看護学生さん、20歳代で一度は訪問看護を経験しよう!  1月25日分

 千葉大学看護学部の非常勤講師として学生に講義をし始めてどのくらい経つだろうか。先日、タップリ半日の講義をさせていただいた。私の子どもよりも若い19歳・20歳の看護を学ぶ学生たち。彼女たちは何を考え、何に興味を持ち、日々どんな会話をして生きているのだろうか・・・。どんなふうに話せば彼女たちに響くのだろうか・・・。どう接していいのか・・・。話す前にちょっと考え込む。午後の時間で暖かくスライドで暗くなるとかなりの確立で居眠りをする学生がいることは覚悟の上です。(私が学生のときは、授業中に見事に寝ていることが多かった。だって・・・。だから私は学生が居眠りすることをおおらかに許す。話はしにくいけれどまあ仕方ない)
そして話し始める。私が19歳のときに水俣で始めて訪問看護に出会って、それを確立する仕事をライフワークにしようと思ったこと(その活動が日本にはまだほとんどなかった)、22歳で訪問看護になり、その時『看護とは何をする仕事か』を学ばせていただいた患者さんたちとの出会いの話。またがんの方の在宅ターミナルケア、人工呼吸器を装着した状態で自宅で暮らす神経難病の人、意識のない方の意識を取り戻すための看護師としての取り組み・成功!事例。そして認知症の人の生活・生きることの支援の実際。34年間の実践の中で経験した実例をもとに話をさせていただく。その時その時にどんなふうに考えて実践したか、仲間の看護師・介護職とどう連携して取り組んだかを臨場感タップリにお話しするようにしている。
一生懸命話をしていて、ふと学生側を見てみると、誰一人居眠りしていない! みんな食い入るように話を聞いてくれている! その視線を感じる! 何とうれしいことか!

学生の感想
 大学の教員の方から次のようなメールをいただきました。
 『大勢の学生が、感性豊かに先生の講義を聴いていたことが読み取れました。例えば、「先生の熱意が伝わり感動を覚えた」、「訪問看護って面白い!是非20代のうちにやりたい」、「生活(どう生きたいか)を支えることを深く考えた」、「看護観が変わったあらためて看護の道を歩みたいと決意した」、「看護師の役割をずっと考えていたけれどヒントがいただけたような気がする」、「現場で待っているいろいろな苦労や困難が楽しくなってきました」等等。
 学生に勇気と感動、そしてプロとしての看護師の生き方のモデルを示していただけたと思います。本当にありがとうございました』

 私が話したことで、みなさんこんなふうに思ってくれたんだ・・・と私自身はうれしいのですが、様々な思いにもなりました。大学・看護専門学校での教育はどうなっているんだろう? 看護のおもしろさを伝える・感じられる教育になっているのだろうか。若い世代にもプロ意識として共有できるものはいっしょなんだ、響くんだなあなどとたくさんのことを考えさせられました。こちらこそありがとう。早速学生からメールもきて様々につながっていけるかなあと思っています。すぐに行動した学生の方、いいよ、その調子!! 今度いっしょに食事しようね。

20歳代で一度は訪問看護を経験しよう!
 私はつくづく思うのです。“看護師は、20歳代で一度は訪問看護を数年経験しよう!”と。そうすることが、看護界をどれだけ豊かにすることか。詳しくは述べませんが、様々な理由で私はそう思うのです。最近どこにいってもこういっています。このキャンペーンをやりましょうよ。
病気や病人の支援をすることだけではなく、障害のある方の日常生活支援、どういう状況の中でも少しでも前向きに生きようとする気持ち・姿勢になるように支援することなどなど、人間を幅広い視野・奥深い洞察力でみて生きることを支援する専門職なんですね、看護職は。

まあ、とにかく講師で伺うと私のほうが勉強になります。時間と体力が続く限りどこへでも伺おうと思っています。今年もよろしく!
スポンサーサイト
2010.01.28 Thu l 日々の出来事 l top ▲
『EPA・・・提言』  1月15日分

