映画人       7月25日分
 
 自分の人生にとって何が大事かって? 個々人大事なものは違うでしょう。 私の場合は、月並みかもしれませんが『家族と友人』。「ええっ、違うでしょう。仕事でしょう」「お金がなくては、ボロボロよ」などと、私のこれまでの生活を見てきた人たちからは反論がきそうだ。仕事もお金も大事だけれど、でも、やっぱり宝物は、『家族と友人』。
家族はけんかもするけれど、よくおしゃべりし、行動を共にする楽しい家族だと私は思っている。新しい家族を作ってから早30年。超多忙な毎日ながらよくぞこんなに遊びに行ったというほどアウトドアも芸術も旅行も出かけたし、家族を大事にしあってきた。今年の夏も新天地への家族旅行。
子どもたちと同居はしていないが、「山菜が届いたから山菜パーテイ」「とびきりおいしいアスパラガスが届いたから・・・」「幻の焼酎をいただいたから・・・」「誕生日だから・・・」「いとこが上京するから・・・」「台湾から友人が来るから・・・」「海外ボランテイアから帰ったから・・・」「一人旅報告・・・」などと何かと集まることを楽しみにしている。そういう時は、腕をふるってご馳走を作るのが私の役割であり最大級の喜び。
しかし、この動きができる鍵は、実は私ではなく、『My husband』。

友人
「100人の友人よりも、1人の親友」とよくいわれるが、多分、真実だろう。友人は『数』ではなく『質』だということ。一生涯で親友といえる人を作れるかどうか。
親友も大事だが、親友か友人かわからないが、何かのときに駆けつけてくれる、あるいは駆けつけられる『人』を私はとても大事にしている。電話の声の調子で、“すぐ会わなければ”と直感する人、あるいは何も用事はないんだけれど、“会って他愛もないおしゃべりをしたいなあ”と思う人、結果的に10年に一度しか会わないのに、いつも隣にいるように思う人・・・。そんな友人たちを私はこよなく愛しいと思っている。そんな人たちが他業界・他分野の方々が多いんです。それが私の価値観形成・人生観考案・社会的活動のもとになっているようにも思う。

映画人
 その1人を紹介。映画人の中橋真紀人氏。正確な肩書きは、雑誌によれば『映画制作・配給者』。私が、中橋氏の正確な仕事の内容や偉力を紹介することは難しい。よくわかっていないから。ただ、30数年間、映画と向き合い、売れる映画ではなく、観たい・観せたい・観せなければならない映画作りに取り組んできている人生に、私は感服する。映画好きな私は、中橋氏が制作した映画をそうとはしらず何本も観てきた。私流表現「中橋制作映画」で、一番最近観た映画は『ふるさとをください』。精神に障がいをもつ人たちが病院・施設ではなく、地域の中でいっしょに暮らしていこうとさまざまな試みをする。そう簡単には地域住民の理解を得られず、町の人たちと格闘しながら理解しあっていくというような内容。長い間、精神障がい者は、差別視され、閉じ込められ人権という名の外におかれてきた。それが、“そんなことはない。同じ人間。弱いところはあるけれど、誰だってどこかに弱いところがある。地域の中で普通に暮らしあっていくことを実現しよう”と、和歌山県で実際に取り組まれたものを映画にしている。
 私は、この映画を見た時に、涙がこぼれた。看護師として社会人として生きてきたが、最も社会的な偏見をもたれる精神に障がいを持った方々がこんなに自らの力を発揮して生き、社会に表現・主張しているのだとうれしく思う反面、そういう動きを知らないで何もできずにいる自分に不甲斐なさを感じるのだ。
 中橋氏は、視覚障がい者、聴覚障がい者、など種々の障がいを持っている方が生きていくことをたくさん映画にしてきたようだ。また、そういう映画を自主上映の形で全国に普及してきた。
 中橋氏が、『ノーマライゼーション』5月号(財団法人日本障害者リハビリテーション協会)に、投稿している。病気や障害を持ちながら生きる方を取り上げた世界中の映画200数十点を紹介しながら論評している。こんなことをできる人は、日本に何人いるのだろうか・・・。
 膨大な世界中の映画(日本で公開されないものも含めて)に接し、また、自ら世に必要だと思う映画を制作し発信していることに、拍手(パチパチ)!!
 この力と医療・看護・介護の世界とがコラボネートできないものかと私は考えている。「雑誌に、映画紹介を書きましょうよ」「映画で学ぶ看護―神経難病編―」「映画で学ぶ介護―認知症編―」・・・多様に、多様に!
 時々、お酒を飲みながら、人生を語るひと時がなんとRICHな時間か。別な世界の人間同士ではなく、『今』をいっしょに生きる人間同士。

