東日本大震災 その8 ずっと事務所に寝泊り  4月30日

 全国訪問看護事業協会の活動の一環として、被災地を回ってきたことを、私なりに感じたことも含めて全国のみなさんにお伝えしなければと思い、書き綴っています。あまりにも貴重な話しが多かったのです。個人名がでている場合は、ご本人の許可をいただいています。

花見山の桜をおみやげに

 福島の相馬・南相馬に向かった日は、私は朝4時出発でした。(運転をしてくださったボランテイアの方は、朝方3時半出発。帰宅したのは、21時間後の翌日0時半)車は2台。1台は小型トラック、もう一台は大き目のワンボックスカー。小型トラックの運転をお願いしたのは、知人のボランテイア。『緊急車両』の認定を受けたワンボックスカーと運転手2人をボランテイアで派遣してくれたのは、友人・・・大起エンゼルヘルプの和田行男氏。和田氏たちは、ガソリンがない直後から全国からの支援物資を新潟でガソリンをつめ、被災した郡山の福祉施設に何度も届けている)で、「車と人を応援するよ」とかってでてくれた)。
 福島西インターで待ち合わせ、合計6人で出発。直後に、同行した福島の訪問看護師さんが、「今、ちょうど花見山の桜が見事なんですよ。個人の山なんだけど、山全体にさまざまな桜があって数年前から全国的に有名になり観光客がたくさん来るんですよ。でも今年は・・・。ほら、遠くに見えるでしょ」といった。私は、直感的に、「そこに寄っていこう」といって車を向けた。ボランテイアの方もいる。ハードな一日の前に、心をほぐそうと思ったのだ。
 それはそれは素晴らしい桜。山全体がなんともいえない桜色。黄色のれんぎょうも見事! とそのとき、私は、「これをこれから行く相馬・南相馬の被災した方々にも見ていただきたいなあ」と思い、まだ店を開いていないご近所の路上の臨時花屋・八百屋のおばさんにお願いして、山から切った桜の枝の束をそこにあるだけ(10数束)全部と獲れたてのきゅうり一箱を買い求めた。「今から相馬の方の被災した方々に持っていくのよ」と一言行ったら、「そう、自分たちも行って何かしたいんだけどなかなかいけないので、じゃあ、おおまけするよ。それからこれを持っていって!」と別の鉢植えの花もたくさん預けてくれた。日本人って、すごいなあとつくづく思った。

泣いて喜んでくださった訪問看護師
 相馬で3ヶ所、南相馬で2ヶ所の訪問看護ステーションに届けた。南相馬のあるステーションに伺ったときのこと。病院の中に事務所を持っているところ。荷物を運び込んでいるときに、所長さんが訪問から帰っていらした。そして、事務所の机の上にある花(桜も含め色とりどりの花)を見て、「うわー!、・・・・」と目を真っ赤にして大粒の涙で笑顔で泣き出した・・・。ちょっと表情を変えて、ええっ、本当にビールもいただいていいんですか。大好きなのに震災以降飲んでいないんです。手に入らないんです! うれしい!!」とおおはしゃぎ。「食べ物は、なにかはあるので食べてはいるけれど、そうね、牛乳やヨーグルトは3週間くらい口にしていないので、きゅうりもうれしい!!」
「ここは、見ないで下さい」とカーテンを閉めなおした。「ここは、今は私の家なのよ」と。なんとずっと病院に寝泊りしながら、仕事をしているという。病院の看護部長さんもお見えになり、何人もの看護師が病院に泊まりながら、お互いに励ましあいながら病院の再開の準備をしているという。
 所長さんは、家は原発から20km圏内で立ち入れなく、「避難所は、3日でストレス、1週間で限界だった。アパートを探そうにも被災した人がたくさん待っていて入れない。仮設住宅に入った人の後に空いたアパートを探すしかないのよ。そのうちなんとかなるわよ」

被災した利用者さんが喜ぶわ
 桜の束を渡して、
「これ、花見山の桜なのよ。利用者さんのお宅にでも、避難所にでもどうぞ。使ってください」
「わあっ! 今年は花見山に見に行こうとみんなで言っていたんです。とってもうれしいし、何より利用者さんの心が和むと思いますよ」

