上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
天草 その4 マロン豚   2016年7月25日分

 遊んでばかりいるように見えるかも知れませんが、そうでもないのですが、そのことはおいおい報告します。今回も天草編を続けます。(その5まで)
 イルカウオッチングも楽しかったですが、美味しいものも沢山あったのです。

海産物はもちろん
 海に囲まれた島なので(正確には、橋で九州につながっている)海産物の宝庫なのはまちがいない。魚介類も海藻も塩も・・・。新鮮でおいしいものだらけ。
釣った魚はもちろん、見たこともない地元ならではの貝・魚もたくさんいた。
 バンカンという柑橘類が島民のみなさんの身近な“みかん”のようで、これが実においしい。長い期間採れるとのこと。

豚・・
 さて、きょうご紹介するのは、『豚』。天草にUターンした友人の桂木さんが「さあ豚肉屋さんに行きましょうか」と連れて行ってくれたのが、豚肉しか売っていないお店で、それも週3日しか店を開けていないという。
 その理由はこう。お店の近くで、放牧でのびのびと豚を飼っている。豚のストレスがないようにと、暑い日には水浴びできるようにと池を作っている。なんと豚は水泳が得意とか・・・。

栗を食べて
 その豚君たち、何を食べているのでしょうか。なんと栗(マロン)なのだそうです! 島のお菓子屋さんで利用する栗の周囲(渋皮などを含んだ)(廃棄物)がたくさんできてしまうのだが、それを廃棄するのではなく、豚くんのえさになるのだそうです。だから『マロン豚』。その他、前述の「だんかん」、さつまいも、たけのこなど他で材料として使用された「あまり」(廃棄物)を活用してその美味しい材料・産物を食べて育つのだそうです!! なんとリッチか! 合成飼料とはだいぶ違うだろうと誰もが想像できる。

おいしい・・
 マロンで育った豚というだけで、食べる前から美味しいだろうという先入観があったが、食べてみてびっくり!表現が難しいのですが本当に美味しいのです!
 年間150頭しか出荷しないという。それもこの地で子どもを産ませ、ここで育てていくのだと。評判で島の地元住民の口に入るだけで全国への出荷はそれほどあるわけではないという。正真正銘の“地産地消”。
 私は、冷凍で餃子や・ハンバーグやしゃぶしゃぶ用などたくさん買い求めてきて楽しませていただいている。また直送もしてくださるので、これからも大いに活用させていただこうと思っている。
 とてもいい出会いだった。
スポンサーサイト
2016.07.31 Sun l 日々の出来事 l top ▲

天草 その3 イルカウオッチング   2016年7月15日分

 遊んでばかりいるように見えるかも知れませんが、そうでもないのですが、そのことはおいおい報告します。今回も天草編を続けます。(その5まで)

期待しないで船に乗った・・・
 天草の魅力をお伝えしていますが、このイルカウオッチングも素晴らしいです!
 水族館のようなところなどで、芸を教えたイルカたちが見物客に披露するのは、見たことがありました。テレビなどでもイルカとともに泳ぐ人間の姿など見たことはありました。
 実は、そんなには期待しないでウオッチングに行ったのでした。

わあっ・・
 天気もまあまあ、イルカと出会える確率97%という状況だと聞いて、たぶん出会えるだろうと貸し切り船に乗り込みました。他にも数隻ウオッチングの船が見えました。
誰かが(実は私かな?)「ああ、あれイルカじゃない!」
「どこ、どこ、どこ。あそうだ! あれだ!」
といったのですが、それがそうだったかどうかはあいまい。
みるみるたくさんのイルカの泳ぐ姿が見え始めたのです!
「わあ、すごい! あそこに数頭いる!」
「わあ、飛んだ!」
「船の下をもぐったわよ!」
「あっちには10頭近くいるわよ!」
「白い子どももいるわよ!」
「わあ、2メートルも離れていないところで、潮を吹いて呼吸しているわよ!」
「テレビカメラが撮影しているわよ。キャーキャーいっているレポーターがいるわよ」
「船長さん、後ろから追うのではなく、群れを前から見てみたいのでお願いします」
などと、わがままにお願いして見せて頂いたのでした!

始めてみた海の自然の姿の豪快なイルカ
 まあ、興奮してしまいました! こんなにたくさんの自然に泳いでいるイルカをみられたとは・・・! 聞けば、日本一というほどのイルカが天草の下島北部周辺に生息しているそうで、30頭ほどが一つの群れで、全体で200頭以上がいると! へえい!! びっくり!!

まあ、満喫したひと時でした。みなさんもぜひ!
2016.07.30 Sat l 未分類 l top ▲

天草 その2 釣り    2016年7月5日分

 天草がとても魅力的だったので、1か月に家族や友人といっしょに夏休み旅行に行ってきた。九州がちょうど梅雨明けの日だった。それまでの豪雨は一変し、夏空と強い日差し。

海を通ると近い
 島の東側は不知火海、西は東シナ海という絶好の立地条件。知人の紹介で貸切で船を出していただき、釣れそうなところに連れて行っていただいた。風がなく穏やかな海面。いつも船酔いするからと陸で待っているといっていた友人も船に乗ったが大丈夫で、真っ先に釣り上げた。
 船に乗ってみると、陸とは違う地図が見え、町と町の距離感が違ってくる。船長さんが、「あそこに見えるのが鹿児島県に属する長島です」、「遠くに見えるのが水俣、あそこは熊本県」「船だと鹿児島の方が近いかな」「すぐ隣は長崎県に属する島原」という具合。

私も釣りました少し大きい文字強調文
今回は、手作りの疑似餌を使った『タイラバー』という釣り方。はじめてでへえーと驚くばかり。
ベテランと初心者、さまざまな人のグループだったが、それなりにみんな楽しんだ。初心者なのに、大きなカサゴを釣り上げた人、高級魚といわれる○○ハタを釣った人、色鮮やかな南の海の魚(名前は忘れちゃった)、大きな鯛を釣った人・・・
 私はといえば、釣りましたよ。いいえ、釣れましたよ! 生まれて初めて釣った『鯛』!! 32cm。熱帯魚のようなきれいな色の魚も。カサゴは10数匹。家に帰って近所の人にも煮つけやから揚げにしておすそ分けした。
カサゴは食べたことがない。おいしいと聞いていたが本当においしい。私のの煮つけの味まで褒めてくれた。

ありがたい釣り
 趣味といえるほど凝ってはいなくて、ただ、海の上で糸を垂れ、全神経を糸に集中している感覚・情景が何ともいえないのである。大自然の中に抱かれている感覚・・・。それに、“あたり”があり、魚が糸に引っかかってくれるあのワクワク感!
 全部段取りをしていただいての釣りなので、本物の釣り人ではないと思っているが、年に何回かは是非に体験したいとつくづく思った。

遊んでばかりいるわけではないですよ。実は新たな事業の準備中。そのうち詳細に紹介しよう。そちらで忙しい!!


2016.07.28 Thu l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。