上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
黄葉   2013年11月15日分

 毎日、山々の紅葉を堪能しながら訪問看護や仕事をしている方もいるでしょう。またこの季節にきれいな紅葉を1度も見ることなく冬を迎えてしまう人もいるでしょう。求めて、わざわざ紅葉を観に行く人もいれば、近くにあるのに無関心に時を過ごしている人もいることでしょう。あるいは、庭の木一本の色づきで秋を楽しんでいる人、近隣の公園の色づきで秋を歎じている人も・・・。
 あなたは、どのタイプですか? 
 私は、毎年わざわざ堪能しに出かける人です。

今年は・・・
 といっても、秋は講演依頼が多く、ほとんどの土日祝日は全国を飛び回っている状態です。なので、講演先で思いがけない素晴らしい紅葉・秋に出会うのです。
 今年、まず“きれい!!”という歓声を上げたのは、岐阜の平湯温泉でした。夜、真っ暗な中到着して朝目が覚めたらすごく寒く、霜・山の方は雪が降っていて、温泉の周囲が紅葉でとってもきれいだったのです。引き締まった寒さの中で見る紅葉(そういうところは色が鮮やか)はきれい!

黄葉
先日、北海道のオホーツク地域に伺ったんです。飛行機の座席は窓際。天気がよく、窓からの光景を楽しみながら下の地上を見ていました。北海道に入って釧路周辺を通り過ぎたころ、ふと気が付いたんですが、地上が黄色と緑なんです。緑はわかるのですが黄色は何だろう? とずっと見ていました。赤やオレンジ色の紅葉はあまりなく、とにかく黄色なのです!
女満別空港に到着し、迎えに来てくれた友人に真っ先に聞きました。
「あの黄色は何の色ですか」
「ああ、あれはカラマツですよ。エゾマツや他の松は緑のままで色づかないんだけど、カラマツがきれいな黄色に黄葉するんですよ。だからこの辺では『紅葉』ではなく『黄葉』なんですよ」
ドライブを楽しませていただきましたが、あちこちに計画的にカラマツを植林しているのがうかがえました。行けども行けども『黄葉』でした。
 なかなか見ることができない秘湖の湖畔のホテルで、ひらひらと広葉樹の葉が舞い降りる中で極めつけのコーヒーとワインを楽しんで、本当に北海道の秋を楽しんでひと時でした。ありがとう!友人! ありがとう!北海道!

まだまだ・・・
日本はいい国で紅葉は9月上旬の大雪山や北アルプス・南アルプスの標高が高いところの紅葉から始まって、12月まで楽しめる。今は11月中旬。まだまだ楽しめる。
心から楽しみましょうよ。楽しめる感性を大事にしましょうよ。楽しめるゆとりを持ちたいものですね。
さあ、私も時間をやりくりして楽しみに行こう・・・。
スポンサーサイト
2013.11.16 Sat l 日々の出来事 l top ▲
「アラ・sixty」   2013年11月5日分

 先日、32年ぶりで看護学校の先輩(大学教授)に会いました。どんなふうに変化しているだろうかと楽しみでした。その結果はどうだったかー。“変わっていないなあ”。性格もしぐさも口調も、そのままでした。会話が32年前と同じようなテンポで矢継ぎ早に喋り捲っていました。楽しかった・・・・・・。
「アラ・フォー」ではなく、「around sixty」の話。

さて話題は・・・
 ひとしきり共通の友人の消息の話などをした後の話題は、定年後のこと。
先輩「定年が65歳なのよ。あと5年。その後どうしようかなあと考えているのよ」
私「定年まで大学にいるんですか? 65歳から何か事業等を始めるのはちょっと大変。やるつもりがあるなら、そろそろじゃないですか。遅いかもしれませんよ」
先輩「そうなのよね。大学からいただく定年までの給料はありがたいんだけど、その後ボランテイや趣味だけで20年も過ごせるかしら。ちょっとしたアルバイトはあるかもしれないけれどね」
私「もったいないですよ。先輩の人生にとっても日本の社会にとってももったいない。持っている力・資格を生かして活躍してくださいよ」
先輩「私に何ができると思う?」
私「まず、大学教授という肩書・気持ちは捨ててください。一看護師として謙虚にできることを考える。医療の分野では事業を立ち上げることは難しいけれど、介護保険の事業ではできることがたくさんありますよ。訪問看護ステーションでもデイサービスでも複合型サービスでも・・・。先輩なら経営的にやっていけますよ」
先輩「資金はどうするの?」
私 「退職金の一部を軍資金として」
先輩「そんなにお金はないわよ。和加ちゃん、いっしょに立ち上げることを考えない」
私 「そうねえ・・・」
先輩「私も今すぐには辞められないけれどね。看護師の資格と力量を生かした事業を立ち上げることもやってみたいけれど、でも他の道も考えてみたいなあ。海外支援の活動もしたいなあ。私は単身世帯だし、一つの土地・地域や家にこだわりはないので、世界中どこにでもいって暮らせるのよ。移住もOKよ。1回しかない人生だからね」
私「看護師という資格と技を生かしてほしいけれど、でもそんなことに関係なく自由に人生を楽しむのもいいですよね・・・」

アラ・60歳の迷い
看護師ではないアラ・60の方も同じように定年後の生き方や人生について考えると思いますが、看護師はありがたいことに、一生涯(死ぬまで)の国家資格。それを生かしてかなりのことができる可能性がある。(一般的に言えば定年近くまで働いてきた看護師たちはまあまあの退職金を持っていることが多い)
それで、始めるかどうか、始めるならいつにするかについて迷っているといえるでしょう。
ちなみに、看護師で起業して活躍している人たちは、30歳代・40歳代から起業した人が多いように思うが、60歳でもOKだと思います。事業が成功して子どもさんが後継者(社長)になっている方も出始めています。
2013.11.13 Wed l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。