上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
精神障がい者323万人    7月25日分

 この大震災・原発事故で国の予算配分が大きく変わりそうだ。高齢社会・要介護者増大に向けて、少しでもよい生き方支援ができるようにと、来年2012年の医療保険・介護保険同時改訂に向けて考え・そのための動きをしてきたが、それがどうなるかが皆目検討がつかない状態である。

 先日、精神障がい者の訪問看護についての研修会に参加する機会があった。全国訪問看護事業協会が主催した連続5日間の研修会。その全体の企画などについて検討するために参加させていただいたのだった。それに参加して正直すごく勉強になった。
 私は、日本に訪問看護がまだほとんどない頃から無償で実践してきた一人。1978年からの実践。当時は「寝たきり老人」(身体障害高齢者)が主な対象者で、寝たきりにせずに起きて外に出て「普通」に自分らしく生きられるようにご支援していくことだった。その中に家で最期を迎える方々が多数いらして、心地よく生きて苦痛なくあの世にいけるようにすることが仕事だった。いわゆる在宅ターミナルケア。また医療器具を装着したまま退院する方の支援を始めたのは、1980年だった。人工呼吸器・経菅栄養・吸引など。

認知症の人200万人
 中々うまい看護・支援ができず悶々としたのは、認知症の方々の支援だった。家族がボロボロになり、病気になったり時に先に死亡してしまったりして情けなかった。何もできない「プロ」集団(医師や看護師)。認知症の人が日本の社会の大きな課題だと直感し、その根本的な支援方法のあり方を模索して、グループホーム作りに取り組んだのが、2000年夏から。その後、グループホーム6ヶ所(9ユニット)作りの責任者を行ってきた。私なりに答えらしきものを突き止めたかなという感じ。(『認知症の人の歴史を学びませんか』中央法規出版)
 認知症の人が現在200万人といわれている。お金持ちでも名誉があっても誰でもがなる可能性がある、人々に平等な状態像だ。記憶障害・認知障害になっても自分らしく生ききることができるようにすることが、日本のこれからの大きな課題だ。膨大な人数だ。

精神障がい者323万人!
 ところが、私は今回の研修で認識を新たにした。それは精神障がい者の人数が323万人だということだ。認知症の人は家族・親族・友人など周囲にたくさんいるし、とても身近だ。精神障がい者はどうしても特殊に見えてしまい、人数もそんなに多いとはまったく認識していなかった。
 それが認知症の人以上に圧倒的に多いとは・・・。若者も多い・・・。直感的に“高齢者の次は精神障がい者が大きな課題になるだろう”と思っていたが、実は、次の課題ではなく、現在の大きな課題なのである。社会的な支援策もまだまだ希薄である。
 大震災など大きな出来事はあるが、日本社会が腰をすえて取り組まなければならない大きな課題なのだと思う。
スポンサーサイト
2011.07.31 Sun l 看護、介護、医療関連 l top ▲
国際結婚!?    7月15日分

 2月25日の、このブログでうれしい話があると予告しましたが、先日結婚を祝う会が行われたのです。その模様をちょっとご紹介。

 みなさん覚えていらっしゃるでしょうか。EPAインドネシアからの第一陣来日(2008年8月来日)で、昨年の看護師国家試験で見事合格した二人のこと。新潟県の三之町病院に就職し、周囲のすばらしい支援で合格したリアさんとフェルナンデス君。ガルーダ・サポーターズのニュースでもたびたび登場する人たち。そのフェルナンデス君とガルーダ・サポーターズの事務局を手伝ってくれている岩田直子さんが結婚したんです。出会って意識してからあっという間の結婚です。

私『おせっかいおばはん』?!
 意識しておせっかいのキューピット役をしたわけではないのですが、結果的につなぎ役になったかなという話。昨年秋にフェルナンデス君とおしゃべりしているうちに、名前も知らず話をしたこともほとんどない直子さんと「ゆっくり話してみたい」という相談を受け、そしてそれをつないだだけ。直子さんは国際キリスト教大学卒業で、国際派の人。現在は、東京の在宅療養支援診療所(柳原ホームケア診療所)の事務長。どちらもとっても素敵な人間! フェルナンデス君に「あなた、目が高い! あの人は素敵な人。ダメモトで頑張ってアプローチしてみて」といったのだった。それからどうなったのか・・・。
 実は、その後『おせっかいおばはん』役をやってしまったのです。なんとなく二人が仲良くなったようだと察知した私は、同じく応援したいと思っていた館石宗隆さん(ガルーダ・サポーターズ監事:現札幌市役所部長:元厚生労働省認知症対策室)と、「おせっかいしよう」と企んだ。二人を食事に誘って、どうなっているのかを聞いて、何なら肩押ししようと。そして2月に二人と会ってみたら、なんとおせっかいは必要なく、もう結婚を決めているというのであった! だったら、みんなで会費制で祝う会をやろうと、その時に日程と実行委員長(館石さん)が決まったのだった。

