一日一日を生ききる  12月25日分
 今年もあと数日。やはりこの時期は一年を振り返ってみましょう。今年の宮崎和加子のキーワードを中心に。

ガルーダ・・・
 今年は、ガルーダに始まり、ガルーダに終わる年でした。昨年末からEPAインドネシア看護師・介護福祉士候補者(ガルーダ)の支援団体を作る動きをし始めて、ちょうど一年です。1月25日の大きいイベントに始まり、6月に設立の集いを行い、そして年末は28日~30日「国家試験対策合宿講習会」でしめる。ずいぶんいろいろなことを企画したしました。何よりうれしかったのは、来日候補者と仲良くなれたこと、そしてガルーダ・サポーターズ関連のみなさまと出会えていっしょに活動ができたこと。ジャンルを超えて信頼できる人間にたくさん出会えました。みんなの力ってすごい! 実感です。
 2010年も新年早々、記者会見、第2陣受け入れ機関対象に経験交流会を実施予定。

達成感
 やると決めたことを行い、その達成感に浸るということを楽しんだ年でした。大きいことだけではなく、日常生活の中でもそうです。たとえば、“朝ラジオ体操をする”と決めたら、自分との約束を自分で守ることのです。かなり実行しました。朝はさわやかです。原稿もずいぶん書きました。長年保留になっていた著書も今年は“とにかくやりきるぞ”と書き上げました。2010年春には、3冊は出版になる予定です。またここで紹介しますのでぜひお読みください。自分でいうのも何ですがなかなかいい本ばかりです。
 趣味もあきらめずに続けました。山も登った。シャンソンも。旅行(海外旅行)もずいぶんした。なるべく、“忙しい”という言葉を吐かないように心がけながら動きました。なんせ、“マグロ”ですので。
 ただ、私の周囲の人は迷惑をしていることが多いかもしれませんね。みなさん、申し訳ありません。先日著明な先生にこういわれました。「宮崎さん、あなたのような無謀な人は見たことない。この仕事を3日でやれというんですか!」 そうなんですね、相手のペース・常識ということを意識して動かなければならないですね。ついつい・・・。でも、「無謀な宮崎和加子」というレッテルも悪くないなあ~。

やはり訪問看護
 日本で訪問看護の実践が始まって30数年。30数年前から訪問看護に携わり、理論化・普及活動を行い、こだわり続けてた。10年先・20年先を見越していま何をしなければならないかを全国を歩きながら一生懸命考えてもきました。また、今年は、全国訪問看護事業協会(全国の訪問看護ステーションの団体)の事務局の仕事をさせていただいています。

一日一日を生ききる
 今年は、早起き人生を始めました。おおよそ4~5時に起床するのです。そしてその日一日何をしなければならないか、何をしたいかをじっくり計画を練って、それで動き出す。そうしたところ、なにかが変ってきたのです。時間に追われる生活ではなく、時間を使いこなしている生活に変ったとでもいうのでしょうか。それでその日決めたことを実行すれば、達成感になる!  結果を求めて生きるというよりは、その日を生きることを楽しむ生き方・・・。

“一日一日を一生懸命生ききる”  今年1年、さまざまにありがとうございました。

社会は不安定。政権交代があり日本が、いいえ世界はこれからどうなるのか。できることを行い主体的にかかわっていきたいものです。
スポンサーサイト
2009.12.27 Sun l 日々の出来事 l top ▲
メルマガに挑戦      12月15日分
 
 今朝、目が覚めて窓を開けた瞬間「うわっ、スゴイ・・・。きれい!」。辺り一面、360度の光景が新雪の冠雪で何とも表現できない別世界になっていたのです。パウダーの雪が木々の枝にふわりとのり、冬の里山を描いていく。太陽があたると溶けて下に落ちてしまう。それまでの一瞬とも言える時間にみられる光景。こんな光景の中に自分がいるとき、私はなんともいえない幸福感を味わう。私の全身の細胞がこの寒さ・光景を喜んでいるよう。(12月15日記)

