上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
怒り! この間の沖縄基地問題        5月25日分
 
 この間のニュースを見ていてどうしても怒りがこみ上げてくる! みなさんどうでしょうか?
マニフェストで掲げ、国外・最低でも県外に基地を移転するとして勝負した前回の選挙。あれは何だったのか! できるはずがないと思っていたアメリカ軍の基地を本気で県外・国外に移転すると大々的に公約に掲げたではありませんか。本気でやるつもりがあったのですか? 国外あるいは県外移転などということはそもそも幻想で、基地廃止しかないわけです。沖縄県民だって、たぶん県外に移転すればいいと思っている人は多くはなく、「他に押し付けることを求めているわけではない」「なしにしよう」ということだったのではないでしょうか。

だまさないでよ!
 自民党政権の継続は、何があってもだめです! たとえ民主党がだめでも自民党に戻ることはありえません。私は自民党政権打倒のために何か役立つことがあればと思っていました。そういう意味では、実は民主党に少々期待していた面があります。大幅な価値観の転換、嘘のない正直な民主的運営と思っていました。私たちが生きている間に人間を大事にする政治の実現ができるかもしれないと思ったからです。
 しかし、この間の普天間基地の移転問題については、どう考えても詐欺です!
「できもしないことを公約に掲げないでよ!」
「嘘を言って票を獲得したのね!」
「住民・人々の気持ちをそんなに軽んじるの!」
「どこを見て政治をおこなっているの?」
「バカにしないでよ!」
昨日(5月29日)福島大臣が罷免された。
もっと怒ってよ!!
マスコミもよくない!
これはとんでもないことでしょう。
マスコミの取り上げ方が結果的に国民の気運を左右してしまう時代。
根本的にもっと怒って、正義というんだろうか、当たり前のことが通じる日本社会にしなければ・・・。

混沌とした行く先
 自民党はだめ。民主党に期待したが思った以上によくない。嘘・でたらめ・ごまかしだらけ。そんなに一気にうまくいくわけがないのだから、正直に少しずつやっていけばいいのに、いい子ぶっている。かといって信頼できる政党は? これが多くの国民の声ではないだろうか。混沌とした政治状況が続くことが予想される。こういうときに、あっという間にファシズムが台頭するというのが歴史的な教訓とか・・・。一般市民が、あるいは良心的市民が、あるいは本当の知識人がどうするか。あせらず、広い視点で、自分の頭で考え、そして何か行動しよう! 評論家(誰が悪いとかいろいろいうことはOKしかし・・・)ではなく、主体的にかかわって何かをよくすることに、発言・行動を粛々と行っていくことが大事ではないかと思う。
とはいうものの、なかなか難しい。あきらめや脱力感・・・
 これは、基地問題だが、私が関係する高齢者介護・医療・看護問題はどうか! 同じように混沌としている。先が見えるかと思ったのに実は全く見えていない。
幸福感を実感できない日本人。他人事、他人のせい、とばかりいっていても何もよくならない。基地問題も高齢者問題もさて、どうするか。自分の立つ位置をしっかりと踏まえて、それぞれが自分ができることをどう実現していくか・・・。
 まずは、怒る。しっかり怒る!! そして・・・。

スポンサーサイト
2010.05.30 Sun l 日々の出来事 l top ▲
地球上で人間同士が争っている場合ではない    5月15日分
 
 この間、いろいろなことがありました。ブログを書くこともできませんでした。生きていくことは大変なことです! 「生」があり、食べられることがどれだけありがたいことか・・・。

北朝鮮の「全面戦争」・・・ 
韓国軍哨戒艦の沈没事件の犯人が北朝鮮の魚雷との発表に対して、北朝鮮側がその途中でテレビで流した映像でのいつもの女性のアナウンサーが、「南の捏造で、もし制裁措置に踏み切れば、全面戦争を含む強硬措置をとる」と発表した。
 どうして同じ民族が争わなければならないのか・・・。問題の本質は民族間のことだけではないのに・・・。 韓国の人も在日の人もどれだけ心を痛めていることが・・・。「全面戦争」などという言葉を使い本気で戦争をしようとしている。信じられない。日本にも火の粉がくるかもしれない。地球の危機が迫っているかもしれないのに・・・。

宇宙環境の影響
たまたまDVD「ソーラー・ストライク」を観た。大気中のメタン濃度の上昇と太陽の異常活動により、地球の空が炎のカーテンに包まれた。大気中の酸素が燃え尽きると地球上の生き物は一瞬で全滅。元NASAの博士は、危機回避のために北極爆破作戦を立てる。大気圏炎上という前代未聞のパニックシーンだった。
この類の映画はたくさんある(題名はわすれた・・・)。地球という星は宇宙空間の一つ。ちょっとした周囲の影響で地球のこのバランスは崩れ、連鎖的に大きな変化で人間や生き物が住めない環境になることが想定される。

