上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
詩集『母とミルクキャラメル』        2013年1月25日分


古希

ハイ
先日
古希と記された門を通ってきました
六十歳最後の日
後のほうでギギーッと
ドアの閉まる鈍い音がしました
今までいきるという事典を広げ
何事にも臆せず挑戦したのに
古希という年齢
身体の力が素通りしてゆく
気持ちの糸が弛んでしまったんですね
一抹の寂しさが
ブルーのベールで包まれる

七十歳 まだ七十歳なのに
シャットアウトされたように
何んの募集もありません

先の見えない人生
小さい穴から
残された生き方を求め
明日という日に向かっている自分
かすみをくぐりぬけて
一歩
一歩前進あるのみ


リハーサル

今年になってから
お悔やみの袋が走りどうしだ

まんずたまげた
線香の匂いが消えねえでえ
明日も葬式だあ
極楽浄土雪のキップが
抽選で当ってる会員がいるそうだし

妹いわく
やっぱり姉っちゃん
生前葬したほうがいいんだ
一人で弔詞読んで
喪主挨拶してさ
それをビデオに納めて
誰が涙っこ流すか見られるし
お悔やみ少なかったら
請求するべし
供物や花にかこまれて
しばらく贅沢出来る

和尚さんだってあんまり
高くなかんべえ
まんず
リハーサルしてみっかあ


詩集が届いた
2012年11月の私のブログで紹介させていただいた岩手県北上市のあの方から詩集が届いたのです! 題名は『母とミルクキャラメル』。以下が作者の方へのお礼の手紙です。


詩集を送っていただきありがとうございました。お礼が遅くなってしまい申し訳ありません。読ませていただいてからお礼をお伝えしようと思い遅くなってしまいました。

詩集『母とミルクキャラメル』はとても良かったです! 読み終わった後、心がシーンと静かになっているのに何だか温かいものが残っているという状態でした。目に残っているのは庸子さんのあの家で、皆様が生きて生活してこられた数十年の姿です。庸子さんのお母様、お父様や地域の方の日々の暮らし・人々のつながりが伝わってきました。私も同じ東北(山形)の人間で、祖母や両親の生き方と重なり合って胸が熱くなる場面も多々ありました。

 詩ということを私はあまり知りませんが、庸子さんの表現方法はとても独特で、鮮明で暖かい。飾らなく淡々と頭に浮かんだことを綴っているように見えるのですが、無駄な表現がなくきりりとしている・・・。

 今の私がとてもいいなあと思った詩は、「古希」や「リハーサル」「くじけないで」「えらばれしいのち」です。こんなふうに表現なさる庸子さんの感覚に「ヘエイ」と感じ入っているところです。
 
 私の疑問は、「詩を書いたことがなかった方が、どうしてこんなふうに書けるんだろう?」「たくさんの本を読まれる方なのだろうか?」「無から有は生まれないというが、庸子さんは自分の中から生まれたものばかりなのだろうか?」などということです。
 
うまく表現できませんが、詩や庸子さんととてもいい出会いだったと思います。詩というものに縁がなかったのですが、何だか私も書いてみたくなるような出会いだったように思います。どうもありがとうございました。

 どうぞご自分らしく伸び伸びと生活なさってくださいね!
 遠くからですが声援をお送りしています!

2013年1月
宮崎和加子
スポンサーサイト
2013.01.28 Mon l 日々の出来事 l top ▲
被災地支援ナース・感謝   2013.1.15分

 12月のこのブログで被災地支援ナース募集の件を書きました。全国訪問看護事業協会の被災地支援活動の一環としての『絆事業-支援ナース』です。それに応えてくださるナースがいました! ありがとうございます。

奈良県の訪問看護師が常勤として
 おかげさまで問い合わせが数件ありました。私のこのブログをみて声をかけてくださったナースもいます。
雇用に結びついた人は、その後まず1人なのですが、その方は奈良県内の訪問看護ステーションで働いていた方です。ちょうど退職していて、この絆事業に賛同して常勤として期限を決めず長期に宮城県内の訪問看護ステーションで勤務してくれることになりました。もう二人は『お見合い中』(受け入れ側と支援ナースで交渉中)です。

南相馬の訪問看護ステーションも再開予定!!
 一時休止していた南相馬の訪問看護ステーションも地域の要望に応えて何とか再開しようと昨年夏から準備してきたそうです。ところがどうしても看護師が集まらなく苦慮しました。被災地特例で看護師が2.5人いなくても再開することは不可能ではないのですが、その仕事の質から考えて、とても一人や二人の看護師でできる事業ではないということで粘り強く看護師を探したそうです。この絆事業にも申請があったのです。
 つい先日の話で、何とか3人集まったので再開する予定で事務所の準備も始まったとのことでした。訪問看護事業を経験したナースたちは口をそろえて、「訪問看護事業は1人ではできない。看護師がただ訪問すればいいというものではない。中途半端なやり方ではかえって迷惑をかけてしまいかねない。地域住民に責任をもってきちんとした内容の訪問看護サービスを実施するなら、最低限3人のナースは必要だ」といいます。
 最近、被災地の訪問看護ステーションの何人かの管理者の方と電話で話しをする機会がありましたが、とにかくがんばっている!! たくましく! かえって私の方が励まされてしまうくらいです! 
 「宮崎さん、また遊びに来てください! がんばっているのを見に来てください!」と元気に声をかけてくださいました。心から謝謝・・・。

まだまだ募集中です!
 まだ支援ナースの依頼は届いています。訪問看護ステーションのみならず、「被災地だからこそ訪問看護師たちが中心となって『複合型サービス』を立ち上げたいんです。だから訪問看護師が必要なんです! つないでください。紹介ください」というところもあります。心ある方、条件が許す方、どうぞご支援を!!
2013.01.19 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲
2013年という年   2013年1月5日分

 年が明けて1週間です。今年のお正月はのんびり過ごすことができました。年末年始は甲府にいましたが、天気もよく清々しい年明けの日々を過ごさせていただきました。ありがたいものです。
 今年は、どんな年になるかわかりませんが、自分なりには小さな目標を2つ作りました。人様の前でいえないような生活上の些細なことですが、自分にとってはとても大きなことです。

体力維持・増強
  一つはここではご披露しませんが、もうひとつは、月並みかもしれませんが、本気で体力をつけるということです。
 昨年減量に成功しましたが、それを維持するのにとても大変です。大変ではなく維持するには、基礎代謝をあげることだと学び、それとまだまだ山登りもしたいので体力を維持・増強したいと思っているのです。やりだすなら“本気”で! 具体的な目標を設定してはじめようと思っています。

来るもの拒まず・・・
 仕事もがんばります。できることは何でも。“来るもの拒まず”です。今年は報酬改定などはありませんが、平成26年の診療報酬改定に向けて動き始めます。一年は短いですので、その日その日を精一杯楽しんで生きるようにしたいと思っています。

旅行
 いつも“借金しても行きたい外国旅行”といい、あちこち出かけていますが、今年も行きそうです。いろいろと声がかかっていますし、自分でも企画しています。休みをうまく利用して行こう! 時間ができたらいこうと思っていたら、いつまでたってもいけないし、いつまで元気でいられるかわからないので、忙しい中でも何とか実行しようと思っています。迷惑をかけないようにがんばります!

皆様にとっても私にとっても良い一年でありますように!

2013.01.07 Mon l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。