上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
イタリア視察雑記3             2015年10月15日分

 
社会COOP(社会協同組合)

COOPというと、日本では生協(生活協同組合)。一般市民が集まって生活レベルの向上を目的に各種事業を行う協同組合である。消費協同組合もあれば、大学生協、農協、映画生協もあれば医療生協もある。

イタリアの社会協同組合
精神病院から出て地域で生活するといっても何をするか。当然、地域で生活をするためには仕事が必要。そこで、トリエステではバザーリアの改革の中で、1988年に社会協同組合を設立(独立)した。 精神障がい者も含めて社会的に不利な立場の人々のための生活協同組合である(現在18ヶ所)。それは、就労のための訓練の場であり、就労の場であり、就労のための仕事を生み出す場になっているそうです。
 社会協同組合は幅広い職種をカバーしていて、清掃、ビル管理、運輸、家具、デザイン、カフェ、ケイタリング、ホテル・レストラン、ビーチ・リゾート運営、園芸、手芸、写真・映像・ラジオ運営、コンピューターサービス、セリグラフィー、行政サービスなどなど。精神障がい者・他の障害者・一般人を含め、1500人~1600人が働いているとのこと。

FMラジオ局視察
社会協同組合がラジオ局を開設し国民に発信していた。「FRAGOLA」といい、全国ネットとウェブを使って24時間放送され、トリノやローマ等9つの局ともネットワークで結ばれている。運営スタッフは、正規職員2人(社会コープの職員)とボランティア。DJが70人(利用者も含めてほとんどの人が精神医療関係の人)。
週1回は、精神障がい者本人や支援者が生出演し、55分間の会話実況放送を行っている。出演者が番組のタイトルや話す内容を自分自身で決め、自由に話すことができるという。ある日のフェイスブックのフォロワー数は、1,000人に達していたという。
 国民のどのくらいに人がこのFM放送を聞いているのかと尋ねたところ、全国どこでも聴くことができるため、若い人たちにも幅広く知られていて、リスナー数の統計はありませんが、電話受信件数から13,000人程度と推計していると。
様々な意味で、『ラジオ局開局』ということも視野に入れていくといいなあと参考になった。
 

仕事を作ってしまう! 同一労働同一賃金
 就労支援しても、就労の場がなければ就労の場を作ろう!と、バザーリアたちが社会協同組合を作ってしまう、このエネルギーがすごい! 職種も多種多様。みんなで理解し合い、カバーしながら仕事をしていくので、働き続けることができる可能性が大きいだろう。
 私たちが食事をしたレストランも社会協同組合の仕事だった。数人働いていたが、誰が精神障がい者なのかは全く分からなかった。(当然だが)
 そして、イタリアのすごいところは、国全体が「同一労働同一賃金」ということが法律で定められているので、障害者でも障害がない人でも、たとえばウエイトレスであれば、国中同じ賃金なのだそうだ。これはイタリアの労働運動などとも大いに関係があるとのこと。
 なるほど・・・。

スポンサーサイト
2015.10.29 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲

イタリア視察雑記2             2015年10月5日分

 
イタリアの『精神保健センター』

イタリアの精神保健(医療)改革、そして精神病院なきあとの精神障がい者を地域で支える中核機関が『精神保健センター』である。『精神保健センター』というと、「日本にもあるよ」という人がいるかもしれないが、日本には存在しないもの。『精神保健センター』というと、「医療」という言葉がはいっていないので、保健所が予防の視点で相談などにのったりするように受け止められてしまうかもしれない。イタリアの『精神保健センター』の内容は、日本流にいえば『精神保健医療福祉センター』といえるかもしれない。

一つの精神保健センターを視察
今回視察したドミオ精神保健センター(トリエステ南東部の工業地帯、人口5万人、スロベニア国境近くでスロベニア人1万人居住)は、現在1200人の利用者の支援を行っており、看護師30人・PSW2人・リハビリ1人・臨床心理士2人・医師4人体制(2人は研修生)で支援している。24時間体制で、一般市民には、8時~20時まで開放されている。
お泊り用のベッドは、8室あり、夜間体制は、看護師2人とオンコールの医師1人である。泊まりたい人が自発的に1日泊まることもあれば2ヶ月利用している方もいる。宿泊期間は医療の必要度ではない。
食堂(40人)があり、朝食は8食のみ可能(泊まっている方)である。1食は、0、5ユーロ(70円)は個人負担である。衣類を供給する部屋や利用者の自宅の鍵を、自発的に自己管理して欲しいと言いながらも多数の鍵を預かっている。

訪問看護は?
「定期的に自宅を訪問している人は?」との質問に対しての答えは、「今の状況は、毎日20時に2人の看護師で訪問している人が3人いる」ということだった。日本の訪問看護のように自宅に定期的に訪問することが看護師の役割ではないようであった。自宅から出て、地域にでて就労・社会生活することが目標であり、そのためのその人に合った個別プランを作り、試行錯誤しながら支援しているようだった。

信頼関係が最重要 柔軟な連携・統合
かかわり(支援)の基本は、治療的な関わりではなく、人としての関係を作り、幅広い活動を行えるようにすること。そのために多職種が集まったミーテングがあり、個別にアセスメントし、個別支援計画を作成し実施している。まさに、医師、看護師、PSWなど多様な職種のまさに多職種連携。しかし連携の仕方が、先に職種の役割があって分担するというのではなく、一人の患者についてチームで患者・利用者と話し合い、詳しく知り・把握し、プランを作り、そしてその時々に実施していく。そういうやり方のように見えた。決まりごとが多い役割分担ではない。このことがとても重要であり有効だと思った。
2015.10.28 Wed l 未分類 l top ▲
イタリア視察雑記1             2015年9月25日分

