山ごもり           7月15日分

1日何回「暑い!!」ということか・・・。地球上のあちこちが焼け付いているようです。自然災害も多く、この地球がこれからどうなっていくのか。みなさん心配しているのはないでしょうか。とにかく目の前の人や周囲の人間たちと助け合い励ましあいながら日々過ごしましょう。

そんな中、私は先日“山ごもり”をしました。原稿や報告書やレジュメなど膨大な仕事がたまってしまい、何もないところに1人で一時避難したのです。

 そこは、テレビもラジオも新聞もない。インターネットもつながらない。喋る相手もいない。周囲に誰もいない一軒家。「熊が出た」とチラシが貼ってあったところ。
ほどほどの食糧と若干のアルコールを買い込んで、くもの巣だらけの家に入った・・・。聞こえてくるのは、近くにある小川のせせらぎの音とたくさんの鳥の鳴き声と風に揺られて木々の葉っぱがささやく音だけ。

 やらなければならないことを、畳の上いっぱいに一つずつ並べ、優先順位を決めて取り掛かる。一つ終わるとお風呂に入る。2面がガラス張りで森の中での入浴。頭をリセットして次の仕事に。

 はかどること、はかどること! 朝方5時くらいから動き始め、夜8時ごろになるとさすがに頭が疲れてくる。気晴らしする手段がない。ニュースもドラマもない。眠くもない。さて何をすればいいだろうかとふと考える。アルコールもおいしくない。何をしようか・・・  何をしようか・・・  なかなか見つからない。

 寒くてお風呂に入り毛布を出して温まって布団に入りいろいろ考えていた。東京から電話があり、猛暑で灼熱だと。「ええっ、私は毛布に包まっているのに・・・」

 つくづく思った。私たちはテレビ・ラジオ・新聞・インターネットと様々な情報の中で生きているんだなあと。だけどその情報は全部必要なのだろうか。大事なことを情報にかき回されて失っていないだろうか。忘れてはいないだろうか。情報に追われてはいないだろうか。

私は最近つくづく思う。情報はたくさんいらない。私にとって必要な大事な情報が少しあればそれでいいのではないだろうか。と。

“何もない”ことの心地よさと、自然体の自分が風や自然の音やこもれびに響き合うのを感じて、これからの自分の生き方を空想していた豊かな時間だった。
スポンサーサイト
2012.07.27 Fri l 日々の出来事 l top ▲
ガルーダ・サポーターズ3周年記念イベント   7月5日分

“インドネシア人の看護師・介護福祉士候補者が多数来日する・・・何かしなければ”と、2008年1月にイベントを企画し、ガルーダ・サポーターズの準備会を立ち上げて、2008年6月に正式にガルーダ・サポーターズを設立してから早3年。日本の国民は、このEPAの外国からの看護師・介護福祉士の来日について関心が薄れてはいないだろうか。

7月21日(土)にAOTS(海外技術研修東京センター)にて、別紙のようなイベント行いますので、どうぞふるって参加してください。
今回は、国家試験に合格した看護師・介護福祉士がその後、どんな状況に向き合っているのかをみんなで知り、できる支援を行っていこうというものです。

<イベントチラシより抜粋>
2008年初来日から4年。
今年はじめて介護福祉士の国家試験に候補者が挑んだ。結果は、受験者95人中、36人の合格。
看護師の合格者は47人。(2008年入国組9人、09年組31人、10年組7人)

低い合格率を前に、政府もついに本格的な対策に踏み出した。
厚生労働省の介護福祉士試験に関する検討会は、サポーターズの提言の多くを採用し、試験時間の延長、
問題文への総ルビ振り、カリキュラムの策定・提示、研修担当者への支援などを打ち出した。

他方、帰国する合格者の存在もクローズアップされている。
帰国者が増える理由は何なのか。
結婚し、子どもが生まれた。日本で生んで育てることは容易なことか・・・
日本で専門職として働くこと。
日本で家庭を持って暮らすということ。
合格者の生の声を聞き、いっしょに考えましょう。
お誘いあわせのうえ、ぜひご参加ください。


↓2012年7月21日(土)◆ガルーダ・サポーターズ3周年記念イベント◆(クリックで大きくなります)
supporters_3syunen-1.jpgsupporters_3syunen-2.jpg


2012.07.17 Tue l EPA、ガルーダ関連 l top ▲