口蹄疫をめぐって
 口蹄疫という伝染病のことはあまり詳しくはしらないが、宮崎県の牧畜農家の様子や豚が横になっている様子などがテレビで毎日のように映し出される。自然現象でどうしようもない事態なのだろう。と思っていたのだが、その対策に人為的・政治的な何かが絡んでいるというような情報を伝えてくださった方がいる。私も農家出身。自然現象で収入が100かゼロかが一晩で変わることもあり、誰にもぶつけられない無念感を味わう。ところが、それに人為的な力が絡んでいるとすれば・・・。
 その情報の一部を紹介する。
「はじめまして。子育て真っ最中の、3児の母です。
いつも宮崎さんのブログを拝見しております!宮崎さんの一ファンとして、どうしても宮崎さんの意見をお聞きしたい、伝えて欲しいと思い、メール致しました。
私は、政治に興味がなかったただの主婦でした。
しかし、世界フィギュア選手権2010から何かがおかしいと感じ、政治に興味を持ち始めました。すべては繋がっている、、と調べれば調べるほど、怖くなりました。
口蹄疫ですが、現場の叫びのブログのまとめです。ネットでしか、現場の声は伝わってきません。涙がでます。どうぞ、目を通してみてください」
http://tokiy.jugem.jp/?eid=645

(人為的なかかわりについては、またの機会に意見を述べますね)

新型インフルエンザ、鳥インフルエンザ、プリオン、口蹄疫・・・。地球をめぐる環境の変化やその他人間の介入で、人間が対応できないようなウイルス・細菌がどんどん出てくるのではないかしらと不安になるのは私だけだろうか。
 そして、宇宙環境の影響で予想もできない事態が起こるかもしれない。実際にオゾンホールができたり、隕石云々も。人間の力は実は弱い。
 地球上の人間同士が争っている場合ではないと思う。地震や災害・病気などの自然現象にどう向き合うか、宇宙環境の影響をどう予測し、どう対応するか。どうして争って殺しあわなければならないのだろうか・・・。
2010.05.21 Fri l 日々の出来事 l top ▲
東京・山谷で活躍する人々    5月5日分
 
日本の3大“寄せ場”って知っていますか。東京の「山谷」、大阪の「釜が崎」、横浜の「寿」です。日雇い労働者の町・簡易宿泊所が集まっている地域。私は、つい先日この東京の「山谷」を訪問しました。友人の山下眞実子さんが『訪問看護ステーションコスモス』を開設し運営しているのです。2000年から始めていて噂や話は聞いていたのですが、「一度勉強しに伺うね」といいながらなかなか実現しなかったのですが、やっと訪問できました。

『路上に生きる「老後」を看護師の立場から看る』――山谷地域の現在
 山下さんが書いた文章です。『高齢者は暮らしていけないー現場からの報告』(岩波書店・結城康博・嘉山隆司編著)の中の一章です。
 山下さんは、2000年6月に3人の看護師で訪問看護ステーションを立ち上げ、最初は利用者がいなくて閉鎖かと心配される状況だったが、現在は利用者220名で訪問看護師25名の事業所になっています。横浜の寿にもステーションを開設しています。
 その上、昨年2009年5月に宿泊施設『おはな』も立ち上げ、13名の入居者がいる。身寄りのない方々の支えになり、この地域で人生をまっとうできるように支援している。
 自宅訪問や宿泊所だけでなく、路上生活者の健康相談をボランテイアで行ったり、簡易宿泊所の一部屋一部屋を訪問して相談を受けること、また炊き出しなどの支援など多様な取り組みをしているのです。

熱意とネットワークに驚き
 全国訪問看護事業協会の仲間や大学教授など8名で視察に伺ったのだが、山下さんは、歩いて山谷を案内してくださった。今でも夜には80人程度の人が路上で寝るといういろは会商店街(屋根付商店街)、とはいえシャッター通りとなってしまった・・・。城北労働・福祉センターでの健康相談と娯楽室(日中約100名の路上生活者などが利用する空間)、無料診療、NPO法人山友会の活動、昔ながらの簡易宿泊所、そしてふるさと会の見守りつき宿泊所、そして先日の朝日新聞に大きく掲載されていたきぼうの家・・。山下さんは商店街の会長さんも、宿泊施設の方も行く先々の方と知り合いで、“顔パス”でどこにでも入れる。お蔭で私たちも普段見ること・出会うことができない方々に普段どおりの顔で出会えました。
 支援している方々に多数出会って感じたのは、どの人も生き生きとしていること、肩肘はっていなくて自然なこと。別な言い方をすれば、“淡々と、しかし熱く”です。それと、ネットワークというか、つながった支援しているのです。

看護師という専門職を見直した
 その中でもやっぱり山下さんたち看護師のみなさんの姿勢・実践力・熱意に圧倒されました。様々な支援団体がありながら、看護職だからできることがあることも実感しました。ある意味では特殊な地域。その真っ只中に入り込んでできる支援を精一杯、信頼関係の元に行っている姿に、一同圧倒された・・・。人が動く・人を動かすモチベーションってなんなんだろう?? 

今回、山谷を訪問し、ドヤ街山谷が少しずつ様変わりしていること、高齢者が多くなっていること、病人や要介護者が多いこと、サアポート団体がいろいろあってつながりあって支援していることなどを肌で感じることができました。何かあったかいもの・勇気を感じたということかなあ。
2010.05.10 Mon l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。