上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
ハーブテイ              2015年6月15日分

私は、人工の香りに弱い。すぐに頭痛がする。だから、香水・オーデイコロンやトイレの芳香剤、部屋の芳香剤などは使わない・使えない。
その代わりといっては何だけれど、自然の香りは大好きである。自然の木の香り、草の臭い、花の香り・・・大好き。

生のハーブのお茶
 アロマやハーブに凝って栽培している友人が多数いる。先日、ある友人が「宮崎さん、このテイを飲んでみて。気持ちがすうっとするよ」と、生のカモミール、スペアミント、レモングラスなどをくださった。それを、ガラスの透明な急須・容器に入れてお湯を注ぎ、数分おいていただいた。これがなんとおいしかったことか・・・。色もよく、さわやかで、薫り高く、味もよい。
 それ以来、私も凝り始め、植えて・飲んで・香りと味を楽しんで・披露して、喜んで楽しんでいる。“脳が喜んでいる”という感じ。幸せ気分・・・。

嗅覚は大事
 視覚や聴覚、味覚は意識的によく使う。しかし、触覚と嗅覚は忘れがちである。私が今実感しているのは、嗅覚がとても大事なのではないかなということ。トイレの芳香剤と本物の香りの区別がつかない人が多くなっているという。また、玄関を開けると人工的な強い芳香剤の臭いで、嗅覚が麻痺してしまいそうな環境の家もある。
その季節・季節に合った自然の微妙な香りを感知し、それを楽しむ嗅覚が実は脳を元気にし、すこやかな気持ちで毎日を送ることにつながるのではないだろうか。
私は、よく散歩をするが、どこからともなくいい香りがしてくる。沈丁花、ばら、香木、・・・。そんな日は何だかとてもうれしい!

 意識的に自然ないい香りを嗅ぐようにしたいものである。



スポンサーサイト
2015.06.30 Tue l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。