上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「見殺しするんですか」            2015年1月25日分

 時々、知らない人からも全国から相談のメールや手紙が届く。できる限り対応させていただき、私ができないことは、できそうな人を紹介している。この間も2件の相談があった。

行き場がない
1件目は、東京都内に住む老夫婦世帯で子どもはなく、夫ががん末期で妻が認知症。こういうケースは少なくない。夫が自宅でご自分の思い通りに最期まで過ごされ亡くなった。認知症の妻が残ったが、お金もなく一人ではとても在宅生活は不可能な状態。さて、この妻をどうするか。要介護2.10数万円の年金だけが頼りだが、このお金で安心して暮らす場がない。特養ホームには要介護2ではとても対象とならないし、どこも満杯だ。グループホームは、この地域には殆どないので入居できない。このお金では都内の有料老人ホームも入れない。この夫婦にかかわってきた方から、どうしたらいいかという相談だった。
東京生まれの東京育ちのこの女性を、住み慣れた地域で最期まで暮らせるように、あの手、この手と一緒に対応策を講じた。その気になれば知人ネットワークと裏の手で何とかなるときもある。
ところが遠縁の親戚の方が現れ、東京からはるか遠い地域で安価で入所できる『場』に長期に入れたいということになったという。本人の気持ちとか“生き心地”など関係なく、お金と“じゃまもの”扱いで人生の最終版の居場所と生き方が決まってくる。
この方、今後、どうなるのかなあ・・・。

夫に穏やかな最期を。しかし・・・
 2件目。あまり知らない女性から、数年前「何かの時には相談に乗ってほしい。あまり身よりがないので頼りにしている」という手紙をいただき、「できることはがんばりますが、できないときにはすみません」と応えてきた。
 つい最近、以下の状況での相談となった。夫が脳血管障害が元で10年近く寝たきり状態で、コミュニケーションもほとんど取れない状態で特別養護老人ホームに入所していた。ところが最近飲み込みがうまくいかず、たぶん誤嚥がもとで肺炎になり近医に入院した。口から食べられるようにしてほしいとお願いしたが、そんな暇はないと。そして胃に直接穴を開けて管を入れて栄養補給する『胃ろう』にするかどうかを迫られた。私と夫は元気なときから管や人工呼吸器で生かされる生き方はいやだと確認してあったので、『胃ろうはやめて下さい』といった。だいぶ衰弱していていることもわかりそろそろ人生の終わりの時期にきていると思っていた。
ところが主治医から『あなたは旦那さんを見殺しにするつもりか。胃ろうをしないのなら今すぐ家に連れて帰って、あなたが死ぬのを見ていればいい』といわれた。どうすることもできず、胃ろうになってしまった。私は、それでよかったのか、どうすればよかったのか、ずっと頭から離れず食事もとれない状態になってしまっている。今後の夫の行き場のことも心配で・・・。

こんな説明の仕方があるのだろうか
 私は、電話でこのことを聞き、驚いた。こんなふうに説明する医師・病院がまだあるんだなあと。これは正確な表現ではないかもしれないが、少なくともこの妻にはそう聞こえたし、今もその勢いで退院を迫っているらしい。
 胃ろうをめぐっては、日本で大激論を繰り返してきた。本人の意思を無視した無意味な延命になっていないか、何のための誰のためのチューブ栄養なのか、経口摂取が可能になるような取組みができるのではないか、などなど。2012年の老年医学会が発表した「高齢者ケアの意思決定プロセスに関するガイドライン(人工的水分・栄養補給の導入を中心として)が一つの契機として、だいぶ、胃ろうが減ってきていると聞いている。
 そんな折、こういう相談だったのでがっかりしてしまった。
相談は始まったばかり。さてどのように支援していくか・・・。

スポンサーサイト
2015.01.31 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲
訪問看護依頼は、救急車出動から            2015年1月15日分

 機会あるごとに、全国のさまざまな訪問看護や複合型サービスの現場の見学をさせていただいている。おもしろい発想で、おもしろく展開している方々がたくさんいるんです。

「そう甘くない」
 看護師自らが会社を立ち上げ、社長となり訪問看護ステーションやその他の事業を展開して、成功している人は多い。「年収〇〇〇〇円になったんですよ」と高額(私の感覚で)の所得を得ている人もいる。しかし、うまくいかず苦心している人、継続できなくなっている人も少なくない。
 今は、順調でいくつも事業を運営している看護師がいう。「そんなに甘くないわよ。うまくいっていると思っても一瞬で火の車にもなりかねない。ぼうっとした目ではすぐつぶれるよ」と。

