たいがい たいがい     2010年9月15日分

 岐阜の友人(Aさん)が講演に呼んでくださった。テーマは、『訪問看護、知って、使って ~地域を支える力』ということで、地域の訪問看護師はもちろん、ケアマネジャー、看護学校の教師と学生、医師、介護職、それに地域住民の方の参加もあった。眠くなりがちな午後の講演なのに、食い入るような視線を感じた講演会だった。

訪問看護ステーションが中心となって 
友人は、「プロは一生涯勉強しなければならない」「年齢に関係ない。自分が勉強しなければ」と、40歳代になってから大学院に入学し学んだ。そして、卒業後、有限会社を立ち上げ、訪問看護ステーションを中心にしながら、認知症グループホームと認知症対応デイサービスを立ち上げた。(諸事情から最初に立ち上げたのは、認知症グループホームだが)
 そして現在建築中なのが、小規模多機能居宅介護のための家である。「ぜひ、見学したい」と申し出て、見せていただいた。

野菜畑の中の3軒の家
  急遽うかがった場所は、小高い丘のようなところの上に広がる素敵な空間だった。「ここは、もともと桑の木畑。介護が必要になっても、がんになっても家にいながら昼間預かったり、時々お泊りもできるようなものを地域の中に作りたいと考えて地域住民の方と相談しているときに、「この土地を使っていいよ」と申し出てくださった100歳の方がいたんです。それで実現したんです」という。
 地元の木を使って作ったぬくもりのある家。野菜畑(入居している高齢者が自分たちで作って食している)の中の3軒家(グループホーム・デイ・そして建築中の小規模多機能)。東京では夢のような土地の広さとゆったり感(空間)。
 
すごい地域住民の力
中に入らせていただいたら、「お待ちしていました」と出迎えの方が3人いらした。職員も入居者でもなさそう。突然訪問したのに??? 
「講演、すばらしかったですよ。素人の私でもよくわかった。涙がこぼれてきたよ」と。
「あら、○○さん、どうして先生が来ると分かったんですか」
「それは、わけない。なんでも知っているよ、ここのことなら」
「ちょうどよかった。いろいろお話してください」
 たぶん70歳代だろう近隣に住む住民の方々が大笑いしながらたくさんお話してくださった。そのお話を要約すると、Aさんの“人”と“力”を見極めた。そして惚れた。この地域でその力を発揮してほしいと賭けた。お金がないというから、地域住民から借りることにして、私たちがさまざまに声をかけて、数千万円集めたのでこれができた。誰がどのくらいお金を持っているか知っているからね。いい人のところには、いい人が集まるもんだ。職員がどの人をみてもみんないい人ばかり。うれしいじゃないですか、みんなで作っているんだから。この地域のみんなのためなんだから。
 話は弾んで、
「今度高齢者住宅のようなものを作るかどうか考えている」
「それならば、私がフィンランドで見てきた本物の『共同住宅』はどうですか?」
「それは、どういうものなんですか」
「人と人がいっしょに暮らすというのは、そう簡単ではない。フィンランドでの『共助』『自主』『主体的』『違うことが当たり前が前提でより良く生きあうとは』はすごく参考になると思いますよ」
「それでは、みんなでフィンランドにいこうよ。いつまで生きられるか分からないんだから、すぐに行こう」

要は、やるかやらないか
100歳の入居者さんが、戦争でマーシャル諸島にいっていたと。死ぬ前にもう一度行ってみたいといっているという話がでたら、「じゃあ、途中で死んでもいいと本人がいっているんだったら、すぐに実行しようよ。飛行機はどこからでているんだかね」
何でもすぐ実行! これがすごい。すごいパワーの住民力!
ずっと話を聞いていた若い訪問看護師は、「すごい力! できるかできないかではなく、やるかやらないかなんですね・・・」と。

