上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
人生の愉しみ方を探った年   12月31日分
 
 昨日まで大阪で、インドネシアから来日している看護師・介護福祉士候補者の『国家試験対策講習会』(3日間)に参加して、やっと本日大晦日はプライベートな時間となりました。そこでちょっと今年を振り返ってみようという気になりました。何でも忘れてしまうこのごろ。2010年という年を自分の中で記憶しておくのに7つのキーワードでまとめることにしました。

①社会全体は、「期待はずれで頼りない民主党に先が見えない日本社会」
 日本社会を私なりにひとことで表現すれば、「期待はずれで頼りない民主党に先が見えない日本社会」。2009年の政権交代にはそれなりに期待をしました。もっと人間を大事にすることを前面にした政治・社会作りになるのではないかと。少なくとも自民党時代よりは社会保障の充実が可能になるのではないかと。しかし、しかし・・・。自民党にもどることはありえない。かといってどうなるのだろう? 巨視的にみれば「コロコロ政権が変る不安定な時代」が数十年続くのではないだろうか。周辺諸国の動きが激しく、きな臭く、またTPPなどを考えると、これまでの日本の姿ではなくなっていくのではないだろか。そんな不安を強く持った年でした。

②著作活動30年の区切りの年
 私個人のライフワークでみれば、著作活動30年の区切りの年。看護師になって3年目(24歳)から著作・出版活動を開始しました。ちょうど30年。記憶していて手元にある本が、①単著が6冊、②私が中心に企画・編集して共著で書いた本が14冊、③共著で依頼されて書いた本が12冊、④私のことを題材に書かれた本が3冊です。合計すると32冊の出版にかかわったことになります。まあ、私の本と自分でいえるのは、①②で20冊でしょうか。
 ある新聞記者がいいました、「宮崎さん、作家なんですか? 下手な作家よりずっと本を執筆していますね」と。「いいえ、私は作家ではありません。いってみれば現場レポーターです」
 しかし、30年目の区切りの本が前回紹介した『認知症の人の歴史を学びませんか』。この本には思い入れがあり、一番苦労した本であり、もしかしたら最もいい本かもしれない。夫が年賀状にこう書いてくれました。「和加子:看護と介護の講演と本作り、そしてインドネシアからの看護師・介護福祉士候補者の支援活動(ガルーダ・サポーターズ主宰)の日々。年始に出版する『認知症の人の歴史を学びませんか』は、夫ながら「実にいい本だ!」と思う。・・・」どの本も全部原稿段階で読んで誤字脱字や文章の誤りから、構成までにアドバイスしてくれている夫が、絶賛してくれているのです。なんだかとてもうれしい年末です。

③「ガルーダ」関連の展開をした年
 これは、これまでのブログやガルーダ・サポーターズのホームページをご覧下さい。記者会見・マスコミ取材、外務省との情報交換、政府への説明などなど陰に陽に多様に動いた年でした。2011年が大きな節目の年になるのではないかと思っています。しかし、不安材料は、政府の不安定!

④訪問看護制度の改善(同時改定にむけた動き)
 全国訪問看護事業協会の事務局次長として、制度改定、報酬改定にむけて一生懸命取り組んできました。また、全国の訪問看護関連の方々に会うことはとても楽しく有意義な時間でした。ありがとうございます。全国どこにも必ず熱心に中心となっている方々がいるんです。
 これも、2011年が極めて重要な年。来年もさらにがんばります。

⑤気功に出会った年
 川島みどり先生から『看護』を学び続けた30数年。“手”を使った看護の実践に大きな意味を見出している現在。統合医療といっていいかもしれません。15日間の実地の研修を受けて、たいへん勉強になったのですが、私にとって一番大きな出会いは『気功』でした。いつかじっくりしっかり学び・考えたいテーマです。

⑥ホームパーテイを愉しんだ年
 家のリフォームして、家での集まりを持てるようにしてから、みなさんに集まっていただいています。たとえば、ハンガリーや台湾からのお客様、甥姪の集まり、友人の定年退職ご苦労さん会、息子の友人たち、旅行同行者の集まり、わが家の望年報告会などです。私は昔からの夢の一つがみん全くやる暇がありませんでしたが、ちょっとできるようになったのです。何が楽しいかというと、お料理をたくさん作って、みんなにお振る舞いすることです。その時々にさまざまな手作り料理。上手かどうかは別として、それが至福の時間なんです。

