上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
還暦の同級会        2015年8月15日分

 この夏に同級会があった。中学時代の同級生(3クラス、103名)のうち、51名が参加した。10年に一度くらいの頻度で開催される。今回は、ちょうど還暦の年なので、人生の区切りでの開催だ。
 中学時代の友人とは、中学時代からとても仲が良く、友人たちに会うのがとても楽しみだった。

話題は、退職、孫、趣味
 私も来年60歳になるのだが、最近の60歳前後の人はどんな話題なのか。どんなことを考えているのだろうか。
「来年3月で定年なんです。再就職でもう少し続けるんです」
「定年でもう仕事はなくなるんです。趣味もないし、これからどうしようかと不安です。何かいい方法はありませんか」
「今自分がやっていることは、孫の世話です。孫はかわいいものです」
「野菜つくりを始めたんです。他の趣味といってもねえ」

60歳から80数歳までの20数年
 今年発表の日本の平均寿命は、女性86.8歳、男性80.5歳。私の場合、これから27年ほど生きることになる。これまでの27年というと33歳からこれまでの年月だ。随分長い。その長い期間をどう過ごすのだろうか。私の同世代は、いまそのことに戸惑っているように見えた。まだまだ何でもできる力があるのに、することがない状態になるかもしれない。
 あらたなことを始めるには、お金と気力などが関係する。お金をかけないで趣味や講座などを受けて視野を広げ・楽しみを深める人もいる。ちょっとお金をかけて新たな資格取得に挑戦する人もいる。

定年になってから考えるのではなく
私の今の考えとしては、定年になってから考えるのではなく、50歳くらいになったら、自分の60歳から(70歳から)の生き方を想像し、想定して意識的に主体的にどう生きるかの準備をした方がいいと思う。定年になってから何かを始めるよりは、50歳から手を付けておく方がずっとおもしろい人生を送れる気がする。
高齢者に向かう身にとって、『老後』『余生』を生きるのではなく、別な人生を生きる(第2の人生といってもいいが)と思って、楽しく企画・計画した方がいいのではないだろうかと思う。

ただ、農業に従事している人、定年がなく生涯現役の仕事をしている人にとっては、“何を言っているんだ”と聞こえるかもしれないが・・・。“することがない”ことは不安であり、幸せなことはないと思う。


スポンサーサイト
2015.08.24 Mon l 日々の出来事 l top ▲
階段205段        2015年8月5日分

 朝の通勤ラッシュのことはご紹介したことがある。平日毎日片道1時間20分ほど通勤し始めて2年半。何とか頑張っている。様々に工夫して電車の椅子に座れる日もあり、ちょっと読書量が増えたような、いや居眠りの時間が増えたような・・・。

歩く 登る 降りる
 家と職場の往復の中で、よく歩く。最低でも6,000歩は歩く。しかし、パンプスでの通勤も多いので運動になっている実感はない。スニーカーで通勤する日は、意識して階段を使用しトレーニングも兼ねる。しかし、急ぎ足のサラリーマンだらけでなんだかつまらない。

階段205段 35m
 エスカレーターを使いことが多いが、たまに階段を登る。それで一度数えてみた。地下鉄千代田線と丸ノ内線を「国会議事堂前」で乗り継ぐが、片道で階段が5カ所で205段だった。地下鉄の階段は1段17cmに決まっているそうで、そうすると、合計約35mを登ることになる。ちょっとした高さである。地下の深いところを登り降りしていることになる。

そんな毎日を送っている。
2015.08.19 Wed l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。