心温まるインドネシアの結婚式   11月25日分

前回に引き続き、インドネシアでの結婚式のこと。

花嫁のお化粧
 新郎新婦は、スーツと白いウェデングドレスで、とっても素敵でした。新婦はとてもチャーミングな人。どんな顔に仕上がっているかなあと楽しみにしていました。近くに行って新婦の顔を見てビックリ! とても美しいんだけど、もともとどういう顔の人だっけ? と思うようなお化粧でした。すごいつけまつげと独特のお化粧。そういえば髪型も独特・・・。そうそうスカルノ大統領夫人のデビ夫人のようでした。美しく高貴・・・。

耳打ち
 結婚式は順調に進んだようです。朝8時30分開始。日本の結婚式だとせいぜい30分~1時間。そんなもんかなあと思っても中々終わらない。冷房もない教会の中で神父さんのお話がなが~い。冗談交じりのお話。結局2時間以上かかり、その後みんなで記念撮影などをしていたらもう11時。次の会場にいかないと間に合わない。(通常はもっと短いとのこと)
インドネシア語なので、何を話しているのかわからない結婚式だったのですが、ところどころわかりました。新郎新婦のご両親4人が前に並び、そこに二人が4人一人ひとりとハグし(抱き合い)、親たちが新郎新婦の耳元で何かを伝えているのです。そうすると、新婦の目から涙がこぼれてきます。ゆっくりと時間をかけてその時間を大事にしているのです。育ててくれた両親からのメッセージを聞き、そして新しく親になる人からのメッセージを聞く・・・。その光景がとても美しかった! 形ではなく独自の心の声を直接的に伝えることが素晴らしいと思いました。

プログラムのない結婚パーテイ

 パーテイ会場に着いた私たちは驚きました。その人数の多さとEPA候補者で来日していて帰国した見慣れた顔の人たちがたくさんいたからです。久々の再会大騒ぎです。
新郎新婦も到着し、パーテイが始まりました。司会の女性はいましたが、「始まります」といっただけです。ビール大好きな私は乾杯があるのかと思ったら、乾杯どころかアルコール類もソフトドリンクもありません。常温の水がコップにつがれておいてあるだけです。料理はおいしくたくさんありました。結婚する二人はクリスチャンだからアルコールはOKだから出てくるのかなあと思ったのですが、イスラム教徒が8割以上の国ということもあってか、水分は水だけでした。
 ちょっと高めのひな壇に、結婚した二人とその両隣に二組の両親の合計6人が座っています。開始と同時に列を作って左側から次々とひな壇に上がり、一人ひとりが6人に握手しながら一言のお祝いのメッセージを伝え、右側から降りていきます。その数400人くらいかなあ~。急がず、ゆっくりと進んでいきます。会場は、食べながらおしゃべり(コミュニケーション)です。
 ジャカルタ在住で案内してくださった日本の方が、「こちらの結婚式はなにもありませんよ、あいさつなども・・・」といっていたことがやっとわかりました。新郎新婦のあいさつもないのですから・・・。また、うわさで聞いた知らない人も“友人の友人の友人も参加する”ということについては把握できませんでしたが、多数の人の参加は確かでした。

直接顔を合わせ、お祝いの言葉を
 インドネシアでの結婚式に参加させていただきて思ったことは、結婚する二人と周囲のみんなが直接それぞれの言葉で会話することを大事にしていることに心温まり、心地良さを感じたことでした。

 インドネシアの伝統的な衣装『クバヤ』を着ている女性も多く、その豪華さ、刺繍の美しさに見とれてしまいました。機会があれば私も『クバヤ』を着てみたいと思いました。

スポンサーサイト
2011.11.26 Sat l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
和服でインドネシアの結婚式に   11月15日分

先日、3回目のインドネシア訪問をしました。今回はジャカルタのみ。主な目的は、EPA看護師同士の結婚式に出席することと、国家試験が不合格で帰国した候補者たちに久し振りに会うこと、病院・施設視察など。

1年中真夏の国
 空港に着いた第一の感想は、「やはり赤道直下の一年中真夏の国だなあ。もやっと空気が暑い」ということ。それなのに、バイクに乗っている人は長袖の厚いジャンパーを着ているし、デパートに行ったらセーターや毛皮付きのコートも売っている。室内の冷房が効いているからかなあなどと首を傾げながらウオッチングしてきた。
 食べ物は、みなさんよく知っている「ナシゴレン(チャーハン・焼き飯)」「ミーゴレン(焼きそば)」や南国の果物など豊富でおいしい。
 もっともこたえたのは、『渋滞』。どの道も大渋滞。思ったように移動ができない。世界で4番目に人口が多い国(2億2千万人)でジャカルタがその首都なのに、鉄道の整備はほとんどされていない。私たちが見ていて路線バスも見当たらない。もっとも小型バスはあるようだが、どこ行きなのかも良くわからず、旅行者などはとても利用できそうにない。

