6月はさくらんぼ    2016年6月30日分

 一年は、あっという間に過ぎていく。“この早春の景色をあと何回見られるのだろうか”“このおいしいさくらんぼを生涯であと何シーズン口にできるのだろうか”と、高齢の方からこんな声を時々聞く。“何言っているんですか”などと受け答えしてきた私だが、私も最近ふとそんな言葉に真実味を感じる。人生に限りがあり、自分がこの世からいなくなるのが、遠い将来ではないのだということをきちんと受け止めなければと思う。

10数年後を見越して
 私が小学生の頃に、山形の私の村から8kmももっと山に登った開拓村でさくらんぼが植えられ始めた。地元では『さくらんぼ』とは呼ばず、『桜桃(おうとう)』と呼んできた。詳しくは知らないが、私の家でも種類の違う3本桜桃の木を持っていた。中学生時代など、学校から帰ってお腹がすいていると、たくさんの桜桃を頬張りながら家の手伝いをしたものだ。
 それがある日、「○○開墾に土地を手に入れ桜桃をたくさん植えた。10数年くらいたったら収穫ができて収入になると思うよ」と父が言った。「へっー」と聞いていた。

おいしい桜桃が口に入るまで
 そう言って子どもを育てるように、大事に栽培し育ててきた桜桃が今、たくさんの実をつけて収穫できるようになった。11年前に亡くなった父のあとを、80歳代の母と下肢の障害のある兄と義姉が中心になって、さまざまな皆さんの協力のもとにやっと収穫にたどり着く。
 収穫できるには、多数の壁を乗り越えなければならない。①花が咲くか、②蜂が飛んでうまく交配できるか、③実がなったか、なりすぎていないか、④害虫の被害はないか、⑤実が大きくなったか、⑥赤く色づいたか(天気次第)、⑦甘くなったか、⑧収穫する手があるか、⑨買ってくれる(注文)お客さんがいるのか、⑩運送屋さんが丁寧に扱ってくれたか(すごくデリケート)等など、おいしいと思える桜桃がお客様のお手元に届くまでにはたいへんだ。おいしい桜桃が口に入ったら、それはその全部がうまくいったちということだ。

今年も何とかできた『さくらんぼ農家』
 その年によって収穫の時期は異なる。早い年は、6月中旬から収穫・発送。
遅い年では、6月下旬から7月上旬の収穫・発送。2週間ほどのずれがある。
 今年は、早かった。6月19日から発送し、約1週間の収穫の時期である。やっと終了し、後片付けもほぼ終了しているところである。今年も何とか『さくらんぼ農家』をすることができたといえよう。

全国の皆さん、ありがとう
 私の担当は、全国各地の知人から注文を受け、収穫を手伝い、そして選別・梱包、発送作業。数日間『さくらんぼ休暇』。全国の皆様のあたたかい励ましと「今年のは特別美味しかった」「20年間、お宅のサクランボをいただいているが、今年が最高!」「どうして他と違ってこんなに大きく甘いさくらんぼになるのか」などという声が原動力です。予測することが極めて難しい収穫の時期にうまく合わせて全国から集まってくださる知人・友人の皆さま、本当にありがとうございます。夜が明ける前から収穫、本当に感謝です。その前後の作業に地道に手伝ってくださる皆様がいらっしゃるから“収穫”までこぎつける。ありがとう。
 
いつまで続けられるか・・・
 しかし、母・兄・私のだれか一人が欠けたら続けることができるかどうか・・・。
毎年、「今年が最後になるかもしれない」と思いながら、噛みしめながら『さくらんぼmonth』の6月を過ごしている。今年も無事に6月を乗り切ることができた。ありがとうございました。


スポンサーサイト
2016.06.30 Thu l 日々の出来事 l top ▲
在宅・施設での看取りの本出版    2016年6月25日分

 新しい本を出版しましたので紹介します。

img070.png


『在宅・施設での看取りー家族支援を中心にー』日本看護協会出版会。4人の現場で経験豊富な訪問看護師(私を除いて)で書きました。
 この本は、ちょうど10年前の2006年に『在宅での看取りのケア~家族支援を中心に~』を出版したが、この10年間の変化を踏まえて、前述の本の内容をもとに、新たなメンバーで見直し、在宅だけではなく生活の場(介護施設等)での『死』も視野に入れて新たな本としてまとめ上げたもの。

この間の変化
 この10年間を振り返ってみると、以下のような変化があった。
・『多死時代』に入った
 日本が、少子高齢化が進み『多死時代』に入った。年間100万人を超える人が死亡し、今後さらに増加し、2025年には160万人強の死亡が予測されている。
・地域包括ケアシステムの構築
 医療ニーズの高い要介護者が増加するし、医療と介護が同時に有機的に統合したケア・支援体制が必要となっている。
・在宅での看取りが社会的な課題
 国民の意識が変化してきたこと。『死』について真正面にとらえて、“自分の死のあり方”や“管を付けた生き方はしたくない”などと自分の生活のスタイルについて考え、発言する人が増えてきている。
・看多機サービス・ホームホスピスなどの新たな看取りの場
「在宅」「病院」「施設」ではなく、第4の居場所とでもいうべき“新たな居場所(生活の場)”“死までの時期を過ごす場所”ができ始めた。その例が『看多機サービス』や『ホームホスピス』『ナーシングホーム』などである。

