上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
負けない力       3月25日分

 地震・津波・原発・・・毎日毎日身から離れない。連絡のつかなかった宮城県山元帳の友人と携帯電話がつながった。新築した家が流され、何もなくなった。家族は無事だったと。
電話での会話。
私「生きていた! よかった・・・。どうなったかと思ってね、探していたの」
友「和加ちゃん、ありがとね。心配かけたね。生きていたよ。でも近所の人や知っている人もずいぶん流されちゃった」
「どこに住んでいるの?」
「高台にある友達の家に家族中で避難させてもらっている」
「そう・・・」
「和加ちゃん、大丈夫だよ。私の家だけでなくみんなの家も流されちゃったしね。こうなったらあきれて、開き直って、笑ってがんばらないとね。私、これから避難所にいってボランテイアをやるのよ。やることいっぱいあるのよ。なにかあったらまた連絡するよ」と。
 その声にハリがあり、勢いがあり、何だか圧倒されてしまった。何だか“被災者という哀れんだ目で見ないで”とでもいっているようにも聞こえた。

仕事開始したよ
 岩手県内に3か所の訪問看護ステーションを開設している友人との3月29日の会話。
「どうしてる?」
「ああ、宮崎さん、宮崎さんの電話の声だけで元気になります! 3ヶ所の事業所は、全部津波にさらわれてなくなってしまったですよ。でも、すぐに仮の事務所を借りて訪問看護を続けているよ。まずは利用者さんの安否確認。利用者さん本人やご家族が行方不明の方もいる。職員は海岸の家を訪問していたけれど、なんとか全員無事だった。でも自分の家が流され、避難所に寝泊りしながら仕事を続けている職員もいる」
「ガソリンもなくってたいへんだったんでしょう」
「そうなんだよ。でも少しOKになってきた。とにかく、今はどうしても看護師が訪問しなければならない人から優先的に訪問している。訪問診療の主治医とも情報交換して分担して何とかがんばっている」
「人手はたりなくないの? 訪問看護のプロたちの応援部隊を送るよ」
「ありがとう。でも車やらガソリンやら地理やらそれを準備するだけもたいへん。今のところ、何とかやっている」
「そう。全国の訪問看護師たちが応援したいと思って控えているので言ってね」
「OK。その時にはお願いする。それよりも自分たちは、行政のサポートをしようといろいろ動いているんだよ。全国からのボランテイアを受けて采配するための情報収集や段取りが間に合わないので、それを手伝ったりしている。あの避難所にいってこういうことをしてくださいとか、自宅難民になっている人たちを把握して支援物資を運んでくださいとかね。」
「そんなゆとりあるの?」
「みんなの力で何とかやっているよ。隣町にも支援しにいこうと連絡したんだけれど、ボランテイアの受け入れの準備ができていないからと支援できない地域もある。みんなパニックで、疲労がたまっていてね・・・。県内の被災していない訪問看護ステーションからの支援の声もあるよ」
「物品などの不足はないの」
「衛生材料などの資も大丈夫。全国からの支援があるので何とかなっている」
「そう、東京にいて何もできなくてごめんなさいね。厚生労働省へお願いすることや制度のさまざまな運用などについては、直接的に伝えるから教えてね。全国の団体としてできることをやるからね」
「ありがとう」
「3ヶ所の事業所の再建にお金がかかるね。それは当てがあるの?」
「現在3つの銀行とかかわりを持っているんだけど、その内の一銀行がいくらでも融資するといってくれているので何とかなると思う。困ったら連絡しますね」
 落ち着いて対応している友人、自分の事業所だけでなく地域全体の中の看護職の役割を実施している友人・・・。すごいです。

たくましい力
 支援したいと思いつつ、何もできずに悶々としている人もたくさんいらっしゃるでしょう。私もその1人です。できることは限られています。
 被災した当事者が単に気の毒な支援を受ける立場の人間ということではなく、自然災害を受けた身ではありながら、“たくましい人間”“切り抜ける力がある人間”として、同じ目線・同じような境遇を共有しながら、共に生き抜くこということが大事なのかなと思った数日です。