和服で結婚式に参加
 真夏の国で和服を着るのは暑くてどうかと思ったが、何としても和服で出席しようと重い荷物を持参しました。6人で出席したが、私ともう一人、二人で着物を着ることにしました。着物を持参するのはそう難しいことではないのですが、着付けが問題! 同行者には着付けができる人がいませんでした。それで出しゃばりの私は「やっぱり私がやるしかない」と超多忙の中、着付けの復習に出かけました。私は独身の頃に少々着付けを習ったことがあり、自分ではある程度着ることができるが、もう一人のAさんは中振袖でオタイコ結びではなく、華やかな帯を結ぶことになるから、復習が必要だったんです。行きつけのスナックのママが着付けの先生なので、スナックに持ち込んでモデルになる人も手伝ってもらい教えていただきました。超簡単に結べる方法を教わって習得し、当日もとてもうまく着付けることができた!
 Aさんは、若くてきれいな人。Aさんは艶やかで華やかな御所車の刺繍の橙・桃色を基盤にした着物で実に美しく出来上がりました。お人形のよう。私は、紺色地に花柄をあしらったもの。二人で歩くととっても華やか!!
 
国際交流
結婚する二人ともクリスチャンなので教会での結婚式で、その後、大きな会場でパーテイ。和服姿で教会に入ったら、みんなの視線が集まりました。神父さんまで私たちを紹介し、たぶん「みなさん、見てください。日本からお祝いに駆けつけてくれました」といっているようでした。(言葉がわからないので)その後のパーテイでも、花道のようになっていてそこを和服姿で歩いたら、み~んながジロジロと見て、「写真をいっしょに撮ってもいいですか」などと声をかけられました。
恥ずかしかったけれどとてもうれしかった。どうして、和服で出席したかというと、特別な理由はないんだけれど、「日本からお祝いに来ている」ということを示すのには、和服が一番だと思ったこと。和服は一目瞭然。(結婚式・パーテイではあいさつは皆無)
それに、日本のきれいな着物をインドネシアの人たちに見ていただきたいなあと思ったんです。暑い国だから重ね着の和服などおおよそ縁がないし、たぶん実物はあまり見る機会がないだろうと思い、とにかく見ていただきたかった・・・。
 結婚した二人がEPA看護師同士(二人とも国家試験に合格した)。日本という国とご縁があったし、日本という国がいい国だしインドネシアと仲良くしていきたいという意味を込めた和服姿だが、これが『国際交流』ということなのではないかなあと思いました。
2011.11.25 Fri l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
介護給付費分科会    11月5日分

 10月17日に行われた第82回社会保障審議会介護給付費分科会の傍聴にいってきた。(全国訪問看護事業協会の仕事として)。来春の診療報酬(医療保険)・介護報酬の同時改訂にむけて、改定内容が審議されているが、ちょうどその日は、私が関連している訪問看護についての検討されている論点の討論だった。その他、訪問介護、ショートステイ、居宅療養管理指導、介護職員待遇改善交付金などについて議論された。
 主な論点について列記してみよう。詳しくは、厚生労働省のホームページ参照してください。


<訪問看護に関すること>
論点1 短時間・頻回な訪問看護のニーズへの対応を強化するために時間区分ごとの報酬や基準についての見直し
    ⇒日中も20分未満の区分を
論点2 PT・OTなど訪問時間の変更
      ⇒20分以上、40分以上、60分以上
論点3 ターミナルケア加算の算定用件の見直し
      ⇒死亡日を含む14日以内に2日以上
論点4 ①退院直後の訪問看護の見直し
     ②新規利用者の受け入れ手順の評価
     ③特別管理加算の医療保険との整合性
論点5 療養通所介護の利用定員の見直し
      8名以内 ⇒ 9名以内

<訪問介護・その他に関すること>
論点1 生活援助の時間区分・単位
    30分・60分⇒45分
論点2 サービス提供責任者とPT・OTでの計画策定
      ⇒新規創設
論点3 サービス提供責任者の要件の変更
      ⇒順次、「介護福祉士」に (ヘルパー2級の見直し)
論点4 サービス提供責任者の配置基準の見直し 
     サービス提供時間⇒利用者○○人ごとに一人
     訪問介護員の数 ⇒
論点5 短期入所生活(療養)介護の基準・報酬について

◆処遇改善措置関連
2011.11.08 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