8000万円をかかえた先輩看護師       8月25日分

 この間、たくさんの認知症の方に出会いました。全国の認知症グループホームのいくつかを尋ねる機会があったからです。知らないうちに思いもよらないような事業・活動の動きがあり、それを実地に見学させていただいたのでした。私はとにかく、紙面とかうわさではなくこの目で現場を見せていただき、その上で私なりの考えを持つことにしています。実際には、聞いた話・紙面で見たこととその実際はかなり違っていることが多いです。
 思いもよらないような動きは、そのうちお伝えしますが、今回は、その中で出会った一人の先輩について書きます。

結婚か、看護師の仕事の継続か
 私の看護師の恩師である川嶋みどり先生は、いつもこう話していました。
「私が看護師になった時代はね、独身が当たり前で結婚したら仕事を辞めるのが普通だった。でもそれはおかしいことだと思い、現日赤中央病院に勤務していたときに、結婚しても子どもを生んでも生き生きと働き続けられるようにしようという取り組みを仲間といっしょにしてきたのよ。それで院内保育所というのをはじめて自分たちが作り始めたのよ。だけど、結婚して働いているときにロッカーでこういう会話をしているのを耳にしたのよ。『○○さん、結婚しても働いているんだよね。結婚している人は何だか不潔よね、いやよね』と。そういう時代だったのよ」
 これが、昭和30年代(1950年代後半)、つまり今から50年位前の話です。その当時、結婚せずに独身で働き続けた看護師たちは、今、どうしているのでしょうか。

山姥(やまんば)のような姿で発見されたAさん
 散歩中の日焼けしたAさんにお会いした時の会話です。
「こんにちは、私、東京から来た看護師の宮崎と申します」
「あら、私も昔、日赤の看護師だったのよ」
「へえい、そうですか。では大先輩ですね」
「でも今はやっていないよ。私は昭和5年生まれでね、歳は忘れちゃったわ。長い間、日赤の病院で働いていてね、定年で辞めたのよ。でもずいぶん前の話」
「そうですか。それで今はどうなさっていらっしゃるんですか」
「もう、看護師はできませんよ。だいぶボケてきましてね。でも毎日歩いて足腰鍛え、なるべく迷惑をかけないようにしたいと思っているんですよ。ここはいいところですよ」
と、いろいろおしゃべりさせていただいたのですが、その後、このグループホームの責任者の方にお話を聞いて驚いてしまいました。
 「長い間、一人暮らしをしてきて、親族の方がほとんど亡くなり、まったく身寄りがなかったらしいです。かなり重度の認知症で、近隣の方からの通報で発見されたそうですが、髪の毛は伸び放題、たぶん食べていなかったのでしょう、やせこけて、目はらんらんとして、表情がない状態だったそうです」
「へーい、現在のAさんを見ると、そんなことがとても想像できないですね。ニコニコ笑って、穏やかでふっくらしていて・・・」

8000万円・・・

「それでお金のことをすごく心配なさっていて、お金がないと面倒見てもらえないのではないかなどと。弁護士さんにお願いして全部調査をしてもらったら、8000万円を蓄えていたそうです!」
「ヘーイ! それで、そのお金は今後どうなるんですか?」
「さあ、誰もわかりませんね・・・」

時代が生んだ生涯独身看護師の超高齢の姿
 現在のように、選んで結婚をしないで看護師を続けているのとは違い、結婚をすることと看護師を続けることを選択せざるをえない時代に、結婚をしないで看護師を続けることを選んで一生を送った方々は、大勢います。概ね現在、80歳以上かな。
定年後、さまざまに過ごし、その後、がんになりなくなる方ももちろんいますが、Aさんのように認知症になり、身寄りなくこういう姿で発見され、社会のお世話になる方がいらっしゃる・・・。そういう看護師向けの有料老人ホームもあれば、共同生活をする住居を作っている先輩看護師たちもいます。
 それにしても、いったい、この8000万円はどこにいくのだろうか・・・。一人の看護師が8000万円を蓄えられたことに驚くと同時に、その使い道について頭をかかえてしまう私です。誰のための、何のためのお金なんだろうか・・・。

Aさんは、私が見る限りは、存分に今を生きているようにみえました。そのように支援してくださっているグループホームの職員の皆さんや経営母体の皆さんには、心から『ありがとう、ございます』です。
スポンサーサイト
2011.08.31 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
夏を楽しむ       8月15日分

 昨日、古くからの友人から5年ぶり(?)に電話がありました。「元気にしている? ブログが遅れているし何だか心配で電話したのよ。実は昨夜、和加ちゃんの夢を見たのよ。重度の腰痛で私に相談に来たのよ。大丈夫?」
 ありがたいです。ブログをずっと読んでくださっている方が全国にたくさんいるんですね。頑張って書き続けなければ・・・。
 言い訳になりますが、この夏は忙しかったんです。やっと東京に帰ってきました。