スポンサーサイト
2011.03.30 Wed l 日々の出来事 l top ▲
胸が痛いです       3月18日分
地震と津波と原発・放射能関連の事故と複合的な事故で大変な思いをしていることと、これからさらに起こりうることへの不安とで、私・周辺は緊迫した空気で動いています。
 その中でも危険覚悟で東北に支援にいっている人もいれば、行こうと準備したのにガソリンがなく立ち往生しているボランテイアもいれば、いきたいにいけなく悶々していて自分が病気になりそうになっている人もいます。
◆地震・・・昨晩もその前の夜も、大きい地震がありました。私はウトウト状態です。何が恐いかって・・・。東京湾に津波がくる地震です。私の地域は全滅です。
◆福島第一原子力発電の爆発(とてつもない放射性物質流出)です。チェルノブイリの一歩手前の段階とか・・・。風評はいけないのは承知の上で心配事を語っています。

対岸の火事
 友人が東京を離れ山梨に非難しました。その声。
「全く緊張感なし。どこの国の話しという感じ・・・。モノもたくさんあるよ。どうなっているの?」
友人から聞いた話。三重の人も全く危機感なし、「伊勢神宮が守ってくれる」と。ええっ、そうなの???
 でも東京でも受け止め方が両極端です。非常に安易に受け止めて全く問題ないとしている方と、非常に深刻に受け止める方がいます。東京脱出組も少なくなく、はたまた日本脱出組も多々いるとか。情報があいまいですから受け止め方は多様になりますが・・・。
私は、どちらかといえば深刻に受け止める派だと思います。
私はどうなっても仕方ありませんが、日本を立て直す若者・子どもを救いたいです。これからの日本を立て直す人たちを救いたいです。

お叱りのメールも
私が前回のメールで流したことがチェーンメイルとか、大げさメールとか、迷惑メールという内容だったのでしょうか。以下のようなお叱りのメールもきています。気をつけます。見てくださっている方もどうぞご配慮を。不要に不安を煽るつもりはないのですが、あまりあまく見ないほうがいいかなあと私は思います。多少の間違いや大げさ感があってもそこまで個人レベルでも考えて準備すべきだと思います。

「突然のメールで失礼します。
ブログの最新の記事ですが、千葉の件はデマです。
あなたがおっしゃることなら、と信じてしまう方も多いと思います。
安易に転載・転送せず、事実確認をして責任を持てる記事を掲載してください。
不要に不安感をあおったり、パニックを起こすことに加担しないでください。
お願いします」

 私自身どうしていいかわからず右往左往しています。
テレビなどをみて、胸がつぶれそうな毎日です。
2011.03.18 Fri l 日々の出来事 l top ▲

東日本地震       3月12日分
 TPPについてのブログを書く準備をしていたのですが、突然の大地震で気持ちも頭も変ってしまいました。今の気持ちを書きます。

 昨夜はずっとテレビに釘付けでした。そして警戒音が流れて地震予報が出るたびに、テーブルの下に身をおき、ずっと潜んでいました。何回あったでしょう・・・。
 そもそも、3月11日の午後の大地震のときは、事務所(民家の3階)にいました。非常に重いキャビネットの収納庫があっという間にすさまじい音を立ててひっくり返りました。下敷きになっていたら大怪我だったでしょう。本棚だらけの事務所で身の置き所がなく、かといって急な階段を下りていく勇気もなく、部屋の隅に固まっていました。長い地震で、ふと“私の人生、これでおしまいになるのかしら”とよぎりました。でも死ぬ気はしなかったのでわりあい冷静でした。
 近所の人がみんな道路に出て非難していました。でも私は、どうしても時間に追われてしなければならないことがあったので、余震の中でパソコンに向かっていました。なんだか情けなかったですが、やらなければならない、間に合わない・・・と。

