上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
サテライト              2014年5月25日分

引き続き、訪問看護ステーションの話。

サテライト(出張所)とは 
訪問看護ステーション(主事業所)は、平成8年からサテライト(出張所、従たる事業所)を設置することができることになっています。主な目的は過疎地域などの訪問看護ステーション設置を促進するためで、山村振興法・離島振興法等の法律に基づく地域が対象でした。主たる事業所(訪問看護ステーション)が看護師1名でも出張所を設置することができるものです。
最初は、中山間地域や離島など過疎地域などに限定されていましたが、さらなる訪問看護事業の促進のために、平成12年(介護保険スタート時)から、地域要件などは撤廃されて管理者が一体的な管理ができる範囲内で、しかも隣接地域でなくても設置できることになりました。しかし、全国各地から聞こえてくるのは、「設置条件が離島などだけで、実際は設置できない」「県はOKといっているのに、市(政令指定都市)がだめだといって設置できない」など、都道府県・政令指定都市でその対応がまちまちであることが現場では大きな問題となっていました。

サテライト(出張所)は、468か所 
そこで、今回、都道府県の担当に協力いただきサテライトの設置状況と都道府県のサテライト設置についての対応について調査し、まとめました。(全国訪問看護事業協会のホームページ参照)
 その結果、平成26年4月1日現在、サテライト数は468か所で、都道府県によってかなりの差がありました。多い都道府県は65か所ですが、一方で許可しないという県もありました。0か所が7県、1~5カ所の県が20か所でした。

今後、サテライトが話題に 
これまでは、訪問看護の業界でサテライトのことがそれほど話題にならなかったのですが、今後議論の対象になると推測されます。なぜかといえば、今年4月から新設された『機能強化型訪問看護ステーション』の算定要件の人員基準等が、「サテライトの数も加えた数」ということになったからです。早速に小規模訪問看護ステーション2か所を開設・運営していた法人が、1か所をサテライトとする方向で準備しているなどという声を聞きます。つまり2か所分を1か所として(1か所をサテライトにする)『機能強化型ステーション』届け出ができることになる可能性があるもです。
 とすると、都道府県によってこんなに大きな差があることが問題になるのではないかと思うのです。

 訪問看護サービスを利用する方にとってよりよいサービス提供ができる方向で変えていく必要があると思います。
スポンサーサイト
2014.05.31 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲

訪問看護ステーション急増!              2014年5月15日分


訪問看護ステーションの立ち上げが目立つ
 介護保険がスタートしてから訪問看護ステーション(訪問看護事業所)数も訪問看護師数もずっと伸び悩んだ状態でした。一方、医療ニーズの高い要介護者等が増加し、これからさらに急増することが予測されている状況で、訪問看護師の果たす役割が極めて大きいということで、半ば国策として訪問看護ステーションと訪問看護師数を増やす方向での対策がとられています。
 その一つが平成24年の医療保険と介護保険同時改定で、報酬の見直し等で訪問看護推進の方向性が見えました。(他のサービスなどは報酬がアップしなかったのに、訪問看護についてはかなり改善された)
そのことも影響していると思うし、また全体的に「訪問看護は儲かるらしい」という根拠の薄いうわさが広がり、訪問看護事業所を立ち上げる民間営利法人が増えているようです。

訪問看護ステーション数が、約7,500か所に
 全国訪問看護事業協会では、毎年4月1日現在の訪問看護ステーション数を都道府県の担当課の協力で調査してきました。その結果がまとまりました。(ホームページにアップされているので参考に)
 その結果、稼働している訪問看護ステーション数は、史上初めて7,000か所を越え、なんと7,473か所になったのです!! 1年間で新規開設した数は、896か所、1年間で閉鎖(廃止)したのは、262か所。結果的に約700か所増加です。

営利法人開設が全体の約3割
開設主体の割合は、10年前の平成14年では、医療法人が50.7%、社団・財団が16.8%、社会福祉法人が10.1%、営利法人が9.2%でした。ところが、平成24年では、医療法人が34.4%と年々割合が減り、なんと営利法人が30.5%と急減に増えています。(平成25年度 厚生労働省唐人保健事業推進費等補助金の「訪問看護の質の確保と安全なサービス提供に関する調査研究事業」より)

 訪問看護業界がかなり変化してきているといえるようです。

2014.05.30 Fri l 未分類 l top ▲
禁煙               2014年5月5日分

 3年ぶりに会った友人。45歳で一見人を寄せ付けないクールな感じ。でも実はとてもシャイでおもしろい男性。久しぶりに会って、風貌の変りもなく相変わらずでした。でもちょっと元気がないなあ・・・。

救急車で搬送
「何だかちょっと元気ないような気がするけれど何かあった?」
「いいえ・・・、はい・・・。実は先週救急車で運ばれて入院したんだよ」
「ええっ、どうしたの?」
「突然、動悸がして呼吸が苦しくなって、脈が200くらいになって・・・。本当に死ぬかと思った。心房細動だったんだ」
「へえー、大変だったね。生きていてよかったね。○○さんは、もともとヘビースモーカーじゃなかったっけ? たばこは辞めたの?」
「ご存じのとおり、ヘビースモーカー。退院してすぐにいつものように一日30本のたばこを吸っている。お酒も」
「医師は、タバコ吸っていいっていったの?」
「辞めるストレスが強ければ、少し吸うのはOKだって」

どうして吸うの?
 久しぶりの再会を喜び、愉快な会話を楽しむはずだったのですが、私はどうしても黙っていられずに、こんな会話をしてしまった。
「どうして禁煙しないの?」
「さあ・・・」
「みんなが辞めた方がいいというから反発して、意地を張って吸っているんじゃないの」
「・・・」
「たばこがおいしいの?」
「いつもはおいしいけれど、今はおいしくない」
「どうしても辞めたくなければ、辞めなくていいんで、2週間くらい休んでみたら」
「・・・」

今死んで悔いはないの?
なんだかはっきりしない会話。
「ねえ、聞いてもいい?」
「いいよ」
「今死んでしまうとすれば、悔いはない? 割合幸せな人生だった?」
「うん。あまり悔いはないし、今は幸せ」
「じゃあ、このまま死ぬのはOKで幸せなことなの。タバコだけが悪さをしているわけではないけれど、たぶん、健康に良くないよね。タバコを吸えなくて不幸な気分で生きるよりは、もしかして死ぬかもしれないけれど、覚悟をして吸っている方がいいってことかな」
「・・・」
「私、複雑な気持ちになってしまう」
「まあ、いいや。もうこのことはいわないね。あなたの生き方だからね」

私は、昔喫煙者だった。辞めたいと思いつつ辞められなかったが、きりのいいところで辞め始めて、すっぱりと1回で辞めることができた経験がある。辞めた経験から言いたいのは、辞めた方が何と心地いい毎日を送ることができるようになったか。
 それを伝えたいんだけれど、うまくいかない。おせっかいなのだろうか・・・。でも死んでほしくないし。
2014.05.14 Wed l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。