 こういう友人を誇りに思う。

スポンサーサイト
2010.07.31 Sat l 日々の出来事 l top ▲
時間がない、ありすぎる       7月15日分
 
 朝の散歩と公園でのラジオ体操を続けている。7月17日に梅雨が明けさわやかな今朝は、いつもよりもたくさんの人たちが集まった。ざっと数えて130名くらい。その公園の光景は次のよう。大きな音が出るラジオを持参して前に立つ人、毎日決まった場所で体操する人、たばこを加えてベンチに腰掛けてみている人、朝からアルコールを手にしている人、ラジオの音に関係なくジョギングしている人、犬の散歩をしている人、別なスピーカーから太極拳の音楽を流して周囲で太極拳を舞う30人くらいの人、おしゃべりしている人など。
「おはよう、きょうはいい天気だね」
「きょうは何するんだい」
「何もすることがないんだよ。一日どうやって過ごせばいいか・・・」
「何をするにも金がかかってね」
「狭い家に夫婦顔をつき合わせていても息がつまっちゃうよ」
この大集団の年齢構成は、私の見立てでは・・・。
40歳未満 0%
40歳代  5%
50歳代 10%
60歳代 20%
70歳以上 65%
男女比は、6:4で男性が多い。太極拳グループは圧倒的に女性が多い。
近くには、大きな公団があり周囲は住宅街。

「忙しくて、忙しくて・・・」
 時々山形の実家に帰る。月山・葉山の沢沿いの山村の生まれの私は、豊かな四季が当たり前の中で育った。新緑は春紅葉というほどにさまざまな色で山全体を覆う。夏は勢いよい緑、秋は橙色中心の五色の紅葉、冬は水墨画の世界。
 その山村で母や兄はさくらんぼやぶどう、野菜などを作っている。東京の我が家はほぼ無農薬の有機栽培の母が栽培した野菜を定期的に送ってもらって食事をしている。まったくいくつになっても親頼みの生活をしている。
先日帰省したときに、母(76歳)が、
「忙しくて、忙しくてネコの手も借りたいくらいだよ。庭の草むしりをする暇もなくてぼうぼうになっていてごめんね。きれいな庭を見せたかったのに。ちょっと見に行かないときゅうりもなすも大きくなってしまってね」
「このへんの人は、生涯現役だよ。遊んでいる人なんていないよ。ぼうっとしている暇ないよ」
母も、朝から寝るまで動き回っている。

どう生きても一生は一生
 70歳代になって、定年で仕事がなくなりその後どう生きるのか。やることがなくて一日をどう過ごしていいか分からない人と、「忙しくて」という言葉を吐きながら生きる人を見て考えてしまう。特別な人はもちろんいる。80歳でも90歳でも100歳でも忙しく社会的な仕事を続けながら自分の人生を送っている人。
しかし、サラリーマンだった人は、私が朝会うような感覚で生きている人が多いような気がする。なんだかもったいと思ってしまう。できる力(体力・知力)があるのにうまく使うすべがなくぼうっと過ごしている。そのうち要介護になり介護保険・社会保障の対象になっていく・・・。朝の散歩や体操に集まる人はまだいい。身体を大事にしようとか、人とのコミュニケーションを求めている。もっと困るのはどこへも出かけず狭い部屋でアルコール漬けになってしまう“こもりきり族”。
自分なりにtryして、生き生きと目を輝かせて生きようが、テレビ・アルコール漬けでぼーっと生きようが、その人の一生。誰かがどうこういうものでもないことは承知している。だけど・・・  だけど・・・ 考えてしまう。

自分らしく、主体的に、生きる
 私は、要介護の方(寝たきり・認知症・がん・・・)の『生きること支援』の仕事をさせていただいてきたこれまでの人生である。今の私の到達点の一つは、「どんな状況・状態になっても、他の人のいうなりではなく、“自分の価値観・考え”をしっかりと持ち、それを大事にし、前向きに生きようという気持ちになれるような支援、そしてそれを実現するための支援」が、支援(看護・介護・ケア)の目標ではないかと思っている。
 どうしても大事なことは、本人が自分の力でそのときの自分の状況にきちんと向き合い、身を一歩前に出して何かをしようという主体的に生きる姿勢である。これは要介護云々に関係ない人間みんなの共通の課題であるような気がする。
 さて。「することない人生」を時間をもてあまし、身の姿勢で生きている姿にどうしても納得がいかない。それは個人の姿勢・資質にも関係するだろうが、社会全体という大きな視点でも考えなければならないような気がする。
 人間が生きることの本質に関係する大事なことを含んでいるとも思う。『孤独』⇔『共に生きる』、『人のせい・社会のせい』⇔『自分のせい』、『与えられた人生を生きる』⇔『自分の人生は自分が創造する』などなど。