モットー
 自分で起業している看護師に、「どういう努力をしていますか」と聞くと、比較的共通するのが、「どんな依頼も断らない」「依頼があったその時点から即対応する」というものだ。「あした伺います」ではなく、「では、きょうこれからお宅に伺がって相談しましょうか」という具合らしい。必要なら夜でも休日の訪問も受けるのは当たり前だとのこと。

ある社長訪問看護師の話
 ある社長看護師に聞いてみた。
「利用者はそんなに簡単に集まるもの?」
「そんなことありませんよ。はじめは相談や依頼が全然なく赤字続きだった。まあそれでもいいかと思って、あせらないでやっていこうとしていたが、そういう姿勢ではだめだということがあとでよくわかった」
「どういうこと?」
「目つきを変えて、本腰を入れて利用者確保に乗り出した。“どんな利用者でも、いつからでも、どこからでも受ける”と。宮崎さんが驚くようなこともやりましたよ」
「ええっ、どんなこと?」

救急車・・・
訪問看護って、救急車の人と仲良くなりますよね。それで聞いたのが、救急車で運ばれて、治療を受けたのはいいんだけれど入院の適応ではなく、どうぞ自宅に帰ってくださいといわれる人もいる。その時に自分だけで家に帰れない一人暮らしの人とか、入院するほどではないけれどまだ病状が回復しない人など、家に帰れないで困っている人がときどきいるんだそうです。病院の救急部の人も困ってしまうそうです。
それで、自分は、病院の救急部の人に「そういう人がいたら夜中でもいいので連絡ください。私がボランテイアで家に送り届けますから」とお話してあるんです。だってね。そういう人は、何らかの支援が必要な人かその予備軍なんです。自宅にお送りした翌日など再度訪問して詳しく状況を聞いてみると訪問介護や訪問看護が必要な人がいらっしゃる。あるいは、病状が落ち着くまで時々訪問してほしいなどと依頼されることもある。そこから訪問看護につながった人はかなりいるんです。

そうか・・・
 私は驚いた。自分の事業所の経営のこともあるかもしれないが、そこまで地域の中を見渡して、困っている人がいないか、何か役立つことがないかと動いているところがある。すごいなあ。

2015.01.23 Fri l 看護、介護、医療関連 l top ▲
2015、年の初めに            2015年1月5日分

 年の初めは好きです。前年を振り返り新たな一年をどんなふうに過ごすのかを考えるいい機会。しかしながら、前年の課題と自分で認識しておきながら全然達成しないことがあるを毎年。それが意識的な健康管理。
そこで、今年は、新たに固く決意して実行したいことを明記してみる。来年還暦を迎える身として、大げさに言えば、体力・知力・気力が衰え始めている。体型・体重についても年齢相応の悩みもある。そこで、今年は体力維持・回復に挑戦しようと思う。

体と心は一体
 気持ちがめげたり、気が弱くなったり、徹夜や夜遊びが続かなくなったり、テレビの前でひっくり返っている時間が多くなったり・・・。そんな自分を情けなくなり、このようにして年老いていくのかなと嘆いたり・・・。何歳になっても何にでも挑戦しようとしている人を見るとあまりいい印象を持たなかったり・・・。
 気持ちを前向きにしようと思っても一時的には何とかなるが、すぐに戻るもの。私のこれまでの経験では、“身体を鍛えると気持ちが元気になってくる”ことを実感。
 そこで、今年は気持ちは放置して、身体を鍛えることに専念してみようと思っている。具体的に何をどうするか。それは秘密。

マグロの自分とのつきあいはたいへん
 「宮崎さんは、いつも元気ですね」「前向きにたくさんのことに挑戦しているのですね」「多趣味ですね」などとよく言われるが、本当にそうだろうか。私が二人いて、「宮崎和加子」という人が、欲張りでやりたがりやで何かをどんどんやっていないと安心できない。先日も誰かに言われたが『マグロ』のようだと。マグロが動きを止めるのが、命がなくなるとき。それまでとにかく動いているんだそうだ。「私が動きたいんじゃないのよ、『宮崎和加子』がそうせずにいられないのよ。どうせそのうちに死ぬんだから、今のうちにあれもこれもそれもやりたいのよと。そしてどうせやるならきちんと、大志を抱いてとも」
 そんな宮崎和加子とつきあうもう一人の還暦間近のわたしはたいへん。
 時々、そんなふうに思える。

まあ、ゴチャゴチャいわずに、息子が作ってくれた『体力維持回復プログラム』にそってがんばってみます。
2015.01.06 Tue l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。