上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
「複合型サービス」その後        2014月4月25日分

 一昨年の4月(2012年4月)に新設された「複合型サービス」のその後について、知る範囲で紹介します。

2年間で137箇所開設
 2014年3月末現在、複合型サービスの開設数は全国で137箇所です。まだ未設置の県も数箇所あります。2年間でこの数字はどう評価すればいいでしょうか。“これだけか”“こんなにできたの”どちらでしょうか?
 私が所属している全国訪問看護事業協会はこのサービスの設置を推進する立場で、様々な支援活動を実施してきました。開設支援セミナーの実施、開設相談、運営相談、見学先紹介・・・。たくさんの複合型サービスの見学にも行っていますし、これからも行きます。
 開設数も大事なのですが、そのやり方・サービスの質についても把握してきましたが、このサービスの新設の目的に沿って運営しているところもありますが、そうではないところも見受けられます。とても心配な運営をしているところもあるのが実態です。

2枚看板が全体の約60%
 全国訪問看護事業協会での調査からわかった大まかな全国の動きの概要をお伝えします。
◆法人別開設状況
 営利法人約47%(株式会社30%、有限会社)、医療法人24%、社会福祉法人15%、公益社団5% その他1%
◆1枚看板か2枚看板か
 複合型サービスだけを実施しているのを『1枚看板型』といい、複合型サービスと併設で看護師兼任での訪問看護ステーションも実施しているところを『2枚看板型』と読んでいます。その割合は、全国の複合型サービスの約60%は2枚看板です。

大きな成果・効果
 平成25年度厚生労働省の老人保健健康推進事業(研究事業)の一つとして、複合型サービスの実態調査が行われ、その成果・効果が示され、公式な会議の場で報告されましたが、当初の目的にそってこの制度の意味が確認されたことになります。
 その内容は、医療ニースの高い利用者が病院への入院や介護施設への入所ではなく、自宅のある地域で住み続けられ、そしてそこでも人生の終末を過ごし永眠できるサービスになっているということでした。特に、特養ホーム待機中で老人保健施設を転々としていた独居の方が、このサービスを利用することで地域(自宅+複合型サービス)で暮らし続けられることができて、特養ホーム入居申し込みをキャンセルした例や、病院の退院支援室・担当からの問い合わせが多く、医療ニーズのある方が多数紹介されてくるなど、退院支援の受け皿の役割も大きいようです。

訪問看護師の変化も
 これまでは、自宅への個別訪問が使命だった訪問看護ですが、複合型サービスを併設することになり、訪問看護師たちが変わってきたという報告も耳にします。お泊りや日帰りサービスも合わせて実施することにより、自宅訪問では把握できなかった『面』でのその方の生活や、あるいは夜間の様子なども見えるようになり、自分達が昼間の一定時間しか見ていなかったことに気づき、とても勉強になっていること。また始めはこのサービスにあまりいい印象を持っていなかった訪問看護師たちが実際に行ってみると自分達の想像以上の様々な成果が見えて、意識が変わってきたことなどが述べられています。

地域包括ケアに欠かせない『複合型サービス』
 地域包括ケアの時代に、絶対に有効に機能すると思われる『複合型サービス』。自治体の『介護保険事業計画』に位置づけられて、質の高いサービスを実施できる事業者に実施していただきたいです。
 自治体も実施する事業者も内容・このサービスの意味が周知されていないことが最も大きな問題です。
スポンサーサイト
2014.04.30 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
「さっき、産んだんです!」        2014月4月15日分

親しい知人のKさんが産休でした。出産予定日間近なのでどうなったかなと思って、電話したのですが出なかったんです。「陣痛が来て病院に行ったのかな?」「ただ単に買い物中かな?」などど、勝手に推測して心配していました。

元気?
 やっぱり何だか心配になって、翌日にBさんの携帯電話を鳴らしました。そしたら、いつもの声で落ち着いて電話に出てくれました。
私「Kさん、元気? 昨日電話しても出なかったのでどうしたかなってちょっと心配していたんですよ」
Kさん「すみませんでした。昨日は長男と遊んでいて電話をとれませんでした。電話しないですみません」
私「あっ、そう。元気でよかった。そろそろ予定日よね。大丈夫? その兆候はあるの?」
Kさん「そうなんです。予定日なんです」
私「産んだ後は、だれがお世話してくれるの? 誰が助っ人はいるの? 旦那さんの協力は?・・・・・・」
と、私が余計なおせっかいで老婆心で聞いていました。そしたら・・・。