新たな視点
 この本では、「在宅」だけではなく、「生活の場」という視点でまとめた。「医療の場」(原則、救命・治療優先)での死へのかかわりとは「生活の場」のかかわりはかなり違う。生活の場は、「自宅・在宅」だけではなく、特養ホームや有料老人ホームや看多機サービス、ホームホスピスなど「滞在」「泊まり」「宿泊」なども含めて幅広い。
 それぞれの場での『死の看取り』についてまとめた。
 また、著者も訪問看護師だけではなく、施設の看護職も加わって新たな顔ぶれで議論・討論しながらまとめた。

◆この本の特徴
①臨死期に焦点を合わせた
 この本は、ターミナルケアの中でも「臨死期」に焦点を合わせている。人生の最期の大事な時期を悔いなく過ごせるように、あるいは家族周囲の人たちが、悔いなく伴奏できるように記述している。
②現場の(訪問)看護師がまとめた
 日々、現場で在宅や施設でターミナルケアを実践している看護師がまとめた。
③「声かけ例」をたくさん盛り込んだ
 家族や周囲の人たちへの具体的な声掛けの例をたくさん盛り込んで、初心者でも使っていただけるように工夫した。
④失敗事例もふんだんに紹介
 実際の現場では、うまくかかわれない場合も少なくない。失敗例から学ぶことが多いので、あえて失敗例もたくさん掲載した。
⑤家族・介護職など周囲の人たちへの働きかけを中心に
 ターミナルケアは、本人へのかかわりと同時に家族・周囲への働きかけが重要である。この本では、主に家族・周囲の人たちへのかかわりを中心に述べている。
(はじめにより抜粋)
ぜひ、ご一読を!
2016.06.28 Tue l 未分類 l top ▲
車中泊待機での在宅看取り支援   2016年6月5日分

 高知の訪問看護師の方々や介護職・ケアマネの方々と交流する機会があった。飲みながら普段聞けないようなさまざまなお話を聞くことができて、実に楽しい。そこで聞いた話。いろいろ聞くがこの話ははじめてだった。

車中泊で・・・
「宮崎さん、聞いてください」
「どうしたの」
「3日間、車中泊待機で家での看取りを支援しました!!」
「へえー、すごいわね。長年訪問看護関連の仕事をしているけれど、車中泊しながら利用者の家での看取り支援をしたということは初めて聞いたわ。どういう方で、どういう状況だったの?」
 その概要は次のよう。

呼吸不全で人工呼吸器を使用している方の終末期
 80歳代後半の男性。人工呼吸器を使用した状態が長く(数年)、ずっと入院生活だった。遷延性意識障害で意思表示はできない状態。元気なころから「器械や管を入れられて生きるのはいやだといっていたが、その状態での長い入院生活になってしまった。家族はいつもそのことを気にしていた。
 時がたち、衰弱が激しくなり、いよいよ終末期になり、家族は「もうあまり長く生きられない。たぶん数日以内だろう」との説明を受けた。それだったら、大好きだった家に退院し、そして家で死なしてあげようということになった。
 しかし、この方の家は、中山間の過疎地。訪問診療や訪問看護をしてくれる事業所がないと退院できない状態。それで某訪問看護ステーションに依頼があった。ステーションから利用者宅まで自動車で片道ゆうに40分。山道の往復。ステーションの所長は依頼を受けるかどうか迷った。通常の訪問は二ではなかったからだ。でも、その利用者と家族のことを思うと、自分が頑張れば最期の望みを叶えらことができるのであれば、何とか頑張ろうと受けた。

家族の不安

 自宅退院のための準備をし、病院での医療の内容をそのまま継続する形となった。所長は、点滴などが本当に必要かどうかと疑問だったが、主治医が在宅での医療にあまり慣れていないようで、最後の最後まで治療をするという方針だった。
 無事退院したが、人工呼吸器を装着した状態での在宅療養に家族は不安いっぱいで、ちょっとしたことでも夜中でも電話で呼ばれた。

8日目に永眠

 家族が安心して看取れるように、呼ばれたらすぐに訪問できるようにしようと決めた。家族は、「夜の真っ暗な道を一人で40分かけて訪問するのは大変でしょうから、家に泊まって仮眠しながらいっしょにお願します」といってくれるのだが、家族だけの最期の団欒を邪魔してはいけないように思い、結局、車中泊となったのだそうだ。
 退院後8日目、車中泊3日の時、静かに永眠された。

誠意・熱意のかたまりの訪問看護師

 全国の訪問看護師に出会い、さまざまなお話を聞く機会がある。いつも思うことだけど、訪問看護師は、患者・利用者・人間に対して熱い思いで心を込めて支援する(しすぎるともいえるほど)方が多い。ありがたいと思うし、うれしく誇りにも思う。
2016.06.24 Fri l 看護、介護、医療関連 l top ▲