◆山形の実家とは連絡がとれず、心配しましたが、12日昼にやって連絡がとれて無事でした。食器1個も壊れていないとのこと。停電はしているが大丈夫だと。
◆友人は、ライフラインも途絶え悲痛な声になっている現場の支援にどうしてもいくと、出かけた。
◆私の法人の医師や看護師たちが早速に支援に入ると本日、車で東北に向かった。

 私は何もできない、今の段階では。(阪神大震災のときは現地に向かったが・・)

 せめてできることを一つだけ。転送の転送で回ってきたメールでの情報を伝えます。
「自衛隊の友達からの情報です。千葉、首都圏の方へ。千葉の製油所、製鉄所の火災の影響で、千葉・首都圏では、化学薬品の含まれている雨が降ることが予測されます。傘やレインコートの使用をお願いします! 広めてください!」

 どうぞ、みなさん広めてください。最も心配なことの一つは原子力発電関連です。最悪の事態にならないように祈るばかりです。
                          2011.3.12 17:00
2011.03.12 Sat l 未分類 l top ▲
幸せな顔   2月25日分
 最近、「こんなに幸せそうな顔を久々に見たわ」と、私までhappyな気持ちになりました。それもこの間3回。

何ともいえない幸せな顔
 一人目。約10年前からのお付き合いの介護職(男性)。大学の法学部を卒業し、他分野の企業で働いた経験のある彼は、縁あって介護分野に。2年間の介護専門学校を卒業後、私が所属する社会福祉法人すこやか福祉会に就職。そして私が責任者だった認知症グループホームの配属となり、それからの長い付き合いでした。スゴ~ク、すご~くいい人間で、どんなに大変でも弱音を吐かず、笑顔でがんばる人。どれだけ救われるか、救われたか・・・。
「宮崎さん、今年の僕の目標は、何としても宮崎さんにいい知らせができるようにすることです。ですから協力してください。いい人を紹介してください!」といっていたのが、昨年の正月。それが本当にいい人とめぐり会えたのです! にこにこして「宮崎さん、いい報告ができそうです!」「宮崎さん、一度いっしょに食事をしてください! きちんと報告します!」とトントン拍子に話が進み、先日結婚式だったのです。
彼の顔を見て私は涙がこぼれる思いでした。だって本当に、本当に幸せそうな顔なんですもの・・・。“人間って、気持ち・感情がこんなにも顔・表情に出るものなんだなあ”と今さらながらつくづく思いました。10年間で見せたことのない本当に『幸せな顔』でした。彼のお母様の最後のご挨拶が印象的でした。「○○さん(花嫁さん)、あなたのようなステキな方が、よく、今まで結婚しないでいてくれました。ありがとう。こういう日が来ることをあきらめていた私ですが、天にも昇るような幸せな気持ちでいっぱいです」と。(どちらも、40歳代の結婚?)

ガルーダ・サポーターズが結んだ縁
 二人目。詳しくは別な機会にお話します。多分、たくさん報告する内容があるので。ガルーダ・サポーターズの役員の方と、会員の方がつい先日結婚したんです!! その彼の顔も、この話が進むにつれ、全くといっていいほど変りました。本人が気がついているかどうかはわかりませんが・・・。「えっ、この人こんな表情の人だっけ?」 と首を傾げるほど、とても幸せそうな表情なんです!

 テレビを見てもいい話がなく、憂鬱になってしまうような状況の中で、この二人と周囲の『幸せ顔』が、その周囲の人たちにどれだけ幸福な気持ちを伝染・感染していただけることか・・・。
少なくても、私はとってもhappyな気持ちでいっぱいです。いろいろあっても、少しでもそんな顔になれる時間を多くすることが大事なことなんじゃないかなって思います。
3人目のhappyは、いつの日か。
2011.03.02 Wed l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。