景気と介護               2014年6月15日分

 景気がよくなってきているという報道が耳に入る。景気が良くなると私は「困ったなあ」と思ってしまう。なぜかといえば、これまでの経験では“景気が良くなると介護人材不足に拍車がかかる”からである。
「本当に日本の国全体が景気が良くなってきているのだろうか?」と半分疑問に思いながらも、その傾向があることが身近にも感じるし、危機感も強くなる。

介護の専門学校の入学希望者が激減
 聞くところによると、介護専門学校の入学志願者が激減し、学校存続の危機に陥っているところがあるという。介護という仕事が、職業を選ぶ際の第一選択にはどうしてもならず、不景気で仕事がないときには何とか従事する人がいるが、景気が良くなり、他の仕事に就ける機会があるとそちらを選んでしまう傾向がある。

介護職の就職応募者が激減
 学生も集まらないが、当然就職希望者が減る。それよりもこれまで介護業界で働いていた方が、他の仕事の方が給料がよくなると転職してしまうことが少なくない。介護の仕事が大好きなのに、“給与が安くて昇給もあまり期待できないとやむなく転職・・・。

そこで、外国人労働者という声が
 “日本人がやらないのなら、外国から来てもらおう”という声が上がる。2008年からEPA(経済連携協定)でインドネシアと続いて2009年からはフィリピン、そして今年からベトナムから介護福祉士候補者が来日しているが、安倍政権では新たに別な方法での来日をごり押ししようとしている。これまでも何度も検討課題に挙がったが、今回はどうなることやら・・・。  (次回につづく)
スポンサーサイト
2014.06.29 Sun l 看護、介護、医療関連 l top ▲
これが終わったら・・・            2014年6月5日分

 1か月に3回、“5”のつく日にこのブログを書くことにしているのに、なかなか書けない。本当に時間がない・・・。

友人「宮崎さん、忙しいそうだね。何で忙しいの?」
私「忙しいんじゃなくて、時間がないのよ。なんで時間がないのかなあ?」
友人「サラリーマンになったので、月~金の日中は全国訪問看護事業協会の事務所にいるんでしょ」
私「そう。事務所での仕事も結構手一杯。研究だけ見ても、昨年は3本だったのが今年度は7本。私が全部やるわけでは   ないけれど何かとね」
友人「土日はどうしているの?」 
私「土日は、講演で地方に行くことが多いかなあ。時間と体力の許す限り(無理しない程度で)受けているから。それ以外は私用。美容院だって行かなくちゃならないし、趣味もあるし・・・」

これが終わったら、これが終わったら
 仕事ややらなければならないことの区切りがあるので、そこまでは集中して頑張る。そのスタイルはずっと続けている。6月5日の分のブログを書いているのに、実はもう6月下旬。6月中は特に忙しかった!! やっと区切りがついたので、7月はちょっとゆっくりできるかもしれないなあと勝手に思っている。
私「7月に入ったら時間ができるよ。だからいっしょに映画でも観に行こう」
友人「それは、たぶん無理だと思うよ。宮崎さんからその言葉を何十回きいたことか。これが終わったら・・・と。だけど終わ    らないのよ、あなたは。次にやらなければならないことを見つけてくるんだから。そういう人だよ、あなたは」
私「そうお? そんなことないでしょ。私だってちょっとゆっくりしたいよ。映画を観たり、コンサートを聴きに行ったり。シャン   ソンもしばらくレッスンに行けていないので、行きたいなあ、料理もレパートリーを増やしたいし」
友人「たぶん、無理だと思うけど、時間ができたら連絡頂戴。あてにしないで楽しみに待っているから」
 この間、何人の友人・知人・家族にこういわれたことか・・・。

今度こそは
 そうはいっても、以前よりは忙しさと圧迫感(「あれをやらなければ」という頭の上にのしかかった課題)は軽減した。というよりは、軽減させている。息苦しい生き方から少し解放されたいという思いと同時に、そんなにこなせなくなっているから。ずいぶん人間らしい生活になっているような気がする。
 だから、今度こそは(7月は)誰かを誘ってア・ソ・ボ! 誘われたらア・ソ・ボ!
2014.06.27 Fri l 日々の出来事 l top ▲