上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
熱い思いで複合型サービスを          6月25日分

2月15日のブログに複合型サービスのことを書きました。新設されたこのサービスの制度の詳しくはそちらをご覧ください。
あれからいろいろな場でこのサービスについて紹介したり議論したりしてきました。それでこのサービスについての周囲(事業者など)の受け止め方が少しわかってきました。

複合型サービスを取り組む事業者
 つい先日、『医療・介護政策と複合型サービス事業化セミナー』というセミナーがあり、厚生労働省の方や在宅医療・ケアを熱心に町づくりまで実施しようとしている医師や小規模多機能居宅介護の全国組織の代表の方などといっしょに討論しました。私は、複合型サービスを取り組む訪問看護ステーションについての報告でした。
 その中で、全国小規模多機能型居宅介護連絡協議会会長の川原秀夫氏の報告の中に、この事業に取り組む可能性のある事業者の状況ということがありました。
 
① 小規模多機能居宅介護事業から複合型サービスへ移行
現在、小規模多機能事業を行っている事業者は、看護師を2.5人(常勤換算)
配置すれば、報酬の高い複合型サービスを実施できるのでそれを検討しているところはいくつもあるだろう。しかし、ネックは、看護師確保。集まっても病欠や産休、あるいは退職になった場合にすぐに補充できない可能性がある。事業の継続が難しい。
② 介護事業法人が開設する場合
デイサービスや訪問介護事業など介護関連民間企業も立ち上げを検討しているところはあるが、ネックは夜勤者確保と看護師確保であろうと。ハードルは高いのではないか。
③ 病院・有床診療所
今回の改定で、病院の空きベッドや有床診療所が開設できるが、すぐにはあまり開設しないのではないか。平成27年の療養病床の転換の時期などに開設するところがあるのではないか。
④ 療養通所介護を実施している事業者が移行(これは私が加えたもの)
  現在、療養通所介護を実施しているのは、全国で70箇所あまり。医療ニースの高い方のデイサービスを行ってきたし、看護師主体で実施しているので移行するところは出てくるだろう。しかし、夜勤体制を組むことがネックになるようだ。
⑤ 訪問看護ステーションが開設する場合
  一番やりやすいだろう。ただ、デイサービスや介護職との共働をあまりしてする機会がなく慣れていないので、その辺の努力は必要だろう。

この複合型サービスは、医療ニーズの高い要介護者が病院や施設ではなく、住み慣れた地域で最期まで、なじみの関係の職員(介護職・看護職)が通い・泊まり・訪問と臨機応変に支援しようというものです。
 
 私は、訪問看護を広く国民に知っていただくこと、推進する役割を持っている。全国の訪問看護ステーションの看護師たち、あるいは多くの看護師たちが主体的に熱意をこめてこの事業に取り組むことを国民から求められているのだなあとつくづく思う。開設しようかと考えている方、何でもいいのでどうぞ連絡ください。できるかぎりの応援をしたいと思っています。


スポンサーサイト
2012.06.30 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲
愛しき水俣・・・他界           6月15日分

このところ、親しい知人が二人亡くなった。どちらも50歳代・60歳代と若い。1人は若いときからの同僚の57歳の男性で、2月に肝がんが見つかり6月上旬には亡くなった。あっという間だった。ご家族の話では、癌とわかっても一度も弱音を吐くことなく、自分の人生と向き合い、家族と旅行を楽しみ、大事に時間を過ごしたという。ご家族が悲嘆しきっているのではないかと心配したが、『彼が大事な時間をくれていっしょに過ごすことができたので大丈夫』としゃきっとなさっていた。ターミナルケアを行う側から見て大事な何かの示唆をいただいた気がする。

