アウトドアの夏 釣り編          8月15日分
 
 いつから釣りにはまってしまったのか・・・。

釣りおばはん
 昨年は、2回つりを楽しみました。“ビギナーズラック”かもしれませんが、つりについては何もわからない私なのですが、釣れたんです! すっかり気分を良くしてはまっているんです。今年は、3月に房総半島沖でふぐをつりました。『つりガール』なんてずうずうしいことはいいません。『釣りおばはん』です。
 
カサゴなど
 この夏は、1泊で駿河湾のつりです! いつも連れて行ってくれる友人のボスに段取りはすべてお任せ。東京の訪問看護ステーションの友人たちにちょっと声をかけたら4人の『釣りおばはん、おにいさん』も加わり、総勢10人で2日間船を貸切で望みました。幅広のつばの帽子と日焼け止めにお世話になりながらもなりふり構わず釣竿の先に食い入る時間です。
 一日目は、鯛が目当てだったのですが、釣れませんでした。代わりにソウダカツオという大きな魚がたくさんかかりましたが、これがかかると鯛がつれないとか・・・。
 しかし、翌日早朝からの「根魚つり」は、釣れた!! 20~30mの深さの海の底あたりにいる魚をねらうようです。教わった通りに繰り返し糸をたらします。そして“あたり”を待つ。
 あちこちで「きゃー! 釣れた! これなんていう魚ですか?」「今度は赤い魚です!」「あかべらがつれた!」「これがカサゴですって! カサゴは胴体を持ってはダメで下あごを持って針をはずすんですって」などという声があちらこちらから聞こえてきて、みんな興奮気味です!
 私も釣れました! 8尾くらい。

家族でパーテイ
 早々に引き上げ帰路。家に着いてから、私と夫が釣った20尾弱に格闘。これがまた楽しい。これが面倒だという釣り人やその家族は多数いるそうですが、我が家はそれはなしでかえって楽しんじゃう。
 夫婦二人で楽しむのはもったいないので、子どもたちを招待し、みんなでわいわい言いながら調理・盛り付け・食を!
小骨をとってていねいに刺身にするのは、夫や子ども。私は煮魚は上手。焼くのは簡単。カサゴなどはから揚げに。それも2度揚げ。生の魚が調理によって姿を変え、大皿に芸術的に並べて料亭のように食卓へ。
『おいしい!!』『なんて豊かなんだろう!』たっぷり楽しみました。
 
おもしろい・楽しい
 夏のほんの一時の楽しみごと。でも楽しかった!! 何がこんなに私を元気にしてくれるのだろうと考えてみた。
◆自然との一体感
 船に乗って海の上に浮かんで下にいる魚を釣らせていただく・・・。
海の上に雲海、そしてその上に見たことのないような富士山が見える! 「ええっ、富士山がこんなふうに見えるんだ!・・・」
 海から見える沿岸の町。「ヘーイ、こんなふうに人が住んでいるんだ」
 海の色の七変化。空の色と雲と緑の木々で海の色が変わっていく。
 海鳥が遊びに。名前は知りませんが遊びに来てくれます。
 海につながる島や半島
 広い海・海・海・・・
 自分なんて、なんてちっぽけな存在か。
でもその中の一員。
◆ 無心になる時間
垂らした糸の先の海の中の光景を思い描き、無心に竿の先に神経を集中する。ちょっとした動きを見逃すまいと見つめる。手の感触に集中する。
これがいいんだなあ。無心になるというのか・・・。
ゴチャゴチャした頭の中が、スウーっとリセットされる感じ。
終わった後が、なんかさわやか。私は何を悩んでいたんだっけ?・・・
◆仲間たちとの遊び感
 はじめて知り合った人がほとんどの今回の釣り会。なんでもいいや!
 いつからでも誰とでも仲良しになれる!
 おいしいものを食べ、「きゃー! スゴイ!」を共有する仲間。
 難しいことは抜きにして、「遊び感」を楽しむ。
 『ソウダ釣りの会』という会を作って遊びましょうか。という提案あり。
 『被災地で釣りの会のしよう』といろいろ提案あり。
 釣り仲間になってみようかなという方、どうぞ連絡ください。
 日本中、どこにでも行くと思います。
 楽しみましょう。

おもしろがってやってみる
 「つりなんて・・・」と思っていた私。だって私の性格からして待てるかしら? 船酔いしないかしら? 何がおもしろいんだろう? なんて思っていた私。何についても、みんな、自分の中に“思い込み”と“決め付け”と“偏見”を持っているもののようです。それが凝りかたまった一つのタイプが『高齢』です。若々しく生きたいと思ったら、自分の中の常識や“思い込み”や“決め付け”から脱皮し、『おもしろがってやってみる』ことではないでしょうか。そういう自分の変革が実は高齢期のおもしろさではないかなと私は思っているのです。
 


