上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
雛人形        2015年2月25日分


一枚の写真

壇飾りの雛人形を背に
晴着姿の幼い姉妹が並んで坐っている
姉は姉らしく分別のある顔で
妹も妹らしくいとけない顔で
姉は両掌の指をぴったりとつけて膝の上
妹も姉を見習ったつもりだが
 右掌の指は少し離れて膝の上

この写真のシャッターを押したのは
多分、お父さまだが
お父さまの指に指を重ねて
同時にシャッターを押したものがいる
その名は「幸福」
幸福が一枚加わった
一枚の写真          作:吉野弘

そういえば
なんていい詩でしょう。

そういえば
戦争で幾人も家族を亡くした家に女の子が生まれた
家族が増えたことを喜び、背伸びして壇飾りのお雛様を手に入れた
毎年3月に包み紙にしまってある人形を一つ一つ出して並べた
ついでに土産でいただいた人形も飾った
首ふり人形もあった

そういえば
雛人形の顔を「きれいだね」と褒め
女の子の顔も「あなたもきれいただね」と褒められ
雛人形の髪飾りのきらきらをみるたびにうれしかった

そういえば
女の子の母は甘酒を作り
のり巻きを作り
あられを作り
近所の子どもたちが見に来て
お駄賃でごちそうした

そういえば
あれから58年
そのお雛様は 今年も
認知症グループホームの高齢者が包みから出してくれる
雛あられを頬張りながら
「きれいだね」「きれいな顔だね」
「そういうあなたもきれいな顔だね」
何度も褒めあう
雛人形も恥ずかしいやら うれしいやら


吉野弘の詩を読んで、こんな情景を思い出した

スポンサーサイト
2015.02.28 Sat l 未分類 l top ▲
マグネット訪問看護ステーション          2015年2月15日分

 『マグネット訪問看護ステーション』とは、看護師が磁石のようによく集まってくる訪問看護ステーションのこと。「そんなステーションがあるのか」と反論がきそうだが、実はあるようです。

訪問看護師不足は変わりはないが・・・
 私は、訪問看護の業界に30数年かかわっているが、ずっと『訪問看護師不足』である。どうして訪問看護師が集まらないか、古くて新しい課題である。
「どこに募集広告を出すと効果があるか」
「どの程度の給料を支払うと看護師が集まるのか」
とどという質問がよくある。
 訪問看護師の募集方法はいくつかある。
①ナースセンター(都道府県看護協会)(無料)
②ハローワーク (無料)
③地元の新聞の折り込み (有料)
④人材派遣業者 (有料)
などが、一般的だが、看護師の応募があったという訪問看護ステーションに聞いてみると、実は・・・・。
ホームページからのアクセスが一番多いとのこと。看護師たちは、インターネットでホームページで就職先を探すのが多いようである。素敵なホームページ作りに挑戦することが看護師確保に有効といえるかもしれない。

募集しなくても看護師が集まってくる
 では、どの訪問看護ステーションもみんな看護師が集まらないかというと、そうではないようだ。
「募集しなくても、集まってくるのよ」
「訪問看護の経験があり、他のステーションを辞めてくる人もいるのよ。うちのステーションがやりがいがあるって」
「職員が自分の知人の看護師を誘ってくれるのよ」
 訪問看護ステーションを転々としている訪問看護師もいるようだ。ということは、「就職したが、上司からただ回数多く訪問しろとばかり指示されて、仕事が全然面白くない」ということで、辞めて別なところに移っている。自分が働いて働き甲斐があると、友人を誘ってくれるということだ。
つまり、給与よりも何よりその訪問看護ステーションのやり方がおもしろければ看護師は自然に集まってくるということであろう。

マグネット訪問看護ステーション
 そういう自然に訪問看護師が集まる訪問看護ステーションが少なくない。そういうステーションのことを紹介する『本』を、若い訪問看護師たちと作成中。春には出版予定。その時点で詳しく紹介させていただきます。
「訪問看護師が集まらない」ということは、おもしろい運営になっていないのかもしれないですね。
 どういうことがおもしろいのか・・・・・。またそのうちいっしょに考えましょう。
2015.02.26 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
博多で夜遊び            2015年2月5日分

 『夜遊び』というヒビキを私は大好き。何だかあやしげでいいですよね。大した夜遊びはできないタチなのに、見栄張って楽しむんです。

屋台のラーメン
 先日、土曜日の朝からの講演のために、金曜日の夜に博多入りしました。空腹だったので、せっかくなので屋台でラーメンを食べたいとホテルの人から教えていただいて、屋台に向かいました。屋台にはびっしりと客が座っていました。“繁盛だなあ”と思ってうろうろしていたら、お店の人が『一つ空けますのでどうぞ入ってください』と。
 座って、ビールとおつまみとラーメンを注文して待っていたら、隣に座っていた女性が話しかけてくれた。30歳半ばで夜のお仕事をしているふうで、小太りで足の刺青が見事で気さくな方でした。
「初めてですか」
「そうなんです。博多ラーメンが食べたくて」
「おねえさん、どこから来たんですか」
「東京です。1泊だけです」
「この刺青、びっくりしたでしょう。若い時に入れたの。でも私、全然後悔していないのよ」
「そうですか」
その後、いろいろおしゃべりしていたら
「これから、私、もう一軒、中州のいい店に行くんだけど、いっしょにいきます?」
と誘われました。

中州へ同行
中州というところがどういうところかも知らない私は、一瞬どうしようかなと考えたのですが、“まあいいか。知らない地で、どんなところに連れて行ってくれるのか、いってみよう”と。
「連れて行ってもらおうかな。だけどあやしげなところではないの? 危ないところじゃないの? 多額のお金がかかるところじゃないの?」
「そんなことはまったくないわよ。私を見ればわかるでしょ。○○円は必要だけど大丈夫?」
「そのくらいなら、何とかOKよ。私、そもそもお金をそんなに持っていないよ」
「健全なところよ」
と、かなり酔っぱらっておっしゃる。
“世界中のさまざまなところを旅行している私としては、・・・・・といろいろと考えた結果、タクシーに乗って同行することにしました。

おしゃれなバー
 玄関を見て、あるいは中に入った様子で、場合によってはすぐに帰ろうと思ってついて行ったら、玄関は派手ではないバー。中に入ったら広くて清潔そうで若い男女3人(きちんとした服装)がカウンターに。
「この方に連れてきていただいたんですが、ここは、あやしいところ?」
カウンター越しに、3人とも笑って
「ここは全くあやしいところではないですよ。どうぞごゆっくり。歌でも歌ってください」
周囲をみたら、特大の画面のカラオケが・・・・・・。
「まあ、大きな画面ね。では・・・」
と、久々にマイクを持って歌いまくった。若者たちも歌った。楽しかった。

「よく、ついていくわね」と
 この話を友人に話したら、「あなた、知らない人によくついていくわね。私なら絶対同行しないわ。何かあったらどうするの」と言われました。
それに対する私の答えは、次のようです。
・ちゃんと相手の人を見て(判断して)いるわよ。誰にでもついていくわけではないわよ。
・自分の知らないところ、知らない人に出会うのは基本的に楽しいよ。でないと狭い自分の殻に中だけの世界にいることになってしまうよ。
・楽しかったよ。博多に行ったら行く店が増えたよ。

博多ラーメンもおいしかったし、わくわく感が何ともいえなかった。


2015.02.12 Thu l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。