たいがい、たいがい 
方言はいいもの。岐阜のその地の方言で話してくださるのが、何と心地いいか。言葉の端々に、「どえんけ」「たいがい たいがい」「まめなかいな」などとという。
「まめなかいな」・・・元気ですごしているかね
「たいがい たいがい」・・・おおまかに、だいたい 
「どえんけ」・・・いいかげん
 そうなんですよね。人が生きるってことは、そんなに計算通り、予測どおり、基準どおりにはいかないもの。だからおもしろいとも。
『いいかげんに』『ずるずるに』『たいがい たいがい』『どえんけ』が大事なキーワードかも。

おおらかな笑いのパワフルな3人衆に出会って幸せなひと時でした。
スポンサーサイト
2010.09.20 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
うれしい風の便り     2010年9月5日分

 スイカや桃の季節がやっと過ぎ、梨やぶどうが食べたくなる季節となってきました。先日ぶどうをいただいた方にお礼の電話を入れたところ、なんととても嬉しい知らせを聞いたのです。

統合失調症になってしまって・・・
 患者さんや利用者の方からのいただき物は一切なく、全く個人的なお付き合いの方との交流はあります。この方は、この方は関西にお住まいの方で、10年位前に1回だけ会ったことがある方です。Xさんといいましょう。
 Xさんは、60歳代の男性。娘さんが統合失調症になり、なんかの縁で私に連絡を下さり、いっしょに考え動いたのでした。娘さん(Mさん)は、美しく繊細で笑顔が素敵な女性です。時々、幻視・幻聴があったり、恐怖心で閉じこもってしまったりということがありましたが、普通の人です。その当時20歳代半ばでした。
 その後、ずっと時々会いにきておしゃべりしたり、はがきでのやりとりなどをしていました。
「少し調子が悪く入院したんですが、よくなり退院しました」
「仕事はなかなか見つからないんです」
「母が急死したんです。とてもショックだったんだけど、なんとか大丈夫です」
「自宅にいると甘えてしまうので、アパートを借りて一人での生活をしているんです」
などと話をしてくれていたのですが、今年の春ぐらいに
「宮崎さん、私、結婚したいなあ」
「心当たりの人がいるの?」
「まだいないんだけどね」
といっていたのです。

「結婚が決まったんです」
 お父様のXさんは、私は恐縮していて、何度も遠慮しているんですがずっとぶどうを送ってくださるんです。何も手助けできていないのに・・・。「あの時、本当に神様にであったようだった」「テレビで統合失調症の人たちが自分たちで豊かに生きられるような支援をしているところがあるといっていたが、それを調べてくれないか」などなど連絡をいただいていて、細く長いつながり。
 先日の電話で、「宮崎さん、おかげさまで娘の結婚が決まったんです!」
「それは良かったですね! お見合いなんですか、Mさんが自分で見つけたんですか」
「自分で見つけてきたんです! 相手の方は公務員で、病気のことを承知の上で結婚しようといってくれたんだそうです」
 まだ、Mさんからはまだ連絡がないんですが、私はそれを聞いて、『バンザイ!』と飛び上がって喜んでしまいました! 彼女の嬉しそうな顔が目に浮かびました。何よりも嬉しかったのは、自分の力で『結婚』を手に入れたことです。

 統合失調症という病気は、日本人の10人に1人が罹患する素因を持っているといわれるくらい普通の状態です。誰でもがなる可能性があります。統合失調症になったMさんは2重の意味でいきにくかったと思います。一つは、周囲ではわからないさまざまな症状があって思うようにならない部分があること、もう一つはまだまだ社会の偏見がありそれと向き合って生きることも難しさです。Mさんは、この病気とつきあい・向かい合いながら、自分の力で自分の生き方を前向きに探っていることが当たり前なんだけどスゴイ!!  Mさんは、統合失調症があろうがなかろうが、もともとすごく素敵で“いい人” それをわかってくれて、いっしょに傍で生きていける人が見つかってよかったね! 心からおめでとう!




