上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
バテイック? ジャワ更紗?    1月25日分

 インドネシアという国とはほとんど縁がありませんでした。それが、ひょんなことで“縁”が芽生えました。それは、2008年夏からです。EPAでの看護候補者・介護福祉士候補者が来日した時であり、私がわけわからずインドネシアに現地視察調査に行ったときです。
 私は、それ以降、ほとんど知らなかった『インドネシア』という国に魅力を感じ、親しみをこめて見つめ、接し続けてきたという状況です。この間、3回訪問しました。

バテイック?
 我が家での会話。
「ジャワ更紗っていいなあ」
「バテイックじゃないの?」
「いや、昔から、ジャワ更紗っていうのは、有名な伝統的な染物というか、そういうものだよ」
「バテイックじゃないの? 私も買ってきて着ているよ。茶色といろんな色で独特にロウケツ染めで仕上げた・・・。素敵だよ」
「バテイック? ジャワ更紗? どこが違うの?」
ということで、インターネットで調べてみたら、何と、それが同一のものだということがわかったのでした。

生まれるときにも、そして亡くなったあとも・・・
 昨年11月にジャカルタに行った時に知り合ったすばらしい女性がいます。個人情報保護法があるので詳しくお伝えできませんが、とにかくきれいで素敵でインドネシアでがんばっている日本人の女性の方なんです。ご縁があって交流が始まったのですが、その彼女から年末に手紙とバテイックが届いたんです。その手紙の中に書いてあった中味を紹介します。
 
 『インドネシア人は、出生時バテイックに包まれ、ゆりかごとなり、おんぶ紐となり身を包み、寝具となり、そして、ご遺体を包んで土に還ります』
 『テーブルクロスにもなり、帯揚げもシックに仕上がるでしょう。巾着やタンクトップはいかがでしょう』
と、一枚の布が多様な可能性を秘めていることとを紹介してくれました。

すごい!! 
まさに、「ゆりかご」から「墓場」「墓地」まで~
ご遺体を包む布にもなるんですね~
それほど、生活に密着していて身近なもの。
正装もバテイック。
普段着もバテイック。

インドネシアって、日本人の私たちが、たぶん理解できない価値観・美的感覚・人生観を持っているのかなあ~。

3・11以降、多くの日本人が、自分自身や生活・生き方を見直しているとき・・・。
私たち日本人の価値観・生き方を見つめなおしてみてはどうだろう。
また、ちょっと、別な国・価値観に触れてみてはどうだろう。

そんなふうに思いました。


スポンサーサイト
2012.01.21 Sat l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
はじめてホームステイを受け入れて      1月15日分

 EPAでインドネシアから来日している看護師・介護福祉士候補者の国家試験対策の合宿講習会を実施して今年で3年目となります。主催者は『ガルーダ・サポーターズ』。
 候補者の経済的負担を軽減するということと日本人家庭で過ごす(国際交流)ことを目的にホームステイを実施してきました。私は、事務局長として段取りはたっぷりとやってきましたが、これまでは諸事情があり我が家にホームステイをすることはできませんでした。
 しかし、昨年末はそれを行うことができました。我が家にホームステイしてくれたのは、インドネシアから来日している男性の看護師候補者2名でした。2泊で、夕食は我が家の家族とガルーダ・サポーターズ役員の方とみんなで過ごしました。もちろん、私の手料理(私は料理が大好きでよくホームパーテイを企画するのです)で、この日のメニューは、キムチ鍋と大盛りサラダと煮物と・・・・とたくさんの料理が並びました。アルコールを飲まない彼らを気にせず、私たちはいろんな種類のアルコールを楽しみながら時間を過ごしました。
 その2泊3日の中で感じたことをいくつか書きます。

ゴミ置き場にビックリ!
 合宿講習会の交流会でのゴミをどうしようかと考えましたが、それほどの量でもないし、無料で貸していただいてる介護学校に申し訳ないと、自宅に持ち帰りました。自動車で我が家に着いて、彼らが「手伝います」といってくれるので、「ありがとう。じゃー、このゴミをあそこに運んでください」といって、手伝っていただきました。
 彼らが、「どうして、ゴミ置き場がこんなにきれいなのですか。たくさん分かれていてどこにおいていいかわからない。インドネシアでは考えられない・・・。今住んでいる寮でもあまりよくわからない・・・」といい、「日本はどうしてどこにいってもきれいなんですか?」と。
 私は、「そうか・・・・」

腰軽く手伝ってくれる
夕食の準備の時、「宮崎さん、何か手伝います。何をしましょうか?」と腰軽く動いてくれることはすばらしい! 座って接待を受けるばかりの人生は何だか不平等だし、居心地が悪いようです。その姿勢はすごかったです。自立しているし・・・。お風呂にしても、タオルも使っていいよというのに、きちんと持参して・・・。

