上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
東日本大震災 その18 要介護でもふるさとで暮らせるように 5月29日

 岩手で悲しい話を聞いた。海辺の町に住んでいる高齢者が高台にあるデイサービスに通っていた。午後の時間帯なのでちょうどデイサービスで過ごしていた。ところが大地震とともに大津波が海辺の町を襲った。そこに住み働いている若い人(息子や娘や嫁など)が家もろとも津波で流されてしまった。高齢者は帰る家と家族を失い、いくところがなくなり、しばらくデイービスに寝泊りしていたが、心身の疲労・落胆などで体調を崩し、入院となった。
 
帰る場がない
 入院治療が終わったが、退院するところがない。要介護の方は避難所での暮らしはご本人にとっても周囲の人にとっても厳しい。かといって入院需要が多く長期入院というわけにもいかない。そういう時には老人保健施設を利用することが多い。ところがその地域の周辺の老人保健施設は満員で空く見通しが立たないという。

北海道の老人保健施設に
「それで、その方、どうなったんですか」
「この周辺ではすぐに入れる老人保健施設はなく、北海道の老人保健施設にお願いして入所させていただいたようですよ」
「・・・・・」

 長い間、住み慣れたところから離れ海を越えて知っている人がいないところにいかざるを得ないか・・・。なんと悲しいんだろう。
 自宅は難しくても、せめて、慣れ親しんだ風、におい、音があるところに安心して住み続けられることはできないのだろうか。

介護付仮設住宅なども検討されているのかもしれないが、もっと多様に方策はあるかもしれない。そんなことを地元の訪問看護師さんたちと話し合っているところです。
             5月29日記
スポンサーサイト
2011.05.29 Sun l 看護、介護、医療関連 l top ▲

東日本大震災 その17 『災害用バッグ』で話し合い  5月28日

 正確に呼ぶのが難しい『大槌町』(おおつちちょう)。町議会中に津波の被害に遭われ、町長さんはじめ議員や役場の方もかなり被災した地域としてマスコミで紹介されています。海辺の町は一瞬にして津波にのまれてしまったのです。
 この町には、訪問看護ステーションが1ヶ所あります。『ふれあいおおつち訪問看護ステーション』といい、同法人の老人保健施設の中に事務所があります。

事務所は無事
 大槌町の町の瓦礫の山の中を通り抜け、高台・山の方に車でかなり走ったところに老人保健施設がありました。大震災直後には、町からたくさんの人がここまで来て約600人がこの中に避難したといいます。
 この中にあったステーションは無事でした。事務所内のものの落下もほとんどなかった。(湯のみ一つ落ちなかったと。東京の私の家の方が被害あり。ガラスのコップ20個破損)
 最も驚いたのは、この地域によっても揺れがかなり違ったこと。海辺の町に訪問していた看護師は、地震直後に高台の方の事務所に戻ろうとしたが、津波がきはじめていて戻ることができず、逃げていた。その時に救急車も数人を乗せて行き場を失っていて、自分は看護師だということを伝えて、いっしょに一晩救急車の中で救護をしたという。
 ところが、ステーションの事務所で地震に遭った訪問看護師は、地震があった午後2時46分の後の余震もありながら、午後3時から訪問の約束があった山の方のお宅を訪問したという。
「確かに揺れたけれど、何も倒れることもなかったし、それほどではないと思ったんです。この地盤が強いんでしょうか、本当にそんなに揺れなかったんだと思います。だから普通に訪問看護に出かけてしまったんです。あとでラジオで聞き、たくさんの町の人の避難状況を見て驚きました」

災害バッグの活用
所長の小笠原実智代さんは多少のことで動揺しない大らかな人。その後、こんな話をして下さった。自衛隊から日赤が作成した災害用バッグが配布された。それを訪問用の自動車に常備するようになったが、それがとてもよくできていると思ったと。ほどほどの大きさのバッグの中には、タオルや手袋、懐中電灯、ラジオなどなど最低限必要な物資が20種類くらい入っていて、枕にもなる。
「私は、自衛隊にお願いして在宅の訪問看護利用者の家と職員(訪問看護ステーションや老人保健施設の)の全員分をいただけるようにしました。そして、みなさんにこういいました。『このバッグが実際には使われないことを願います。ただ、このバッグをもとに家族で話し合ってみてはどうでしょうか。災害時には、どこに逃げるのか、どういうものが必要になるのか、他に必要なものは何か。災害というものを真正面に受け止めて、本気で明るく話し合うことがとても大事だと思うんです』と」