⑦人生の愉しみ方を探った年
 脇も見る暇なく、突っ走ってきた人生。これからどんなふうに生きるか。あと何年生きられるかわからない人生。大変な時代ではあるのですが、自分の生き方・人生の送り方について、探っている今です。2010年は、“人生の愉しみ方”を探り始めた年だったように思います。
 ブログで紹介した『おもしろい本』との出会いもありました。

みなさま、本当にありがとうございました。また来年もよろしくお願いします。

2010.12.31 9:10


スポンサーサイト
2010.12.31 Fri l 日々の出来事 l top ▲
『認知症の人の歴史を学びませんか』   12月15日分
 
 訂正です。今年中に出版になると書いたのですが、来年の1月が店頭に並ぶ出版日になるそうです。目次は次のようです。

『認知症の人の歴史を知っていますか』――変わること、変わらないこと、変えられること

宮崎和加子・著
田邊順一・写真
中央法規出版
2000円
まえがき
その1 歴史を学ぶ前に
その2 認知症の人の居場所の変遷
その3 40年前のこと
その4 精神病院という場で
その5 身体拘束禁止にたどりつくまで
その6 動きだした特養ホーム
その7 老人保健施設とE型デイサービス 
その8 宅老所・グループホームの試み始まる
その9 「呆け老人を抱える家族の会」発足と市民活動
その10 介護福祉士の登場
その11 2つの視点から40年を振り返る
その12 未来に向けて
[対談]認知症にまつわる制度はどうつくられてきたか?
あとがき
付録

「はじめに」「おわりに」からちょっと抜粋
「歴史を知らぬものは、未来を語れない」 この本はこの言葉から出発ました。私はこの言葉をずっと心の奥に持ち続けています。恩師である故・川上武氏(医事評論家)から教わった言葉です。歴史は過去のことではなく、今のことであり、これからのことなのだということです。

認知症の人の支援のあり方は、世界中の大きな課題です。日本の到達点は何か、そしてそれが世界の中でどういう位置にあるのか。私は、決して遅れているわけではなく、未来を示す実践が始まっているのだと思います。
 けれども、ここに至るまでの歴史というのは、悲しいものです。認知症になってしまった人の多くは、これまで悲惨ともいえる姿で生き、そして亡くなっていかれました。
何も悪いことをしたわけではない認知症の人、病気が原因で記憶障害・認知障害の状態になった人が、手足を縛られたり、牢屋のようなところに閉じ込められたり、薬でぼうっとさせられて、そして死に至りました。憲法に保障された人間として誰もがもっている権利を保障されない『無権利状態』に置かれてきたのです。私がこの本をまとめたいと思った最も大きい理由は、「この歴史を忘れてはならない」「この歴史を繰り返してはいけない」ということを伝えるためです。

認知症のことが社会問題となり始めたのは、1970年ころです。それからおおよそ40年を迎えようとしていますが、過去においてどのようなことがあり、何がどんなふうに変わってきたのでしょうか? あるいは誰が変えてきたのでしょうか? 私自身の認識や体験を含めて伝えていくのが、この本の目的です。これから、認知症の人たちにフォーカスを合わせ、約半世紀の歴史を振り返ってみたいと思います。
なお、この本は、専門家だけに向けてではなく、昔のことを知らない若い介護職や学生、一般市民の方たちなどに向けて書き進めました。そのため、なるべく専門用語を用いず、わかりやすく説明したつもりです。
 認知症をとりまく状況は、確かによい方向に変化してきているとはいえ、まだまだです。認知症の人がどこでも安心していきいきと自分らしく生きられる状況ではけっしてありません。この本が、歴史の歯車を少しでも前に進めることに役立てば筆者として望外の喜びです。


 我ながら、この本はとてもいい本だと思います。関係者だけでなく、一般市民のみなさんも誰が読んでもいい本だと思います。どうぞご一読を!!

