『訪問看護一人開業』について    4月25日分
 
「宮崎さん、1人開業に反対なんだって? 集会で名指しでそういわれていたよ」と知人から連絡を受けた。「ヘーイ、そうなの?」「私は、そのことについて見解を公式に尋ねられたこともなければ、言ったこともないですよ」「私が、反対なのか、賛成なのか、知っていますか?」

1人開業の件
 「星の降るほど訪問看護ステーションを」ということをスローガンに、1人開業の実現化を主張しているグループ・個人がある。
 1人開業とは、正確に言えば「訪問看護ステーションの設置基準である人員配置基準が、現行常勤換算2.5人以上の看護職となっていることを、規制緩和で1.0人、つまり1人の看護師でもステーションを開設できるようにする」ということ。鳩山首相も現場に赴いたとのこと。
 このことについて、賛成して応援している方々はいる。それは承知している。しかし、このことがすんなりと規制緩和の方向で動いていないようである。それに反対しているのが、私や○○さんなどを名指しでいわれているそうなのである。

私個人の意見
 私は、現在、(社)全国訪問看護事業協会の事務局次長という立場で、全国の訪問看護の推進の仕事をしている。その団体や日本看護協会・日本訪問看護振興財団という訪問看護関連三団体が合同で行っている「訪問看護推進連携会議」のメンバーでもある。その団体がどういう考え方なのかは、私はここでは提示しません、できません。その団体にお尋ねください。
 ここでは、宮崎和加子個人の考え方について述べます。『反対ではありませんが、積極的賛成でもありません。非常に不安・心配です』 その理由・根拠は以下の通りです。
<1人でも開設・運営ができる利点>
1.訪問看護ステーションの事業継続のため
全国の訪問看護ステーションの休止・廃止の理由が看護職員の人員不足により、常勤換算2.5人を下回ることがあげられる。常勤換算2.5人以下でも地域住民のニーズに応える訪問看護サービスの提供は可能であり、一人でも多くの国民への訪問看護提供につながる。介護保険上区市町村がその実情により判断できる仕組みがあるが、実際はあまり聞かない。
2.人口の少ない地域でも訪問看護ステーションを開設しやすい 現在、訪問看護ステーション未設置の市町村は全体の47.1%である。人口が少ない地域などで常勤換算2.5人の看護職に見合う利用者の確保が見込めない場合でも、訪問看護ステーションを開設・運営することができ、地域住民への貢献ができる。
3.看護職の事業意欲を在宅ケアに生かすことができる
「一人でも地域に役立つ事業を行いたい」「訪問看護関連の認定看護師・専門看護師の資格を生かして最初は小さく独自の事業を始めたい」などという看護職の意欲をより生かすことができる。事業意欲がある看護職が少なくない。

<不安材料>
 事業規模が小さくなることに対する不安材料は次のとおりである。
1.事業の継続性・安定的運営
 健康上の理由、考え方の変更などにより事業内容が継続されない可能性がある。実際に事業を行ってみるとわかるが、身体的にも精神的にもかなりハードな仕事・事業である。ボランテイアなら継続できない場合でも、時には「すみません」といえるかもしれない。しかし公金を使った社会保障である。安定的運営を第一に保障するとなると、どうしても不安がある。事業所の経営上からも困難が多大である。
2.医師・ケアマネとの違い 医師やケアマネが1人での開業できるということとの対比で訪問看護も語られるが、違う側面がある。訪問看護は訪問介護と連携して、24時間365日の日常生活(日常的な医療的ケアを含めて)そのものを支援・代行するものである。診察やプラン調整という粗い点でのサポートと意味合いが違う。在宅療養生活をする方々を支えるのに、家族介護がない場合などは、その日のその時間訪問しないと日常生活の継続が困難になる(時に命にかかわる)という性格のサービスである。できることだけやるという起業も可能性はあるが、地域の中の多様な需要に応える前提に立てば不安が払拭できない。
3.訪問看護の質の確保
複数の看護職で、チームでの質の向上を行っている面があるが、仮に一人での事業の場合、質の確保の面で不安がある。
4.訪問看護の現場の看護師などからそういう要望・声をあまり聞かない
 私は、全国の現場のみなさんと会う機会が少なくない。多様な意見・要望などを耳にする機会があるが、「一人でもステーションを開設できるように」という声を耳にしたするは非常に少ない。客観的に制度改定すべき内容は、現場でヒシヒシと感じていることが多く、全国的に共有する内容だと実感しているが、この問題はなんだかそうではないのである。
 だれが望んでいるのだろうか? 私にはその声があまり聞こえないのである。