持ち歩くもの
 とてもすばらしい提案だと思う。日本全国で必ずまた災害が起きるのだと思う。「想定外」といわず、先ずは自分の周囲で“もの”と“心”の準備が必要なのだと思います。
 我が家のことですが、子どもが小さいときから9月1日に家族で話し合って対策を立ててきました。家族みんなが、ライト・呼び笛・(カードサイズラジオ)・家族親戚の連絡先一覧(パウチッコで名刺サイズにぬれても大丈夫なように作っています)などを携帯しています。家の中も子どもたちのアイデアで今も工夫されています。

 被災しながらも前向きに全国に発信してくださることに『敬意』。

            5月28日記
2011.05.28 Sat l 未分類 l top ▲

東日本大震災 その16 介護職・介護学生不足・・・   5月27日

 岩手県のみなさんと話をして思ったのは、津波などで利用者さんや事務所の被害があった訪問看護ステーションと、ほとんど被害がなかったステーションでは、全く感覚が違っているようだということ。被害がないところも直後の一時期はガソリンや物資が足りないということがあったが、それ以降は普段どおりの生活に近づいているようにみえる。だから同じ県内でも「被災した海辺の地域はたいへんよね」と“他人事”と思えるほどの感覚のようなのだ。同じ県内でもテレビの画面でみるだけなので実感がわきにくいようである。
しかし、何だか福島は違う。福島は県内全体が多大な被害を受け、それがいつまで続くかわからないということ。
 
会津地方:自分たちも被災者
 津波とか原発の被害は、多くは海岸線沿いの地域(浜通り)が大きいわけだが、そういう意味では会津地方は被害が少ない。そう思っていた私は浅はかだった。会津地方の訪問看護ステーションの方から、こういわれた。
「原発近くの町から、町ごと数千人が会津地方に避難してきたんです。要介護の方も。だから私たちも急に対象者が増えてとても大変になっているんです。浜通りではないけれど私たちも被災者なんです」

郡山・・・避難所周囲が・・・
 原発関係で町ごと避難してきた。仕事もなく何をすればいいかわからない人も少なくない。若い人も少なくない。それでちょっとした犯罪などが起きているようで心配されている。警察の派出所も臨時で設置されるとか。 

福島・伊達など・・・
「近くの公園に数百世帯分の仮設住宅が建つことになった。その住民の方の健康管理や訪問看護をどのようにしていったらいいのか」
「交通の便の悪いあるところに仮設住宅を建設中なんだけど、申請が少ないようだ。自動車がないと移動できないような場所では、やはり住むのは難しいよね」

介護職員不足
「それよりもたいへんなのは、介護職員不足よ。実際4月に採用予定だった人からのキャンセルもあるようよ」
「介護専門学校の入学者の辞退が相つぎ、学校の経営もたいへんそう」
「これから福島の介護はどうなるのだろうか。若い介護職が担っている部分が多いので、若い人に無理やり被爆が心配されている福島で仕事をしてくれというのもどうかと思うしね・・・」

 そうか。そういう状況なのかと、大震災・原発事故直後ではわからなかったことが多様におきていることを知った。

            5月27日記
2011.05.27 Fri l 未分類 l top ▲

東日本大震災 その15 県立病院の中に民間の事業所を 5月26日

 4月上旬から被災地訪問をさせていただき、この間8回ほど伺った。被災地でこれからどんな取り組みをするか、全国組織(全国訪問看護事業協会)としてそれをどう応援するかに相談・検討しているところ。
その中で、これまでなかなか行く機会が少なかった三陸に何度か伺った。花巻や盛岡などの東北本線沿いの町から宮古・釜石・陸前高田などの三陸まではおおむね2時間かかるという。○○山脈をぬうように越えていく。「ワアー」と思わず感嘆の声が上がるきれいな海岸線。大地震ということで私にとっては三陸と“縁”ができたように思う。6月に入ってからもまた三陸に伺うことになった。

県立病院の中に民間の訪問看護ステーションを開設
 4月の訪問のときに、「さあ、次の訪問看護ステーションに行きましょう。次は県立宮古病院の中にあるステーションです」という説明を受けた。高台にある病院の建物は津波の被害は受けなかった。中に入ったら売店の隣に『訪問看護ステーションメデイケア』という明るくかわいい看板があった。
 私はそれを見て、首を傾げた。「ええっ、このステーションは県立なの? 民間なの?」 なんと、このステーションの設置母体が株式会社なのである。私は、てっきり県立病院が訪問看護ステーションを開設したのだと思い込んでいた。この地域は民間病院もあるが、大きくない県立病院がこの地域の医療を担っていると聞いていたことも関係しているが、まさか県立病院の中に株式会社の訪問看護ステーションが事務所をもっているということを想像もしていなかったからだ。

