない本であり、事務職にも必携のものです。
訪問看護事業は、医療保険と介護保険の二つの保険にまたがった事業です。利用者の8割は介護保険の対象者、2割が医療保険の対象者です。年齢・病名・状態によりどの保険の対象者なのかが決まっています。しかし、状況によって同じ月に2つの保険を利用する場合もあるのです。

二つの保険の中で複雑な仕組みの『訪問看護』
この本作りをする中で、一番思ったことは、“なんと複雑になってしまったか”ということです。1992年に訪問看護ステーションがスタートしたときには、非常にシンプルでわかりやすい制度でした。それが、介護保険ができて両方の保険にまたがり、両方の制度・報酬改定のたびによりよいものにするために現場からの要望事項を厚生労働省に提出し、改善されてきたのです。そのことはとても大事なことでよいことなのですが、結果的に非常に複雑で分かりにくい内容になってしまっているのです。利用者にもケアマネにも、そして当の本人の訪問看護師にも理解しにくいほどの難しさです。
たとえば、どちらの保険の対象者かを理解し覚えるだけでも大変なのに、場合により同じ月に医療保険と介護保険の両方を利用する人がでてくるのです。それは医師から「特別訪問看護指示書」が発行された場合です。もともと介護保険の対象の方が、急性憎悪等で頻繁に訪問看護が必要になった場合に「特別訪問看護指示書」が発行されます。そうすると、その日から医療保険の対象になるのです。利用者は、その仕組みを理解することが必要になり、自己負担の違いも覚えなければなりません。請求書が2種類発行されることになります。
様々な加算の条件も名称も微妙に違っていていて、わかっていても頭がこんがらがってしまいます。

「医療保険」へ一本化を?!
 この本作りをする中で、色々考えました。それ以前からも考えていましたし、他の事情もいろいろあるのですが、解決策を大胆に提案しなければならないなあと思っています。
まだあいまいな部分はあるのですが、結論からいうと、『訪問看護サービスは、介護保険を外れて医療保険だけにしましょう』という意見が今の私個人の提案です。これは、次に出版される著書(たぶん、11月ころ)の中で詳しく展開しています。

 関係者の方は、ぜひ『三訂・訪問看護実務相談Q&A』中央法規出版 をお手元に!
「中央法規出版」「全国訪問看護事業協会」などのホームページからでも。



2009.09.09 Wed l 著書紹介 l top ▲
『あなたも地域看護のフロントランナー』  
11月5日分

 このタイトルの本が、本日11月10日出版になります。サブタイトル「挑み続ける保健師から」、オビが「こんなおもしろい保健師がいる!」という本です。著者は、望月弘子先生と私です。出版社は、日本看護協会出版会(1800円)。
ご縁があり望月弘子先生のご本を作るサポート役をさせていただきました。日本の保健師の第一人者であり、山梨県看護協会会長・日本看護協会副会長でいらっしゃった望月弘子先生です。知り合いになったいきさつなど詳しくは本の中でご覧いただければと思います。

目次は次のようです
第1章 道を拓く、制度を創る、人を動かす
 第1話  生きる力が蘇った結核患者
         ――自己解決能力引き出し支援
 第2話  「マザー&チャイルドセンター」を
――生き生き「共同助産所」の経験から
 第3話  母子保健活動は「人間づくり」のもと
         ――「愛育会」の活動
 第4話  みる力・創造力で開拓していこう
         ――地域・地区に徹底的にこだわった保健師教育
 第5話  あなた(保健師)が動けば、町・村は変わる!
         ――山梨県市町村派遣保健師制度創設
 第6話  訪問看護制度化への31年
         ――全国に先駆けての取り組みの挑戦
 第7話  保健師活動もエビデンスをベースに
         ――勤務時間内での研究活動を認めてもらうために
 第8話  看護大学開設のかげに
         ――力がなければ力のある人に頼み実現する
 第9話  看護の発展の鍵を握る看護協会活動
         ――横糸と縦糸から紡ぎ出されるパワー
 第10話 住民と共に築く豊かなまちづくり
         ――〝自分たちで〟の応援団を自負しよう
第2章 座談会 「本物」であることにこだわって
   望月弘子・村島幸代・新藤京子・岡利香・宮崎和加子(司会)

誰が読んでもわかりやすい本です ぜひに!
 日本に、看護師は約130万人います。その内訪問看護師は約3万人。保健師は約4万人です。病院・医療の中の看護師は130万人もいるのですが、それでも足りなくて病棟閉鎖をしている病院もあります。一方、家で暮らす要介護・要看護の方々を支える訪問看護師は3万人に満たず、これまた全国どこでも人手不足で住民の方の希望にそった活動がなかなかできず、疲労困憊している・・・。では、保健師は何をする仕事か? 現在どういう仕事をしているかということもおもしろいですが、本来保健師は何をする専門職なのかをぜひいっしょに考えましょう。
 この本は、そのことを描いている本です。保健師の活躍で日本の国民がどれだけ健康を維持できるか・・・。安心して自覚的に生きられるか・・・。
 看護職というのは、日本では、3つの職種です。保健師・助産師・看護師で、それが法制度化されたのが、60年前の昭和23年です。通称「保助看法」といっています。明治時代中期に誕生した日本の看護師(近代的看護)は約120年の歴史があります。しかし、第2次世界大戦終戦後、GHQ(進駐軍)の指導でまったく新しい看護教育が日本で始まります。その中で法制化された「保助看法」です。今年は、「保助看法」制定60周年記念で様々な催し物が行われています。この本も結果的にその一環となりました。

 私の考えでは、保健師も訪問看護師も、時に助産師も役割はほとんどいっしょです。病院や施設内ではなく、地域・自宅で生活する人々を支えていく仕事です。生まれる・病気をする・障害を持つ・老いる・死ぬ、よくいわれる『生老病死』のときに生活を基盤とした何かを支援をする専門職です。それぞれの歴史・誕生の経緯はあるのですが、足りない人数でも住民のみなさんに役立つように、頭をやわらかくして知恵を絞って取り組まなければと思います。
保健師さんだけではなく、訪問看護師、助産師いいえ全看護職に読んでいただきたい内容です。望月先生の長年の実践・取り組みを紹介しながら、それを過去の話ではなく、現代と結びつけて、看護職が何を基盤に考え実行していくべきかを描いたつもりです。いっしょにやらせていただいた私自身が一番勉強になりました。看護職以外の方もぜひ! 専門用語は少なく、どなたでもよみやすい、いい本です!
感想も聞かせてください。

『あなたも地域看護のフロントランナー』 ~挑み続ける保健師から~
  著者:望月弘子・宮崎和加子  発行:日本看護協会出版会 定価:1800円 

2008.11.10 Mon l 著書紹介 l top ▲