上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
紅葉三昧 10月25日分

 テレビなどで紅葉の便りを見聞きすると、どうしても心騒いでしまうんです。テレビという数十センチ角の中で見るのでは満足できないんです。それで、毎年何とかうまく見計らい紅葉の中に身をおくようにしてしまう。簡単にいえば、紅葉を観にいかないと気がすまないんですね。

山形の葉山の紅葉
 ちょうどいい時期に山形からの講演依頼があり、喜んで出かけました。一日中話し続け、その足で久しぶりに実家に泊まりに行きました。私の実家は、山形の内陸地方で、月山・葉山と二つの山が並んでいる葉山の麓の村です。さくらんぼで有名な寒河江市です。
 久々の私の帰省を、母や兄家族は喜んでくれて土地ならではの昔からの食べ物をたくさん準備していてくれました。お酒を飲みながら何を話したか分からないほどたくさんのおしゃべりをして・・・。ありがたいものです・・・。心からうれしかった・・・。
 さて翌日、快晴! 夜明け前から目が覚めあたりの景色をみました。紅葉真っ盛り! 実家は国道から4km山に入っていった山村なので、周りは山・山・山。それが紅葉なのです。紅葉は時間帯で別物に見えるほど光で変化します。なので、朝陽を浴びた紅葉を見ようと、夜明け早々に母と車に乗り葉山に向かって紅葉ドライブに出かけました。
「わーっ、きれい!」「この黄色が鮮やかできれい!」「山の上から見るとそこら中オレンジの絨毯のようだね!」「ちょっとあるあざやかな赤と緑が引き立たせるね!」と、きれい!の連続でした。ため息が出るほど、声にならなくなるほど綺麗でした。ブナが多い山・山。木の種類で配色が違うが、この山は実に綺麗な配色。あまり知られていない秘湯ならぬ「秘紅葉」の場、
 何度も車から降りて。紅葉の真っ只中に身をおく・・・。ひんやりとした空気と風と香りと葉のささやき、落ち葉がハラハラと落ちる音が聞こえるような・・・。全身で五感で感じる・・・。それも誰もみに来ていないので、私たち二人だけの山・紅葉のようなのです。
 もう満足! 身も心も満足し、リセットされた気分でした。

蔵王の温泉に
 兄が、帰る前に他にどこか行きたいところはないかと聞いてくれました。それで、紅葉を感じた私の全身がふと求めたのが、「蔵王温泉」でした。兄と母が車で飛ばして連れて行ってくれました。
蔵王温泉郷に入ると、硫黄のにおいがプーンとしてきます。「これだ!」とうれしくなりました。入り口の箱に200円を入れて入る地元の人が利用する昔からの共同浴場に入りました。
「あちっ!」熱くて長く入っていられないほどの温度。ちょっとした傷口にピリリとしみる。湯花だらけの浴槽にたくさんの白い湯花が浮いている湯。一番の刺激は強い硫黄のにおい。
「これだ、これが温泉だ」「いい湯だなあ~」「やっぱり、温泉はこれだ」と、満足しました。
 私は、この蔵王に小さいころから何回か祖母に連れられて湯治に来たことがあります。お米持参で自炊で1週間ほど泊まって温泉で休養するのです。農閑期や病気療養中など。だから、私の中では温泉といえば、硫黄のにおいがぷんぷんとする熱い湯のこの蔵王温泉が原点なのですね。

 秋の半日を存分に楽しませていただきました。根っから大自然の中で育った私は、全身の細胞が求めるのでしょうか、季節を感じられることを求めるようです。そのことで『満足』し、『元気』を取り戻し・・・。ありがたい半日でした。
スポンサーサイト
2009.10.30 Fri l 日々の出来事 l top ▲
ガルーダ・・・ニュース   10月15日分
 スマトラで大地震がありました。インドネシアから来日している看護師・介護福祉士候補者のふるさとの家族や知人に被害がなかったのだろうかと、ガルーダ・サポーターズの会員の方から問い合わせがあり、本当にみんなで心配したのです。ご報告します。今まで把握している限りでは、来日候補者の身近な人には被害はなかったようです。

 インドネシアからの第2陣が11月には来日します。今回は300名以上のようです。ここまでは、第一クールでこれまでの決まりごとで進められてきたのですが、第2クールに向けて改善するべきところ、あるいは大幅に見直したほうがいいことをまとめてガルーダ・サポーターズとして政府などに『提言』していこうと準備しているところです。
 最新号の「ガルーダ・サポーターズニュース」の内容をちょっと紹介しましょう。