テレビ取材も積極的に受けて、放映
 事務所に入ったら所長さんが歓待してくださり、いろいろ説明をしてくださった。素敵な所長さん兼会社の社長さんはガルシア小織さん。(私はいつも思うんだが、訪問看護師さんたちは美人! 素敵! 本当に)
「自分で会社を立ち上げたんですか?」
「そうなんです。盛岡で訪問看護をしていて、理由があって故郷の宮古に戻ってきたんです。それで自分なりの訪問看護を展開したいと思って、2009年に夫といっしょに会社を立ち上げたんです」
「どうして県立病院の中に作ったんですか? よくOKしていただけましたね。全国的に見ても公立病院の中に民間のステーションの事務所をもっているところは少ないと思いますよ」
「そうですか? 訪問看護は病院と連携することがとても重要だし、売店の隣だから、病院の職員も住民や患者さんにも目立つし、身近で利用しやすいのではないかと考えました。この病院は、県とは違う半ば公的な団体が所有していて、売店と同じように民間企業がテナントとして賃貸契約できるんです」
「そうなんですか。とてもいいアイデアだと思います。全国の皆さんに伝えますね」
「ええ、どうぞ。先日フジテレビの取材があり、全国放映されたんです」
「そうですか。すみません、見なかったなあ。どういう内容でしたか」
「大震災で在宅にいる利用者に訪問看護で支援しているようすです。少しでも訪問看護を広めるためにできることは頑張ろうと思って受けました」
「そうですか。その通りですね。頑張っている内容を国民のみなさんに伝えることが重要ですよね」

大震災の被災状況は?
「事務所は、津波の被害はなかったようですが、全体的には?」
「利用者さんは、数名減りました。津波の被害などです。地震後、ガソリンがなく訪問いけなかったのですが、徒歩も含めて3日目からは訪問を開始しました」

「失礼かもしれませんが、お名前の『ガルシア小織』さんというのは?」
「私は、岩手生まれの日本人です。夫が外国人なんです。いっしょに私の故郷でがんばってくれています」


            5月26日記
2011.05.26 Thu l 未分類 l top ▲
東日本大震災 その14 遺体を守り・・・ 5月18日

 ある訪問看護師さんから聞いた話。
あるALS(アミトロ・神経難病)の女性の患者さんの訪問予定が3月11日(金)15時だった。そのつもりで車で出かけた。ところが、14時46分に大きな地震がきた。そのお宅は海から離れているので津波が来ることはないと判断したが、訪問するかどうか迷った。他の人の被害のことも心配になったし、職員の安否も気になったからだ。それで、そのご家族に電話をしてみた。まだ電話が通じた。
「地震、大きかったですね。大丈夫でしたか?」
「本当に大変な地震だったね。海辺のほうは津波が来るようだよ。自分も妻も命に別状はないけれど、家のガラスが割れて飛んできて妻の身体に刺さりそうなんだよ。看護師さん、きょうは訪問しなくていいよ。家の中がメチャクチャだし、他の人のこともあるだろう。ウチは大丈夫だから今度でいいよ」
「そうですか。ではきょうの訪問は中止にしますね。他の海辺の方の人のところに行ってみますね」

ところが・・・
 しかし、その後停電になり、大きな余震が続き不安になって、途中で引き返しその方のお宅を訪問した。そしたら・・・。介護をしている旦那さんが、ベッドの上に横たわっている奥さんの上に覆いかぶさって自分の身体でガラスをよけていた。ところが、よく見てみると奥様は息をしていないではありませんか! 停電になり、そういうときのために準備しておいた緊急用発電機が動いて人工呼吸器も動いてはいたが、器具がうまく接続されていなくて、奥さんの呼吸は止まっていたのだ。
「旦那さん、奥さん、息をしていないですよ」
「そんなことないよ。器械は動いているし、息をしているよ。あったかいし・・・」
「よ~く、見てください。ほら」
「ええっ・・・」

ご主人は、余震続きで降ってくるガラスと停電と、何が何だかわからない時間を過ごしていたのではないだろうか。妻をガラスの破片から守ろうと必死で・・・。



            5月18日記
2011.05.19 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。