「さっき、産んだんです!」

Kさん「宮崎さん、私、さっき産んだんです! もう生まれたんです!」
私「ええっ、産んだ直後なの?」
Kさん「そうなんです。2時間前に産んだんです! やはり女の子でした」
私「母子ともに元気?大丈夫?」
Kさん「元気です。母がしばらく応援に来てくれます」
私「お産は大変だったの?」
Kさん「いいえ、二人目だったので、会陰切開をしなかったので縫合もなしなので、もう歩いてトイレに行っていますよ。
私「そう、偉かったねえ」

「産まれた」ではなく「産んだ」
 Kさんが、あまりに落ち着いていたのでこれからお産かと勝手に思ってしまって話をしていたのですが、立派にお産を終えていたのでした。
 私が感動したのは、「産んだんです!」という言葉です。この言葉を吐けるのは、主体的に産んだ人だけです。とかく、助産師や医師に産ませてもらって結果的に「産まれた」ということになりかねない。Kさんは、自分で産んだ、助産師さんや医師に支援はしてもらったということ意識だったのだと思います。
 介護もなんでもそうかもしれませんが、誰が主役で誰が脇役か。その状況で生きる本人が主役・主体・当事者です。医師も看護師も介護職もそれを支援する支援者(サポーター
に過ぎないのだと思います。なんでもしてもらって「ありがとう」という受け身ではなく、主体的に立ち向かう姿勢が大事なのだと思います。

 Kさんの一言で、清々しいKさんの顔を思い浮かべ、とても力強く感じました。こういう姿・姿勢になるようにすることが支援者側の役割かなあとも思いました。
2014.04.20 Sun l 日々の出来事 l top ▲
「看護」っておもしろい?  2014年4月5日分

 先日、40歳代の看護師さんと食事をする機会がありました。彼女(Aさんとしましょう)は、病院での看護経験が長く、様々な科での実践活動をしてきたとのことでした。

「“看護がおもしろい”という看護師に出会ったのは、2人目です」
 私が、訪問看護についておしゃべりをはじめました。「こんなことがあった」、「こんな利用者さんがこんなふうに変わった」、「こんないい看取りだった。家族も素晴らしかった」など、しゃべりはじめたら止めどもなくしゃべってしまいます。
 そしたら、Aさんが「こんなに看護が楽しいと目を輝かせてお話しする人に出会ったのは、2人目です」というのです。
「そんなことないでしょう。私の周囲には、看護がおもしろいといって実践している人がたくさんいますよ」
「そうですか?」
「そもそも、看護っという仕事はおもしろいと私はおもいますよ。そう思えないとすれば、何かがうまくいっていない・・・」
「病棟では、医師のオーダーにそって、常に電子カルテ(コンピューター)に向かって、事故を恐れながら緊張しっぱなしの勤務。患者さんとゆっくり向き合う時間等なく、夜勤・交代勤務で体はボロボロ・・で疲れ切ってしまう。仕事としてやっている人ばかりで、看護のおもしろさなんて話す人はいないですよ」

それは困った
 それは困ったことです。看護師を目指す人は、どちらかといえば正義感が強く、弱者といわれる人のために何かできることをしたいという思いが強い。ちょっとした人とのコミュニケーションを糧としてやりがいを感じたり、相手の方の笑顔で疲れが吹っ飛んだり。意識的に実践すると本当におもしろい仕事なのです。
 それが、最近の日本の医療の現場では、専門家としての看護の仕事のおもしろさを感じられなくなっているのでしょうか・・・。全体を把握しているわけではないのですが、そんな危惧を感じます。それは、看護師にとっても、患者・利用者にとっても不幸なことだと思うのです。
 私の力でどうこうできるわけではありませんが、『訪問看護』はより専門性を発揮でき、おもしろさを比較的実感できる環境にあるかもしれません。

2014.04.14 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。