上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
タクテイールケアなど     2010年11月15日分

 前々回にお伝えした『手』を使った技の研修会(全15回)もいよいよ終了。何とか出席し修了証書をいただけそうです。今回は、3つの技(タクテイールケア・気功・Mtest)を学びました。とても勉強になりました。
 
タクテイールケア
 「タクテイール」とは、ラテン語のタクテーリスに由来する語で「触れる」という意味。「触れる・撫でる・さする」に近い感覚で、相手の方に意識的に手を使ってかかわり、『痛みが軽くなった』『暖かくなった』『気持ちがいいね』『よく眠れた』『ナースコールの回数が減った』などという患者・利用者の反応があるケア。具体的には、相手の方の手・足・背部など服の上から、あるいはオイルを使って直接肌に、両手の手のひらで決まった順序で独特の触れ方で実施していくもの。実際に私自身も行ってもらいましたが、『心地いい』『気持ちがいい』『安心する』『こんなことをやっていただいていいのかしら』などと思った。
 不安におちいっている人、苦痛がある人などに近づくこと、コミュニケーションをとるのにとても役立つ。認知症でなかなかコミュニケーションがとりにくい人の場合にもとても有効だという報告もあるとか。
 今回の研修生が実際に患者さんたちに実施した内容の発表会があったが、「乳がんで皮膚転移で苦痛がある方」「夜間不眠症の認知症の人」「ターミナル期の方」「がん性疼痛と不安・不眠のあるケース」など、さまざまな“難しい”対象者に試みて有効な結果(ともに難しい面も)を得ている報告を聞いた。
 どんな人にも、とても効果があるかどうかはわからないが、少なくとも悪影響はなく、人間同士の距離を縮める“いいケア”だと思う。知識・技術を習得しておいて得することはたくさんあっても損をすることはないと思う。これは、看護師だけが行うケアではなく、介護職その他でもよく活用されているという。
スウーデンから始まったケア。

気功
 気功には、医療気功、療生気功、武術気功、芸能気功などがあるそうだ。医療気功は、おもに中医学の理論に基づいている。
 中国数千年の歴史ある『気功』。東洋医学は、すばらしく膨大な体系があるもの。数日間で学べるものではないと思うが、その一端に触れた。人間の身体と精神の見方が西洋医学とはかなり異なる。西洋医学にどっぷりとつかった教育を受けてきたものとすれば、最初は戸惑うことばかり。しかし、宇宙・地球・人間などという大きな動きの中で、目に見えないことも重視した『理にかなった考え方』。
 中国人の方の本物の気功に触れ、少し教わり、自分自身の健康維持のための方法をいくつも学んだ。そして難治の病気を気功で治した例をたくさんお聞きし、私の周辺でどうしても治りたいと苦しんでいる方がいたら、私はまだとても治すことはできないけれど、何とかその先生方を紹介しようと思った。
 もっともっともっともっと深めたい分野です。いつの日かもっと勉強したいですねえ。

Mtest(経絡テスト)
 残念ながら途中までしか研修できなかったのでうまく紹介できないかもしれない。人間の身体の動きを診て東洋医学のツボや経絡をシンプルに活用して症状軽減を行うもの。『脈診』といって両手の脈だけでたくさんの症状や病気の様子を推し量り、その対応(全く痛くない)をし、解決する。

統合医療
 統合医療についてもはじめてゆっくりと学ぶことができた。西洋医学的な見方・考え方で治らない病気や症状が別な方法でその場で治ったり、改善したりすることはいくらでもある。そういう視点・姿勢で病気や症状と向き合っていってみようと思う。
川島先生はいつも『挑戦』の方。「私は様々な手を使った技術・療法・統合医療を生かして看護で治す『看護センター』のようなものをやってみたいのよね。難しい患者さんで他で治らない方を治すことができると思うの」といっていました。
 きっと、そのうち開始するのではないかと思います。
スポンサーサイト
2010.11.21 Sun l 看護、介護、医療関連 l top ▲
ムラビ山噴火による被災へのご支援を     2010年11月11日

インドネシアではこの間、様々な自然災害にあっています。津波・地震・噴火・・・。
今、またムラビ山が噴火して約35万人が被災して大変な状況になっているとのことです。日本のマスコミではあまり報じられませんが、ガルーダ・サポーターズの会員で関西での活動を活発に行っている杉原さんから下記のようなメールでの情報提供と依頼がありました。
 みなさん、ぜひできるご支援をお願いします。私も真っ先に振り込もうと思っています。

杉原貞次郎さんより
インドネシアは各地でいろんなことが起こりその災害に苦しむ人が多いようです。私の最も尊敬するインドネシア人の娘さんは、村長もするような人ですが、その芋音からのメールを私に送ってきました。この内容を私の書いたものを含めて転送いたします。この件についておひろめ願えれば幸いです。

