あたたかい2015年末          2015年12月31日分

 2015年もあとわずか。今年も無事に一年が終わろうとしています。私にとっては、とてもいい年でした。5段階評価で“5”(一番いい評価)です。私のブログを読んでくださっているみなさま、一年間ありがとうございました。
 5のつく日になかなか書けずに、結局もは、月3回です。それで月末に慌てて書くということになってしまう月が多かったでしょうか。でも何とか続いてみなさまにお会いできました。

今年を振り返って
 毎年のことなのですが、年賀状の代わりに「新年のごあいさつ」のはがきを出させていただいております。その葉書が届かない方も多数いらっしゃるので、その内容をここにも転載させていただきます。

お詫びをしなければならない方が多数います。
 ・いろいろ送っていただいたのに、お礼状を出していない人
 ・一度食事しようと約束しながら、お待たせばかりしている人
 ・会いに行きますと宣言しておきながら実行できていない人
 ・本を送りますといいながら忘れて送っていない人
 ・今度、○○さんを紹介しますといいながらあいまいになっている人
 まあまあ、挙げればきりがないですね。そのうち何とかしますので、どうぞお許しください。毎日を精いっぱい生きる・こなすだけで大変でした。
申し訳ありませんでした。

はがきにも書きましたが、来年は還暦です。1回しかない人生です。何か自分で納得ができておもしろがれることに挑戦してみたいものです。


2015年は・・・
■「全国訪問看護事業協会」の事務局長として3年目。報酬改定・研究・研修などちょっと慣れてきたかな。しかし、まだまだ。
■本の出版は、『訪問看護で生き生き働く』(メディカ出版・共著)、現在、新しい本作りに奮闘中(3冊)。
■長男の結婚が決まり、夫も次男・三男ともマイペースの仕事と人生を満喫しているようでほっと一息。
人の世話よりも自分自身が迷惑をかけないことが最重要。ホントに・・・。
■借金しても行きたいくらい大好きな海外旅行
2015年は、海外へは1回。イタリアの精神保健医療の視察。精神病院を国中からなくしたイタリア・トリエステ。すごく勉強になった。しかし日本の実情をみると、「どうして?」「どうして?」と首を傾げることばかり。(詳しくはブログ参照)
■2016年は、還暦になる年。人生ちょっと軌道修正かな?! 動き回る『マグロ』は相変わらずですが、ちょっとずつ、“しっとり”と“じっくり”“ゆっくり”という言葉も身になってきました。



スポンサーサイト
2015.12.31 Thu l 日々の出来事 l top ▲
3か国語の「きよしこの夜」          2015年12月15日分

 クリスマスの時期になり、「きよしこの夜」の歌を聞くと、思い出すことがあります。
 それは、20数年前。当時、我が家のリビングの壁に『今月の歌』というコーナーがありました。子どもの小学校の音楽の教科書を見たところ、日本の唱歌があまりなかったのです。日本の唱歌と呼ばれるものには、素晴らしいものがたくさんあるのに残念。子どもたちに少しでも伝えなければ・・・と、ちょっと考えた策が『今月の歌』なのです。

『早春賦』から
 一番はじめは、3月で『早春賦』です。「春はなのみの風の寒さや・・谷の鶯 歌はおもえど・・・」で始まるあの曲。あの歌詞を使い古しのカレンダーの白い裏にマジックで書きました。それを壁に貼って、ある日曜日、家族5人がそろった夕食の時に、「さあ、きょうから今月の歌というのをはじめるよ。今月の歌の早春賦を。まず、おかあさんが歌ってみるからね」と私がみんなの前で心を込めて恥ずかしがらずにこれ以上うまく歌えないほどに歌ってみました。
 そしたら、夫が「この歌の歌詞の意味はみんなわかりにくいだろうから説明するとね・・・」と文語調というのだろうか、昔の言い回しの意味をていねいに説明したのです。
 その後、子どもたちと何度か歌いました。その日だけでは覚えきれないのは当たり前で、ことあるごとに歌うのです。たとえば、車の中とか・・・。
 次の月の「今月の歌」になることは、みんなが早春賦を暗譜して歌えるようになっているのです。おもしろいものです。この時期覚えたものはたぶん一生モノでしょう。

12月の歌『きよしこの夜』
 忘れもしない、12月は「きよしこの夜」にしたのです。それも日本語ではつまらない。英語だけでもつまらない。そうだ!ドイツ語でも覚えてしまえ! ドイツ語と英語と日本語の「きよしこの夜」を歌えたら自分も毎年楽しいし、人気者になれるし、かっこいい! と。
 それで、長男は何かと忙しかったので「日本語」担当で、次男がドイツ語担当、三男が英語担当になったのです。三男が保育園のころです。意味がわかろうがわかるまいが、どこの言葉だろうが、子どもはあっという間に覚えることはわかっていました。お風呂の中でも食事の後もよく歌ったわ・・・。
 そして、その年の我が家のクリスマスパーテイで5人でうまく歌えたのです!
 その中でも一番暗譜したのは誰だったでしょう? そう母である私だったのです。おかげで今でも3か国語で暗譜で歌えます。