2010.09.10 Fri l 日々の出来事 l top ▲
ガルーダ第3陣来日 しかし・・・   8月25日分
 
 久々に、EPAインドネシアから来日した候補者の件。ガルーダ・サポーターズの活動も含めて、トピックスをお伝えします。つい先日『ガルーダ・サポーターズニュースNo.8』を発行しましたので、それとダブル部分はありますがご了承を。

◆第3陣は、114名の来日
第3陣は2010年8月7日に、114名(看護師候補者35名、介護福祉士候補者79名)が来日しました。それぞれ、名古屋と横浜で日本語の研修中です。それにしても、第1陣は208名、第2陣は362名の来日に比べると、ずいぶん少ない来日です。マスコミにもほとんど掲載されていません。どうしてこんなに少ないのでしょう。このままでどうなるのでしょう。

◆帰国者は、15名
EPAに基づきインドネシアから来日した看護師・介護福祉士候補者の中途帰国者が相次ぎ、2008年以降、計15名(看護師12名、介護福祉士3名)となっている。日本の国家試験突破の難しさなどから、将来展望が見出せずに就労をあきらめた人が少なくないと見られる。(2010年7月9日、読売新聞より)
経済連携協定(EPA)に基づきインドネシアとフィリピンから受け入れた看護師候補者の負担を軽くするため、厚生労働省の検討会は24日、看護師国家試験で、日本語の病名に英語を併記したり、一部の漢字にふりがなをふったりするなどの基本方針案を固めた。同日午後、有識者の検討会で認められる見通し。

◆厚生労働省から国家試験の改善策が発表
「候補者の国家試験合格率が著しく低いため、専門家らが医療現場が混乱しないよう対応策を議論していた。
 対応策として、医学や看護の専門用語については、日本語の病名に英語を添えることを検討。候補者は母国で看護師の経験があるため、病名がすぐにわかれば、何を聞かれているか理解が進み解答がしやすくなる。例えば「糖尿病」は「Diabetes Mellitus」、「関節リウマチ」は「Rheumatoid Arthritis」などと併記。また「ヘモグロビン」に対する「Hb」など、国際的に認定されている略語も、理解を助けて問題を解く時間が短くなるように併記する。
さらに文章の表現でも、問題文で省かれがちな主語や述語をきちんと明示し、「摂取する」などの難しい日本語の表現を「食べる」と言い換える案が有力だ。常用漢字以外の難解な漢字にはふりがなをふる方針。候補者のほとんどは日本語を初めて学び、6カ月の日本語研修をしただけなので設問が理解しやすくなる。
 一方、異なる用語が入り交じって現場が混乱しないよう安全対策にも考慮。「褥瘡(じょくそう)」などの重要な専門用語は「床ずれ」と簡単な日本語に置き換えたり、ふりがなをふったりすることはしない見込み。 (朝日新聞より) (詳しくは、厚生労働省のホームページ参照)

◆国家試験対策合宿講習会のお知らせ ガルーダ・サポーターズ主催で、国家試験対策合宿講習会を開催します。昨年の受講生のうち2人が合格した経験を生かして、今回の内容は次の通りです。
★看護師・介護福祉士 同時開催です。
第一陣看護師候補者は最後のチャンス!
そろそろ介護福祉士候補者も真剣に準備が必要。
★東京と大阪で開催です。
 東京:2010年10月29・30・31日の3日間です。
 大阪:2010年12月28・29・30日の3日間です。
★ホームステイの予定です。
 受講生の経済的負担軽減のために、会員宅へのホームステイの予定です。
(人数により変更はあります) ホームステイ先の募集を追って連絡します。
★交流の集いを計画する予定です。
 会員のみなさま、ぜひご協力をお願いいたします。
―――詳細は、追って連絡いたしますので、まずは記憶とスケジュール調整を!―――

◆国家試験対策講習会の講師募集
 看護師・介護福祉士国家試験対策の講師を募集します。講師陣が鍵になります。交通費の実費はお支払いできますが、基本的にボランテイアで若干のお礼程度です。受講生が何人かもわかりませんが、ご協力してくださる方、お願いいたします。

 ガルーダ・サポーターズの会員にまだなっていない方、どうぞ会員に!
 何かとみんなでがんばっています。

2010.09.01 Wed l EPA、ガルーダ関連 l top ▲