水俣病の患者さんの訪問看護
 私は、2006年5月に、『愛しき水俣に生きるー訪問看護の源から』(春秋社)を出版させていただいた。2006年5月1日が水俣病第一号の方が世に発表されてちょうど50年の記念の日であった。この本は、水俣の看護師・上野恵子さんを主人公として描いた本である。その上野恵子さんが6月11日に他界された。65歳。
 私は19歳の看護学生の夏休み(1975年)に水俣共立診療所(現、水俣共立病院)に自主研修に行かせていただいた。そこで私の人生を左右する出会いがいくつかあったが、訪問看護との出会いもここだった。20歳代後半で当時婦長だった上野婦長さんが、「東京から来た学生さん、今から訪問看護にいくんだけれどいっしょについていく?」と声をかけてくれた。「ええっ、訪問看護・・・あまりよくわからないけれど『はい、行きます!』」と自転車で同行した。
水俣病のために寝たきりとなり、隠れるようにして家でひっそりと生きている方を訪問して、リハビリを行い全身の清拭を行い汗だくで看護した。暗い顔だったその方が、顔つきが変わっていくのが手に取るようにわかった。そして私たち学生にこういった。「東京から来た看護婦の卵の学生さん、あなた達は病院の中だけにいてはダメだ。俺らみたいな治らない患者は病院にはいけないしいかない。だけど、上野婦長さんにように家まで来てくれてこうやっていろいろやってもらうと、心が軽くなるんだよ。なんだか負けていられないって気にもなる。そういう看護婦さんになってください」と。私が訪問看護を目指した原点の一つがここにある。

6年間をがんと共に生きて
 それから30数年は、細々とつながってはいた。それが2006年1月に上野さんにがんが見つかり、余命数ヶ月かもしれないという状況になった時に上記の本をいっしょなって作ったのだった。水俣という地で水俣病と共に生きる方々と、看護師として、また人間としていっしょに生きてきた上野さんという方を通して描いたものだ。水俣病のこと、水俣病の裁判のこと、公害と闘う住民のこと、そこで支援する医療者・看護師の姿、環境汚染の原点などが非常にわかりやすく書かれていると思う。
 上野さんは、その後がんが小さくなり奇跡的に回復し、がんを抱えながらも生き生きと生きてこられた。時には「宮崎さん、今度は肺がんも見つかってね、モグラたたきのようなものよ」などと冗談交じりで話されていた。最後に会ったのは、3年前。そのときには心の中で“もうこれで最後かな”などと思ったが本当にそうなってしまった。
 亡くなる3日くらい前に友人から連絡をもらったが、すぐに飛んでいくことができず、何とか伺おうと思っていたのだが、亡くなられた。

新聞を見て驚いたが、医師として水俣病の第一人者である『原田正純氏』が急性骨髄性白血病で他界された。それが、なんと上野恵子さんと同日なのである・・・。

なんだか不思議な縁を実感すると同時に、“寂しい・・・・・”と心から思った。ご冥福をお祈りします。

2012.06.25 Mon l 日々の出来事 l top ▲
リスクマネジメントマニュアル           6月5日分

5月25日に新しい本が世に出ました。『在宅ケア リスクマネジメントマニュアルー“生活の場”の看護から導き出された!』(日本看護協会出版会、2800円)です。
これは、私と若い訪問看護師4名の5名で執筆したものです。4名とは、次方々です。
・小菅紀子(特定医療法人健和会:北千住訪問看護ステーション所長)
・竹森志穂(特定医療法人健和会:訪問看護ステーションしろかね所長)
・平野智子(特定非営利活動法人:訪問看護ステーションコスモス)
・松井知子(世田谷区社会福祉事業団:訪問看護ステーションけやき所長)
約2年かけて、討論に討論を重ねて皆で作り上げた共同作品です。
これは、私が言うのも変ですが、なかなかいい本だと思います。
思いを、「はじめに」に書きましたので、それを抜粋します。活用していただけるとうれしいです。

「はじめに」の抜粋
 「介護保険が始まってから、利用者の苦情が増えた」「この10年で在宅での医療行為を必要とする患者・利用者が増えた」「利用者の自己実現を優先すると危険を覚悟で行わなければならないことがある」病院でのリスクマネジメントと在宅でのリスクマネジメントの考え方はちょっと違うんじゃないかと思う」最近耳にする現場での声です。

 あれから10年
 「在宅ケアにおけるリスクマネジメントマニュアル」(日本看護協会出版会 2003)を出版してから10年目を迎えました。実際の事故事例を元に、すぐに現場で使えるマニュアルとして世に出て、実に多くの現場の皆さんに活用していただきました。
 あれから10年経って、現場を巡る状況がさまざまに変化していて、新たな形でまとめ直すことにしました。具体的には、介護保険スタート(2000年)以降、10年前には想定できなかったような事故や問題が起きていること、またリスクマネジメントについての種々の研究・取り組みによって考え方が整理され、そのことを取り入れて刷新する必要性を感じたのです。