関西インドネシア友好協会の杉原です。寒くなってきましたね。
ところで既にニュースなどでご存知かと思いますが、中部ジャワのムラピ山が活動を再開し、引き続き活発な活動をしており、ジョクジャの町は火山灰で覆われています。またボロブドール遺跡の近くには、被災者が大勢押し寄せているようです。わたしの最も尊敬するアイップ・ロシディ氏の三女であるティティス・ニティスワリからメールを受け取りました。以下にそのことが書いてあります。
それで寄付を募っていますのでお気持ちのある方はよろしくお願いをわたしからも申し上げます。

ティティス ニティスワリ
「みなさん、おげんきですか? わたしは元気ですが、・・・ちょっと聞いてほしいことがあります。今ムラピ山から避難している人がたくさんいます。うちのお姉さんのところにも避難している人で一杯です。ちょっとでもその人たちに何かしてあげたいと思ってこのeメ-ルをみなさんに送ります。
親戚、家、すべてなくなった人に寄付をしてあげてください。寄付したいと思ったら私(titis nitiswari)の口座番号に振り込んでください。そしてeメールで私にいくら振り込んだの(か)を教えてください。ここで皆が振り込んだお金を立て替えます。

そして知っている人にもこのお願いを伝えて欲しいです。

Titis Nitiswari
新生銀行梅田支店
No. 0393176

titisnitiswari@hotmail.com

よろしくお願いします。
ティティス ニティスワリ」


杉原は関西インドネシア友好協会(関イ連)の会長です。
ティティスのお父様は、日本政府から勲三等の叙勲を受け、帰国後もスンダ(西ジャワ)文化センターを主宰し、今も光の当たりにくいスンダ語、ジャワ語、バリ語そしてランポン語の文学賞を毎年選定して自分の力で賞金を持って(ランチャゲ賞)表彰されています。
その娘のティティスは、私の遠く齢の離れた兄弟のように思っています。
信頼のおける人物であることを私は確信しています。
ティティスは独立心の強い人物で自分のことなどで決して弱音を吐いたり、他人に頼るようなものではありません。
見るに見かねてのことであり、あるいはわが娘のようなティティスの意気に感じてこのメールを送ります。
ムラピ山の噴火の火砕流などで多数の方が亡くなられていることをご存知かと思います。
上記のティティスのメールにもあるとおりの状況をお察しくださいますれば、望外の幸せに存じます。
関イ連会長 杉原貞二郎
2010.11.11 Thu l お知らせ l top ▲
『手当て』の重要性     2010年11月05日分

 私の看護の“師”は川島みどり先生です。川島先生は、日本の看護界の『ドン』というでもいうべき存在の方で、140万人いる日本の看護師で知らない人はいないだろうと思います。現在は、日赤看護大学教授(3月まで学部長)。日本の看護師の中で、最も多くの本を出版し(百数十冊)研究・啓蒙をしてこられました。すばらしいことは沢山あるのですが、特に看護の2大業務(①診療の補助業務=医療的なケア、②療養上の世話=日常生活上のケア)の中で、日常生活行動の援助(②療養上の世話)に重きをおき、そこに専門性があるとして、特に現場をとても大事にしてこられました。
 日本の看護界のリーダーとして60年間、日本の看護をよくするために、それも患者さんや利用者の側から見て質の高い看護を受けられるようにという視点から精力的に取り組んでこられました。その川嶋先生がこうおっしゃるのです。「60年間、がんばってきて現在79歳になったけれど、日本の看護実践はよくなったかといえば、逆に心配なことだらけだ。“コミュニケーション”が大事と頭ではわかっていても、実際はちょっと患者さんの顔をみて、振り向いて患者さんにお尻向けてパソコンに向かって仕事をしている。“オシリケーション”になってしまっている。手を使って患者さんや病んでいる人たちに『手当て』をすることが本当に少なくなっている。苦しいときそっと手を握って話を聞くとか、さする・なでる・暖める・・・。そのことがどれだけ大事なことか・・・」などなど。

“手の技”の研修会
 そこで、川島先生が所長を務める『健和会臨床看護学研究所』という日本で唯一の民間の看護学研究所で、“プロの手の技”を、自分の手で修得するための研修会を企画してくださった。
 別ないいかたをすれば、西洋医学と東洋医学、その他を統合した医療『統合医療』の必要性を説いている。西洋医学では治せない病気や症状が別な方法で治ることが実証され認知されてきているが、それらを統合して国民に心地よく生きる支援ができるのではないかというもののようである。
 私は、その研修生となり、現在“手の技”の勉強中。タクテイールケアや気功やMテストなどという理論と実技。

自分の“手”が“魔法の手”の手に
 どうしてこれを学ぼうと思ったかとその実際のサワリは次回(?)にご披露しましょう。「下腹部の脂肪を減らす気功」「目を強くする気功(眼鏡はおやすみ)」「肩こりが治る気功」などなど。実におもしろいです!
2010.11.10 Wed l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。