 私たちの会話とようすを見ていたボランテイアの人たちが、「宮崎さん、どうしてあんなに明るいんでしょうか? 看護師さんてみなさんこんなに元気なんですか?」と。本当に・・・。被爆のこともあってもっとも大変な状況にあると思われるのに、「私たちは、まだいい方ですよ。こうやってみんなでわいわい励ましながら、毎日過ごしているし、こうやってわざわざ来ていただけると、元気100倍! うれしいですよ。もっともっと大変な人たちがいるんですよ」と。そのあと、聞いたのですが、予測できないたいへんな状況に遭遇している訪問看護師がいたのです。そのことは、次回。つづき。

とにかく、さわやかに純粋に明るいんです。

 
まだまだ続きます。町の様子や、介護・看護サービスなどのついても順次書いていきます。 間をおかないで書いていきます。      4月30日記
スポンサーサイト
2011.04.30 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲
東日本大震災 その7 ご遺体の顔の泥をきれいに  4月29日

 盛岡・花巻から三陸海岸まで片道約2時間。向かう途中の車中でさまざまな話を聞かせていただいた。2日間同行してくれたのは、岩手県訪問看護ステーション協議会の副会長の方。その中で心に突き刺さった話がある。

ご遺体のいたみがはげしくなってきて
「事務所を津波に流された齊藤さんって、すごいんですよ。私も聞いた話なんですけれど・・・」
「昨年の東北・北海道ブロックの集まりのときに、マツケンサンバをやったあの方ですよね。衣装も風格もぴったりでしたね」
「そうそう。大丈夫と聞くといつも大丈夫と落ち着いているのよ。本当に大丈夫なのかしら? すごいというのはね、ご遺体が見つかると安置所に安置されるだけど、最近のご遺体は時間がたっているせいもあってか、かなりいたんでいるそうなんです。泥まみれになっているご遺体をご家族が見たときのショックを考えると、せめて顔だけでもきれいに拭いて整えて差し上げたいと、そのボランテイアをしているそうなのよ。いいえ、これからするといったのかな。とにかくそういうことみたいです」
「ご遺体の発見で精一杯で、整えまで手が回らないのかしら」
「よくわからないけれど、斉藤さんは自分の事務所のことを後回しにして、直後から釜石市の行政といっしょになってさまざまな活動をしてきたみたい。顔の整えは誰でもができるボランテイアではないでしょうからね。私たち看護職は、ついついやらせていただきたくなりますよね」
「ほんとね・・・」

再開
 その光景が目に浮かび、忘れられなくなってしまった。そういえば斉藤さんにまだ確認していない。今度あったら詳しくお聞きしてみよう。
 その斉藤さんが、「通帳を見てみたら、驚いたんです。収入はなくても確実に借金が引き落とされるんです。当たり前なんですけれどね・・・。ぼやぼやしていられないと、事務所再開です」と。

 他の地域はではなく、被災地だからできる何かがあるかもしれません。それをいっしょに考えていこうと握手をして別れました。


まだまだ続きます。町の様子や、介護・看護サービスなどのついても順次書いていきます。 間をおかないで書いていきます。      4月29日記

2011.04.29 Fri l 看護、介護、医療関連 l top ▲
東日本大震災 その6 カルテが50日ぶりに発見  4月28日

 追って詳しく書きますが、福島と宮城・岩手は、かなり事情が違うと思いました。その一つは、宮城・岩手は、町が丸ごと津波の被害を受けていることです。(福島はちょっと事情が違うように見えました) その町で訪問看護ステーションを立ち上げ、実践してきた訪問看護師たちは、事務所を流され、カルテも契約書も何もかも失いました。しかし、しかしです。新しい事務所を借り、事業を再開しているのです。