若手訪問看護師たちの共同作品
 そこで、思案した結果、若手の訪問看護師とともに“現場にすぐに役立つ内容で”“わかりやすく”“新しい見地を入れ込んで”作ることにしました。この本をまとめることそのものが『勉強』ととらえ、実際に現場で起きていることをもとに、かなりの頻度で会って話し合って(時には泊り込んで合宿で)作り上げるという取り組みです。そういう意味では、この本は『共同作品』です。

今回の特徴は4つ
◆ 事故やヒヤリハットのレベル分けと事故分析の深まり
ヒヤリハットや事故は大小さまざまです。それをわかりやすく利用者側と職員・訪問看護ステーション側の2面からみたレベル分けをしました。また、多様な事故を紹介するとともにその分析についても私たちなりに考察して少しでも現場での分析に役立つようにしました。
◆概念図でわかりやすく整理したこと
  「リスク」や「インシデント」「ヒヤリハット」、「マネジメント」について、わかっているようであいまいに使っている用語や概念について、私たちなりに整理して、『概念図』を作りました。まだまだ不十分な点はあるかと思いますが、今のところの到達点です。
◆ 危険予知トレーニング(KYT)を取り入れたこと
危険を感じ取る感性が大事であり、その感性を磨くための「危険予知トレーニング」の在宅版を作りました。
◆ 「生活の場でのリスクマネジメント」の追求
「医療の場」でのリスクマネジメントと「生活の場」でのリスクマネジメントの視点の違いを明らかにして、そして「危険」をある程度覚悟しながら「生活の質」「人生の質」の充実の視点から支援することの重要性について追求しその実験例について書きました。
「安全」のみを優先した日常生活支援ではない在宅ケアでの新たなリスクマネジメントのあり方の提示です。

幅広い分野で活用を
 この本の主な対象者は、訪問看護師や訪問看護ステーションです。しかし、在宅ケアを担当する訪問介護事業所やデイサービス、またケアマネージャーなどにも活用していただけるように配慮して作ってきました。さらに「生活の場」としての特別養護老人ホームや老人保健施設でもこのような考え方を活用していただければ幸いです。
 
 若手ナースの力をうれしく思っています。世代交代ですね・・・。
日本看護協会出版会のホームページにも載っています。
2012.06.06 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
人を変えるもの           5月25日分

しばらく、フランス在住の息子が書いたものを掲載させていただきました。
さて、これからまた宮崎和加子の語りです。

この間いろいろなことがありました。何から書けばいいか・・・。まずは、心に残った言葉について。

私が仕事をしている全国訪問看護事業協会では、一年間に15種類の研修会(年に複数回行うものもあるので全体で27回)を実施しています。時々その研修会の担当と全体進行のために講義のほかにも参加しています。
先日、大阪での『在宅ターミナルケア』の研修会の中で、昔からの友人の高澤洋子さん(淀川キリスト教病院訪問看護ステーション・訪問看護師)が講師としてたっぷりと語ってくれました。高澤さんの実践力・表現力にはいつもながら圧倒されます。

自分の存在の根源的な問い
 高澤さんの講義の中に「人を変えるもの」のいうスライドが一枚ありました。人生の終末期を過ごす方々を支援するなかで、死を前にして、ご本人や家族が人生観を変えること、あるいは変えざるを得ない場面に出会います。時には、死生観を変えたほうがいいかもしれないとかかわらざるを得ないこともあります。スピリチュアルケアという“魂の”というか自分の存在の根源的な問いとも関係します。とても難しいです。私もよくわからない部分が少なくありません。

人を変えるもの
 高澤さんは、恒藤暁先生(大阪大学大学院医学系研究科教授)の言葉だということで次のように説明しました。
 人を変えるもの・・・それは、①感動 ②出会い ③見方 ということです。
 皆さんは、自分が“変わった”と自覚したことがあったでしょうか。あるいは周囲の人から“変わったわね”といわれたことはなかったでしょうか。そのきっかけは何だったでしょうか。

 私は、常々思っていたのは、①感動と②出会いです。心が動いて自分の価値基準が変わり、あるいは人やものと出会ったときに自分の中の何かが変わる・・・。出会いを求めて旅行もするのかなあ。見方については、また追って語ってみたいと思います。

皆さんも、感動といい出会いがありますように!!
2012.06.01 Fri l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。