すばらしい三之町病院

 ただ、心配事が一つあった。それはフェルナンデス君はまだ合格したばかりで新潟に住んでいる。直子さんは東京。さてどうするか・・・。私たちは別居結婚を勧めた。フェルナンデス君は、三之町病院で育ててもらったのだから、もう少し恩返しも含めて一生懸命働いたほうがいい。直子さんも要職を勤めているので辞めないほうがいい。そのうちいっしょに暮らすことにして、まずは別居結婚をして、それから考えようと。
 その日は、それで別れたが、その後のことを聞いて驚いた。「三之町病院の院長先生が、そういう話なら、4月から東京で働いていっしょに暮らしたほうがいい。4月の新人受け入れプログラムに入れてもらい、新しい病院で研修を受けて、きちんと働けるようにした方がいい」といってくださったのだそうだ。なんと心が広く、本当の意味での国際貢献をなさる方なんだと感激してしまった! 自分の病院・施設の人手不足解消の一つの方法の試みとして外国人を受け入れているところもあると聞く中、こういう考えで受け入れてくださっている病院には心からすばらしいと思った。
 フェルナンデス君は、それから自分で働く病院を探し、現在は松戸市内の病院でバリバリ働いている。

にぎやかな結婚を祝う会
 会場は、AOTS東京研修センター。フェルナンデス君は、AOTS愛知研修センターで6ヶ月学んだ卒業生ということもあって、全面的にご協力いただき、インドネシア料理のステキな会になった。EPA候補者の仲間も多数出席し、出し物も国際色豊かだった。インドネシアからいらしてくださったご両親も拍手喝さい。自ら飛び入りで生のピアノ演奏でインドネシアの歌をご披露してくださったり、インドネシア第2国歌といわれるほど浸透している『心の友』(五輪真弓)を日本語で歌ってくださった。
 あでやかな振袖姿の直子さんと、紋付袴姿のフェルナンデスは、何とも愛らしく、みんなを幸せにしてくれた。
 帰りがけ、参加したみんなが「いい会だったね」「フェルナンデスさんてすばらしい人だね」「国際結婚だからと特殊にみていたけど、そんなことないね。人間はいっしょだね」「外国の人がとても近く感じられるようになった」などと声をかけてくれた。

 
 心温まるひと時だった。いろいろな意味で日本の将来を考える大事な場だったと思う。
 とにかく、おめでとう !

付)あいさつの中で、EPA来日候補者同士の結婚予定の発表もあった。秋にインドネシアで結婚式を挙げるとのこと。ガルーダ・サポーターズの私たちもよければ出席を! といってくださった。一度は出席してみたいと思っていたインドネシアの結婚式。だって友達の友達、その友達も出席してすごい人数があつまるという参加費なしのインドネシアの結婚式だそうだ。数人で和服姿で出席しようと楽しんでいる。


2011.07.21 Thu l EPA、ガルーダ関連 l top ▲

EPA・・・政府の基本的な方針    7月5日分

 2008年からEPA(二国間経済連携協定)で人間の移動が正式に始まりました。そして2008年8月にインドネシアから208名、その翌年からフィリピンからも看護師候補者・介護福祉士候補者の来日。政府が認めたはじめての人の移動、また看護師・介護職不足に対する外国人労働者の是非などから非常に注目されています。
しかし、このEPAはたくさんの問題点があり、そのことについてガルーダ・サポーターズでも改善のための提言を何回かに渡って実施してきました。インドネシアの第一陣の看護師は今年の国家試験が不合格の場合、在留資格がなくなり母国に帰国せざるをえないという当初の約束でしたが、これに対して国民の批判も多く、政府は当面の措置として一定の条件のもとに1年だけ延長ができるという対応をしました。介護福祉士の場合は、来年1月に行われる国家試験でたった1回のチャンスで不合格になれば、帰国という決まりです。
最近は来日者数が激減(受け入れ病院・施設の減少)という状況で、この制度は自然崩壊するのではないかといわれるほど。これらさまざまな問題に対して、6月20日に、政府が基本方針を発表したのです。
 以下に、そのまま掲載します。この内容の評価についてはいろいろな見方がありますが、私個人の考えでは、私たちガルーダ・サポーターズの『提言』の内容もかなり盛り込まれていると見ています。ただ、まだまだ不十分な点が少なく、具体化にもっともっと発言していかなければいけないなあと思っているところです。




