新規・複合型サービスについて    2月15日分

2012年度介護保険改定の大きな目玉は、
1、「定期巡回・随時対応型訪問介護看護事業」
2.「複合型サービス」
です。どちらも、訪問看護サービスと大いに関係するのですが、本日は、『複合型サービス』について少し述べます。

全国の訪問看護師の方に呼びかけます!!
 このブログを見てくださっている方の中に、全国の訪問看護師さんが多数いらっしゃるかと思います。この機会にぜひ、呼びかけます。今度新設される『複合型サービス』は、私たち訪問看護師が主体的に取り組む重要な課題だと思います!
 訪問看護は、事務所から利用者さんのお宅を訪問するスタイルでの仕事であり、その1回1回の報酬の積み重ねでした。しかし、念願ともいえる医療ニーズの高い方が地域の中で暮らし続け、ターミナルまで支援できる多機能のサービスを提供できる新たなサービスができるのです。医療ニーズの高い方は、どうしても看護職(診療補助だけではなく、生活支援ができる看護師集団)の力が必要です。
 小規模で多機能での看護の力の発揮を期待されるサービスができるのです! 目を見張って取り組んでみてはどうでしょうか。
 以下、制度の概要です。詳しく相談したい方は、私のメールにどうぞ!!



複合型サービスの概要

医療ニーズの高い要介護者への支援の充実
◆地域密着サービス   申請・指定は区市町村
◆登録定員・従事者の配置等は、原則小規模多機能型居宅介護に準ずる。
◆設備・施設は、小規模多機能居宅介護・訪問看護の基準に準ずる
◆小規模多機能型居宅介護のサテライトを作ることが可能。

看護職員について
◆看護職員は、2.5名(うち1名は看護師または保健師)が基準
◆訪問(看護)サービスの看護職員による24時間対応体制の確保をしている場合は、高い評価
◆泊まりサービスの看護職員は、夜勤・宿直の配置の限定はしない。必要に応じて
◆訪問看護事業所と一体的な運営をしている場合は、兼務を認める。
 2つのタイプが設置されるということになる。
  ①1枚看板型 『複合型サービス△△』のみ
  ②2枚看板型 例 『複合型サービス△△』と『訪問看護ステーション△△』
 2枚看板型の場合の看護師配置基準は、・・・
  訪問看護事業所とは、「訪問看護ステーション」と「訪問看護を実施している医療機関」 
◆訪問看護事業所は、複合型サービスと同一敷地内で可能

利用者・対象者
◆利用者は、医療ニーズの低い人でもOK。その割合などの規定はなし。

管理者
◆管理者は、常勤専従
①認知症の利用者に対する3年以上の介護経験を有し研修を』終了したもの
②訪問看護の知識と技能を有する保健師または看護師

医療ケアについて
診療の補助を行えるようにする
 条件:医師の指示のもと、訪問看護指示書による指示を受け、報告を行う。

医療保険との兼ね合い
◆介護保険の対象者で、訪問看護は医療保険対象者は、従来どおり医療保険でのサービスとなる。
 訪問看護事業所との兼任の場合は、医療保険の算定が可能になるが、そうでない場合は介護保険の包括払いのみ 
 ①厚生労働大臣が定める疾病・状態の人
 ②がん末期の人
 ③特別訪問看護指示書が発行されている期間の人
◆医療保険での訪問看護サービスを行う場合は、複合型サービスの基本報酬から減額する。

その他
◆訪問(看護)サービスのみとか単品サービスの利用はありうる。
◆介護保険対象外の人の、複合型サービス利用は別制度で可能になることがある。
スポンサーサイト
2012.02.20 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
大震災・原発事故・いわき    2月5日分

 大震災から一年が経とうとしている。北は岩手の宮古、南は南相馬まで海岸線をずっと歩かせていただいたのだが、いわき市は伺う機会がなかった。それが今年に入ってから訪問した。
 友だちというのはありがたいもの。昨年秋に郡山で知り合ったグループホーム関連の仲間と気が合い、意気投合し昔からの友人のような気持ちになった。「今度いわきを訪ねたいんです」といったら、「ぜひ来てください! 待っています! 今度はいわきで会いましょう!」と言って分かれた。私は正直者の実行家。3ヶ月も経たないうちに本当に伺った。
 そしたら、海辺にあるグループホームの方や小規模多機能・訪問介護の方などの介護サービスの担当者が待っていてくださった。

墨のような雲と雷・・・ 
 当日の様子をみなさんが口をそろえていうのは以下のようなこと。“その日は晴れていてとても穏やかな日でした。ところが14:46に大きな地震がきた。さて、入居者・利用者を避難させなければと外に出てみたら、驚いてしまったんです! それまで晴れていた空が真っ黒になり、まるで墨を流したような不気味な空になったんです。それがとっても怖かったです! その上雷がなり、この世のものとは思えず、昔映画でみた日本沈没・・・。これで日本はおしまいか・・・。そういう状況でした”
 そうだったんだ・・・。

真っ白い津波
 宮城でも岩手でも津波の話はたくさん聞いたが、その表現はさまざまだった。『真っ黒い壁のようなもの』『真っ黒い波』『瓦礫がこすりあうギーギーいうものすごく高く恐い音とともに』、『覆いかぶさるように』『ジワジワと水かさが増した』など。今回はまた違っていた。海岸から数十メートルしか離れていない認知症対応グループホームでのその時のようすを次のように語ってくれた。
地震が起きて、津波警報が出た。マニュアルでは、上層階への避難となっている。デイサービス24名、グループホーム入居者9名、職員約10名を3階に避難した。
15:15第1波の津波到来、16:02第2波の津波到来。これは大きかった。津波の前の“引き”がすごかった。どこまで海の水が引いていくんだろうというくらい海水が引いた。大潮のときよりもずっと遠くまで水が引いた。それと同時に、どれだけの津波が来るんだろうと不安だった。他の地域に避難することも考えたがやめた。その理由は、車で避難しても渋滞にあう。また認知症の人たちはトイレのこと一つとってもいきなり他の場所ではなじめなくて混乱する可能性がある。もし、津波が3階まで来て飲み込まれたら仕方ない。あきらめてだめなら一緒に・・・と判断せざるを得なかった。
1階は車などすべて流されてしまった。3階に避難して、津波は入居者さんには見えないようにした。しかし、見たいという利用者さんは一緒に見ていた。遠くから、海全体に白い高い波がずっと押し寄せてきた。
怖かった! みんなでのまれて死んでしまうのではないかと思った。また、もっと大きいいのが来るんじゃないかとずっと不安だった。「これで大丈夫なんですか?」とみんなが声を掛け合ったが、誰も答えられなかった。朝まで不安に怯えていた。

地震と津波だけなら立ち上がれるかもしれないが・・・
 マスコミ報道の影響で、いわき市に支援物資が届かなく4日間は、何の支援も届かなかった! 食べ物が届いたのは、3月15日以降 4日間は何もない状態だった。
『原発』の新たな火種が噴出した。どうすればいいか。いつ全体的に避難しなければならないかわからない。いわき市が、安定ヨウ素剤を配り始めたころから不安が増した。見えない被爆で「死」が近いんじゃないかと思った。みんなだめになるのではないかと。

 友人がいった。「宮崎さん、結果的に大きな被害はなかったけれど、大きな被害があったところと同様に心に傷を負っている。同じように苦しんできたし、今も苦しんでいるんですよ」と。

詳しくは、月刊『介護保険情報』(社会保険研究所)3月号(これからの分)を参照してください。

2012.02.09 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