毎日発信するメルマガに挑戦
 訪問看護師の万年人員不足に加え、高年齢化がある。一定の病棟・臨床での看護師経験がないと訪問看護はできないと思われていていることが関係してか、訪問看護に従事している看護師に若い人がそう多くないという大きな課題がある。私は常々、『20歳代で一度は訪問看護に従事しよう』という呼びかけをしている。そのことが、看護師個人のライフワークの充実の面からも看護界にとっても大きな力・宝になると思うからである。
 看護師として日本で働いている人は、おおよそ130万人。そのうち、訪問看護師はわずか3万人にすぎない。圧倒的多数の看護師は病棟で働いている。その比較的若い看護師たちに、訪問看護に目をむけてもらえるように、そのおもしろさを少しでも伝える方法はないかとずっと考えていました。
 そこで、協力してくださることになったのが、メデイカ出版(医療・看護系の大手の出版社・特に病棟看護師向けの本を多く出版)。メデイカ出版が持っている情報発信手段であるメールマガジンに訪問看護のコーナーを作っていただくことになった。会員に毎日配信されてくる情報。どうでもないものも含めて私も楽しみにみている。(本日の運勢・プレゼント・川柳・・・)この会員が数万人いるというのだから、1%の人が見ても毎日数百人は見てくれることになる。
 これを担当するのは、6名の若手の訪問看護師。訪問看護の現場でのおもしろ話・失敗談・お涙ちょうだい話・つづき物語・・。約200字で綴っていきます。どうぞまずは見て、周囲の方に広げてください。
 スタートは、1月1日か2月1日です。少し宣伝してから始めます。

会員登録方法
携帯より、
jm@k-medica.co.jp
へ、空メールを送って下さい。
すぐに登録フォームが送られてまいりますので、フォームに従ってご登録ください。






2009.12.20 Sun l お知らせ l top ▲
記者会見予定      12月5日分
 ガルーダ続報です。ガルーダ・サポーターズのホームページがジャストタイムに動かなくてすみません。新年は、真っ先にこれを改善しますので。EPA関連・ガルーダ・サポーターズ関連の情報を少し紹介します。

EPAをめぐる状況

 いろいろありますが、噂の範囲も含めて紹介。
●インドネシアからの第2陣は362人前後。現在箱根で全員いっしょに研修中。1月中旬には、全国各地の現場に行きます。今回は北海道にも行くそうです。寒くて大丈夫かなあ・・。受け入れ病院・介護施設の名簿はまだ正式には公表されていない。
●第1陣208名中、帰国した人は、マスコミなどで報道されたのは2名。しかし噂によるともっといるようです。理由は、いろいろ。
●フィリピンから来日した第1陣は、262名。しかし、現場に行く前の集中学習の段階で帰国した人が7~8人ほどいるそうです。
●ベトナムについても検討が始まったそうです。インドネシアとフィリピンとは内容が異なるかもしれません。2国間協定なので、それぞれ違うのです。

ガルーダ・サポーターズのこれからの取り組み予定
●大阪の集いは盛況でした!
 11月28日、大阪での集いは、はじめは参加者が少なくどうなることやらと心配しましたが、当日は、なんと総勢150名の参加でとても盛況でした。インドネシア人候補者も19名集まり、お互いに交流を深め、にぎやかでした。NHKテレビの夕方のニュース(関西)で紹介されたり、朝日新聞でも取り上げられました。
 内容もとてもユニークな会でした。詳しくはニュースで紹介します。会員になっていない方はどうぞ会員に!
●ガルーダ・サポーターズ会員の集い  12月12日(土)15:00~ 
 以前にこのブログで紹介しましたが、上記の会合を行います。時間を変更して15時からにしますので、よろしくお願いいます。議題は、3つ。①1月に提言する内容についての討論。今後、EPAがどういう方向がいいのかを提言案をもとに討論します。②年末の合宿講習会のサポートの相談。③会員同士の交流。
●国家試験対策合宿講習会  12月28日~30日
 現在、受講者とホームステイを受けてくれる会員を募集中ですが、おかげさまでこのブログを見て申し出てくださった方もいらっしゃいます。ありがたいです!! 12日が締め切りです。ボツボツ集まっています。合宿合間にみんなで交流会を企画しています。昼食も交流会も手作り(イスラム教のため食事の内容が難しい)でやろうかとみんなで準備中です。
●第2陣受け入れ機関経験交流会  大阪2010年1月9日 東京1月11日
 第2陣を受け入れる機関が少しでも不安なく準備できるように、先輩の第1陣受け入れ機関の経験を交流する会を企画中です。ただし、これは当事者だけの会。
●外国人介護・看護問題を学ぶ会  1月24日15時~
 突然ですが、このような勉強会を行います。サポーターズの会員の中には大学の教授や学生がたくさんいます。またこの問題全般に興味を持っている方が多いので、基本的なことからしっかりと学ぼうという会です。
 第1回目を、次のように行います。どなたでも参加できます。どうぞご参加ください。
 2010年1月24日(日)15:00~  場所:千住介護福祉専門学校(足立区千住中町14-4)
 『長寿大国の虚構 -外国人介護士の現場を追うー』出井康博著 の読書会です。この本を読んできてみんなで話し合う。できれば著者の方に来ていただけるようにお願いしてみるつもりです。
 