 一年前の1月下旬に、はじめてのインドネシア来日候補者の件での集会を東京にあるAOTS(海外技術者研修協会)で催して、丸一年がたちました。そのときには、暗中模索で立ち上げの準備を呼びかけたのでした。それから自主的に役員が集まってくれ、そして数回のイベントを行い、アンケートも4種類行いました。年末には国家試験対策合宿講習会も実施し、年明けには第2陣の受け入れ機関のための経験交流会を・・・。
 そして、1月14日に『日本・インドネシア経済連携協定に基づくインドネシア人看護師及び介護福祉士候補者の受入条件の改善に関する提言書』を発表したのです。それも厚生労働省の記者クラブで。その直前には、関係省庁(厚生労働省・外務省・産業経済省・文部科学省・法務省)、関係団体(日本看護協会・日本医師会・国際厚生事業団・・・・・)と政治家などたくさん方々にこの提言書をお届けしました。
 これを作るにあたっては、提言作成チームが数回集まって練り上げ、役員全員で何度もメールで意見交換しながら作り上げました。誰かの意見が強いわけではなく、何度も書き換え、その上で一致した現在の私たちの到達点です。
 提言書を作ることを苦に思わない人(上手な人)、各方面の内容を意識し幅広い視点で組み立てる人、途中で「誰の立場の提言書か!」と沈黙になる意見交換があったり・・・。

それなりに“やったー感”
 言いだしっぺの1人の私としては、それなりに“やった-感”があります。来日候補者と受け入れ機関と日本の看護界・介護界がそれなりに納得する方策を模索して、短期間に案を提示できたことは、まずはよかったかなと思うのです。作ることが目的ではなく、その提言を実現していくことが最も大事なことは重々承知しながらも、大筋の目標・視点がガルーダ・サポーターズとして確認できたということです。(図を含め、A4・8枚です)
 内容は、大きく三つになっていて、①理想として、本来こうあるべきだという案(簡単に言うと高校卒業後、日本語を修得して日本の看護学校・大学、介護の専門学校などに入学し、そこで学んで現場に出るという方法。②すぐにそうできない事情があるとすれば、現行の修正版として、日本語6ヶ月研修を18ヶ月に伸ばし、日本語をかなり修得してから現場に行くようにすること、そして国家試験の受験回数を増やすこと、③これまで来日した候補者には、受験の機会を増やすことや、受験時間の延長など詳しい内容になっています。それを図式化し、わかりやすく説明しています。それ以外にもありますので、詳しい内容を知りたい方は、メールで連絡ください。メールでお届けします。そのうち、ガルーダ・サポーターズのホームページにも載せる予定ですが、もう少しお待ちください。

記者会見
 記者会見は、共同代表の富永さとるさんが実にわかりやすく見事に説明し、その後の記者からの質問に対して、前に座った4人で答えました。私も前に座りました。その日のNHKニュースでも紹介されたり、新聞などにも掲載されました。カメラが3~4台、参加者30名でした。記者会見というのは短時間で終わるのだそうですが、質問がたくさん出て60分という長い時間となりました。
 記者から、終了後も、さまざまな質問や話があり、「民間の市民ボランテイア団体でよくこんなふうにまとめましたね」「もっと、微々たる要望かと思ったら、正論だね」「なかなかしっかりした提言ですね」などと声をかけてくれました。きょう郵便局にいったら、「この間テレビに何度もでていましたね」と。会う人ごとにいわれますが、私は見ていません。どんな顔で出てい方心配・・・。まあ、一瞬でしょうから・・・。

 いい経験をさせていただきました。これからです。
2010.01.19 Tue l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
ガルーダ関連お知らせ  1月10日分

 臨時のお知らせです。私のこのブログを見て行動してくださっている方が多数いるようですので、お詫び等のお知らせです。

1月11日(月)東京での経験交流会は中止です
 EPAインドネシア人看護師・介護福祉士候補者の第2陣受け入れ病院・介護施設むけに経験交流会を企画しました。
 昨日1月9日(土)は大阪でした。参加者は多くはなかったのですが、とてもよい会だったと思います。インドネシア語が話せるボランテイアと病院がつながったり、様々な情報交換ができました。参加者の感想はOK。
 ところが、1月11日(明日)の東京の参加希望者が極端に少なかったので開催に至りませんでした。申し込み締め切り翌日の7日に「中止」の判断をして、報告を予定していた病院と参加希望者などにその旨をお伝えしました。オープンの会ではないので、問題ないと思っていたのですが、昨日大阪で当日参加者がいらしたのです。私が書いた案内の中に当日でもOKと記載してあったのです。
 私は、申し込みをしていないから参加できないということで、参加したいと思っていたのに参加しないところを少しでも減らそうと思っての記載だったのですが・・・。
 ですので、もし参加申し込みをしていなくて、当日参加しようと思っていた方は、明日は中止ですので!
 明日は、私と共同代表の本多敏子さん(日本語講師)が、開催現地にて対応しようと思っています。もし、中止を知らず当日参加の方がいらっしゃるようであれば、そのままお帰りにならず、それなりの情報提供・交換やその他を実施しようとは思っています。

