カオハガン島(その3)             2014年11月22日分

 
2時間の海中散歩
 干潮の時には近くに見える島まで歩いていけるという。「ええ、こんなに深い海なのに・・・」「じゃあ、海中散歩の案内をお願いします」ということで、海の様子をうかがってサンダル履きで出かけた。
 ひざ下くらいまで海に浸かって。透明度抜群! 全部見える。海のことを何でも知っている島民の方が連れていてくれた。(ずっと一緒だった通訳の若者のお兄さん)
 われら一行4名と、島民2名の6名でカオハガン島を離れ、結構離れている隣の島までみんなで出かけた。

うに ヒトデ 熱帯魚・・・
「この真っ黒いトゲトゲはなあに?」
「これは、うにですよ。小さいですけれどおいしいですよ。食べますか」
「はい」
手際よく、上手にさばき、海水で洗って「どうぞ」と。
おいしい!!
砂の中から取り出して、「これおいしいんですよ、どうぞ」と。
見たこと・聞いたことがない生き物のようだけど、「はい」といただく。
何だかわからないけれどおいしい。
この海の名人は見えないものが見えるんだね。
色鮮やかなヒトデ、海草群に熱帯魚の群れ、見たことのない貝・・・
たくさんいたよ。
ずっとずっと歩いて、足が疲れるほど歩いて散歩を堪能した。

人間が暖かく仲がいい
 この島のすごさはたくさんあるが、一番は感心しうらやましく思うのが、島民の皆さんが人間関係が濃く仲が良く、自然にかばいあい共同体として生活して生きていることだと思った。狭い島にたくさんの人間が住んでいるとプライバシーがなく、いざこざが絶えないのではないかと思うのは、浅はかかな。非常に素朴に他人を非難することなく、穏やかに互いに生きているように見えた。
 ホームステイというオプションがあり、お泊りはしなかったが、夕食を島民の家でお願いすることになった。2組に分かれて別々な家の夕食を共にさせていただいた。電燈がなく、ろうそくの明かりの中で、島民のちょっと豪華な普通の夕書をいただいた。子どもも娘さんも私たちを珍しがって遠くから見ていて、ちょっとずつ近づいてきてくれる感じだった。
 もう一軒の方は、親戚が20人ほど集まっての歓迎会(大宴会)だった。床に座りながらみんなでおしゃべりして・・・。親戚関係を紹介してくれるが、多くて覚えきれない。そのうち、若者がギターで歌を歌ってくれるという。何の歌なのかと思いきや、日本の歌で、尾崎豊の「I Love you」など日本語で歌ってくれた。それだけではなく、年配の方が島に昔から伝わっている歌も。これも素晴らしかった。

何か大事なこと
 うまく表現できないのだが、カオハガンには大事な何かがたくさんある。文明が進歩することで忘れてしまうこと、経済的にうるうことで失っていくもの・・・。そういうことをいつも心配しながら生きているが、それがカオハガンでは島民の方の生きる姿がもろに何かを示してくれている気がする。人間社会にとって何が大事なのか?と。

生きる力がたくましい
 そこにあるもので、工夫してきょうを生きる。というふうに表現すればいいのだろうか。「あれがないから・・できない」ということがないような生き方、それも生き物としての自分の勘や知恵を頼りに生きる力がたくましく、素晴らしく思えた。
 何が素晴らしいかって、顔つき・表情が生き生きしているんですよ。目が曇っていないんですよ。



スポンサーサイト
2014.11.23 Sun l 日々の出来事 l top ▲
ガルーダ・サポーターズ 発展的解消

11月8日にガルーダ・サポーターズの総会を行いました。そこで決議されたことは、「発展的解消」ということでした。
 なごり惜しいのですが、一定の役割を果たしたということです。希望者は研究会の形でつながっていくことになると思います。以下は、決議文です。問い合わせがある場合は、私のメールにお願いいたします。


ガルーダ・サポーターズの発展的解消について

 2008年夏に、EPA第一陣208名の看護師・介護福祉士候補者がインドネシアから来日しました。経済連携協定ではじめての“人”の移動ということで注目され、来日する人も受け入れ側も期待と不安でスタートしました。日本にとって新しい1ページが始まったともいえるでしょう。
 ガルーダ・サポーターズは、2009年1月に準備委員会、そして2009年6月に任意団体として発足しました。目的は、「EPA協定に基づきインドネシアから来日する介護福祉士及び看護師(日本での国家資格を指す)候補者等(以下、「候補者等」と言う。)が「日本に来て良かった」と思えるよう良き生活をおくれる環境を整備するとともに、日本とアジアの医療・介護の質を向上させ、もって不特定多数の人々の福祉を増進するため、候補者等への支援など必要な活動に取り組むこと」です。

