上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
2015介護報酬改定        2015年3月25日分

 今年は、3年に一度の介護報酬改定。その報酬改定の詳細が発表されている。全体的にはマイナス改定で、介護サービス事業者は経営的に厳しい状況におかれ、事業所を閉鎖するところもあるだろうといわれている。訪問看護事業所(訪問看護ステーション)からみるとどう見えるのか、私個人の見解をちょっとだけお伝えします。

看護体制強化加算
 目玉は、何といっても『看護体制強化加算』。中重度者を一定人数以上対象としていると加算が算定できるというもの。算定要件が3つあるが、詳細は別途紹介する。一人300単位で介護保険の対象者(予防とは別だが)全員に算定できるので、結構大きい額となる。

通所介護の看護師と兼任
 通所介護(通称、デイサービス)の看護の機能を、訪問看護事業所で担当できるようになること。早速、通所介護の事業所から訪問看護ステーションに週数回担当してくれないかという依頼がきているという。
 同じように、小規模多機能サービスの看護の機能と訪問看護ステーションを兼ねることができるようになるなど、変化がある。

看護小規模多機能サービス
 『複合型サービス』が名称変更になり『看護小規模多機能型居宅介護』となる。制度発足3年になり、事業所数は微増だが、このサービスの有効性・効果が評価され、「訪問看護体制強化さ加算」など加算が新設された。反面、医療ニーズの高い利用者が多くないところは減算となる。

その他
 他に、訪問看護事業関連では、医療機関からの訪問看護の単価が若干アップすることや、リハビリ職の報酬が見直された(下がった)ことなどがある。その他にも集合住宅への訪問単価が減額、あるいは別体系になることや加算が区分支給限度基準額「外」のものが増えたり、地域区分の変更など、詳細にみるとさまざまな変更がある。

全体的に思うこと
★包括ケアと包括報酬
 全体的に、「包括ケア」と「包括報酬」の方向に向かっているように見える。看護職不足も関係して、個別の看護職員配置基準を緩和して「兼務」が多くなっている。地域の中にちょっと大きめの看護職集団(訪問看護ステーションはもちろん)が、さまざまな事業所の利用者のケアを担当するという方向だろう。その方向を私は悪いとは思わない。地域全体を視野に、居場所が違い、サービスが違ってもそこに住んでいる要介護者・病人の生きることを支え、自分らしく生きらるように支援する看護職がチームで広い視野で支援できることはさまざまな意味で有効だと思う。

訪問看護への期待を感じる
 全体的に、医療ニーズの高い方を地域でどう支えて、本人が望む生き方を支援していこうとするときに、『看護』は欠かせない。訪問看護が活性化している地域とそうでない地域とでは、地域包括ケアの姿が大きく違い、その成否が分かれるかもしれないといえるかもしれない。
 とにかく、訪問看護への期待を感じる改定内容だと思う。
スポンサーサイト
2015.03.30 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
迷ったら気持ちが楽になる方を選ぶ      2015年3月15日分

平成26年度厚生労働省老人保健健康増進等事業(研究事業)で、『認知症の早期診断、早期対応につながる初期集中支援チーム設置・運営に関する調査研究』を全国訪問看護事業協会が研究主体で、委員長を私が務めさせていただいています。この詳細については、報告書が出来上がってからここで紹介します。
その研究の成果物の一つとして、認知症の人の家族向けに『こんなカン違いや思い込みしていませんか?』という小冊子を作成中です。この作成途中で出会った、このアドバイスがとてもいいと思ったのです。

介護サービスを使いことや施設に入れることに引け目を感じる
 「認知症で要介護3の母を自宅で介護しています。親戚の手前、介護サービスを利用することや施設に入所させることに引き目を・・・・」という質問に対しての答えを、研究委員の一人が文章案を書いてくださったのです。
・「困ったら誰かの力を借りる」
・「選択に迷ったら気持ちが楽になる方を選ぶ」
・「苦しくなったらその場を離れてみる」
 24時間、365日の介護は、身体的にも精神的にも大変です。具体的な介護も大変ですが、“責任を持って介護する”ということがとても負担だと思います。
 そんな重圧感をお持ちのご家族に、上記のようなアドバイスがいいのではないかという提案なのです。
 とてもいいアドバイスだと私は思いました。“ええっ、苦しくてもガンバレ”ではなく、逃げていいの? と。「いいんですよ」とアドバイスしましょうよ。

