上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲

村中の人でAさんの退院を出迎えた 2012.11.25分

 在宅ターミナルケアの事例検討会のアドバイサーで東海地方に伺った。アドバイザーなのに私の方が勉強になることも多い。今日はこんな素敵なお話を聞いた。「私のブログに書かせていただきますね。いいですか」「いいですよ」

本人がどうしても家に帰りたいと
 ガンの終末期で入院中の男性。衰弱が激しかったが一定回復した段階で自宅退院する計画だった。本人は、「家に帰りたい」の連発だった。しかし「もうちょっとよくなった段階で退院ですからお待ちください」と説得。
 ところが、病状が急変して命が危ない状態になった。そこで、本人が強く退院を希望していたので数時間の命かもしれないが退院しようと、急遽準備した。「家族は介護の方法も全くわからないが大丈夫でしょうか」といい、受け入れる訪問看護師が「大丈夫です。なんとでもなりますから本人の意向を尊重しましょう」と翌日退院することになった。

満足そうないい表情のAさん
 Aさんは翌日、古い大きな自宅に退院した。家に着いたとき、家全体をゆっくりと見渡ししばらく佇んだ。その時の顔は病院に入院しているときには見たことのない何とも言えない素晴らしい表情だった。そして自分が育てた庭のツツジをみて満足そうに大きく頷いた。「よく咲いている」といっているようだった。

近所・村中の人が出迎え
 「宮崎さん、もっとすごいのがね、出迎えたのが約40人なんですよ! 村中の人といっても過言ではないくらいみんながAさんの帰りを待っていてくれて出向かえてくれたんです!」という。Aさんはにこにこだったし、うれしそうだったし・・・。みんなに「退院できてよかったね」と言われ、何とも言えない表情で頷いていたと。

20人で死後のケアを
 みんなに囲まれて家で過ごしたのは、結局6時間だけだった。静かに息を引き取ったという。
 その後、ご遺体をきれいに整えあの世に送り出す『死後のケア』を行う。訪問看護師が中心となってご家族親族とともに行った。それが部屋に入りきらないほどの家族親族が“自分も”と立ち席で、次々とちょっとずつ体を拭き整えた。“宮崎さん、聞いてください! 死後のケアをした人が20人くらいなんです!!”それはすごいわ~。

無数のドラマを!
ドラマをみているようです。
そういうドラマをたくさん作ろうよ。
その人だけのその人のための無数のドラマを!

誰が作るか・・・・・。
主役は、本人。本人の意思が最も重要!
家族や友人たちは脇役。
私たち医師や訪問看護師は脇役ではない黒子の存在。
そんなふうに私は思う。 
スポンサーサイト
2012.11.29 Thu l 未分類 l top ▲
ミャンマー旅行  2012.11.15分

 ちょっとの時間を見つけてミャンマーに行ってきました。どうしてミャンマーなの?と思うかもしれませんが、大した理由はないのです。借金しても外国旅行をしたい私としては、久々に海外に行きたいと思い、何とか時間が取れそうだったので急遽飛行機に乗っていってしまった・・・。私は、いろいろな国にいってきたが(視察・勉強の時もあるが単なる楽しみ旅行の時もある)、たまにはこんな旅もある。
一緒に行ったのは次男。「どこに行こうか」「モンゴル? ベトナム? ブータン?」などと話をしていて、「そうだ、ミャンマーにしようか」といったら「そうしよう」とピンと来たんです。次男との海外旅行は10か国目。旅慣れた身軽な二人旅。(ちなみに、夫といっしょに行った国は10か国)

事前の勉強
 ミャンマーのことはほとんど知りませんでした。いつもそうですが、旅行直前に同行するメンバーと勉強するんです。目で見えることは多くはないので、見えないことを洞察できるように。特に歴史・宗教・政治については勉強する。今回も勉強しました。アウンサン・スーチーさんという人のこと、軍事政権の前の歴史、イギリスに植民地化され、その後、日本軍が植民地化したこと、日本人が30万人もミャンマー(ビルマ)で戦死したこと、少数民族のこと、ビルマとミャンマーの違い・・・。
 そうそう、旅行2日前の夜中に家族でレンタルしたDVD『ビルマの竪琴』を見ました。
 少し知ることができました。

バガン・ポポ山
 ヤンゴンからすぐに600km北の12世紀の都であるバガンに向かいました。バガン・・・。ここはすごかった!! 何がって、仏塔が4000個も建っている広大な平原。同じ仏教の国のタイにいったことがあり、アユタヤなども観光したが、その規模がすごい!!  どこを見ても仏塔・仏像・・・。何のために? いつ? 誰が? 過去ではなくいまでもその延長線上・・・・。なんという世界なんだろう・・・。
 日没時、高台の仏塔の上には観光客が黒山。私たちもその一人。平原にたくさんの仏塔のシルエット・・・大きな夕陽・・・。
 ポポ山(1600m)。山の上にまたもや仏塔・仏像。そうそう仏像が日本で見慣れているものとちょっと違う。大乗仏教と小乗仏教の違いか、それとも緯度の違いか、国民性の違いか・・・。ちょっとおかしいんです。ベロを出している仏像、とぼけた顔をしている仏像、横になっている仏像、うたた寝している仏像、色鮮やかで多様なんです。
 
