上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『その時、訪問看護ステーションは・・・』    3月25日分

 「3・11」は日本人にとって忘れることができない日になるでしょう。あれから1年、マスコミではその映像がたくさん流れました。これまで見たこともないような映像も多数みて、あの日のことをまた全身で思い出した人も多いのではないでしょうか。
 私は、約1ヵ月後から現地に通わせていただいてきました。直接住民・利用者の方へ接することはあまりできませんでしたが、被災地・被災県の訪問看護ステーションの皆様に何らかの支援ができないかと模索して動いてきました。その内容は、このブログでも紹介させていただきましたし、「月刊介護保険情報」(社会保険研究所出版)に連載で9回書かせていただきました。あと1回で終了です。私ができることの一つは、現地で起こったこと、それに立ち向かってきた人たちのこと、その後の取り組みを全国の皆さんに伝えることかなあと思って実施してきました。

報告集作り
 全国訪問看護事業協会で、記録集を作成してはどうかということが検討され始めたのが、2011年12月中旬です。現地を何度も訪問させていただき、被災したステーションのみなさんが立ち向かっている姿を記録に残さなければならないとずっと思っていました。しかし、現地の方々は毎日が精一杯で動いているので、私たちができることは記録することを手伝うことではないかということになったのです。
 それで急遽、取り組むことになり、どうせやるなら3月11日までに完成させようと、少々無理な計画を立てたのです。これはあくまで、被災地の皆さん方の記録であり、自らの言葉で語っていただくことを原則として、種々の理由でどうしても書くことが難しい場合は、インタビューに伺い原稿を起こすということにしようというものです。
年末までにFAXで被災の有無や原稿を書くことについてのFAX返信をお願いし、そして1月20日までに概ねA4サイズ2枚の原稿をお願いしました。結果的に39ヶ所の訪問看護ステーションについて掲載することができました。みなさん、忙しい中で本当にありがとうございました。感謝です。生の声の迫力に圧倒されてしまいます。胸がどきどきして読み進みました。

手作り
 全国訪問看護事業協会では、事務局の千木良さんと私と上野理事が連携・分担して作業をしました。手作りでほっとするような冊子にしようと。写真はカラーがいいと、全頁カラーでの仕上がりになるように頑張りました。協会としての記録集なので、どういうものになるのかのさまざまな不安はありましたが、結果的に176ページの素敵な冊子になったのではないかと思っています。
 装丁(表紙)をどういうものにするかについては、いろいろ議論がありました。報告集だからシンプルに・・・という意見もあったのですが、担当した私としては、『ワアー、ステキ!』というものに仕上げたいなあと考えました。プロのデザイナーに依頼することにしたいと思ったのです。私から見ると、被災地の皆さんが書いてくださった内容が、涙が出るほど素晴らしいのです! それでそれを表紙でも表現したいなあと思ったからです。
 しかし、プロのデザイナーに依頼するのは料金が・・・。そこで、私の30数年来の友人のプロのデザイナーにボランテイアでお願いすることにしました。いつも無理ばかりいっているので承諾してくださるのかどうか不安だったのですが、大震災の件なので快く引き受けてくださいました。
 恐る恐る出来上がった表紙の装丁を見て、飛び上がりました! ブラボー! 素晴らしい表紙!!と。アートディレクションとデザインを担当してくださったのは、コガワミチヒロ氏です。

出版は・・・
 全国の訪問看護ステーション(当協会の会員)に配布されました。全国からたくさんの義捐金をいただきました。その報告書が届いた方から多数連絡をいただきました。
「素晴らしかった。涙がこぼれて・・・。とてもよかった」
「被災地です。こんなに立派に仕上げてくださって感激です! ありがとう!」
「表紙だけも見てもビックリしました。とても素晴らしいです」
「職員全員分10冊ほしいんだけどどうすれば手に入りますか」
「役所などに配布したいのですが、予備はありますか」
「どこかから出版してください」
「大学や学校に記録集を残したいし、病院の看護師さんにも、見せたいです」
などと多数の反響をいただいています。
このブログをごらんの皆様にもお見せしたいのですが、もう在庫があまりない状態です。
 どこかの出版社から出版することもぜひに考えなくてはと思っているところです。
その節にはどうぞよろしくお願いいたします。
スポンサーサイト
2012.03.31 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲
看・介 国家試験発表    3月15日分