 以上のようなことから、私の現在の意見は、『反対ではありませんが、積極的賛成でもありません。非常に不安・心配です』。もし、仮に1人でも開設できるようになったとしても、全国の看護職に『どんどん、1人でも開業しましょう』と鼓舞していきたいとは思えないのです。人員配置基準が1.0人になることが全国の訪問看護の発展にそんなに影響するとは、私には思えないのです。

勝手に人・団体を敵にすることはルール違反
 私が納得いかないのは、数年前にそういう話が出たときに私が反対したのだそうだが(詳しくは覚えていないが、たぶん「今はとても難しいのでは?」といったようには思う)、それはそれとして、今・現在の私の意見など全く聞くこともしないで、反対派と勝手に決め付けているような動きがあることである。非常に不愉快に思う。何の真実性もなく、勝手に団体や個人の意見を時空関係なく持ち出しているように見える。
 訪問看護を発展させたいと思っているのは、基本的には業界のためではない。その利用者・国民にとっての利益のために看護職ができること・力をフルに発揮するにはどういう仕組み・制度がいいかを考えることが大事。敵でも見方でもないではないか。


 『星降るほど訪問看護師を!』これは大賛成!! 事業所としての訪問看護数ではなく、従事する訪問看護師数をどれだけ多くできるかが大きな課題。その訪問看護師はボランテイアではなく、私の主張は、『20歳代には、2~3年は常勤でバリバリと訪問看護の現場で活躍しよう!! 』です。たくさんの若手看護師が地域の中で眼を輝かせて仕事をする姿をどう作るか。このための多様・多角的な動きをしているところです。

 5月には、『訪問看護元気化計画・・・現場からの15の提案』(医学書院)という本が出版されます。著者は宮崎和加子と川越博美です。どうやったら、訪問看護を国民に十分に届けられるか、それが大事なことだと思う。あの手この手でみんなで試みましょう。取り組みましょう。
スポンサーサイト
2010.04.30 Fri l 看護、介護、医療関連 l top ▲
『命』の見かた    4月15日分
 
4月中旬なのに、寒い日が続いています。アイスランドでは噴火してヨーロッパは想像できないほど混乱。どうなっているのかしら? どうなるのかしら? と私はすごく不安です。
先日の寒い雪の日に、タクシーに乗りました。運転手は、少し高齢の元気のいい女性。
乗ってしばらくしたら、
「お客さん、話しやすそうなので、ちょっとお話してもいいですか?」
「ええ、どうぞ」
「実は、私、昨日、大泣きしたんです。親が死んでも泣かなかった私が、ちいさなハムスターを死なしてしまって・・・大泣きしたんです」
「ヘエイ、どうなさったんですか」
「私はひとりもんで、家に帰っても誰もいないから、ハムスターを飼ったのよ。でも一日中、誰もいないのだから寂しいだろうと、相棒のちっちゃなメスを買ってきて籠にいれた。ところが、籠のアミが大きくて、するりと抜けてどこかにいっちゃった。家の中にいるのだろうと探したけどいなくて、二日後にごそごそ音がしたのでみたら、ゴキブリホイホイにべったりとくっついていた。かわいそうだと思ってべたべたを取ろうとお湯で吹いたりベンジンで拭いたりしていたら、ふと見たら死んじゃったのよ。何だかかわいそうで、悪くて・・・、切なくて・・・。“ごめんよごめんよ”といいながら大泣きしちゃったのよ」
「親が死んでも泣かなかったのはどうして? それなのにどうしてハムスターの死で泣けたんですか?」
「そりあ、そうでしょう。親は年取って寿命で死ぬのは当たり前。自然の掟だよ。でもハムスターは、まだ寿命じゃなかった。たぶん私がベンジンで拭いたから死んじゃったんだよ。良かれと思ってやったのにねえ。死なしちゃったよ。生きられる命を途中で止めちゃったんだよ。それは悪いことだよ・・・」
「そうですか・・・。そうですね・・・」