2010.12.21 Tue l 著書紹介 l top ▲
今年3冊目の本の出版!   12月5日分
 
 年末に、1冊の本が出版されます。『認知症の人の歴史を学びませんか』(中央法規出版、宮崎和加子著、田邊順一写真・文、2000円)です。オビ(本の表紙下の方)内容は、“ここまできた! 認知症の人の生き方 閉じ込められ、縛られてきた歴史からの脱却 誰が、何が変えてきたのか 初めて認知症の人の歴史が1冊の本に!”というものです。

今年3冊目
 今年3冊目の本の出版です。間違わないで下さい。3冊書いたのではありません。これまで暖めてきた企画と著作をやっと出版という形にすることができたのです。

【1冊目】『だから訪問看護はやめられない』メデイカ出版・共著
 若い訪問看護師6人といっしょに取り組んだ本です。訪問看護という仕事が、経験をつんだ一定の年齢の看護師の仕事ではなく、(その年代の力はもちろん貴重な力ですが)経験の浅い若い看護師にもどんどん実践してほしいのです。私の最近のアピールは、日本の看護師130万人に向けて「20歳代に一度は訪問看護を経験しよう」です。訪問看護師は、現在約3万人です。圧倒的多数は、病院・病棟で急性期の病気対象の看護の仕事をしています。しかし、病院以外での“生活の場”での看護の役割は大きく、実にプロとしての力を発揮できる場でもあるのです。その筆頭が訪問看護。そのおもしろさを伝えるマンガ入りの本です。企画して出版まで1年強。

【2冊目】『訪問看護元気化計画―現場からの15の提案』医学書院 川越博美との共著
 2007年から2008年にかけて、川越博美さんと2人3脚で全国の訪問看護の現場に行脚した内容を踏まえてまとめた本です。“日本の訪問看護の実情2010”ともいえる本です。この本を読めば、日本の訪問看護の歴史・実情・未来についておおよそわかる。訪問看護の入門書・ガイドブックともいえるでしょう。類著があまりないので貴重な本になるのではと勝手に思っています。15の提案もぜひみてください。
企画から出版まで1年半。

そして3冊目が、上記の本です。この本のことは次回詳しくお伝えします。これはたぶん、すごい本だと我ながら思います。企画から出版まで約7年。

 私は著作が仕事ではありません。仕事の一部ではあると思います。これで何冊本を出版したのだろうか・・・。数えていないのでそのうち数えてみます。共著も含めれば30~40冊ぐらいかな。出版してくださる出版社に感謝です。著書が電子化される中、今後出版というものがどうなるのか私には全く分かりませんが、文字で伝えることは絶対になくならないでしょう。

2010年という区切りの年に、これまで暖めてきた企画を形にできてとてもうれしいです。血を吐く思いで、しかし楽しみながら、一瞬の達成感を味わうのを励みに書き続けている私です。いっしょに書いてくださった方、ありがとう! 時間の忘れて書いているわたしに温かい目でみて、いつも励ましてくれる協力してくれる家族に謝謝。
2010.12.11 Sat l 著書紹介 l top ▲
ガルーダ 第1陣帰国?   11月25日分
 
 2008年にインドネシアからEPA(経済連携協定)で来日した第1陣の候補者は、来年2月の看護師国家試験で不合格の場合、帰国しなければなりません。第1陣の看護師候補者は104名。その内もうすでに帰国した人は12名、昨年度の合格者が2名なので、今回の受験予定者は90名です。次回の国家試験でどの程度合格するかをさまざまなところが予測していますが(ガルーダ・サポーターズにも良く質問されます)、誰もわかりません。しかし、かなり多くの候補者は不合格になるでしょう。
それについての候補者の反応は、私の推定では以下の3群に分かれます。
①何としても合格したい←一生懸命勉強←受け入れ側も一生懸命応援
  もし、不合格になっても翌年なんとか受験するように再挑戦したい。
②がんばっているが、不合格ならやむをえない。帰国する。帰国後、日本でのキャリアが母国でどう扱われるのか(看護師キャリアに認められるのか、そうでないのか)が心配。
③合格の可能性がほとんどない。どちらにせよもう帰国することを決めている。家族が恋しい。

ガルーダ・サポーターズの提案・要望
 ガルーダ・サポーターズでは、今年の1月14日に『政策提言』を記者会見して発表しました。(詳しくは、http://garuda-net.jp 参照)大きくは2つの内容で、一つは根本的にこの制度は大幅に見直したほうがよいということ・その内容を提案していること、2つ目には、現在来日している候補者の特別な対策をとるべきでその内容を示しています。
 先日の役員会議でも再度確認して、特に第一陣の来日看護師候補者について次のような内容でアピールしていこうということで動き始めました。
以下がその内容です。