●『記者会見』
 今後に向けての『提言』を役員で激論しながら作成中です。1月に記者会見をして発表する予定で準備中です。作ることが目的ではなく、その内容を今来日している人たちに、あるいは今後に向けて実施していただけるように、つまり声が届くような動きをする予定です。どうぞ注目してください。
 日程など、決まりましたらこのブログでもお知らせします。

2009.12.07 Mon l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
川上武に学ぶ集い      11月25日分
 医事評論家の川上武先生が、7月に83歳で他界された。知る人ぞ知る偉大な方。私は、1977年に始めてお会いして、それ以来32年間にわたり、“師”と仰ぐ先生です。看護・介護という分野だけでなく広い視野で見て、多面的に考えることを常に示唆してくださいました。
 下記のような学び・語る会を行います。興味ある方はどうぞご参加ください。私が事務局になっていますので、どうぞ!!
 書きたいことがたくさんあるのですが、ちょっと時間がとれず・・・。11月分一回足りなかった分も12月に書きますので。



日本医療の変革の道―川上武の偉業に学ぶ―

 医師・医事評論家の川上武先生が、2009年7月2日に他界されました。83歳の生涯はまさに日本の医療の変革・そのための提言の歴史でありました。日本の医療・看護・福祉分野の現場の視点から緻密な調査・分析を行い約60冊の著書と数百の論文を世に出しました。また後輩育成にも力を注がれ、少人数での研究会を亡くなる直前まで行っていらっしゃいました。
 このたび、川上先生を偲び、川上先生の教えを再度学ぶ機会、また若い医療職・福祉職・事務職に学ぶきっかけとなるような集いを企画しました。多数の方をお誘いあわせの上、お集まりくださいますようお願いいたします。

日時・場所:2009年12月19日(土)
  第1部 14:00~17:00  日本赤十字看護大学・広尾ホール
  第2部 17:30~19:30  日本赤十字看護大学・グラナド

内容:第1部 リレー講演会「日本医療の変革の道 -川上武の偉業に学ぶ」
  ・『川上武先生の医療政策・医療史研究の軌跡と現代的意義』 二木 立氏(日本福祉大学・副学長)
  ・『看護の自立への示唆』 川嶋みどり氏(日赤看護大学・学部長)
  ・ビデオ上映 ~2007年秋の川上武先生が語ります~
  ・『社会衛生学から革命へ 国崎定洞を追いかけて』 加藤哲郎氏(一橋大学・教授)
  ・『人間裁判と川上武』 朝日健二氏(NPO法人朝日訴訟の会)
  ・『メデイコポリス構想』 清水茂文氏(長野・佐久病院)
  ・『医療変革の志―川上門下生と健和会・東都協議会』 増子忠道氏(東都保健医療福祉協議会・議長)

    第2部 語る会「語る『川上 武』」(立食会食)

会費:第1部 2,000円(学生無料) 第2部 6,000円(どちらも冊子付)


共同呼びかけ人(敬称略・50音順)
朝日健二(NPO法人朝日訴訟の会) 井村寿人(勁草書房・社長) 大月篤夫(全日本民医連顧問) 加藤哲郎(一橋大学教授) 川島みどり(日本赤十字看護大学・学部長) 上林茂暢(龍谷大学・教授) 行天良雄(医事評論家) 笹川浩一(前社会保険旬報・編集長) 鈴木篤(全日本民医連・会長) 夏川周介(長野・佐久総合病院・院長) 二木 立(日本福祉大学・副学長) 増子忠道(東都保健医療福祉協議会・議長) 三浦聡雄(新松戸診療所・所長) 宮崎 康(医療法人財団健和会・理事長) 宮本憲一(大阪市立大学名誉教授) 山内常男(健和会臨床疫学研究所・所長)

参加希望の方は、FAXもしくはmailでお申し込みください。

事務局・問い合わせ先
 医療法人財団健和会(事務局責任者:宮崎和加子)
 〒120-0022 足立区柳原1-9-13 看護介護政策研究所内
 FAX:03-5284-3707 TEL:090-9395-0509 
 E-mail:wakako-miyazaki@totokyogikai.jp
2009.12.02 Wed l イベント情報 l top ▲