『寂しい』ということ
  私は、しみじみと話すのを聞きながら、感慨深い気持ちになりました。どうしてかな? それは、一つは「人間って、寂しいものなんだな」ということを痛感したこと、もう一つは、『命』というもののとらえ方が人それぞれすごく違うんだなあということです。頭ではわかっていることなのかもしれませんが、人生の先輩が正直な気持ちをしみじみとお話しするのを聞くと、染み入ります。
 私の大好きな大脳生理学者の大島清先生が教えてくれました。人間の本能は3つ。食欲・性欲そして群れる欲と。人間は群れたから人間になったと。そしていまどきの人間は群れ方が下手で、群れないで『孤』になっていると。
 そうなのですよね。一人・しゃべる相手がいない・心を使う相手がいないということは、『寂しい』んですよ。『孤』は人間らしく生きられないということなのだそうです。このタクシーの運転手さんは、『孤』からの脱出のだめにハムスターを飼い、そして・・・。何か根源的なことを肌で感じて・・・。
 
『命』の見かた
この方の淡々と話す中の『命』の見かたは、生き物としての人間・動物の生死を達観したような見かただと思いました。そういう意味では多くの人は「死」を感情的に受け止めすぎてはいないかな? などと思いました。「寿命で死ぬのは当たり前」という当たり前のことをきちんと受け止められない人が多いのでは・・・。そうはいうものの、「がん」が発見されても「わかった」と病気も死ぬこともすんなりと、あるいは仕方なくでも受け止める人も、私の周囲では少なくないなあ・・・。
 「生きられる命を止めてはいけないよ」という言葉は、「そうだ!!」とうなづきました。

運転手さんが最後にこういいました。
「お客さんに聞いてもらってよかった。誰にもいえなくて悶々としていたんだけど、聞いてもらって少し気持ちが楽になったよ・・・。でもね、この仕事もあと2ヶ月だけなんです。東京はタクシーが多すぎて収入にならないというので、全体的に数千台減らすことが決まって、70歳以上は有無を言わさず退職だというんですよ。私は74歳だからおしまい。今度は誰に聞いてもらえばいいんだか・・・」

たった10分のタクシーの中でしたが、いろいろ考えさせられました。
2010.04.19 Mon l 日々の出来事 l top ▲
2010年・医療・介護保険同時改定に向けて    4月5日分
 
 介護保険がスタートして10年。介護保険ができてよかったのか。今現在の課題は本当は何なのか。6年に一度の医療保険(診療報酬)と介護保険の同時改定(制度の見直し)が2012年に行われます。制度改定なので2011年の通常国会で審議され決められます。ですから大幅改定に向けて今年2010年に大論議を巻き起こす必要があるのです。
 そこで、私が属している健和会(東都保健医療福祉協議会)の主催で以下のようなシンポジウムを行います。介護保険制度の根幹にかかわる内容の変更について、本音で語り合っていただくシンポジウムです。一民間団体なのですが、厚生労働省老健局長の宮島俊彦氏が出席してくださいます。今、どんなことが検討されているのか、また現場からみた課題も含めて、今後の介護保険のあり方について大議論する場としたいと考えています。他のシンポジスとは、元日経新聞論説委員の渡辺俊介氏、当協議会議長の増子忠道氏です。
 ちなみに、私がコーデイネーターをやらせていただきます。
・支給限度額をなくし、「標準支給額」に変える案
・要介護度をなくすか、あるいはもっともっとシンプルにする案
・「医療」と「介護」の分かりやすい住み分け案
・在宅で暮らし続けるために必要な事業・サービス案
などなど、おもしろく論議できればと思っています。
当日参加OKですので、どうぞ!!

日時・4月17日(土)14時から16時30分会場・綾瀬プルミエ第一ホール
シンポジスト
   宮島 俊彦氏 厚生労働省老健局長
   渡辺 俊介氏 東京女子医大教授(元日経新聞論説委員)
   増子 忠道氏 柳原診療所所長

コーデネーター
   宮崎 和加子 健和会看護介護政策研究所所長
参加費・無料

多くの方の参加をお願いします。




2010.04.07 Wed l イベント情報 l top ▲