1 国家試験実施方法に関する特別な措置(時間延長)
 日本語を母国語としない外国人候補者に対し、事前に十分な日本語学習期間が確保されなかったことを考慮し、試験時間の延長などの措置を講ずること (約60分)

2 在留期間の延長
 2011年の国家試験が不合格となった場合でも、候補者本人および受入病院がともに延長を希望するときには、国家試験再挑戦のために一年間の在留期間延長を認めること

3 帰国後の受験機会の確保
 やむを得ず帰国する場合であっても、日本の看護師国家試験受験資格が認められ、日本で3年以上の実務研修を修了した候補者が、帰国後も日本の国家試験に再挑戦できるよう、ジャカルタなどインドネシア国内主要都市に試験会場を設けること
  国外における試験会場の設定が困難な場合は、国家試験受験のための日本までの渡航費用の一部を助成すること

外務省で日本語研修追加の予算化
 外務省が『元気な日本復活特別枠政策』として提案し、「EPAに基づく外国人看護師・介護福祉士候補者に対する追加的日本語研修」を予算化する方向で調整中。当団体として、何度か外務省の担当の方と情報交換会を行い、実態とあるべき姿と要望などを伝えたことも大きな要因になったものと見られます。

本件制度の維持改善のためには定の日本語能力を有する候補者が応募する仕組みとすることが必要不可欠。今後,協定上の6か月に加え,下記のとおり,現地で候補者(応募予定者を含む。)に対し日本語研修を実施すべく調整中。
【22年】来年4~5月頃に訪日予定の候補者に対する追加的日本語研修来年4月に研修開始予定の看護師・介護福祉士候補者を対象に,マッチング後,訪日前に2~3か月間程度(最大420時間),インドネシア及びフィリピンにおいて追加的な日本語研修を実施する予定。
【23年】再来年以降に訪日予定の候補者に対する追加的日本語研修(予算要求中)度国際交流基金による日本語講座展開の一環として,インドネシア及びフィリピンにおいては,看護師・介護福祉士候補者応募希望者を対象に,マッチング前を念頭に,訪日前に6か月間(合計900時間程度),追加的な日本語研修を実施する予定。来年度概算要求「元気な日本復活特別枠」要望で予算計上。

内閣府・インドネシア大使館の方々にもお会いして
 実は、この間、この問題について政府関係者(内閣府など)と、またインドネシア大使館の方とお会いする機会があり、不合格になった候補者を本当に帰国する方向でいいのかどうかなどの論議をしました。どの程度合格する可能性があるのかの検討がつかない、どういう方向性がいいのかを把握することが困難であるという話からはじまって、当団体として考えていること、把握している情報など伝えました。上記の要望の内容もしっかりと伝えました。
 どうなるかは、分かりませんがさまざまな心配の当面の解決・改善に向けて動き出したという印象です。
 ガルーダ・サポーターズは小さな団体ですが、それなりに大事な役割を果たしていると思います。サポーターズの会員のかた、役員が多彩・多才の力の結集だと思います。資金不足なので何卒ご寄付をお願いします。詳しくはHPを。

大阪会場での国家試験対策講習会のホームステイにご協力を
 10月は東京で講習会を行い、13名の候補者が受講しました。九州からの参加もあり12名の候補者をホームステイでお迎えしました。講習会もそうですが、ホームステイも双方とてもよかったようで感謝の手紙などが届いています。
 12月28日~30日は、大阪での合宿講習会です。その申し込みがすごく多いんです!昨日現在でなんと36名の受講申し込みです。うれしい悲鳴なのですが、ホームステイ先がその分見つかるかどうかが不安になっているところです。このブログをご覧の方、大阪の方はもちろんのこと、大阪に知り合いがいて何とか協力しようという方をご紹介ください。暖かく迎えてくれて2泊・夕食1回・朝食2回をお願いしたいのです。東京で受け入れてくださった熟年のご夫妻は、「初めて会うインドネシア人の方で、日本語のうまいし話が弾んだ。遠い国から来て一生懸命勉強している姿に、自分たちもがんばらなければと思った。手紙で交流が続いている」などといっていました。とても貴重な国際交流の機会になるかと思います。
 可能性がある方は、どうぞ、私のメールに連絡を!
2010.12.01 Wed l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。