今、何世紀だっけ?
  ポポ山に向かう途中、ガイドさんがシュロの木関連のお店に連れて行ってくださった。シュロの樹液を煮詰めて作ったお菓子、樹液から目の目で作るお酒(40度)・・・。何と素朴に生活しているか。
道では、牛やヤギの群れが道路を横断している。車で走っているものは、申し訳ないなあという気持ちを持ちながらゆっくり見ている。また、馬車に干し草をたくさん積んでその上に家族5人がちょこんとのっかてゆっくり進んでいる! 私は車を止めてその光景を写真に収めようと、身振り手振りで「撮影してもいいか」と声をかけたら、にこにこして「もちろんどうぞ」というように手を振ってくれる。なんだかうれしくなり心がうきうきしてくるのでした。
ふと、「私は何世紀を生きているんだっけ? この方々は、ずっと以前からこの生活をしているのだろうかあ」とつくづく思った。

最後のフロンテイアというが
 軍事政権下で鎖国同様の国だった国ャンマー。人口6000万人(日本の2分の1)。車は9割以上が日本車。それも日本語で○○観光などと書いてあるままの古い中古者が多い。日本で廃車にした車はどこにいったのかと思っていた自動車がここにあったのかという感じ。
「去年からいろいろ変わってきたんです」というガイドさん(ミャンマー人)。市場として世界中が狙っている! ヤンゴンはそういう雰囲気がちょっとみえた。、まだコンビニもないというがもうすぐできるとか。
 身勝手かもしれないが、このまま残ってほしいとつくづく思った。

ピュア・純粋な何かに触れ、身も心もリセットされたようで、元気になって帰ってきたような気がする。




2012.11.28 Wed l 日々の出来事 l top ▲
どうせだから 笑って生きよう  2012年11月5日分

 先日、素敵な方にお会いしました。お年は75歳で岩手県北上にお住まいの女性。築120年の大きな古民家に一人で住んでいらっしゃる。

会話が絶妙
私「お生まれは、どちらですか? この地の北上のお生まれですか」
○○さん「私は嫁にいったことがないから、ここで生まれここしか知らない」
「だけど娘さんが・・・」
「ハハハ 私は、婿取りだよ」
「なるほど、そうですか」
と、会話がおもしろい。ポンポンとおもしろい言葉が返ってくるんです。
「私は、病気をしちゃってね、そう長生きできないらしい」
「ヘーイ、失礼ですけど、どういう病気ですか・・・」
「失礼でもなんでもないよ。事実だから。白血病だよ。生きているのが不思議らしい」
「そうですか・・・。でもとても明るくしていらっしゃるんですね」
「いつかは死ぬんだからクヨクヨしたってしかたないだろう。どうせだったら、笑って生きるよ。ハッハッハ」
「こんな大きな家で掃除するのもたいへんでしょうね」
「そうだよ。だから掃除はしないと決めているんだ。別に困らないよ」
じっとしていることはなくて、リンゴを作り、野菜を作り・・・と忙しい。
「私の母も農家で外仕事をするからに日焼けしてシミなどが出ているのに、○○さんは、肌が白くてシミがなくつやつやしていますね。うらやましいです」
「そうでしょう。それが自慢なんですよ」
と何を話してもありきたりの会話ではなくおもしろい。

「自費出版するんだよ」
「楽しみの一つは、詩を作ることなんだよ」
「ヘーイ、詩人なんですか!」
「そんな立派なもんじゃないよ。1人で勝手に詩を作っているんだ」
「すごいですね。一つだけでも拝見させてください」
「いいよ、どこかにころがっているよ。それよりも今度詩集を出版するんだ。お金はないけれど何とかなるだろう。自費出版っていうものらしい。詩の先生がそう進めてくれたんだよ」
「すごい! いつから詩を書き始めたのですか。昔からですか」
「いいえ、夫が死んでからだから6年前かな。夫が死んで1人になり、やっぱりさびしかったんだろうね。何かやろうと思ったんだわ、きっと。そしたら孫の詩が学校で表彰されたんだよ。それを見て、“自分も書いてみようとはじめてみたんだ。自己流で・・・」
 ひとつの作品を見せていただいたが、北上の自然の日々の生活の中からでの心の様子が歯切れよく描かれていました。
 詩集がもうすぐ完成するそうで、とても楽しみです。それにしても好奇心旺盛なこと、そして気取らず挑戦するするこの姿勢に圧倒されました。

この家は生まれ変わるらしい
「この家をこれからどうするんですか」
「どうにでもしてくれていい。私はいなくなっていくものだから、残った者たちがいいように使ってくれる方がありがたい。若い者が年寄り向けの家にして使う計画をしているようだよ」
「そうですか。複合型サービス、みんなで暮らす家・アパートのようなものなどを考えているようですが、本当にそれでいいんですか」
「いいよ。この土地の年寄りも一人暮らしが多くなってヨボヨボしてきて一人暮らしができなくなっている人もいるよ。そういう人が施設に入るんじゃなくてアパートのようなところに住んで、ちょっとした見守りなどをやってもらうといいんじゃないかな。若い者が相談しているのを聞いていると、管(チューブ)が入っている人でも病気でも面倒見てあげられて、ここで死なしてくれるんだってよ。それはいいわ。私もここで死にたいわ。私が生きているうちに実現してほしいもんだ。周囲の土地もたくさんあるから、この土地の人のためになることはとてもうれしいよ」


この方とお話をしていて歯切れがよく会話が楽しい! しかし、それだけではなく、人間として凛とした生き方に接したようで、すがすがしさというか潔さを感じる。心から『立派だ』と思った。

 うまくいかないことを何でも人のせいにして、「息子が悪い」「職員が悪い」「制度が悪い」「政治が悪い」と愚痴ばかりいって、嫌な顔で悪口をいっている人がいるがどうなんだろう。
 『どうせだから、笑って生きよう』というこの方の生き方に拍手!! 
2012.11.19 Mon l 未分類 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。