3ヶ所の訪問看護ステーションの事務所を流された友人の訪問看護師
 岩手県の訪問看護ステーション協議会の会長をされていた齊藤さん(男性)は、さまざまな状況から2005年に株式会社を立ち上げ、まず釜石にあゆみ訪問看護ステーションを開設しました。その後、山田町と陸前高田にも開設し、3ヶ所の訪問看護ステーションを運営していました。
 ところが、今回の地震と津波で3ヶ所とも津波に流され、事務所を失ってしまいました。
「齊藤さん、大丈夫? どうするの?」
「元気ですよ。今は釜石市のさまざまなことをホボランテイアで手伝っていますよ。ステーションはその内に再開しますよ」
「どうやって、再開するの? お金はあるの?」
「お金はないけど、銀行が貸してくれるって言ってくれたんで何とかなるでしょう」
「そうなの? 大丈夫?」
「釜石は町(行政)といっしょになっていろいろなことをやっているんだけれど、全部がそうとは限らなくてね。大槌町は、町長も津波で死亡したところだけど、僕たちがボランテイアで色々なことをやるから、限られた看護職で力をあわせてやっていこうと申し出たんだけど、なかなかうまくいかないようなんですよ」
「そうなの・・・」

事務所を再開した
 今回の地震・津波で最も被害が大きい訪問看護ステーションは、この齋藤さんのところではないかと思うのに、悲壮感なく、自らもボランテイアをしながら自分の事業所の再開を準備している。
 私が齊藤さんのところを訪問したのは、4月19日。久しぶりの再開にハグハグしながら、「生きていてよかった!」というと、「僕はほとんど死んでいたはずなんです。ところが、その日、利用者さんから訪問時間の変更依頼があり、それで助かったんです」という。
 山田町に1ヶ所しかない訪問看護ステーション。流されたが、道の駅の敷地内の魚の集積所だったところ?を借りて事務所を立ち上げた! そこの所長(管理者)さんも、「とにかく、ボツボツでも再開しなければね。何とかなりますよ」と長靴で訪問から帰ってきた。
 釜石の事務所も、被災しない場所の事務所を何とか借りて再開しかかっていた。陸前高田のステーションは、少し様子を見てから再開しようと思っていたんだけれど、職員のみんなが、早く事務所を探して再開しようと集まってくれているので、始めるという。

奇跡的にカルテが見つかった!
「宮崎さん、実はきょうすごいことがあったんですよ」
「へーい、何?」
「あのね・・・」
と、自動車で山田町の被災後の町を詳しく案内してくれた斉藤さんが、車を止めたのが、瓦礫の山の向こうに、一軒家の屋根だけが見えるところ。
「宮崎さん、あれが、僕のステーションの事務所の2階建ての一軒家の屋根なんですよ。もとあった場所は、ここから200m離れたところ。元の場所には何もなくなっていたのであきらめていたんですが、きょう連絡がきたんです。うちの家の2階部分らしいものが離れた場所で見つかったと。それで行ってみたら、本当にうちのステーションの2階部分だったんです」
「へえい、すごいね。今になって見つかったんだね」
「すごいのはね、その2階部分にカルテを保管してあったのだけど、それが泥まみれになってはいるけれど、そのまま見つかったんですよ! それで、それを今もって来て、これなんですよ」
と、泥まみれではあるが、きちんと読めるカルテの山を見せてくれた。すごい!! 瓦礫の山はまだ手付かず状態。何が残っているかわからない。撤去作業も、遺体の捜索と同時並行で行っているので、一向に進まないとのこと。
 それにしても、約50日ぶりで、カルテが見つかるとは・・・。

 齊藤さんのことは、まだ続きます。

まだまだ続きます。町の様子や、介護・看護サービスなどのついても順次書いていきます。 間をおかないで書いていきます。      4月28日記
2011.04.28 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲
東日本大震災 その5 “うつ”の人が・・・?  4月27日

福島県の訪問看護ステーション協議会の訪問看護師さんたちと一日いっしょに被災地訪問しているときに、現地の方ならではのお話をたくさんお聞きして、目を丸くすることが多かった。
まず、最近の普段のあいさつの言葉は、次のようだという。
「きょうは、地震が少ないね」
「そうだね、2回だね」
「昨日の地震は大きかったね」
と、なんと地震が多いことか!
東日本以外の方は実感がないかもしれませんが、東京でも本当に地震が多いんです。
昨日も、今朝も・・・。毎回、「今度は本物の大きい地震かしら? 東京湾で大きい地震がきたら、さて・・・」と、ハラハラした毎日です。