趣味で集めた私のワイングラスが・・・
 食事後の洗い物も自ら台所に立ってやってくれる! すばらしいんです。でも・・・。
洗い終わった食器を入れているカゴの中を見たら、皿とどんぶりと私が趣味で集めているデリケートなワイングラスが混在している・・・・。「ちょっと待って! これはね、われやすいからね、置く場所はね・・・・。ワイングラスが割れちゃうからね・・・」
 生活習慣というのは、何だかたいへんなものです。一つ一つ覚えていけばどうってことないことです。
 
『僕は、何もないんです。だから・・・・』 
 この2泊3日の中で一番私に響いたのは、一人の彼が言った言葉でした。
 自己紹介をすることになって、全員かなり詳しい込み入った内容も含めた自己紹介をしたんです。その時に、看護師候補者の一人がこういったのです。
『僕は、名前は○○、年齢は○○。あとは何にもないんです。インドネシアにいるときには、看護師の資格もあったし、家族も近くにいた。友人もたくさんいました。でも、日本に来て、僕は何にもなくなりました。看護師の資格もない。恋人もいない、友人もなかなかできない。家族も遠い。今の僕は、何にもない人間なんです。ですから、いうことがないんです』と。
 私は、それを聞いて、心がフリージングし言葉に詰まりました。「そんなふうに思っているんだ・・・」「いろいろあるじゃない・・・」そんな言葉はなんにもならないんです。
 
とにかく、国家試験に受かってから
 私は、いい加減な人間だから、酔った席で「日本人の彼女を見つけ、結婚したらどう? そうすれば、在留資格ができて、ゆっくりと立ち向かえるよ。そういう彼女はいないの?」なんて聞いてしまいました。そしたら、彼は、こういったんです。
「宮崎さん、そんなことはだめです。イスラム教の教えは、自分が認めた女性を心から愛していくことです。結婚前のエッチだってだめです。イスラム教は一夫多妻でもよいといわれているけれど、実際にはそういう人は0.5%もいないと思う。清い心が大事。だから、僕は、とにかく国家試験に合格して、まず『看護師』という資格を得たいんです。それから、彼女も友人も・・・・。だから、合格できるように必死でがんばっているんです!!」と。

 人間観・男女観・宗教観の違いなどをたっぷりとおしゃべりした一時でした。私は、彼がいった「今の自分には、何もない・・・」ということが、ずっと心に響いているんです。みなさん、そういう気持ち・境遇にあったことがあるでしょうか。

2012.01.20 Fri l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
2012年は“ていねいな生き方”を         1月5日分

 「年賀状」というものを出さなくなってどのくらい経つだろうか。私の場合、『新年のごあいさつ』として普通の官製はがきでみなさまにお出ししてきました。同じだろうという人がいるかもしれませんが私としては違います。気持ちとしては「おめでとう」ではなく「お久しぶりです」です。
 さて、2012年はどうしようと考えていたのですが、どうしても気持ちが向かないのです。3・11の大震災・原発事故のことが大きくひっかかっていて取り掛かれないでここまできてしまいました。でも、やはり絆が大事だから出そうかな・・・。まだ迷っているのですが、決断しました。「今回は、はがきでの新年のごあいさつは休止にします」

今年、大事にすること
 元日は、甲府で迎えました。朝5時に起きて朝風呂に浸かり、「さて今年は・・・」とゆっくり考えました。頭に浮かんだのが2つのことです。
 一つは、「体調を整え、体力増強を」です。実は昨年秋から健康を害し体調がよくないんです。急に血圧が上がり不安定であったり、とんでもないくらいコレステロールが上昇したり・・・・。体力もなくなりすぐに息切れが・・・。これまでの私の生活は、自分の健康より、家族よりも仕事中心でした。家族に「仕事中毒」といわれるほど。仕事といっても給料をいただく仕事だけではなく、自らのライフワークやMISSTIONと私が自覚したことに昼夜を問わず突っ走るというスタイル。さらに欲張りで『遊び』も大好き。
 だけど、もうすぐ56歳。「ちょっと、踏みとどまってみよ」ということなのではないかと理解しました。これからの自分の人生を欲張って楽しむために、ここらで2012年は、体調・体型を整え、体力増強にエネルギーを傾けようと。

「ていねいに生きる」こと

 もう一つは、「ていねいに生きる」ことです。抽象的であいまいな表現ですが、私の心情です。不義理ばかりしている人間関係・・・みなさんすみません、返事もお礼状も書かなくて・・・。自分の身の回りの出来事や仕事をもう少していねいに時間をかけながらじっくりやろうと思っているのです。ですから当然できる(こなせる)量は減ると思います。お許しください。

もちろん、仕事はしますので!  いつもよりちょっと静かかなという程度かな・・
今年もよろしくお願いいたします。
2012.01.09 Mon l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。