経済連携協定(EPA)に基づく看護師・介護福祉士候補者の受入れ等
についての基本的な方針


平成23年6月20日
人の移動に関する検討グループ

 昨年11月に閣議決定した「包括的経済連携に関する基本方針」に基づき設置された本検討グループでは、主要国・地域との間での高いレベルの経済連携に向け、「国を開く」という観点から適切な国内改革を推進するべく、看護師・介護福祉士等の海外からの人の移動に関する課題にどう取り組むかについて検討を進めてきた。
 インドネシア及びフィリピンとの経済連携協定(EPA)に基づき実施されている看護師・介護福祉士候補者の受入れに関しては、日本語能力の不足等に伴い、現場でのコミュニケーションの問題も見られるとともに、看護師候補者の国家試験の合格率が低迷し、また看護師・介護福祉士候補者の受入れ希望施設が減少傾向にあるなど、現在の受入れの枠組みの改善が必要となっている。一方、ベトナム、タイ及びインドからも、看護師・介護福祉士候補者等の受入れについて要望が提起されてきている。
 今次方針を策定するに当たり、EPAの人の移動に関する分野での当面の課題である看護師・介護福祉士候補者の受入れ等について検討した結果、以下の取組を進めることとした。


Ⅰ 看護師・介護福祉士候補者受入れに関する取組

 EPAによる看護師・介護福祉士候補者の受入れ枠組みを改善するため、以下の取組を実施する。

1 日本語能力等の向上に向けての取組
 十分な受入れ希望施設を確保し、看護師・介護福祉士候補者の国家試験の合格率及び合格者数を向上させるためには、候補者の日本語能力等の向上が必須である。そのために、本年から開始した訪日前の日本語研修を引き続き着実に実施していくことに加え、相手国の状況や意向を踏まえ、その協力を得つつ、早ければ本年から①候補者に対する現地での日本語能力等の強化、②相手国関係者の我が国看護・介護制度への理解促進のための諸施策の実施に努める。
 また、中長期的には、現地主要看護大学等における日本語及び日本の看護・介護事情等の教育の実施や、その際に民間の活力も用いることを目指す。

2 再チャレンジ支援の実施
 EPAによる看護師・介護福祉士候補者の中で、国家試験に合格しないまま帰国する者が出てくることが見込まれるが、これら候補者は、一定の日本語能力と日本の病院等での実習経験を有する貴重な人材であることから、引き続き我が国との繋がりを維持し、これらの候補者が母国への帰国後においても国家試験に再チャレンジがしやすい環境を提供することが望ましい。そのためにeラーニング(注)の仕組みを利用した学習支援や現地での模擬試験の実施等を積極的に進める。

(注)パソコンやコンピュータネットワークなどを利用した教育

3 看護師・介護福祉士候補者受入れに関する各国別の対応
既に交渉が開始されているベトナムの看護師・介護福祉士候補者の受入れについては、EPAに基づき本年9月までに結論を出すに当たり、ベトナムの看護師資格制度の整備状況や看護カリキュラムの内容等を確認した上で、一定の日本語能力を有する候補者を受け入れる枠組みについて、検討を行う。
 インドネシア及びフィリピンからの看護師・介護福祉士候補者の受入れに関し、協定を改正することなく実施可能な制度見直しは、相手国の理解を得た上で、早急に実施する。また、協定見直しに関する交渉に際しては、インドネシア及びフィリピンの意向もそれぞれ踏まえ、両国間の取扱いに配慮しつつ対応することとし、その際、我が国にとって適当と判断される制度の改革の可能性を真摯に検討する。
 その他、タイ、インド等からの要請については、先行する国からの受入れに伴う国内の状況等を踏まえて改めて検討する。


