上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「奥につめてください」       2015年9月5日分

このところ、あっという間に夏が終わり、秋雨が続き涼しくなってきた。というよりは、晴れがないので洗濯物が干せずうっとうしい。バスと電車通勤の私は、傘がじゃまで本当にうっとうしい。

バスに乗せてくれない
 雨がかなりひどく降っている日のこと。バス停で待っている人が6人ほどで私は後ろから2人目。バスがきたので、傘を閉じて前から乗り始めた。ところが、2人乗り込んだところでいっぱいで次の人が入れなくなった。運転手さんが、「もう少し奥につめてください」と小声でいった。乗客はちょっと動いたがあまり変化がなく、やっと一人乗ったところで、「乗れませんので、ここで閉めます。残りの方は次のバスをお待ちください」というのだ。
 奥がまだまだすいているのに(つめればあと10人ほどは入れるのに)乗せないというのだ。私は、
「奥が空いていますよ。乗せてください」といったが、
「次のバスがきますので」とドアを閉めてしまった!
残された人3人で、こんな会話をした。
「なんだ、あの運転手、さぼっているね。ひどいね。会社に苦情をいおうか。後ろのドアから乗せてくれる運転手さんもいるのにね」

乗客の協力の姿勢が減ってきている
 私は、この日に限らず、このところずっと思っていることがある。それは、私の地域の人だけかどうかはわからないが、乗客が協力しない! 知らんぷり。
入り口でモタモタしているのに、奥につめようとしない。「奥につめてください」と誰かが言ってもちょっとは反応するくらいでシラっと。それでバスが発車できなくて時間がかかり遅延につながる。
 バスを待っていて、順番に乗り込むときでも遠慮してなかなか乗らず、時間だけがかかってしまう。
 どうしてだろうか・・・。誰かの強い指示があると素直に従うのに、お互いに譲り合うとか、協力し合うというのが苦手なようだ。指示待ち人間が多く、やることが自分の責任でなく、指示した人のせいにしてしまう。
 何だかロボットのようで透明人間のようだ。


バスの運転手もしっかりリーダーシップを
 何といっても何とかしてほしいのは、バスの運転手だ。中には素晴らしい人もいるので全部ではないが、とにかくズボラなひとがいる。
 バスの運転手は、ある意味では乗り込んだ乗客全体を見渡し、なるべくたくさんの人を、なるべくスムースに、移動させるリーダーである。「お客さん、たくさんの方が乗れるように協力してください」と身を乗り出して大きな声で「指示」していただきたい。大きな声で「指示する」とたぶん効果があると思う。恐る恐るいうと白い目で見られて協力を得られない可能性があるので、自信を持ってそうしてほしいものである。もじもじして、ドアを閉めてしまう運転者にはならないでほしい。

スポンサーサイト
2015.09.07 Mon l 日々の出来事 l top ▲
「生活モデル」ではなく       2015年8月25日分

「訪問看護でいきいき働く」(メヂィカ出版、2015、共著)という本を出版したが、この本を贈呈させていただいた方から、感想や助言などいろいろなお返事がある。(全く何もない人もいます)
その中で、日本福祉大の学長の二木立先生から以下のようなアドバイスをいただいた。二木先生は、毎回貴重なご意見・感想を必ず下さる。とても貴重なアドバイスで感謝している。

「生活モデル」について
 私は講演で、あるいは著書の中でも“病院・病棟での看護”と“在宅・生活の場での看護”の違いについて、『医療モデル』と『生活モデル』という表現をしてきた。「訪問看護は、医療・延命優先の『医療モデル』ではなく、“生活”“生きがい”などがキーワードとなり本人らしく豊かな生き方を支援するいわば『生活モデル』での展開が必要になります」などと説明してきました。
 それに対して、以下、二木先生からの助言です。

「生物・心理・社会的」アプローチ
本の中で「医療モデル」、「生活モデル」という多義的用語を、説明なしに使われていることに、抵抗を感じました。在宅医療・訪問看護を含め、今後の医療で求められているのは、社会保障制度改革国民会議報告書が提起した、「治す医療」から「治し・支える医療」(cure &care)への転換であり、「医療モデル」から「生活モデル」へ(cure からcareへ)の転換ではないと思います。
御参考までに、ICF(国政生活機能分類)は、「医療モデル」から「社会モデル」への転換ではなく、両者を統合した「生物・心理・社会的」アプローチを用いています。今年の介護報酬改定におけるリハビリテーション全体の再評価においても、このICFの視点が貫かれています。

看護職にとっては・・・
 ですので、「治し・支える医療」、「生物・心理・社会的」アプローチというように表現した方がいいのだと思います。
 しかし、看護職にそのことを伝えるのには、『「医療モデル」から「生活モデル」への転換』の方が分かりやすいような気もします。『「医療の場」から「生活の場」での看護・支援の重要性』ということかな。そうであればそう表現すればいいのかな。
 
それにしても勉強不足・情報不足をご指摘・ご指導いたきありがとうございます。
2015.09.02 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。