上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
『だから訪問看護はやめられない』    3月25日分
 久々に本を出版しました。『だから訪問看護はやめられない』メデイカ出版です。
編著者:宮崎和加子
漫画:岸 香里
著者:阿部郷子・諏訪部高江・竹森志穂・宮田乃有・渡邊美也子
  

私の本の紹介のあいさつ文です。
訪問看護に携わる30代の若いナースたちが中心になって本を出版しました。
『だから訪問看護はやめられない』 という本です。
 日本で訪問看護の試みがはじまって早30年余。全国に訪問看護は広がりましたが、今ちょっと足踏み状態。これからの日本の社会にとって期待が大きい訪問看護。飛躍的に発展させる鍵keyは『若いナースがどんどんこの分野で活躍すること!!』だと思います。
今、病棟で働いているナースたちに「訪問看護っておもしろいのよ」「20代で一度は訪問看護を経験しよう!」と呼びかける本です。
訪問ナースさん・・・おもしろさを語り合おう
病棟ナースさん・・・とにかく一度現場に来てみて!
看護部長さん ・・・若いナースに訪問看護を体験研修する年単位のシステムを作りましょう!
看護関連学生さん・・病棟経験は、短期間でいいよ。(なくてもいいよ)訪問看護の現場に!
 ぜひ、周囲にいるナースにこの本をご紹介ください!! この本が売れることが、訪問看護の将来にさまざまに影響すると思っています。
マンガあり、写真ありで訪問看護の世界にはこれまでになかったような本です。
 訪問看護の分野・業界を盛り上げていくことに、どうぞみなさんお力を貸していただけますようお願いいたします。
 
若手の著者の竹森志穂さんの本の紹介文
「訪問看護がわかる本」を作りました。
これは、訪問看護の技術テキストではなく、訪問看護サービスを紹介する本でもありません。病棟で働いている看護師や看護学生の方々に、「ぜひ一度は訪問看護を経験しよう!」と呼びかけるために書いた本です。
看護職の皆様、また看護職以外の皆様、ぜひ購入して読んでみてください。そして、読み終わった後は、看護師をめざしている友人や知り合い、訪問看護に興味を持っている看護師の方々に、この本を紹介してください。
訪問看護制度を作り上げてきた宮崎和加子さんと一緒に、(比較的)若い訪問看護師が一緒に話し合いながら書きあげました。気軽に読めて、それでいて「訪問看護ってどんな感じなんだろう」という疑問に答えています。前半は、漫画家で看護師の岸香里さんが、実際のケースを参考にして漫画を書いてくれました。訪問看護師の皆さんは、「いるいる、こういう利用者さん」「あったあった、こんなこと」ときっと感じると思います。まだ訪問看護を経験していない皆さんには、「へー、訪問看護って面白いかも」と思っていただけると信じています。
訪問看護の面白さのひとつは、「思い通りにいかないこと」です。そのことでもちろん大変なこともありますが、だからこそ工夫しがいがあり、新しい利用者さんの姿や自分自身を発見したりすることにつながります。
そのような訪問看護の楽しさや面白さを率直にお伝えする本です。

 どうぞよろしくお願いいたします。(いろいろ事情があり、購入していただきたいのです。2200円)

うまく表紙の絵を貼り付けることができなくてすみません。インターネットで題名を検索するとかわいい個性豊かな表紙出てきますので、どうぞご覧下さい。

スポンサーサイト
2010.03.26 Fri l 著書紹介 l top ▲
訪問看護を10倍楽しむ公開連続講座 3月15日分
 
 お誘いです。私が所属している特定医療法人健和会や関連の法人の訪問看護ステーションの訪問看護師たちが、主体的に以下のような講座を企画しました。それがとてもすてきなネーミング!
『訪問看護を100倍楽しむ公開講座』
4月~7月の4回連続で開催します!
↓パンフレットのダウンロードはこちら↓
http://kango.kenwa.or.jp/toppdf/houmon-kouza.pdf

 若い同僚・後輩たちが、一生懸命企画して、少しでも訪問看護の魅力を同じ看護職(病棟で働くナースたちにも)に伝えようとしているものです。特に、わがグループの特徴ある活動内容を報告しながら、全国の現状もともに考え合おうというものです。
私は、4回ともアドバイザーなどで参加します。長い経験がある訪問看護師として、伝えなければいけないこと、伝えたいことを心を込めて理論的に話をさせていただこうと思っています。
 どうぞ、知り合いの看護師さんを誘ってたくさん参加してください。きっととてもおもしろい企画になると思います。

 訪問看護師をめぐっては、ちょっと違った風が吹き始めたように感じます。若いナースたちがちょっとずつ、興味を持ち、現場に入り始めている・・・。

看護師でない方も、ぜひ、ご参加ください!!

