中国・南京    2016年11月15日

八ヶ岳で新規事業立ち上げに忙しい中、相変わらず全国各地に出かけています。
そういう中、10月末に中国の南京に行ってきました。世界の30数か国に行ったことがあるのですが、中国は初めてでした。

愛徳基金会主催の国際シンポジウム

 今回の企画は、中国のキリスト教関連の団体(たぶん福祉関連)愛徳基金会主催の国際シンポジウムで、今回のテーマは「End of life care」。日本からの報告者として参加することになりました。
 参加者は600名ほどで、報告者は、中国・香港・台湾・オーストラリア・カナダ・アメリカ・ドイツなどでした。

英語でのプレゼン!
私は、30分ずつ2回の登壇でした。そのうちの1回は、なんと英語でのプレゼンテーションだったのです! 日本語の原稿を私が作り、英訳やチェックを家族や同行する先生方にお願いし、前日の夜まで声を出して練習しました。何とか無事に終了。英語でのプレゼンは生まれて初めて。新しいことへの挑戦を頑張ってみました。

日本で働きたいという看護大学学生

 プレゼンが終わった後、何人かの中国人の方が駆け寄ってくださいました。一人は、南京医科大学の看護学部の4年生の学生の方。日本で働きたいと思っている。どうしたらそれが叶うのかを教えてほしいとのこと。日本語は日常生活はOKでした。(N2)それで、詳細に調べて情報提供することにしました。

息子が日本で学んでいるという母
 日本語も英語も“あんまり”という女性の方がにこにこと来てくれていっしょに写真を撮らせてくれということでした。OK。スマホで撮った写真を日本に勉強しに行っているという息子に送り、その息子さん(イケメン)から日本語で私にmailが来たりして・・・。まあなんと・・・。今度母が来日したらいっしょに食事でもしようかと。

などなど、知っている人が1人もいない国で、親しくお話しして今後につながるような関係ができました。
スポンサーサイト
2016.11.22 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲
「在宅・生活の場でのリスクマネジメントマニュアル2版」    2016年11月5日

今年3冊目の本の出版です。「在宅・生活の場でのリスクマネージメントマニュアル2版」。一番はじめは、2001年に医療法人健和会での実践をもとに単独著書出版でした。それから10年後の2013年に同じタイトルで出版しました。しかしその時には、現場のベテランの若手訪問看護師といっしょに概念整理・事故のレベルの分類・危険予知トレーニングなどを付け加えて刷新してかなりグレードアップして新しい本になりました。

それから3年、さらに
 それから3年が経ち、新しく版を変えた。今回は、在宅だけではなく、「生活の場」でのリスクマネジメントの視点をいれ込んだ。バージョンアップ。
 新設の訪問看護ステーションがやっと多くなっている現状です。様々な事業の基本であるリスクマネジメントをこの際見直してはどうでしょうか。そういうときの参考の本になれば幸いです。

2016.11.05 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲

[

「在宅・生活の場でのリスクマネジメントマニュアル2版」    2016年11月5日

今年3冊目の本の出版です。「在宅・生活の場でのリスクマネージメントマニュアル2版」。一番はじめは、2001年に医療法人健和会での実践をもとに単独著書出版でした。それから10年後の2013年に同じタイトルで出版しました。しかしその時には、現場のベテランの若手訪問看護師といっしょに概念整理・事故のレベルの分類・危険予知トレーニングなどを付け加えて刷新してかなりグレードアップして新しい本になりました。

それから3年、さらに
 それから3年が経ち、新しく版を変えた。今回は、在宅だけではなく、「生活の場」でのリスクマネジメントの視点をいれ込んだ。バージョンアップ。
 新設の訪問看護ステーションがやっと多くなっている現状です。様々な事業の基本であるリスクマネジメントをこの際見直してはどうでしょうか。そういうときの参考の本になれば幸いです。

2016.11.05 Sat l 未分類 l top ▲
だんだん会ホームページオープン    2016年11月1日

 だんだん会のホームぺージが完成しました! 

北杜市の地元で新鮮な感覚でホームページを作って下さる方を探し、そして紹介していただいた方が、若くて東京から移住してきた徳永さん(36歳)方で、起業した方です。どんなホームページにするかと語り合いました。

写真を使って
私:他にないような素敵なホームぺージにしましょうよ。
氏:どんなイメージですか
私:ええと・・・。うまく表現できないけれど・・・
  たとえば、私とか今説明しただんだん会のイメージで考えると、どういうのがいいと思いますか。提案してください。
氏:そうですね。写真をフルに使ったのはどうでしょうか
私:それは大賛成だわ
氏:見せ方としては・・・・・
  では、きょうお聞きした思いやら夢やらを参考にしてこの次まで具体的なイメージを形にしてきます。
 こういうことには詳しくないので、若者のイメージやセンスにお任せした方がいいと思いました。

写真をどうしようか
 初めての案を見せてもらった時に、『わあ、ステキ! この線でいこう!』と決まりました。
 一番の決め手の写真をどうしようか。プロのカメラマンにお願いするような
予算はなし。かといって私のような素人の写真では??
 “そうだ、私の長男に頼もう”ということになりました。長男の写真を見るたびに素人ながらどことなくおもしろい写真をいつもとってくれているので、お願いすることになりました。
 被写体は、『北杜』『花』など。自然環境抜群の北杜市での法人立ち上げなので、これしかない。休日に長男に撮影を依頼しました。たくさんの写真を撮ってくれました。

もう一人の写真のセミプロ
 毎日変化する自然。季節も変わってくる。それを折々にホームページに反映していくには、地元在住の方で協力してくださる方はいないだろうか。
 そうしたところ、だんだん会の仕事のパートナーとなって下さった中嶋登美子さん(9月より理事に。そのうち、詳細に紹介します)が紹介してくださったのが、宮川和(みやかわ やまと)氏、33歳。(またまた若者!)
 早速、撮影をしてくださったのです! それがすばらしい!! それで、急遽、ホームページに中に『北杜写真館』という宮川さんコーナーを作ることに。
宮川さんが、四季折々の写真を掲載してくださるそうです。

どうぞ、たまに見てください
 そんなわけで、10月25日にオープンしました。さまざまな情報・進捗状況を載せていきますので。『だんだんNOW』もぜひ! 『北杜写真館』だけでも覗き見してください。なんかいいですよ!






2016.11.03 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