鍵は、『脳』にあるかもしれない。

2010.07.19 Mon l 日々の出来事 l top ▲
朝顔       7月5日分
 
 今朝もわが家の朝顔が見事に咲きました。今年は3鉢(3種類)です。オーシャンブルーや桔梗やムコウなど変わった朝顔です。7月6日~8日まで東京入谷の鬼子母神で朝顔市が催されていて、出かけて楽しんできました。この20数年、夏は毎朝、朝顔に出会います。「おはよう、今朝もきれいに咲いたね・・・」
 ところが今年の朝顔はいつもと違って見えます。それは・・・

文学老婦人
 私が毎年朝顔を見ることができたのは、実はある人のおかげです。それは、吉田生緒(いくお)さんが毎年送ってくださったのです。生緒さんと最初に出会ったのは、昭和53年(1978)で32年も前です。私は訪問看護を始めたばかりでした。ある日依頼があり訪問したら、80歳代の女性(生緒さんの母、静代さん)が1階の窓から転げ落ちて動けなく、トイレにもいけなくて困っているということでした。小さな身体の生緒さんと2人暮らしでした。入院はせず家で療養を続けたのですが、もともと要介護の方でそれから長い付き合いになったのでした。
吉田静代さんというのは文学者でした。もともと、東京銀座のハイカラ開業医の一人娘で優雅に育ち、幼年期はばあやの家である本所で暮らしていたという方です。文学にはまり文学青年と恋に落ち・・・それからの人生は波乱万丈なのですがそんなことを全然気にせず、おおらかに笑って生きてきたようでした。会話に出てくるのは、平塚雷鳥や   など有名方々でした。静代さんも何冊も本を出版していました。静代さんは102歳であの世に逝かれました。
 さて静代さんの娘さんの生緒さんは未熟児・仮死状態で生まれ、生きないだろうとあきらめていたら、呼吸をしだしたので生命力があるのだろうと世話をしだしたといいます。小柄でお人よしでお母様を大事にし、一生懸命生きている人でした。生緒さんも文章を書くのがとてもお上手な方でした。
 その親子が、私のことをとても気に入ってくれ、当時の私を「桃の花のつぼみのような女性で、家に来るだけで周囲が明るくなりました。その方のおかげで助かったのです」と雑誌に書いてくれるのでした。私の出産のたびに車椅子で病院までお祝いに来てくれ、いっしょに子どもの成長を喜んでくれたほどです。仕事上での関係から個人的な関係になり、30年余もお付き合いさせていただいた方なのです。
 静代さんがなくなられてからは、生緒さんも高齢になり要介護状態になり、後輩の看護師が訪問看護に伺ったりしていたのです。
 その生緒さんが、毎年欠かさず7月7日に私に届けてくれたのが、朝顔なのです。だから朝顔を見ると吉田親子のことを思い出します。明治・大正・昭和を生き抜き、くよくよせず、時代をもてあそぶような(いい意味で)底抜けに明るく飄々と生きてこられた方々でした。その生き方にとても学ぶことが多かったです。
 
生緒さんの死 一つの時代の終わり
 その生緒さんが今年春に亡くなられたのです。生きているうちにお別れの言葉をいうことができず、通夜も葬式せず、献体の意思を貫き通しました。生緒さんが亡くなられて一つの時代が終わったなあとつくづく感じ入り、私自身も人生を顧みて自分を見つめなおしているところです。時代の変化と、自分自身の役割の変化をどうフィットさせていくか。
忙しい日々を送りながら、朝顔を見ながら、ふと我に返り「さて・・・・」と考えたりしているところです。

ひっそりあの世にいかれた生緒さん・・・合掌

2010.07.09 Fri l 日々の出来事 l top ▲
台湾の「介護保険制度」      6月25日分
 
 つい先日、台湾を訪問しました。台北で医療福祉機器展がありそのイベントとして日本の訪問看護の現状と課題・展望についての講演依頼が、全国訪問看護事業協会にあり、常務理事の上野桂子さんと私で担当させていただいたのです。(台湾貿易センターから)歴史・制度・現状・課題など概括的な内容と、写真をたくさん使ってその実際について二人で分担して話をさせていただいた。
 これを引き受けるのに、依頼者にお願いしたのは、台湾の訪問看護や介護保障システムなどを見学・視察したい、それもできれば現場で同行訪問したいということでした。