Ⅱ その他の取組

 EPAに基づき受け入れている看護師・介護福祉士候補者の国家試験合格率・合格者数を向上させる観点などから、本検討グループの議論において、①母国語・英語での試験とコミュニケーション能力試験の併用、②看護師・介護福祉士国家試験の出題範囲の適正化、③介護福祉士国家試験の複数回の受験機会の提供、④介護福祉士候補者の定員配置基準換算の見直しについて検討すべきとの問題提起もなされた。これらの諸点の多くは、看護師・介護福祉士制度やそれらの国家試験制度の根本的な変更を惹起するものであることから、その適否について、当該制度の趣旨や患者・利用者への影響、実現可能性等も踏まえつつ、検討を行うこととする。
また、看護師・介護福祉士以外の分野の人の移動に関する各国からの要望については、それぞれの交渉に際して、相手国の要望内容を精査の上、個別に検討を行う。


Ⅲ 今後の対応

 今後とも、「人の移動に関する検討グループ」を随時開催し、上記の取組の実施状況を確認するとともに、包括的経済連携に関する基本方針に基づき、更なる取組について引き続き検討を行う。

(以上)


2011.07.14 Thu l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
東日本大震災 その20 被害の実態(まとめ)    6月25日分

 いろいろあって、ブログを書くことができませんでした。すみません。やっと書いています。続けていくつか書きます。

 6月22日に全国訪問看護事業協会の総会があり、そこで今回の東日本大震災で大きな被害を受けた岩手・宮城・福島・茨城の各県の訪問看護ステーション協議会の方が、その被害の実態と、どう取り組んできたかということを特別報告しました。胸がつまるような報告でした。
 その中で報告された被害の実態のデータは、まず宮城県訪問看護ステーション連絡協議会が県内のステーションに詳しいアンケート調査を行いました。それがとても実態を反映できる内容だったので、岩手と福島でも同じ内容で実施し、それをまとめて発表。この時に報告した被害の実態についてのデータを少しお知らせします。

死亡、津波に遭遇した人、家族が大きな被害、職員の家の喪失

 今回の大震災で亡くなられた訪問看護師は、一人です。宮城県の方で、地震後、海辺に住んでいる人工呼吸器を装着している利用者さんが心配になり、主治医に「○○さんの安否確認に行ってきます」とメールし、その後「○○さんは無事で大丈夫でしたので、帰ります」というメール。その後に、行方不明。津波に遭遇したとのことです。
 津波に遭遇した訪問看護師は、宮城(29人)、岩手(4人)、福島(4名)、合計37名です。ご家族が死亡・行方不明・・・宮城(13人)、岩手(18人)、福島(4名)、合計35名。職員の家が津波で流されたのは、宮城(29人)、岩手(12人)、福島(3名)、合計44名。

事務所等の被害
 訪問看護ステーションの事務所の被害も少なくありませんでした。事務所の被害があったところは、宮城36ヶ所(52.9%)、岩手13ヶ所(23.6%)、福島(26.1)。津波などで喪失・倒壊・浸水し事務所が使用不可能になったのは、宮城(22ヶ所)、岩手(12ヶ所)、福島(4ヶ所)、合計38ヶ所。津波などで使用できなくなった自動車は、合計60台。
 一番、大きな被害を受けたのは、以前のブログで紹介しましたが、岩手の齊藤裕基さんで、釜石と山田町と陸前高田にステーションの運営している3ヶ所の事務所を全部喪失した方です。
 事務所を失って休止しているところはほとんどなく、同じ法人の特別養護老人ホームやステーションの事務所に同居しているところと、新たに近隣の空き事務所に事務所移転したりして、訪問看護活動を継続しています。(福島の原発事故20km圏内などは別)

利用者の被害
 訪問看護サービス利用者の被害も大きかったです。利用者が減少したステーションは、宮城44ヶ所(43%)・495人減、岩手5ヶ所(10%)・150名減、福島22ヶ所(31%)・84名減。
その理由は、死亡・行方不明・関連死・非難所・仮設住宅へ転居・転居です。

収益の被害
 利用者が減ったことで訪問回数が減って収入が減ってしまって苦労している訪問看護ステーションが少なくない。宮城52ヶ所(81.3%)、岩手19ヶ所(34.5%)、福島35ヶ所(51.5%)。

 利用者が減ってしまって苦慮しているステーションと、住民の移動などで利用者が増えているところもあります。また自治体によって対応がかなり違っていて、地域の実情は一口で表現できない状況のようにみえます。

詳しいデータをご希望の方は、私宛にメールをいただければお送りします。
info@miyazaki-wakako.jp



2011.07.12 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。