 2008年8月にはじめて来日したインドネシアの看護師・介護福祉士候補者。あれから4年目である。2009年6月に発足した『ガルーダ・サポーターズ』ももうじき3周年となる。
 国家試験にどれだけ合格するのか? 国家試験が不合格なら本当に本国に帰国させるのか? など、さまざまな意見があった。翌年にはフィリピンからの候補者も来日し、これからベトナムからも来日する。
 それぞれの国とのEPA協定の内容が違うので、イッパヒトカラゲで論ずるのには無理がある部分もある。ベトナムは、インドネシアとはかなり違う仕組みになりそうだ。

看護師国家試験の合格発表は、3月26日
 看護師国家試験は、今回で実質3回目。1回目の合格者は2名、昨年の2回目の合格者は15名だった。3年終了後合格点に達しなかった人は即帰国ということではなく、一定程度の点数以上で本人と受け入れ側の合意の下に、1年間の滞在延長・国家試験受験機会の保障となった。
 2012年の国家試験は、看護師候補者は184名(第2陣来日153名、滞在延長者27名、第一陣で帰国した4名)だそうだ。合格発表は3月26である。

介護福祉士国家試験は、今回がはじめて
 2008年に来日し、2009年1月に現場に入った第一陣のインドネシアの介護福祉士候補者は、今回始めての国家試験を受験した。この制度での初めての受験ということもあって、行政もマスコミもその合格率に注目している。受験したのは、94名。
さて、何人が合格するか・・・。うわさはいろいろだ。「かなり合格するのではないか」と予測している人もいるが、さて・・・。
介護福祉士は、1回しか受験チャンスがないことについての批判があったが、それは、一定の条件のもと、1年間の滞在延長が認められた。

今後
 厚生労働省で、国家試験のあり方の検討がなされており、母国語受験や試験時間延長など議論されている。
 ただ、大枠の仕組みの検討はまだできていない。EPA協定は簡単には変更できない仕組みになっているとのこと、「このままでは受け入れ施設などが少なく自然消滅になってしまうのではないか」「これからが本当にあり方の検討に入る時期だ」などなど、議論が尽きない。
 とりあえず、それらを左右する国家試験の結果発表がもう時期で、マスコミをにぎわすのではないかと思う。
2012.03.19 Mon l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
仕送り卒業    3月5日分

 先日、三男から電話をもらった。「おかん、大学卒業できたよ。今日正式に発表があった。これまでどうもありがとう!」と。4月から社会人となる息子だ。これで、仕送りがほぼ卒業・・・。「ほぼ」と書いたのは、次男がまだ大学院生で夏に卒業する。といっても、現在フランスの大学院に留学中で、フランスはありがたいことに学費は無料で寮のお金も格安なので、ほとんど仕送りなしで学んでいる。だから気持ちとしては、これで「卒業」。

丈夫な体作りが親の使命
“子どもたちが、大学を卒業するまではがんばろう”と、暗黙の自分の親の目標としてきた。子どもが出来たときに夫の母にこういわれました。「和加子さん、あなたが働き続けるのは反対しません。がんばっていい仕事をしてください。だけど、それを理由に子どもたちに、さびしい思いをさせるとか、粗末な食事を食べさせるとか、そういうことはダメです。あなたの給料を全部使っても、子どもたちによくしてくださいね」と。
そのことを心に受け止め、がんばってきた。食事は材料にこだわり、忙しいながらも無農薬の野菜を定期的に送っていただき、肉類は抗生物質を使わず自由動き回れるところで育ったものを、また魚は・・・と、いろいろな方々の力添えで気をつけてきた。一時期は冷凍庫が2個あった。私が出来ることは「私から生まれた人間に、丈夫な体を作る努力すること」だと思ったからだ。おかげさんでかどうかわからないが、今のところきわめて健康に育っている。
日常はせわしなく過ぎていくが、非日常をたっぷりと豊かに過ごそうと、休日はほとんどお弁当を持って出かける日々だった。振り返ってどこにそんな体力があったのだろうかと思ってしまう。
 欲張りな私なので、仕事も子育ても、目一杯、がむしゃらにがんばってきたような気がする。それはこちら側の気持ちと動きだが、子どもたちにとってどうだったのかはわからない・・・。

あっというまに・・・

 あっというまに時は過ぎ、仕送りから卒業だ。なんともいえない感情だ。どの親もこんな気持ちだったのだろうか。これからが、もっと時間が経つのを早く感じ、あっというまに・・・。
 一つの区切りを体験しているように思う。

2012.03.05 Mon l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。