日時:①4月9日(金)18:30~ 『その人らしくを支える訪問看護』
     (24時間巡回型訪問やグループホームへの訪問看護などの実践報告など)
   ②5月14日(金)18:30~ 『在宅と医療機関を結ぶ訪問看護』
     (地域看護専門看護師からの報告、緩和ケア病棟との連携の実践報告)
   ③6月11日(金)18:30~ 『訪問看護師として学び続ける』
     (教育研修プログラムの実践報告)
   ④7月9日(金)18:30~  宮崎和加子と川越博美のトーク
      『訪問看護の未来 2025年の訪問看護のイメージ』
場所:綾瀬プルミエ (千代田線綾瀬駅徒歩5分)
問い合わせ:03-5813-7606(健和会看護部)
2010.03.17 Wed l イベント情報 l top ▲
『ずっと心に残る19話』『平穏死』    3月5日分

 昨日、東京新聞の封筒で荷物が届きました。?と思いながらあけてみたら1冊の本が入っていました。題名は、『下町っ子戦争物語ーーずっと心に残る19話』(早乙女勝元著、東京新聞出版)です。早乙女氏とは、かなり昔(30年位前からかな)親しくさせていただいており、お互いに本を出版するたびに送っているので、私は大体の本(でも半分くらいかな?)は読んでいます。どの本も大事な社会問題をわかりやすく書いてある本です。
その中でも今回のこの本は、とても心に染み入りました。早乙女氏は、「東京大空襲といえば早乙女勝元」といわれるほどの方で、ご自身も空襲にあわれ、その惨事を記録に残すようにずっと取り組んでこられた方です。江東区に民設で「東京大空襲・戦災資料センター」を作る先頭にたち館長もつとめられています。

12歳で東京大空襲を

 酒宴を共にする機会もたまにあり、よくお話を聞いていたので、早乙女氏のことは、おおよそのことは知っているつもりでいたのですが、実は殆ど知らなかったんだということが、この本を読んでわかりました。
子どもの目からみて戦争がどういうふうに始まり、周囲の大人はそれをどういうふうに受け止め、実際の空襲などがどうだったのかが、手に取るように表現されているのです。話や他の本や写真で見聞きしていましたが、実際に子どもである早乙女氏が体験した東京大空襲の様が目に浮かぶように表現されているのです。悲惨さだけがかいてあるのではなく、子どもがその時代をどんなふうに生きたかのたくましさも見えます。“庶民”が見えるとでもいうのかな。
改めて戦争ってなんなんだろう!?とつくづくため息がでました。今どうしてこの本がと一瞬思ったのですが、あっというまに読んでみて、戦後65年の今、また読み・そして次世代に伝えなければならないのだと思いました。早速、我が子どもたちに読むようにすすめよう。
早乙女氏がいっています。「東京大空襲」と「関東大震災」の区別がつかない若者に会い、『過去の教訓を学ばぬものは、再び同じ過ちを繰り返す』という警句が胸の内に甦ってくると。
何だか新鮮な感覚で受け止められる本なんです。

『平穏死』
 今年の目標である“本を週●冊読むぞ”をしっかり守っています。ジャンジャン本を読んでいます。その中で1冊の本を紹介します。『平穏死』(石飛幸三著・講談社)
友人からプレゼントしていただいた本。『死』に対していろいろな表現がある。たとえば、安楽死・過労死・在宅死・自然死・・・。しかし、この『平穏死』という言葉ははじめて聞きました。はすに構えて読み始めたのですが、なかなかおもしろかった。この本はきっとすごく話題になると思う。いままで中々いいたくても大きな声でいえなかったこと、あるいは本などで活字にしにくかったことを書いた本。 Amazonの紹介では「「特養」常勤医が現場から初めて告発。特養ホームの介護現場では、胃に管を通して栄養注入する胃ろう手術や多量の点滴が肺炎を誘発している。数少ない常勤医が過剰な医療をしない平穏死を提案する」と。
 長年外科医として第一線で直す治療をしてきた著者の医師が、定年後、世田谷区の特養ホームの医師となり、人間が老いて死んでいくときの医療のかかわり方についてかなりはっきりといっている。点滴や胃ろうでのチューブ栄養は必要ない場合が少なくないのではと。
 在宅や特養ホームなどの生活の場での医療のあり方、人生の最期の看取り方を国民全体で考え直す必要があると思うのは、私だけでなく多くの人。この本は一石を投じているように思う。ぜひ、ご一読を!
 
いい本があったら、ぜひ私に紹介してください!! 読書は楽しい!!

2010.03.05 Fri l 著書紹介 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。