 
イタリアの精神保健(医療)改革の概要

イタリアの精神保健(医療)改革は、フランコ・バザーリアという精神科医抜きには語れない。バザーリアが中心になって様々な困難に屈せず、大胆に改革していった。現在でもその思想が受け継がれていることを実感した。
◆1971年、バザーリアが精神病院の院長に
1971年に、バザーリアがトリエステ県のサン・ジョヴァンニ精神病院長に登用された。当時の入院患者(1200人)は劣悪な状況に置かれていた。
トリエステ(イタリアの北東部の人口約20数万人の町)の小高い山?丘?の広大な土地がすべて精神病院で、入り口はしっかりとガードされ、町の周りから隔離されていた。病棟がたくさん並んでいて、真ん中に大きな道路があり、それを挟んで東側は女性、西側は男性の病棟。入口に近い下の方が重度で上に上がるにしたがって軽症者。真ん中あたりに、豪華な院長邸宅があった。
入院患者には一切の私物はなく、自分という人はいないような状況。もちろん鍵をかけられ、すべての権利がなかった。
そこには、528人の医師・看護師他が働いていたが、看護師の主な仕事は『監視』であり、鉄格子の窓枠の掃除など。病名も内服薬の種類も知らされず、また看護師自身も下層の人々でありひどい環境におかれていた。
 バザーリアは、患者も看護師たちも解放していった。
◆精神病院開放
それは精神病院を開放し、患者とともに町に出て、患者の権利を取り戻す活動だった。
1.あるまとまった数の患者を退院させ、それに見合う職員も一緒に出して、拠点としての地域精神保健センターをつくった。
2.このセンターは、当初から24時間オープン年中無休だった。
 決してスムースに進んだわけではなく、世界中から賛同する若手医師が集まり、改革していった。
◆1978年、180号法(通称バザーリア法)が成立
1978年に180号法(通称バザーリア法)が成立し、精神科病院の新設、すでにある精神科病院への新規入院と再入院が禁止された。トリエステでは1980年にサン・ジョヴァンニ病院がヨーロッパで最初に閉鎖された。
1980年、バザーリアは脳腫瘍で亡くなりましたが、改革は多くのバザーリア派の人々に受け継がれている。
精神病院の代わりに精神保健局が設置され、精神医療に関するサービスは、精神保健センターを中心とした現在のような精神保健システムへと発展した。
精神保健というと、日本では医療ではないように受け取られやすいが、医療も含めy¥点滴指示書
◆1999年 イタリア全土から精神病院がなくなった。
そして、1999年にはイタリア全土から精神病院がなくなった。
2015.10.26 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
10年ぶりにイタリアへ             2015年9月15日分

 9月末、10年ぶりにイタリアに行ってきた。主な目的は、イタリアの地域精神医療の視察。全国訪問看護事業協会主催の年1回の海外視察旅行である。昨年のカナダは参加できなかったが、今年は参加させていただいた。その内容については、追って報告していく。今回は、久々のイタリア訪問の感想。

10年前
 ちょうど10年前に、ナポリ、カプリ島、ローマ、フィレンツェにいって、歴史と文化と自然など堪能した。自分の世界観・人間観を考え直すほどに印象深い忘れられない旅だった。石畳の町を存分に歩き続けた快適な個人旅行であった。
 残念だったのは、ベネツエアに行けなかったこと。水没の前に一度は行ってみたいと思っていた。

ベネツエアに
 今回は、ベネツエアに行くことができた! テレビや雑誌の写真ではみていたが、現地に足を運んでみてやはり驚くばかり。ベネツエア島という島には、建物がびっしり建っている。陸から数キロ離れているが一本の鉄道がつながっているだけ。島には車はなく、陸からはすべて船で。縦横無心に船が動く。
 私たちも水上タクシーでホテルの玄関に。満潮などでホテル玄関まで水浸しになるとのこと。有名なシンボルのサン・マルコ広場は一番土地が低いとのことで着いた日の朝は、広場が80cmの浸水で、いわゆる木のスノコを並べて通行したとのこと。店も他も水浸し。地下水をくみ上げることなどが影響して、今でも島の地面がでこぼこ。その前にこの島に町を作るときには、基礎をしっかりとするために膨大な量の木の杭を使用した。それで『島の下には森がある』 
等と表現されている。生活全体が水に浮いているし、移動は船という珍しい光景だった。
 自然景観上のことについて驚いたが、それ歴史を知るとさらにおもしろい。

ベネチアンガラス
 有名なベネチアンガラス。それをずっと昔から作っているムラーノ島に行ってみた。数多くの工房でガラス細工作品を作っている。ついつい欲しくなる。重いのも忘れて買ってしまっている。芸術品がたくさんあった。
 しかし、何より驚いたのは観光客の多さ。世界中から。豪華客船もたくさん。
一年間に何千万人も訪れるとか。人の多さで島が沈むのではないかと思うほど。

久々の観光旅行。楽しかったし、気持ちも視野もリフレッシュ。やっぱり、時々海外旅行はいいなあ。
2015.10.02 Fri l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。