いつも「死にたい」といっている女性が・・・
 いつも「死にたい」といっている福島市に住む女性(80歳代)がいる。どうやっても心が晴れず、こもっている。どう支援するべきか、訪問看護師は迷ってばかり。
ところが、原発の事故で放射性物質の被爆の問題がテレビなどで騒がれるようになった。それで、その方が訪問看護師になんといったか。「私は被曝は大丈夫かね」と聞くんですよ・・・と。
 本当に死にたいなら、被爆云々はどうでもいいことなのにねー。「ええっ、被爆が心配なんですか・・・・」と一瞬、言葉にならなかったという。笑うに笑えない、でもつい笑っちゃう話。

うつ病の人が野菜作りを
うつ病で、いつもは動けないでいる女性(60歳代)が、訪問したところ、人が変わったように動き始めたという。今回の震災で「こんなことはしていられない」と畑仕事をし始めたのだと。「看護師さん、自分が作った野菜なんだ。もって行って食べてください」と差し出してくれた。
  ええっ、まあ、なんというか・・・。自然の大災害は人の行動を変容させる。大災害は、人の生きる価値観を変える。のではないでしょうか。私自身、自分の生き方について軌道修正しようかと真剣に考え始めているところです。

寝てばかりの人が掃除を
ゴミだらけでなかなか家の中がきれいにならないお宅。その話をすると嫌がられ、「そのうち、自分でやるから」と。そして、動けるのに寝てばかりいる92歳の男性。ところが、この地震・津波・原発事故を機に、何を思ったか掃除をしはじめた。本当にやり始めた。只今、時間をかけながらの掃除・片付けの真っ最中。とか。


まだまだ続きます。町の様子や、介護・看護サービスなどのついても順次書いていきます。 間をおかないで書いていきます。      4月27日記

2011.04.27 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
東日本大震災 その4 海に向かって“ごめんなさい” 4月26日

地震・津波に伴いご家族が四苦八苦したのだと思います。 宮城で聞いた話し。

ベッドが津波に持ち上げられ・・・
 ベッド上で寝たきりのお父さんを介護していた娘さんは、津波を予測して、避難させようとしたが、体重が重くてどうしても1人で移動できず、あきらめかけていた。その時、津波が来た。もうだめだと思った。ところが、お父さんが寝ていたベッドごと、波の上に浮いたという。それで流されるのかと思ったら、階段のところに引っかかった。娘さんは、急いで階段の上からお父さんを引きずり上げて2階に避難することができて命が助かったという。
 ベッドごと浮いたということと、ちょうど階段のところで止まったという偶然が重なり、命が助かったのだと思う。

「どうしよう」「どうしよう」
要介護5で自分では全く動くことができない女性。長男さんご夫婦と同居していて、ご夫婦で介護をしている。地震のその日は、長男さんご夫婦が揃ってたまたま家にいたという。寝たきりになっているお母さんは、神経難病でベッド上の生活で、認知症はなく意識は鮮明。
 大きな地震がきた。津波が来るだろうと、長男さんご夫婦はお母さんを避難させようと準備した。しかし、予測していなかったことと、慌ててしまって、スムースに準備ができなかった。車椅子を探したり、空気を確かめたりしているうちに、窓から津波が来るのが見えた。「どうしよう・・・」「どうしよう・・・」たぶん、お母さんが、「あなたたちだけ逃げなさい! 早く逃げなさい!」といったのだと思います。それでも、長男さんたちはお母さんを置いて逃げることができずに手を握ってないていたんじゃないかと思います。
 そしたら、黒い水が家の中まで入り始めた! 長男さんと奥さんは、慌てて「お母さん、ごめんなさい!・・・」と、家の2階に駆け上がった。水はそれでも追いかけてどんどん浸水し、二人は屋根に上った。水は屋根の上までは来なかった。

一晩、泣いて大声で『お母さん、ごめんなさい』と・・・
 周辺の水が引かなく、屋根の上に上ったままの長男さんご夫婦は、一晩中屋根の上にいたという。雪が降り、真っ暗な夜・・・。海に向かって大きな声で、泣きながら、『お母さん、ごめんなさい』『お母さん、ごめんなさい』『お母さん、ごめんなさい』・・・・・とずっと叫んでいたそうです。
 何と切ない話でしょう。この話を思い出すたびに涙がこみ上げてきます。こういう話が数え切れないほどあるのだと思います。


つづきは、また。間をおかないで書いていきます。      4月26日記
2011.04.26 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