上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
満開の桜に大雪         2013年4月25日分

4月20(土)と21日(日)は、福島県訪問看護ステーション連絡協議会の皆さんといっしょに過ごしました。とっても楽しい2日間でした。

総会・講演会
 4月20(土)午前は総会だったそうで、午後は講演会でした。全国訪問看護事業協会常任理事の上野桂子さんの講演「訪問看護支援事業について」と私の講演「地域包括ケアと訪問看護のこれから」というものでした。
 私は、「地域包括ケア」の意味すること、さらにこれからの在宅ケアの方向性についてなど全国の実践例をたくさん交えてお話しさせていただきました。みなさん、“真剣”でした。

夜の懇親会
 夜は、昼と打って変わってなんとにぎやかな宴会ことか・・・。実は会場は、磐梯熱海温泉の旅館で泊まり込みの研修会だったのです。郡山はもう桜が散っていましたが、磐梯熱海温泉は桜が見事に満開!! 日頃の疲れを癒し、職場から離れて仲間のみんなとわいわい遊ぶ会に私たちも仲間入りさせていただきました。ユニークな自己紹介、ゲーム・・・。おいしかったし、楽しかった・・・。
 福島県の訪問看護ステーションの皆さんとは以前から親しくさせていただいていたのですが、特に親密になったのは、3・11からです。全国訪問看護事業協会の支援活動として相馬・南相馬・いわきなど被災地に何度か伺い、訪問看護ステーションのみなさんとお会いしていたのでした。涙ながらの再会もありました。ちょうど2年前の今頃に伺ったのです。

二次会
 宴会終了後、入浴後の浴衣のまま一室に集まっておしゃべりが始まりました。まあよくしゃべること・・・しゃべること・・・。ある訪問看護師さんがこう言いました。
「私、先日こんなことがあったんです。震災・原発事故後2年の今になってはじめて『震災前の生活に戻りたい』と思って言葉にできたんです。この2年間、そんなことは思ってはいけない。前を向かなければならないと思い続けてきたんでしょうね。ふと、『震災前の生活に戻りたい』という気持ちを素直に受け入れて言葉にできたんです。そしてしみじみ泣いたんです」自分でも不思議な変化です。と。
 他の方も、あの震災のこと・原発事故のことを涙ながらに語り続けていました。
 何も終わっていない! とつくづく思い涙があふれました。

だけどね!
 しんみりするお話の中で、ある人がこう言いました。「そんなこと言ったって、目に見えない敵と闘うのは大変。今目の前にいる病気や要介護の方々を明るく支援していきましょうよ」と。気の毒がられるのはイヤ。みなさんたくましく日々を過ごしていますよ。いっしょに飲んでしゃべって歌って・・・。

翌日、大雪
 翌日、外を見てびっくり!! 雪景色。それも大雪。昨日見た満開の桜に花の上に雪が積もっているのです!!  ヘエーイ・・・ なかなか看ることができない景色を見て、リフレッシュして帰ってきました。


スポンサーサイト
2013.04.27 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲

『複合型サービス』訂正        2013年4月15日分

昨年4月からスタートした介護保険の『複合型サービス』。「小規模多機能サービス」と「訪問看護サービス」が合体したもの。地域密着サービスのひとつ。
 何度か、ブログでも紹介しているし、講習会・説明会でもたくさん説明させていただいている。
 ところが、その説明の中で間違ってお伝えしたものがあるので、ここで訂正させていただく。
 <注意>私が間違って解釈していたわけではなく、厚生労働の解釈が変わったというか、詳細に文章がでたところそれまでの厚生労働省の説明と違っていたというものです。