役員は、看護師・介護福祉士、受け入れ施設職員、日本語教師、大学教員、元インドネシア駐在者などさまざまな立場の人で、来日者が少しでも快適な日本での生活・勉学ができるように支援しようとボランテイアで集まったものたちです。

 それから5年。当団体ではその時々にさまざまな事業を行ってきました。主なものとしては、来日者からの電話相談、国家試験対策合宿講習会、政策提言・記者会見、ホームステイ、来日者同士あるいは来日者と会員の交流・つどい開催、帰国者面会・調査、ニュース発行(14回)などです。当団体が政策提言した内容が取り入れられ国家試験の時間延長など実現しました。

 5年を経過し、先輩が後輩の相談にのるなど大筋では安定的に日本での生活ができるようになってきまし、また国家試験対策についても国や他団体での様々な支援も少しずつ充実してきました。そういう意味では、制度初期の不安・混乱を解消すべくガルーダ・サポーターズとしての支援活動は、一定の役割を果たしたのではないでしょうか。

 新しい課題として介護を「外国人技能実習制度」の中に位置づけることや新たに「家事の補助・介護分野での外国人によるサポート」など多々ありますが、EPAでのインドネシアからの来日者を中心とした支援活動は、一旦終了とさせていただくことをここに提案する次第です。

 5年間、様々なご支援をありがとうございました。

2014.11月末
役員一同
2014.11.18 Tue l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
認知症サミット日本後継イベント

11月5・6日とG8『認知症サミット日本後継イベント』が六本木ヒルズで行われた。私は、その実行委員に選定され(実際上は何もしなかったのだが)当日も参加させていただいた。一般参加はなく関係団体・マスコミなど限られた人だけの参加だった。

先進7か国が本気で『認知症』に取り組む
 G8とは、アメリカ、イギリス、フランス、ドイツ、カナダ、イタリア、日本とロシア。ただ、ロシアが諸事情で参加しないので上記G7の国々が中心で、それに中国・台湾などの報告もあった。
 昨年12月にロンドンで行われた認知症サミットだが、フランスやカナダ、日本で後継イベントが行われ、そして次回のサミットはアメリカで開催される。日本後継サミットでのテーマは『ケアと予防』。それぞれの国がケアと予防にどういう対策・政策なのかということが報告された。
 聞いていて感じたことは、それぞれの国が認知症の人の急増を認識し、国を挙げて改めて取り組みを強化する必要性を感じていること。そしてそれを予算化すること。さらにそれぞれの国の取り組みだけではなく、「認知症」という共通課題に連帯して連携して取り組んでいこうよいう内容だった。

首相あいさつ 日本でも認知症対策をさらに強化
 安倍首相があいさつの中で、「オレンジプランを作成して取り組んでいるが、さらに厚生労働省だけでなく全省庁挙げて取り組みを強化するようにする(予算化する)」というようなことを話していた。何らかのプラン・予算が加わるのだと思う。

予防
 全体的には、『認知症は予防できる』ということが一定確認できたかと思う。認知症のタイプ(原因・要因)が一定わかってきているので、その対策をすれば全く無意味ではないといえばいいだろうか。たとえば、認知症のリスク要因として、たばこやアルコール、高血圧、運動不足や高脂血症などが研究結果からも挙げられているのでその対策の重要性など。また診断の課題も多々出されていたが、どちらにしてもまだまだ研究などが追い付いていなくて急がれるということだった。

全体的に
 その他、当事者中心に、住民といっしょに、偏見なく、心地よく生活できるまちづくりのテーマなど、いろいろ報告があった。
 私は参加させていただき、いろいろ勉強になった。感想もいろいろあるがちょっとだけご披露。
◆世界的な視点、取り組みを考えると、北欧などはどうなっているんだろう。どういう位置づけになるのかなと疑問に思った。(もっと進んでいるのかな?)
◆「人道的な視点から」「本人を中心にした」などという言葉がキーワードになっている部分もあり、「そんなことは当然では?」「日本ではもっと進んでいるのでは?」などど。
◆日本は、決して遅れていることはなく、モデルとなるような政策や研究や実践がされているのではないかと思った。ただ、問題はケアでいえば、モデルになるような優れた実践・かかわりは世界最高といえるような内容かもしれないが、そうではなく、まだまだ拘束をしたり、薬漬け、非人間的な対応をしているところが少なくないということである。その格差が激しい。
 どうすれば、ケアのあり方を変えられるか・・・・・。


2014.11.12 Wed l 未分類 l top ▲