 昨日、大阪でいろいろ分かりましたが、受け入れ病院・施設に封筒や応援申し出などの電話などが殺到しているのだそうです。国家試験対策の教材や人派遣、日本語教育関連・・・・わけのわからない情報だらけ。私たち「ガルーダ・サポーターズ」という団体もよくわからない儲け主義の団体とどう違うか、それを見極めにきましたという受け入れ施設もありました。
 なかなか大変です・・・。

記者会見 1月14日(木)15:00~ 厚生労働省記者クラブにて
 制度改善・見直しの『提言』の発表の日時が決まりました。上記です。その後関係省庁・団体に送ります。現段階の私たちの改善・見直し案の到達点です。どうぞ見守ってください。
2010.01.10 Sun l お知らせ l top ▲
努力目標  1月5日分
 
 年の初めは、好きです。なんだかワクワクします。どんな年になるのだろうと。これもあれもこうしてみようと心機一転の機会になってうれしいです。
 たくさんの方から年賀状をいただき、ありがとうございます。返事を出すつもりなのですが、もし届かない方がいらっしゃれば、このブログでお許しください。みなさんからの「ブログ楽しみに読んでいますよ」という一筆を拝見して、“やはりガンバッて続けよう”と心新たにしました。
 さて、今年は・・・。あまり張り切らず、ほどほどにしておきます。自分の中での努力目標だけちょっとだけ聞いてください。

活字に触れる時間を増やす
 要するに、新聞や雑誌をていねいに眺めるということと、本をたくさん読もうということです。本はよく買うし、いただくし、周囲にたくさんあるのですが、きちんと読む暇をとることができない状態が続いています。故川上武先生に「あなたは、系統的にきちんと勉強したほうがいい。勉強が足りない」といわれていました。そのとおり。うすっぺらいことを表出するのでなく、きちんと勉強しながら、また自分でしっかり考えて行動することに重きをおきたいとつくづく思うのです。
 具体的目標を決めてそれを実行していこうと目標を定めました。本を週に◆冊読むという目標。がんばるぞ! どうぞいい本があったらご紹介ください。私もいい本に出会ったらここで紹介しましょう。

嗅覚にこだわる
 年末からなんだか気になっていたのがこの『嗅覚』。人間が外界から刺激・情報を取り入れるのは、5つの感覚器官(視覚・聴覚・味覚・触覚、そして嗅覚)から。私自身のセルフコントロールの方法の一つに、“5感の研ぎ澄まし”というのがあります。これは聴覚はとても効き目があると自分で思っているのですが、嗅覚については“未開のゾーン”なんです。
 ところが、1月3日の朝日新聞にワインのソムリエの田崎真也さんが記事が載っていました。
・ワインの差は、微々たる香り。
・人間が感じる「味」は、舌だけではなくにおいでも左右されるという最近の結果。
・人間が感じる味の大部分は、鼻の奥でにおいを判別する嗅細胞に負っている。
・視覚などの他の感覚は、理性や言語機能を支える大脳新皮質と直結している。一方の嗅細胞が感じたにおいの情報は、大脳辺縁系に伝わる。この部分で本能的な行動を促す機能もある。
・人間は、1万種類を嗅ぎ分けられる。
・一日1回でも意識して嗅覚を使えば感覚は格段に磨かれる。

 認知症の人にかかわり始めてから、大脳生理学などを勉強する機会を多くしています。この内容は非常に興味深く、1万種類ものにおい・香りを嗅ぎ分けられるとすれば、なんだかうれしいです。嗅覚にちょっとこだわってみようと思っているのです。

歩く
 ありきたりかもしれませんが、今年は『歩く』挑戦です。歩くのは、気力と時間が必要です。それを作って、保って歩いてみようと思っています。早速、歩いています。バッグもリュックに代えて・・・。
 どのくらい続くか・・・。心配なのですが、ここでみなさんに公言すれば見栄を張って少しは長続きするでしょう。がんばってみます。

今年もよろしくお願いします。
2010.01.06 Wed l 日々の出来事 l top ▲