1枚看板の複合型サービス事業所でも医療保険の請求ができる
 複合型サービスには、大きく分けて2種類ある。(訪問看護の関わり方)
◆1枚看板型
複合型サービスの看護師2.5人以上が複合型サービスの利用者だけに訪問看護するもの。
◆2枚看板型
人員基準である看護師2.5人は複合型サービスの訪問看護と併設する訪問看護ステーションの訪問看護を兼任する。つまり、複合型サービスに登録している利用者以外にも訪問看護をすることが可能となる。
その時に、【1枚看板型は医療保険の訪問看護をすることができない】と説明してきたのですが、訪問看護ステーションの指定を受けていなくても、“みなし規定”で、訪問看護事業所とみなされて医療保険の請求が可能ということです。
 (厚生労働省保険局長 保発0326第7号 平成24年3月26日)

少しずつ開設が進んでいます
 まだ3月末の全国の開設状況は把握されていませんが、2月末で全国で35か所の開設だそうです。多くは、小規模多機能サービスから複合型サービスに転換したものですが、3月以降開設の中には、国の補助を受けて新たに建物を建築して開設したところも出てきています。
 いくつも見学・視察に伺いましたが、その実施方法はかなり違っていると感じました。
 次の機会に詳しくお伝えします。見学先を紹介してくれという依頼も多く、できる限り支援しようと思っています。
2013.04.14 Sun l 未分類 l top ▲
「こうして死ねたら悔いはない」   2013年4月5日分

 『平穏死のすすめ』(講談社)『平穏死という選択』(幻冬舎ルネッサンス新書)などの著者の石飛幸三先生から、新しい本が届きました。『こうして死ねたら悔いはない』(幻冬舎ルネッサンス)です。早速、読ませていただきました。とても“いい本”でした。

まっすぐな気持ちが伝わる
石飛先生は、日本の社会に「平穏死」という言葉を定着させた張本人。不必要と思える延命処置をせずに、(特に胃ロウ)「自然にまかせて死ぬ」ということの意味を提唱していらっしゃる。今回の本は、ご自分の生き方・考え方、というかご自分の経歴などを包み隠さず、本音で端的な言葉で伝えて下さっています。先生のまっすぐな気持ちが伝わってきます。医師に、特に若い医師に読んでいただきたいなあと思いました。

原 美幸さんのこと
 この本では、死と向かい合って生きた・生きている人が実名で数人登場します。読み進める中で「原 美幸さん」という名前を見てびっくりしました。知り合いだったからです。
 原さんは、優秀な訪問看護師でした。2009年の全国訪問看護事業協会主催ターミナルケア研修の講師としてお願いしたのでした。原さんは、緩和ケア専門看護師の資格を持ち、ホスピス病棟ののち訪問看護のエキスパートとして活躍されていました。お願いした講義は在宅緩和ケア・・・特にがんの痛みを除去・緩和する方法についてでした。素晴らしい講義でした。
 翌年再度講義をお願いしようと思ったら病気で難しいとのことでした。その後どうなったのが心配だったのですが聞くことができないでいたのです。
 原さんは、胃がん(スキルスタイプ・進行性)でした。予後2・3か月と言われ、さまざまな治療を拒否し療養していたようです。食物がのどを通らなくなってきている状態でも、友人たちと居酒屋に同行したり・・・。
 そしてこの本の完成を待たず昨年末に永眠されたとのです。しかし、余命があまりないという状態での原さんの考え方・生き方がこの本に紹介されています。胸を打ちます。
 原さんの講義を受けた方がたくさんいると思います。原さんの天晴な生き方に拍手!!

死と向き合った時、「生きる力」が湧いてくる
 「死ぬことを考えて、きちんと話し合うなんでとんでもない。縁起でもない」ということが日本では当たり前に受け止めてきたが、それではだめだ。死はいつ訪れるかわからない。突然その時が来るかもしれない。死を遠ざけず、真正面に受け止めてみよう。「あと半年の命」と宣告を受けたことを想定してみよう。半年間をどう過ごすか、何をするか・・・。覚悟して向き合ってみよう。そうれば生き方・人生観が変わるかもしれない。
 石飛流にいえば、“死と向き合った時、「生きる力」が湧いてくる”。私もまったく同感です。

 ぜひ、一読を!


2013.04.12 Fri l 著書紹介 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。