山登り 
 『今年は、山に登るぞ!』と意気込んで計画しました。深田久弥の日本百名山の『大台ケ原』と『御嶽山』『早池峰山』です。
『大台ケ原』は奈良県と三重県の境にある山群で、日本で一番降水量が多いところ。友人と二人できままに登りました。一番高い山が日出ヶ岳(1695m)。歩く距離はそう長くなかったが、久しぶりの山登りの足慣らしになりました。苔など降水量が多いところならではの光景を楽しみました。
『御嶽山』(3083m)は、民謡♪木曽のなあ あ なかのりさん 木曽の御嶽山はなんじゃらほい♪のあの山。家族5人で登りました。標高差1000mを登れるかどうかすごく心配だったのですが、荷物を全部息子たちに持ってもらって何とか日帰り(東京発夜中の2時)でOKでした。その日の夜は木曽福島の温泉に泊まり、ちょうど夏祭りでタイマツを持たせていただき町を練り歩き、地元の人といっしょに祭りを楽しませていただきました。家族5人での山登りは1996年から始まり、人数の増減はあるのですがずっと続いています。
(百名山のうち、これで42ヶ所登りました)

温泉めぐり 
 岩手の訪問看護ステーションの方々と早池峰山登山を計画したのですが、あいにくの雨。急遽予定を変更して『温泉めぐり』。乳頭温泉鶴の湯、黒湯温泉、玉川温泉、松川温泉、藤七温泉など1泊2日で7ヶ所の温泉につかりました。秋田と岩手にまたがるこの温泉群は素晴らしかった! 大阪から参加した人は、『温泉好きの私だが、これまでの人生で一番すばらしい温泉群だった』と絶賛!混浴露天なのに隠すことなど忘れてしまうほど雄大な自然と一体となった温泉。またそれぞれの温泉の泉質が全部違う。何と豊かな温泉なんでしょう。
 そこで買ってきた『日本の秘湯100』をもとに温泉めぐりも楽しみになりそう。

 秋は講演が多く、全国駆け回ることになりそうです。どうぞみなさん、勉強もするけれど、いっしょに日本を、自然を楽しみましょう!


2011.08.23 Tue l 日々の出来事 l top ▲

[原発]を語る会    8月5日分

 私は、3月11日以降、どうしても芯からの元気が出てこなくて、無力感・脱力感など深いところでのひっかかりがある状態です。その大きな原因は原発事故です。一生懸命がんばったって、たった一つの原発事故で地球環境も社会保障も、将来にわたって長い時間苦境にさらされる。人間の命や生き方が、『原発関連』でかなり大きく地球規模で影響がある。そんな中で私は何をやっているのだろう? 何もできないけれど、どこを見て、何を目指していけばいいのだろうか・・・。などと深い悩みにはまってしまう。かといって落ち込んでいるわけではなく、日々はいつもどおりではあります。
 私の身近な人間が長年、原発・再処理などそれらの関連の現場での仕事をしてきました。その人が、若い世代に語り継ぐ会を企画しました。山形での実施なので参加はしにくいかもしれませんが、宿泊OKで準備があります。よろしければ、どうぞ避暑がてらご参加ください。
 マスコミでは聞けない実名入りのここだけの話が展開されるじかと思います。将来を考える材料があるかもしれません。
 以下に概要を示します。

『原子力の未来』への遺言―――原発・再処理に携わって37年の当事者の証言

23歳から原発・再処理などに携わってきて、『危ない』といい続けた。それで淘汰された。今後の対策は・・・。捨て場のない高放射性廃棄物・・・。
私は学者ではありません。原子力のプロジェクトエンジニアでした。原子核物理と原子炉工学は専門外なのでここでは省く。現在59歳でほぼ現役を退いた形です。住民票は茨城・水戸ですが、年間の95%は山形で自然と農業を楽しんでいます。原子力の裏街道を歩いた非組織人間でした。
 息子たちに伝える会を行います。どうぞお集まりください。

日時:2011年8月20日(土)14:00~
場所:幸生公民館  (山形県寒河江市幸生)
内容:◆語り   大沼直義氏
『申し訳ない 子どもたちへ伝えておくこと』
    ~御用学者とキャリアと現場のギャップ~
          ~原発事故は、実は何の問題?~  
          ~原発は、安全か 危険か~  などなど なんでも。
   
◆たっぷりのQ&A  大沼直義氏と子ども・姪・甥
◆おいしいもので交流会


企画:『原子力の本当のことを聴く会』  責任者:大沼威之
問い合わせ先:事務局  宮崎和加子
Mail info@miyazaki-wakako.jp
TEL 090-9395-0509
2011.08.09 Tue l 未分類 l top ▲