介護保険制度を作るかどうかの検討をしている最中
 台湾は、現在の高齢化率(全人口に対する65歳以上の人口の割合)は、約10%(日本は約22%)だが、これから世界に類をみない速さで高齢化が進む。一人の女性が生涯で子どもを生むのは、1.0と世界で最下位。つまり人口がどんどん減り、高齢者があふれてくる。その変化が急激なので緊急課題でさまざまな準備をしているようだ。台湾は、日本の政策・対策をよく研究して新たな制度を作っているとのこと。日本でいう厚生労働省の介護保険担当の部署の方から説明を伺ってきた。日本の広島大学で学んだという担当官(社会福祉士)は、流暢な日本語で説明してくれた。
 介護保険のサービスとして検討されているのは、訪問介護・デイサービス・福祉機器貸与・施設入所など8つのサービスである。訪問看護と訪問リハビリも介護保険のメニューには入っていっしょに検討されているが、財源は医療保険の方にするのかどうかはまだあいまいだという。
 財源は税金が入るのかなどいろいろ質問したが、まだはっきりしていない部分が多くまだ時間がかかるような印象だった。
 特筆すれば、現在、介護サービスとして在宅に滞在する形でフィリピンやインドネシア人が数ヶ月単位で交代で入っている。それにかなり依存している。

訪問看護も実施されてはいるが・・・
 実は、私は台湾を訪問するのは、2回目である。1997年に台湾の南の都市の高雄に1週間滞在したことがある。その時に病院・長期療養施設・訪問看護などたっぷりと視察させていただいたことがあるのです。(高雄の大学の看護学部で講演させていただいた)その時に、驚いたのは、訪問看護という看護師が患者・利用者宅を訪問して看護する制度は始まっていたのだが、その対象者が、医療処置が必要な人だけだった。そのせいか、口から食べられるのに経管栄養のチューブが挿入している人がいて、「チューブが必要なのですか」と聞いたら「これがついていないと保険対象にならないから自費扱いになってしまうんです。だから・・・」といっていた。
 そのことが、13年後の2010年にどうなっているのか、とても興味深かった。
衛生院という日本でいえば厚生労働省看護課にあたるのだろうか、その部署の方がさまざまに説明してくださった。
 日本の訪問看護ステーションのような看護師の事務所は480か所ほどあるという。(人口が日本の5分の1程度)しかし、看護師は専任でなければならない規定はなく、外来や病棟と兼務でもいいことや、自宅を事務所にしてもいいこと、訪問頻度は原則週2回であることなど基準があいまいに見えたり、まだまだ発展途上であるようにみえた。対象者が医療処置などが必要な人となっていることについては変更はされていないようだった。日本は看護の2大業務の①診療の補助業務、②療養上の世話の②をとても大事に誇りを持って実施しているが、台湾も含め他の国では②についてはきちんと看護師の業務となっているところは多いとはいえない。
ただ、今回の訪問では現場を視察できなかったので詳しいことはわからない。またの機会にぜひ交流したいものである。

わかったこと◆ アジアの国もあっというまに高齢社会
◆ どの国も介護問題・社会保障が大きな社会問題
◆ 外国人介護職・看護職は世界規模での動き
◆ 台湾も模索しながら作り上げようとしていること
◆ 台湾は何だか生き生きとしたエネルギーを感じた
◆ 日本にない対象者群・・・“55歳以上の原住民”
◆ しかし、今後の台湾についてとても心配になった
◆ などなど

台湾を訪問して、私が新たに強く認識したのは、原住民(世界的には「先住民」というようだが、台湾では「原住民」という言い方をしていた)についてだった。いまだ多数の民族が昔からの生活を大事にしながら暮らしている。その歴史・ルーツなど私にとってはとっても興味深かった。刺激的だった!
なんせ、介護保険の対象と考えられている中に、「55歳以上の原住民」と別記されていたことにビックリ! 「どうしてですか」「平均寿命が短いんです」「どうして?」「よくわかりませんが、アルコールも関係しているかな??」
 フィリピンやインドネシアなど東南アジアに最近は訪問する機会が多いが、台湾との共通性と相違点がわたしなりに把握でき、何よりも『緯度』と『歴史』を再度大きく認識した貴重な時間でした。 

2010.07.01 Thu l 看護、介護、医療関連 l top ▲