新しい本を出版    2016年8月5日分


表紙

 昨年から準備してきて、やっと出版にこぎつけた本です。『訪問看護師のための診療報酬・介護報酬の基本と仕組み』メディカ出版。私の後任の全国訪問看護事業協会の事務局長の清崎由美子さんと、現場の訪問看護師の加藤●○○さんと○●との共著です。いろいろ本を企画し出版させていただいていますが、この本の内容ははじめてのものです。なかなかいい本に仕上がりました。
 訪問看護制度は複雑で難解です。医療保険と介護保険にまたがり、利用者は病名や病状により保険の適応が違います。
新しく訪問看護の現場に入った看護師は、その仕組みを理解するのにとても苦労しています。理解をしないでただただ訪問だけをすればいいという訪問看護ステーションもあるようですが、それでは真に利用者に即した内容のサービスを行うには不十分だと思います。
 その理解を助けるための本です。訪問看護関連の制度や仕組みについて初心者向けに、あるいはベテランでもより正確で確実な理解のために作った本です。

以下、初めにより(抜粋)

「訪問看護は、医療保険と介護保険の両方にまたがっていて制度が複雑で分かりにくい」
「病名・病状によって利用する保険がかわるので、覚えきれない」
「医療保険と介護保険のしくみがわかるのに1年かかった」
「どうして訪問看護は、制度が複雑なの」
「制度や報酬がよくわかる簡単な本はないの」
このような声に応えるためにこの本を作りました。

 訪問看護に関する制度や報酬はどうして複雑で難解なのでしょうか。その理由は、以下のようなことが考えられます。
 一つは、訪問看護の歴史から見えてきます。社会の要請にこたえて自主的に開始した訪問看護が医療保険で制度化したのが今から30数年前。1回の訪問で1,000円の報酬でした。その後、1992年から始まった訪問看護制度で「訪問看護ステーション」という看護師が管理者となる事業所が新設されました。そこで制度や報酬の仕組みが大きく変わり、初めて訪問看護で利用者から利用料(250円)を直接いただくことになりした。
 それがやっと定着したかに見えた時、2000年に介護保険がスタートしました。そこから、訪問看護は従来の医療保険と介護保険との両方の制度に関係することになり、複雑化していきます。
 また、訪問看護関連の仕組みや報酬が複雑な理由のもう一つは、報酬改定の度に少しずつ制度の改善をしてきたことです。それも現場の意見を集約し要望し、利用者にとって、あるいは訪問看護を実施する事業所や看護師にとって良い方向に制度を充実するように改善してきた結果です。
 複雑化している訪問看護関連の制度や報酬について、マイナスに受け止めるのではなく、よりきめ細やかに利用者にサービス提供できるようにしているとプラスとして理解して取り組んではどうでしょうか。詳しい正確な法律や制度・報酬の成書はいくつかありますので、それをフル活用していただきながら、この本は入門編です。また、この本では、特に医療保険と介護保険、その関係等について中心にまとめました。このほかには、公費医療費・自賠責・・・障害者自立支援法・・・生活保護関連など多岐にわたる制度・報酬がありますが、他の成書を参考にすることをお勧めします。

<この本の活用方法>
1 新しく訪問看護の仕事に就く方の新人教育のテキスト
新人教育・研修で活用しやすいように、パワーポイントの資料を・・・書いてください
2 現場の職員の手元に置く身近な参考書
3 事務職の保険請求などの手引書
4 ケアマネジャーの“訪問看護関連の制度”の理解のための参考書
スポンサーサイト
2016.08.30 Tue l 著書紹介 l top ▲
還暦登山登頂    2016年8月15日分

 『有言実行』まさにこれです。私の性格から、口に出さないで静かに黙々と実行するということができないようです。息子から「還暦のお祝いはどういうふうにしようか」と声をかけてもらい、ただ集まって食事会をするのではおもしろくないと、『還暦登山で山の上でお祝い会をやって!』とお願いした。そしたら、子どもたちが分担して計画をしてくれたのでした。

体力維持・増進、そして雄大な山
 私の目的は、体力維持・増進。日々努力して頑張ろうと思ってもなんだかんだで実行できないで過ぎていくのです。自らどうしても山に登らなければならない状況に追い込みトレーニングをしようというねらい。
 以前のブログにも書いたように何度かトレーニング登山をして備えた。そうはいっても体力の衰えに不安はありました。

目指す山は『八ヶ岳』
 八ヶ岳の山小屋に1泊して、お祝い会をしてもらい、夕焼けを見、日の出を楽しむというぜいたくな計画。息子たち慎重にコースを選び、お祝い会用の荷物を若者たちがたくさん背負ってでかけた。
 家族・親族・ほぼ家族など総勢10名。10歳代1名、20歳代2名、30歳代2名、40歳代2名、60歳代2名、70歳代1名。若者が多かったので、私がバテる前に荷物を全部背負ってもらって、らくらく登山をさせていただいた。それでも息が切れ、自分としては必死。

全員で登頂!
 早朝から登り始め、午後には目的の小屋に到着!! よく登った!! 山小屋でビールを飲みながらゆっくり・・・。個室の部屋で、なんとトイレは水洗でシャワーまである2700m!
 この還暦登山で感激・感動したことが5つほどありました。そのいくつかを紹介しましょう。

山の壮大さに感動
 森林帯からぬけて展望がよくなって、みんなで「わあっ! すごい!」の連発でした。目の前に雄大な山が立ち並び、深い谷、緑・緑、コマクサ・・・。やはり山はすごい! 特に2,500mを越える山はいい!

朝焼け・朝陽
 翌朝5時前の日の出もすばらしかった! 久しぶりに見て思い出したが、平地(下界)で見る朝陽と違って、言葉にできないような色、それもまさに耀くのです。あの色と耀きを見て元気がでました。

山頂でケーキ!・・・
 夜のお祝い会では、持参した火(道具)3台で、ラーメン・焼肉・チンジャオロースー・手作りカレー(ターメリックご飯)など豪華な食事。その上にシャンパンとワインまで。誰が背負っていったのか・・・。それだけでも感激しているのに、最後にケーキがでてきた!!! 「崩れてごちゃごちゃになってしまうかもしれないけど背負っていこう」と息子たちが・・・。そのケーキ、何と崩れていなくてきれいな丸い大きなケーキのまま! どうやって背負ってくれたのか・・・。欲しかったもののプレゼントもいただき、感動の連続でした。

なにより、たくさんの方々が参加してくださって、本当に本当にうれしかったです。幸せものですね。
「おかん、次は?」
「そうねえ、65歳のときに、キリマンジャロ登山かな・・・」
「ええっ・・・・」

2016.08.29 Mon l 日々の出来事 l top ▲