 こんなことを楽しんできたのだったなあ。クリスマスシーズンになると毎年思い出します。ちなみに、ドイツ語と英語の歌詞を書いておきます。どうぞ挑戦してみてください。 


STILLE NACHT, HEILIGE NACHT

シュティレ ナハト、ハーィリゲ ナハト
Stille Nacht, heilige Nacht,

アレス シュレーフト、アィンザム ヴァハト
Alles schläft, einsam wacht

ヌーァ ダス トラォテ、ホーホハィリゲ パーァ
Nur das traute, hochheilige Paar,

ホルデァ クナーベ イム ロキゲン ハーァ
Holder Knabe im lockigen Haar

シュラーフ イン ヒムリシェァ ルゥー!
Schlaf in himmlischer Ruh!

シュラーフ イン ヒムリシェァ ルゥー!
Schlaf in himmlischer Ruh!



Silent Night by Josef Mohr    静かな夜(きよしこの夜)

Silen night, Holy night,      静かな夜、聖なる夜
All is calm, All is bright     全てが静かで、全てが輝いている
Round yon Virgin Mother and Child  あの聖母と御子の回りを取り巻こう
Holy infant so tender and mild   聖なる幼な子は優しく穏やかに
Sleep in heavenly peace,      天国のように安らかに眠っている
Sleep in heavenly peace       天国のように安らかに眠っている


2015.12.30 Wed l 未分類 l top ▲
世界新三大夜景             2015年12月5日分

 久しぶりに長崎に行く機会があった。長崎県訪問看護ステーション連絡協議会の研修会の講師である。講師をさせていただくと、その後「交流会」「懇親会」とみんな集まってわいわい交流会を持ってくださることが少なくない。そのまま、3次会・4次会と延々と続くときも・・・。これが楽しいんです! みんな元気なんです!

チャンポンと皿うどん
現地の方のご指示通り、長崎空港(大村)から船に乗って長崎市内へ。少し早く着いたので、タクシーの運転手さんご推薦のお店でチャンポンと皿うどんを堪能した。それでも1時間くらい時間があったので、『出島』にいった。乗ったタクシーの運転手が出島の中も詳しく説明し本当にガイドさんだった。
タクシーの中でずっと話してくださり、さだまさしが買った無人島の話や福山雅治の実家や出身校の話。そして、稲佐山でのコンサートの話。おもしろかった。なんと新設なんだろう、東京のタクシーの運転手さんと大違い。

昔の同僚と思いがけない再会
 講演会が終わった後、控室に尋ねてきた訪問看護師がいた。「ええっ、どうしてあなたここにいるの? あなたは私にとって行方不明だったんだよ!」「ええ、すみません。ここに落ち着いたんです。お久しぶりです。久々に宮崎節を聞きました」と。
 なんと、私の元同僚(訪問看護ステーションの所長)だったのです。様々なユニークな事情で退職したんだが、どこにいるのか私は知らなかったんだった。よくカラオケで歌っていた仲間でもある。
 全国歩くと、こういう思いがけない再会がある。なんともうれしい!

稲佐山に
交流会終了後、長崎県訪問看護ステーション連絡協議会の中心的メンバーである松島由美さんはいつも私を喜ばせる企画を考えて下さる。今回は、「宮崎さん、今日の2次会は飲み会ではなくて、稲佐山に登ろう。世界新3大夜景に選ばれたんだよ。行ったことないでしょ。今日は天気もいいからよく見えるよ」といつものように元気溌剌で引っ張っていってくれる。私は大喜び! 再開した友人も一緒になって稲佐山に車で向かった。
自動車で山に登る途中から見える長崎の町の夜景は絶景! 何度「わあー!きれい!」といったことか。

世界新三大夜景
私は知らなかったが、世界新3大夜景というのがあるという。また、日本新3大夜景もあるとか。
世界新3大夜景は、モナコと香港と長崎。私はモナコはいったし、たぶん見た。きれいだった・・・。香港は見ていない。(いつか行ってみよう)長崎は平地での夜景ではなく、斜面であり、海が入り組んでいたりでなかなか素晴らしい! ぜひ一度! (まず、インターネットで検索してみてください)

長崎のみなさん、ありがとうございました。
2015.12.07 Mon l 日々の出来事 l top ▲