上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
散骨   2月15日分
 昨晩の夕食会でも『散骨』の話になった。お子さんがいらっしゃらなくてご主人を亡くされた方(64歳)が、自分の今後が不安になり眠れなくなることがあるといいます。生活費の心配はないが、自分がなくなった後の家のこと、財産のこと。その前に要介護状態になった時にどうするかが心配だと。今から有料老人ホームに入ってそこでの新しい人間関係を作るようにした方がいいのか、しかし本当に重介護状態になると退去させられてしまう例など聞き、どうしたら安心できるかがわからないという。
 その話の中で、「できれば自分は散骨したいと思うがどうすればできるのか」と質問された。それで私は知っている限りの情報をお伝えした。

散骨をするには・・・
 散骨とは、ご存知の通り、死後遺体焼却後の骨を粉にして、お墓ではなく自然界に散らすというか戻すというか。それは山、川、海、木の根・・・自分が希望する場所に。
◆ 揚子江に散骨
 知人の母は100歳で亡くなられた。ご自分が入ることができる立派なお墓があるのだが、そこではなく散骨してほしいという遺言。それも理由があり(大陸で暮らした経験があるからか)、揚子江に散骨とのご希望とか。それで知人がそれをきちんと実行。「母の遺言を実現するために、揚子江に行ってきたんだよ。船で揚子江の上で母とお別れしたよ。ほっとした。全然さびしくないよ」

◆荒川に散骨
 先日の全国訪問看護事業協会の総会・事業者大会のシンポジウムで利用者の立場から講演してくださった方は、自宅で亡くなられたご主人を看取った方でした。そのスライドの冒頭でご紹介くださったのが、荒川での散骨式の様子でした。このご夫婦には二人の娘さんがいますが、結婚し姓も変わった。「娘たちに墓守の負担をかけたくないと思ったのでしょう。近くの荒川に散骨してくれというのが願いでした。それでいろいろ調べたら散骨に協力してくれる会社があるんですよ。そこにお願いして主人の思い通りに荒川に散骨しました」とお話し下さった。(主要な講演は訪問看護についてなのですが)

◆テレビで見た『樹木葬』
 好きな木・樹の下に散骨する方法だった。それを実行するNPO法人があり、生きているうちからつながりをもって生きるとか。親戚・身内ではない他人同士が新たな形で意識的に繋がる例でしょう。

頼まれています
 実は、私は数人から、死後散骨にしてくれと頼まれています。口約束ですが、また、「私のほうが長生きすればですよ。私の方が先にあの世に逝ってしまったらごめんなさいね」といいながらですが。 東京湾に・・・、地中海に・・・、マチュピュチに・・・。
 海や川に散骨する際のさまざまな条件がありますので、よく調べてからにしましょう。

 価値観の多様性、時代の変化。亡くなった後についての常識も変化しているのかもしれませんね。どちらにせよ、自分のことは死後のことも含めて自分で決めて誰かに伝えておくことが大事なのだと思います。


インターネットが使えない状況にいましたので、更新が遅れてしまいました。すみません。次回からはがんばります。

スポンサーサイト
2011.02.23 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
肩押し   2月5日分
 
たくさんの人に会う毎日です。「はじめまして」というと、「いいえ、宮崎さんとお会いするのはこれで3回目です」こういう会話が最近(たぶん前からそうなのですが)多いんです。相手の方に申し訳なく自分では悲しくなるんですが、どなただったのかを覚えていないことが少なくないんです。
 たくさんの方に会う中で、「宮崎さん、川越博美先生はお元気ですか」とよく聞かれるんです。それはたぶん、数年前いっしょに全国の訪問看護の現場を行脚し、雑誌に連載し、そして『訪問看護元気化計画 ―現場からの15の提案』(医学書院)を出版したからだと思います。「元気ですよ」と答えますが、時々は本当に元気かどうかを確かめる電話もします。というよりはおしゃべり電話です。
 そしたら、川越さんが「宮崎さん、そんなにみんなに聞かれるんだったら、ブログで書いたらどう、川越は元気ですって」というんです。みなさん、そういうことです。記録を塗り替えて元気に生きています。

独立して事業所立ち上げ
 つい先日も、こんなおしゃべりをしました。
「川越さん、私たちは人の人生を変えているかもしれないよ」
「どうして?」
「あのね、こういう人がいたのよ。訪問看護ステーションの所長をしている男性の看護師に最近あったんだけれど、その法人を退職して自分で会社を立ち上げ、自分なりの事業所を立ちあげることにしたんだって」
「へーい、いいことじゃない」
「そうなんだけど、どうして独立して会社を立ち上げようと思ったのって聞いたらね、いろいろ理由はあるんだけれど、宮崎さんと川越さんのあの元気化計画の本を読んで、やっぱり自分で独立しようと決意したというのよ」
「へーい。責任を感じるね」
「うん。いつかは独立しようという気持ちがあったのが、あの本が肩押しの役割をしたというのよ、今やり始めようって。私最近、独立して訪問看護ステーションや他の事業を立ち上げようという看護師に何人か出会ったよ」
「責任を感じるけれど、いい肩押しじゃない。若い人(ばかりではなく、定年になったパワフルな看護師たちも)どんどん、自分たちで地域の中で『いい看護』を提供できる事業所を立ち上げるはいいことだと思うね」

  看護師が立ち上げた事業所(訪問看護事業・有料老人ホーム・小規模多機能など)は、ちょっと違います。経営も考えますが、その前に内容の充実に身を投じる傾向があります。違った弱点もあるかもしれませんが、私は応援したくなります。新しい事業所を立ち上げたり、新しい動きをしたことなどどうぞお知らせください。全国の皆さんに伝える努力をします。

2011.02.07 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。