上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
訪問看護ステーション、半年で閉鎖     2014年1月25日分

 前回は、訪問看護師が突然、会社から解雇されるということを書きましたが、その逆もあるのです。

開設が多くなっているのですが、閉鎖もあるのです
 時々、書いたりしゃべったりしていますが、ここ2~3年、全国の訪問看護ステーションの開設数がかなり増えているのです。長年伸び悩みだった訪問看護ステーション数が増えていることは、とてもうれしいことです。(訪問看護推進の仕事をしている私としては、とてもうれしいことです)
 昨年4月1日現在、届け出数7,042か所、実働数6,801か所です。届け出数が7,000か所を超えたのは、史上初めてです。2012年4月からの1年間で759か所が新規開設したのです。
 ところが、同じ一年間に廃止している訪問看護ステーションが209か所あるのです。(実質約500か所の増加)

廃止・閉鎖の理由はいろいろ
 廃止・閉鎖の理由は、はっきりとはわからないので推測してみると、いくつかの群に分かれると思います。
 一つは、看護師不足で長期に補充できる見通しがないので、廃止する。(また開始する可能性がある場合は、休止届となる)
 二つ目には、2か所を合併し1か所にするという場合。経営効率を考えると事業所規模を大きくする方向に向かい、合併することがある。
 三つ目には、法人の種類が変わること。それまで医療法人だったのが、法人の戦略で介護保険関係部門を別会社を作りそこで運営する場合。医師会立の訪問看護ステーションが、かなり株式会社に移行している。事業者が変わるときには、一度廃止・閉鎖の手続きをして、新たに開設するという扱いになる。

半年で閉鎖
 もう一つ、最近目立つのが、新規開設したのに半年後には閉鎖するというところです。この業界と全く違う一般企業の方々からの相談・問い合わせが多いのです。ちょっと社会で注目されているからなのか、「儲かるらしい」「新たな事業展開分野を探している」「どういうふうに開設すればいいのか」などという問い合わせです。
 あまりよくわからずに、看護師を3人程度雇用して新たに訪問看護ステーションを開設しているところもあります。ところが、利用者が集まらず収入が少ない。その上、看護職の雇用の仕方がうまくなく、看護師が退職したいと申し出るそうです。看護師は売り手市場ですのでいやな仕事はすぐに辞める傾向があります。(すぐに仕事は見つかるので)それで次の看護師が募集しても集まらなくて、訪問看護ステーションの人員基準を守ることができず、廃止せざるを得ないという状況のようです。
 看護師を“扱う”のは、たいへん! とよく言われます。給与も安くないですし(極論ですが、安い給与でしか働かない看護師は、そのなりの仕事しかしない・・・)、一般企業の常識やルールとは全く違うと思います。企業側見ると、「看護師は、すぐ辞める。補充ができない」「いうことをきかない。自分がやりがいはよくやるがそうでないと・・・」「とにかく看護師はよくわからない・・・」などといわれているようです。

 この1週間で2つのうわさを聞きました。「開設して半年で廃止・閉鎖があったんですよ」というものです。
スポンサーサイト
2014.01.31 Fri l 看護、介護、医療関連 l top ▲
突然の『解雇』       2014年1月15日分

 私のことではありません。訪問看護ステーションをいくつも立ち上げた営利法人(株式会社)に勤めている知人の訪問看護師の話です。

営利法人開設の訪問看護ステーションが増えている
 介護保険がスタートする前(2000年以前)は、訪問看護ステーションは、民間営利は事実上開設することはできませんでした。ですから、訪問看護ステーションの開設主体は、医療法人が50%強、医師会立10数%、看護協会立10数%、その他社会福祉法人立、地方自治体立、日赤、生協などとなっていました。
 ところが、介護保険スタートから13年たった現在、その様子がだいぶ変わってきました。営利法人(株式会社)の開設の訪問看護ステーションが増えているのです。
 平成24年4月の調査では、医療法人立が約4割、営利法人立が3割弱となっています。すごく増えたのです。その上、ここ2年ほど、全体的にも営利法人立も急増しています。
 営利法人とは、株式会社やNPO法人で多くは株式会社です。その中の半数は調査結果では、看護職が株式会社を立ち上げ訪問看護ステーションを開設しているところなのです。

一般企業での開設
 最近の傾向として、医療・介護関連ではない一般企業の方々が訪問看護ステーション立ち上げているのが増えてきました。ただ、介護事業者のように大手が全国展開している企業は多くはありません。
 介護保険開始に当たり、訪問看護ステーションに民間企業参入が可能になっとき、多数の様々な企業が訪問看護ステーションを開設したのですが、それはほとんどといっていいほど失敗し閉鎖しました。訪問看護事業は、一般企業の常識やルールではうまくいかない難しい“何か”があるのだと思います。
 そうはいっても、私が勤めている全国訪問看護事業協会に開設相談の電話がたくさんかかってきます。圧倒的に一般民間企業の方からです。それは開設してくれるという意味ではとてもうれしいことではあります。

