秘境に学ぶ 幸せのかたち     2010年10月20日分

 “10月は比較的ヒマかも・・・”と思ったのは浅はかでした。どうしてそうなってしまうのか、いつのまにか手帳の空白がなくなっていくのです。周囲の人たちから「宮崎さんの○○になったら時間が空くから・・・は絶対にあてにならない」といつも呆れ果てられています。当の本人は、そんなことはなく、スケジュールに少しゆとりをもった生き方をしようと心がけているのですが・・・。

『インパラの朝』ユーラシア・アフリカ大陸684日
 書店をふらふらするのが大好きな私です。ふと、その本が私を呼ぶのです。手にとってめくるとピピピと反応してしまう本があるんですよ。みなさんはそんなことがありませんか。新しい友人に出会ったときのような偶然です。
 この本『インパラの朝』(中村安希著、集英社)もそうでした。私の夢の一つは、世界中の放浪(バックパッカー)です。リュックを背負って世界中を歩いてみること。どうしてそういうことをしたいのか、自分ではよくわかりません。でも若いときからの夢です。友人は、そんなことは簡単じゃないか、明日にでも出来ることなのだから“夢”ではないでしょうというのですが、まだ出かけられないでいます。
 この本の著者の中村安希さんは、26歳で2年かけて47カ国を足で歩いたんです。そのリアルな記録です。私は今54歳ですが、胸をわくわくさせながら読み進みました。まるで自分が巡っているような気分でした。中国・チベット・インド・中東の国・アフリカ・・・とユーラシア・アフリカ大陸。命が危ないのではと思うような場面に出会ったり、病気になったり、やむを得ず2度ほど「結婚」したり、入国不可能だといわれている国に入ったりとすごい度胸の持ち主だ。
 考えさせられるテーマがたくさんありました。国際協力の姿・・・。「価値観の違い」などという表現では表現しきれない人間の生きる根っこの違い・・・。

『秘境に学ぶ 幸せのかたち』
 テレビ東京『世界の秘境全集』デイレクターの田淵俊彦氏が書いた本です。秘境に魅せられ約20年間にわたって世界79カ国を駆け巡り撮影してきた人が、文字で「幸せとは何か」「豊かさ」「信じる」「家族」「自然との共生」などについて表現している。
 私は、“自分の人生観が変わる”、あるいは“人生観を再認識する”というような気持ちで読み進みました。今の日本の社会のありようにどうしても頷けない。何かが違うといつも思っているが、その中であくせく動いている自分。そんな私の奥深いところに潜んでいる何かを呼び覚ますような刺激的な内容。
「未開の秘境と進化した社会とは違う」「そういう地域はまだあるし、それはそれで大事にするが・・・」などと、自分の今の生活と切り離して考えるのではなく、大事な何かを感じ、そして目線や動きを変えなければならないのではないだろうかと思いました。本だけではなく、DVDもぜひ観てみたい。

日本に住む私たちに入ってくる情報というのは、限られたほんの一部の地域のこと。地球上のさまざまな地域、私たちには信じられない価値観で自然といっしょに生きている膨大な数の人間。
こういう本を読んで読後感を喋りあいたいなあ~。
スポンサーサイト
2010.10.25 Mon l 日々の出来事 l top ▲
EPA・「元気な日本復活特別枠」     2010年10月10日分

 EPAの看護師・介護福祉士候補者来日関連で新たな動きが少し出てきました。それは、来年度予算編成の中の「元気な日本復活特別枠」での外務省要望案件5件のとして、のうちの一つ(ソフトパワーを通じた成長機会の拡大)の一環として、看護師・介護福祉士候補者向け日本語予備研修を盛り込まれたこと。具体的には、国際交流基金日本語講座展開の一環として(10億円の内数)、インドネシア及びフィリピンでは候補者向けに優先的に日本語研修を実施するとの内容で、具体的には最大各国200名、6か月程度の追加的予備研修を検討しているとのことです。

ちょっと抜粋
●海外での日本語講座を拡充することで、EPAに基づく看護師・介護福祉士候補者を含む、日本語能力を持つ優秀な現地人材の大幅な増加を目指す。合わせ、日本の文化・社会・政治・経済の理解への入り口である日本語学習を拡充することによって、日本を理解し親近感を持つ人々を増やす。【要望額10億円】

パブリックコメントにご意見を
 ガルーダ・サポーターズとしては、1月に発表した『看護師・介護福祉士候補者受け入れシステムについての改善提言』の中で、日本語教育の抜本的改善・拡大として、6ヶ月の日本語研修を18ヶ月にすべきだということを提言しています。今回のこの政策は、その内容に沿っていることであると思います。
 EPAというのは、そう簡単にその内容を変更できない「カタイ」ものなのだそうです。国と国がたくさんの項目を協定で確認している中で、ちょっと不具合があるからと一つだけの変更は無理で、全面的に協定の見直しになるような性格だと。だとすれば、今すぐにできる内容とすれば、EPA枠ではない別枠での対応も必要。今回の『元気な日本復活特別枠』もその一つ。
予算の成否は、パブリックコメントを踏まえ行われる政策コンテストを経て査定が行われる見込みだそうです。パブリックコメントとは、政府が国民の意見を直接聞いて政策に反映するというものですので、誰でも意見をFAXなどで出せます。
「ガルーダ・サポーターズ」としても、パブリックコメントに意見を出す予定で、意見の調整をしているところです。どうぞみなさんもぜひ、声を届けましょう。期間は、9月28日から10月19日までですので。詳しくは、官邸ホームページhttp://seisakucontest.kantei.go.jp/ を。

詳しく知りたい方は、私のメールに連絡を!
info@miyazaki-wakako.jp


2010.10.11 Mon l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
読売新聞に     2010年10月5日分

何だか一日があっという間に過ぎて・・・。
シャンソン『時は過ぎていく』のように


眠っている間に 夢見てる間に 時は流れ 過ぎてゆく
子どものころは、もう夢の中 時は時は 今も過ぎてゆく

あなたの愛に 溺れている間に 時ははかなく 過ぎていく
お前は可愛いい あの言葉も あなたさえも 今は遠い夢

眠っている間に  唄っている間に 自由な時は 行ってしまった
戦いの中 傷つきながら 時は時は 今も過ぎていく

それでも私は 歌に生きる それでも私は 愛に生きる
私は唄う あなたのために 時は時は あまりに短い

眠っている間に 夢見ている間に
歌っている間に 時は過ぎていく


わたしの大好きな歌です。よく歌っています。ジョルジュ・ムスタキの歌。


新聞に載ったんです
 わたしのことを読売新聞が載せてくださったんです。ちょっと大きく、写真入りで。
9月13日だったかな。とてもていねいな取材でした。その記者の方がメールで教えてくださいました。
また、弊社のホームページ「読売オンライン」にも記事が紹介されております。是非ともご覧下さい。
以下の文字列を押していただけますと、記事をご覧いただけます。
http://job.yomiuri.co.jp/women/bright/br_10092801.htm


新聞に載ったときと写真は違うのですが、(新聞のときはかなりアップでした)載せていただいて、何だか恥ずかしいけど、うれしいです。先日講演にいったら、高師匠会ということで、その新聞記事のコピーが参加者のみなさんに配られていました。

気候の変わり目、ご自愛ください。

2010.10.01 Fri l 日々の出来事 l top ▲