大まかな目次
◆国際看護研究会で発表
◆ 「ラマダンこぼれ話」そもそもラマダンとは
その① 僕の遅刻事件!
その② 断食を中断した!
その③ 断食しないときの説明は難しかった
 その④ 夜勤すると断食が楽!?
◆スマトラで大地震!!◆国際厚生事業団にあいさつに
◆『EPAインドネシア人看護師・介護福祉士候補者受け入れについての提言』作成中>◆ガルーダ・サポーターズ会員が200名に!!
  会員の特徴 どういう人が?  医師・看護師・介護関係者・受け入れ機関・日本語教師・インドネシア駐在したことがある人、大学教員・学生などなど。
◆国家試験受験対策研修合宿!!
 年末・年始に2泊3日で、東京と大阪2ヶ所で徹底研修会を開催予定です。抜群の講師陣。看護師・介護福祉士2つのコース。サポーターズ会員のみなさんも応援に来てください。詳細が決まり次第、お知らせします。

詳しい内容をお知りになりたい方は、会員になってくださるようにお願いいたします。
でももう少ししたら、ホームページ(ガルーダ関連)に掲載します。遅れていてすみません。

『ガルーダ・サポーターズの集いin Osaka』 ~知・会・存在~
以下のような内容で大阪での集いを行います。関西チームがタックを組み準備してくださっています。今回もたくさんのインドネシア人候補者が集まってくれるようです。
盛り上って準備しています。ぜひ、みなさんもお集まりください。
 以下のその内容を転載します。

2009年10月9日
関係者の皆様
ガルーダ・サポーターズ
  共同代表 益加代子・中村大蔵

「ガルーダ・サポーターズのつどいin Osaka」のご案内

拝啓
時下ますます御健勝のこととお慶び申し上げます。平素は格別のご高配を賜り、厚くお礼申し上げます。
ガルーダ・サポーターズはインドネシアからの介護福祉士・看護師候補生と受け入れ施設・病院を支援する団体として、去る6月14日に東京にて設立のつどいを行いました。当日は、多数の施設・病院の方、インドネシア人候補生、支援者などにご参加いただき、受け入れの現状や課題が報告され、充実した時間を過ごすことができました。
関西(西日本)でも受け入れ施設や病院が多数あります。そこで、それぞれが抱えている課題(インドネシア候補生に関する困りごと、日本語教育や受験対策のあり方)などを一緒に考える場を作りたいと思い、別紙の通り11月28日(土)に「ガルーダ・サポーターズのつどい in Osaka ~知(ち)・会(かい)・存在(そんざい)」を大阪で行うことになりました。午前の部では、受け入れ施設・病院関係者の方々を対象に日本語教育・国家試験対策教育を実際に行っている講師の先生からのご講演と意見交換、午後はガルーダ・サポーターズの活動報告や受け入れ施設・病院担当者からの現状報告を予定しています。つきましては、ご多忙のところ大変恐縮ですが、受け入れ施設・病院の関係者の皆さまのご参加をお待ちしています。
また、当日午前中はインドネシアからの候補生の方の交流会を行います。インドネシアからの候補生の方にも参加していただきたく、インドネシア語版のチラシも送付いたしますので、お渡しいただきますようお願いいたします。
「つどい」の主旨をぜひともご理解いただきまして、何卒ご協力を賜りたくお願い申し上げます。

なお、ご参加いただける場合は、別紙の裏面に必要事項をご記入の上、10月末日までにFaxあるいはメールでお申込いただきますよう重ねてお願い申し上げます。
敬具

お問い合わせ先:ガルーダ・サポーターズ 関西事務局
神戸市看護大学 益 加代子
〒651-2103 神戸市西区学園西町3-4
Tel & Fax:078-794-8036 Email:eki@tr.kobe-ccn.ac.jp


2009.10.18 Sun l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
新疆(しんきょう)ウイグル   10月5日分
  どういうわけか、私は日本だけではなく世界中の人・国・動きに目がいきます。最近『新疆ウイグル』についてお聞きする機会がありました。聞いてビックリ!! ショック!!