しかし、突然の『解雇』
 私の知人(Aさん)のつい最近の話。
『昨日、会社の上司から、突然「明日から出勤しなくていい」といわれたんです。どうしてか理由を聞いたんだけれど、訪問看護ステーションの職員(Aさんの部下)から、Aさんが上司では働きにくいという声が上がったからだというんです。誰なのか、詳しくどういう内容なのかを聞いても教えてくれないんです。私が察するところでは、会社は私が邪魔になったんだと思います』
私「どうして、Aさんが邪魔になったの?」
A「訪問看護ステーションを立ち上げるときには、会社は何もわからなかったから私に全部をまかせるということで権限と給与保証してくれました。それで私は、とにかくいい訪問看護ステーションを作ろうと看護師を集め、運営規定を作り、地域の医師と連携を持とうと動き回わりました。その結果、利用者が集まり、経営的にも黒字でうまくいき、そして2号店、3号店と開設してきました。順調になってきたところで、他の看護職員も慣れてきたので、部長の私の給与がもったいないと思い始めたようです。いい加減な理由で出勤しなくていいと。どうしたらいいと思いますか。訴訟した方がいいでしょうか。それとも・・・」
私「難しいねえ。私だったら・・・・・」

人間よりも『金』重視という性格・・・企業
 一般化していいのかどうかわかりませんが、民間企業には、『経営最重視』の傾向があるのではないでしょうか。それが企業というものだと言われたこともあります。「当たり前だ」と。
 優秀な訪問看護師が必死で地域の中で信頼関係を作り、その人の『顔』でケアマネ・医師・利用者と結びついているのに、“もう用済み”といわんばかりに肩たたきをされてしまう。どうなのでしょうかねえ。

逆襲した訪問看護師も
 同じような境遇にあった訪問看護師が一人や二人ではありません。耳にしたり相談を受けたりします。あるいは、そのために会社を辞めたいと思っている訪問看護師もたくさんいるのは確かです。
 Bさん(知人)は、同じような扱いを会社からされて、それですぐに辞めて自分で株式会社を立ち上げ、同じ地域に訪問看護ステーションを立ち上げたそうです。そうしたところ、辞めさせられた会社に勤めていた訪問看護師たちがBさんの会社の訪問看護ステーションに職場を変えたいと自ら移って(Bさんが引っこ抜いたわけではないと強調していました)、利用者もBさんの訪問看護ステーションに移ってきたそうです。結果的にもともとの会社は訪問看護ステーションを閉鎖したとのことです。

 こういうことがいいことかどうかは何とも言えませんが、利用者目線で考えると右往左往させてほしくないですね。
 この逆もありますので、続きは次回。
2014.01.23 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
『豊かさ』を考える       2014年1月5日分

 明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。

『朝ドラ』ファン
 私は、やっぱり“おばさん”になってきたのかあ~。NHKの『朝ドラ』、つまり15分のあのドラマが大好きなのです。ずっと見ています。評判のいいものもあれば悪いものもあるのですが、あまり関係なくだいたいよく見ています。
 だいたい、7:30からのBSで見ていたのですが、昨年4月からは出勤時間が早まったのでみることができず、昼休みか23:00から見ています。
 今期の『ごちそうさん』もなかなかおもしろく見ています。

『豊かさ』について
 年末の放送の中で、ドキッとして心にひっかかっている言葉があるんです。近藤正臣扮する父親がぽつりといった言葉。
「人間は豊かさを求めていく。しかし、求めれば求めるほど豊かさを失っていくようだ」と。(うるおぼえなので正確ではないが)
 個人としても社会も、『豊かな生活』を目指す。より便利に、より楽に、より早く、よりおいしく・・・。その結果、環境を汚染したり、添加物だらけの食品になったり、足腰弱ったり、肥満だらけ、字を書けなくなったり、友だちになるのが下手になったり・・・。

『豊かな生活』ってどういうことだろう
 『豊かな生き方』『豊かな生活』『豊かな社会』本当の豊かさって何だろう。つくづく考えてしまう。モノなのか? カネなのか? 早さなのか? 友だちなのか? 愛情なのか? 平和なの?・・・。
心豊かに生きたいものだと常々思っているが、『心豊かに』とはどういうことなのだろうか?

それぞれが自分が思う『豊かさ』を掘り下げて考えてみる必要があると思う。
私は、私なりに考えてみた。今年は、それを大事に自分の時間を、自分の生活を送ってみようと思う。
2014.01.09 Thu l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。