FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
グループホームわいわい白州      2016年10月25日

 前述の通り、北杜市で不足している事業・サービスで私ができる事業は何かと、『北杜市介護保険事業計画』等をいろいろと勉強し、また市役所でも丁寧に相談にのっていただきました。そして、「グループホーム」が不足していて公募するということをお聞きし、グループホームであれば東京で開設・運営を実施してきた(社会福祉法人すこやか福祉会で6か所・9ユニットの立ち上げ)ので、手上げすることにしました。

白州の地に
 公募に応募申請すると簡単に言いますが、実はそのための書類は膨大です。綿密な計画が必要であり、たぶん多くは経営コンサルタントにお願いするのではないかと思うような多岐にわたる内容です。
 でも、さまざまな協力のもと、自力で申請することができました。そして、当法人「だんだん会」が選定され、グループホームを立ち上げることが可能になりました。
 場所は、北杜市白州町。みなさんよくご存じの『サントリーウイスキー白州』のあの白州。あるいは『南アルプス天然水』。サントリーの宣伝をしているわけではないのですが、素晴らしい自然環境の中で豊かな水で作られるウイスキーということなのでしょう。その白州の中心地にグループホームを開設することになったのです!

名称は「わいわい白州」
 グループホームの運営は、東京・すこやか福祉会で実践させていただいた『徹底した自立支援』『やって差し上げない介護』『介護ではなく支援』など、『生き返る痴呆老人―グループホーム福さん家での実践』(筑摩書房)で紹介したような方法で実施します。
 なんだか『わいわい』と、認知症になってもある意味にぎやかに、生活を楽しめるような家にできるように、新しい職員と頑張っていきます。

認知症の人の生き方支援にかかわらせていただく喜び
 私としては、久しぶりに認知症の方などに直接かかわらせていただけるうれしい機会です。じっくりとかかわらせていただき、新たな“何か”に気付いたり、発見したらこのブログを見てくださっている皆様にお伝えしていきます。
 還暦以降は、第1線の現場はありがたいです。
スポンサーサイト
2016.10.25 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。