スポンサーサイト
2012.08.20 Mon l 日々の出来事 l top ▲
アウトドアの夏 その1          8月5日分
 
 毎年、夏は海外旅行に行っていたのですが、今年は日本国内です。夏はいい季節! さて何を楽しもうかと計画し実行しました。その話を知人にしたらこう言われました。「宮崎さんって、アウトドア派なんですね」って。私って、そうなんですかね~~。

東北温泉三昧旅行
 何度行っても、『また来たい』と思うところの一つは東北の温泉です。今回は家族・親戚・友人たちと温泉三昧の旅にでかけました。
 岩手・八幡平の藤七温泉から出発し、ふけの湯、御所掛温泉、玉川温泉と次々に温泉を楽しみ、秋田の乳頭温泉(鶴の湯)・・・。お乳のような白濁の湯もあれば、硫黄の臭いぷんぷんで湯花が床に沈殿しているところもあれば、山まるごと混浴の温泉で、大事なところを隠すことも忘れ、はしゃいで楽しみました。周りの方には少々迷惑だったかもしれませんね。皮膚をピリピリ・ビリビリと刺激する温泉もあれば、周囲の景色が絶景なのです! 天気に恵まれ、真っ青な空と緑と鳥のさえずりと温泉と・・・。なんと幸せなことか・・・。
 後半は、日本海に出てたっぷりの魚料理と酒田の歴史に触れ、充実した時間でした。

千畳敷カールの眺望
 毎年、山に登っていたのですが、諸事情で登山は休止しました。しかしどうしても3000m級の夏山を見たいと、急遽出かけたのが木曽駒ケ岳・宝剣岳の入り口になっている千畳敷カールです。ロープウエイで連れて行ってくれます。10数年前に登山したときに感動し、どうしても忘れられずに出かけました。近くのペンションに泊まり、暗いうちに出発し、早朝の南アルプス・中央アルプスを堪能しました。雲海の上に北岳をはじめとした南アルプスが凛として連なり、その間に富士山が頭を見せていました。雲ひとつない360度に近い眺望は素晴しかった。
 千畳敷カールは、宝剣岳の雄々しい聳え立つ姿を眺められるお花畑です。記憶が遠くなるほどの昔の氷河が残した絶景です。秋がまた素晴しい紅葉ということで有名で、欲張りな私は“秋も来よう”と密かに心に決めました。

 “日本って自然環境に恵まれたなんていい国なんだろう”とつくづく思います。アウトドア派の動きは、まだまだ続きます。次は、釣り編です。
 でも遊んでばかりではなく、仕事もたっぷりしていますよ。それもおいおいお伝えします。
2012.08.17 Fri l 日々の出来事 l top ▲
ダイエット           7月25日分
 半年ほど前のブログで体調が悪いことを書いたところ、みなさんからご心配のお声をたくさんいただきました。ご心配をおかけしました。その後の報告をします。

血圧が下がりました
 昨年11月、インドネシアに行く直前に高血圧を発見。ずっと110/60くらいだったのが突然160/90になったのに気がつき驚きました。“ええっ、私が高血圧!……” インドネシアで脳卒中になってしまったら帰って来られないかもしれないと降圧剤を内服し始めたのでした。その後も下がらず朝夕の内服を忘れそうになりながら欠かさず飲み、“面倒だなあ、このままずっと飲み続けなければならないのか……いやだなあ”と思っていました。
 経験者が、「アーモンドが効く」「◯○茶が効く」「△△が効く」と実物を送って下さった方もいらっしゃいます。
 それも実行しました。ありがとうございます。朝晩血圧を測定して監視しました。その結果、6月から降圧剤が必要なくなりました。正常値に戻ったのです!

高脂血症もほぼ治りました
「心筋梗塞で即死するぞ」と脅かされるほどコレステロールが高く、なかなかよくなりませんでした。でも薬を飲むのに抵抗して食事療法等様々な努力をしていたのでしたがダメでした。やむなく薬を内服始めたのが今年に入ってからです。
 その効果があったのか、その他の努力が実ったのか、内服の必要がなくなったのです。なので今は何の薬も飲んでいません。

体重を減らすことに成功しました!
 実は、ダイエットをしました。5月のある日、体調の悪さもさることながら体重が最悪状態になりました。「このままでは太った脂肪だらけの動きの悪い身体になってしまう。そういう人生は自分は望まない。イヤだ。本気でなんとかしよう!」と決意しました。
 食事、運動その他複合的に実施しました。薬は使いません。大好きなビールもお休みして実行しました。その結果、どんどん体重減少して10年くらい前の体重に戻ったのです。ウエストは2サイズダウンです。

 高血圧も高脂血症も改善したのは、一番効果があったのは体重減少だと思います。
身体が軽く、動きが楽で、すごく快適な日常を送ることができるようになって嬉しいです。リバウンドに注意しながら健康管理に頑張ります。
2012.08.02 Thu l 日々の出来事 l top ▲