迷ったら気持ちが楽になる方を選ぶ
 特に「迷ったら気持ちが楽になる方を選ぶ」は素晴らしい。家族がどれほど気持ちが楽になる・・・。
 このことは、介護に限らず生きていくこと全般に共通するのではないでしょうか。若い時には、そうもいかなくて、我慢してでもやらなければならないことを選ばなければならないことが多いかもしれません。しかし、一定の年齢になると、無理をせず、自分の気持ちが楽になる方を選んでいいのだと思います。私自身もそんなふうに生きてこなくて、返って難しい選択をする方が人生にとって重要だなどと思っていたような気がします。それがそうではなく、“楽な方を選んでいいんだ”というのは新鮮です。

 自分が思い込んでいる価値観を、ふと立ち止まって『本当にそうなんだろうか』と問いただしてみることは大事なことかもしれませんね。
2015.03.26 Thu l 日々の出来事 l top ▲
地域完結型看護リーダー

群馬大学から講師依頼があった。その資料を見て驚いた。『課題解決型高度医療人材養成プログラム【群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー】事業』というもの。

大学が訪問看護など地域での看護活動の推進ための講演会を企画
 昨年は、香川大学からも依頼があったが、大学が地域の訪問看護ステーション対象に、あるいは大学病院の看護職も含めた幅広い対象に、訪問看護の推進の事業として講演会などを企画しているのです。
 特に今回の群馬大学の場合は、『課題解決型高度医療人材養成プログラム【群馬一丸で育てる地域完結型看護リーダー】事業』というもの見て、時代は変化しているなあと実感しました。文部科学省関連予算で「課題解決型高度医療人材養成プログラム」というのがあるのでしょうか。全国の大学66か所が手上げして、6大学が選ばれたそうで、その一つに群馬大学のこの企画が採用されたとのこと。
時代の変化を見据えて国全体が進めている「地域包括ケア」-病院完結型から地域完結型への変換―、-治す医療から生活支援の寄り添う医療への変換―を行政も大学という教育の場でもどんどん変化して取り組むものなのですね。長年、訪問看護の推進の取り組みをしてきたものとしては、感慨深い。

大学が取り組む意識的な取り組み
 群馬大学主催の講演会の講師として伺って、いろいろなことが勉強になりました。まず、多様な方々が講演に参加してくださったこと。訪問看護の現場の職員が参加しやすいようにと仕事終了時からの開始(18:00スタート)でもちろん県内の訪問看護ステーションのみなさん、大学教員の方々(看護関連だけでなく)、学生、近隣の大学病院の看護部長(副院長?)はじめ、病院の看護師など、私から見ると実に多様。なかなか顔を合わせる機会が少ない方々が集まってくださった。
 勉強になったことももう一つは、大学の教員の方々の“団結力”を知ったこと。全国のさまざまなところに顔を出す機会がありますが、今回の群馬大学に伺ってまず感じたのが、教員の方々の“団結力”とでも呼ぶのでしょうか、そういう力なのです。外部からは内情はよくわかりませんが、今回は教育関係者の皆さんがとても“いい感じ”でつながっているように感じました。簡単な言葉で表現すれば、外から見て『仲がいい』です。「群馬一丸となって育てる地域完結型リーダー」の意気込みが伝わってくるのです。

どんなリーダーか
 育てるという地域完結型リーダー像はどういうものか。それはこれからの課題だと思う。単純な像ではないでしょう。教育の場でも行政も職能団体でも、もちろん現場でも多様に絡み合って作り上げていくのだろうと思います。

そういう場に呼んでいただき光栄です。私なりに一生懸命伝えていきたいと思います。
2015.03.22 Sun l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。