7・5ウルムチ事件
 新疆ウイグルという地球上の自治地区を知っている人はそう多くはなかったと思います。それが今年7月マスコミ・テレビで報道されたのをみてはじめて知ったのではないでしょうか。私は、ちょっとだけ知ってはいました。それはチベットと同様中国であるようなないような「自治地区」ということ。一度だけ「新疆ウイグル料理」のレストランで食事をしたことがあります。(新宿にあったその店はもうないそうです)
 「7月5日、新疆ウイグルの中心都市であるウルムチで事件が起きました。中国当局の発表では、武器を手にしたウイグル人が『暴動』を起こし、商店や車両に火をつけたという。中国政府は、「暴動」は在外のウイグル組織である世界ウイグル会議がインターネットを通じて扇動した、計画的かつ組織的な犯罪であると主張している。しかし、現地と外部との情報のやり取りが厳密に監視されている中で、どのようにして外部の組織が1万人を越える「暴動」を計画し組織化できるだろうか。・・・・・」日本ウイグル協会の文章より
 2009年6月26日に広東省の玩具工場で多数の漢人従業員がウイグル人従業員を襲撃した。中国政府の発表は、数十人の負傷者が出、2名のウイグル人が死亡したと。しかし、世界ウイグル会議が得た情報では200人のウイグル人が6000人の漢人の襲撃を受け多数の死者を出したといわれる。その原因の説明を求めてウルムチでデモが起きたというもののようです。事実がなにかが???

「新疆ウイグル」とは 
 新疆ウイグルとは、中国に属している「自治区」です。隣接している国・地域はチベット自治区・キルギスタン・カザフスタン・ロシア・インド・モンゴル・アフガニスタン・・・です。漢民族が多い中国にあって、イスラム教徒で、デュルク系民族、音楽と踊りが大好き。私たちがイメージする中国人とちょっと違う。「東トルキスタン」とも呼ばれています。歴史のさまざまに複雑な事情で、中国の国の中に入っている。人口もあいまい。
 私が驚き・怒りを覚えるのが、ウイグル人がことごとく酷い差別をされ、虐殺されてきたということなのです。それが過去ではなく、『今』なんです!!

ウイグルで「核実験」!!
 中国では、新疆ウイグル自治区(東トルキスタン)の楼蘭付近で核実験を行い、周辺地域住民に甚大な健康被害と環境汚染とがもたらされています。32年間でのべ46回、総爆発出力20メガトン(広島原爆の約1250発分)。負傷者が100万人、死者が19万人とも。これまであまり明らかにされていないが、「日本は最初の被爆国です。しかし、唯一の被爆国でも、最大の被爆国でもありません」という状況。

50万人のウイグルの女性が本土に 
 ウイグルで高校や大学を卒業しても95%は仕事がない。仕事は中国本土からきた人たちに回っていく。
 中国は、一人っ子政策をおこなってきた。その結果どうなっているかというと、結婚適齢期の人口の男女比のバランスが悪いのだそうだ。男性がかなり多い。なぜか? 男女差別から男子を妊娠するまで中絶を繰り返すというのだ!・・。 それで女性が少ないために、仕事を紹介するからとウイグルから15歳から25歳の若い女性を50万人も本土に連れて行っているという・・・。

世界ウイグル会議 http://www.uyghurcongress.org
 東トルキスタン民族運動を統一させるために世界各国にあるウイグル人組織によって結成された、国際社会で唯一合法の最高指導機関です。総裁のラビア・カーデイルは中国では有名なウイグル人実業家でしたが、弾圧されるウイグル人の人権改善を訴えたために1998年中国政府に逮捕され、アメリカ政府と人権団体の働きかけで2005年に釈放、アメリカに亡命しました。人権活動家として2006年以降ノーベル平和賞の受賞候補にノミネートされており、ウイグル人からは「ウイグルの母」と呼ばれている。

日本ウイグル協会 http://uyghur-j.org
 在日ウイグル人と日本人支援者によって2008年6月に設立された団体。

今、まさに今、地球上で起きていること!
 私は、申し訳けありませんがこのウイグル問題について詳しく正確に把握し紹介する力を持ち合わせてはいません。よくわからないことが多いんです。日本ウイグル協会の方から詳しいお話を聞き、胸がカッカしてきました。歴史上の差別(奴隷のように、家畜のように人間が人間を扱う、民族が違うからと虐殺するなど)について、見たり聞いたりして哀しい思いをしてきました。また、病気や障害によって今でも差別されている現実にも出会います。
 でも、民族が違うからと、今、まさに起きていてマスコミにも載らないことがなんと多いのか! と本当に怒り・無力感・哀れを感じるのです。
 できることはほとんどないのかもしれませんが、少なくともきちんと「見ていこう」「知ろう」「伝えよう」「話そう」「考えよう」とは思うのです。気がつかないうちに、自分の周りにもおこっているし、意識しないで自分も差別する側になっているかもしれない・・・。
2009.10.10 Sat l 日々の出来事 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。