『メイド』のいる国、いない国   9月25日分
 先日、タイのチェンマイ大学の教授とお会いしました。ちょうど私の三男(私には3人の息子がいます)が夏休みを利用してチェンマイ周辺の山間の村に学生ボランテイアで1ヶ月こもっているときで、縁というのは不思議なものだなあと思いながら、若い他国の研究者に会って、例のEPAの看護師・介護福祉士来日問題についてじっくり話しました。

タイでは、看護師・介護福祉士は来日しない方向だと 
 私がこれまで聞いてきた内容は、EPAという1国同士の2国間経済協定で、まずはインドネシア、次にフィリピンが協定を結んだ。その後、タイやベトナム、しいては2国間ではなく東アジア全体の協定が見通されているということでした。ですから、気がついてみるとアジアのいろいろな国の人が来日し、現場にいるということがありうるということです。それについての賛否についてはここでは論じませんが、知らないうちに、了承していないのに事が進むことに非常な不安・危機を覚えるのです。だから「ガルーダ・サポーターズ」という団体設立・運営に精を出してもいるのです。
 タイの話はどう進んでいるのかとお話を伺った。日本にどんどん看護職・介護職を送り出したいのか、そうでないのか・・・。当の看護師たちはどう思っているのか・・・。
 「タイでは、今のところの結論は、私が把握している限りでは、日本に看護師などを送り込まないという方向です」という。
「どうしてですか」
「日本での看護の仕事は、メイドの仕事も含まれているということです」
「それはどういう意味ですか」
「宮崎さんがいうように、日本で看護師の2大業務としてとても重要視しているよう療養上の世話・日常生活上のケアはインドネシアではメイドの仕事となっている。タイでも同じなのです。介護や日常生活ケアは、素人の仕事で、それも階層の下の人がするメイドの仕事とされているのです。勉強して資格をとった看護師は、メイドの仕事をしたくないのです」
「・・・」

「どうしてメイドがいるのですか」
 世界の経済先進国では、専門職が担う社会的な介護の必要性が認識され、新たな専門職が登場しています。そうでない国では、社会的な介護は存在しませんし、まだ発生していなくて家族内の世話、あるいは家庭での使用人である『メイド』の仕事とされているのです。それで、その教授と私のやり取り。
「どうして、日本にはメイドがいないのですか」
「どうして、タイにはメイドがいるのですか」

「メイド」の存在が、社会的な介護・日常生活支援のプロとしての確立を左右する 実は日本でも数十年前までは、住み込みの「お手伝いさん」「奉公人」がいました。労働者になっていない個別使用契約の人です。時に家に24時間住み込んで家事・育児・雑用その他を行う人です。
 そういえば、私の友人がベトナムに日本語教師としていくときに言っていたこと、「メイドを数人雇わなければいけないんだって。だからすることがないのよ。それが規則のようなものなのよ。そうしないとその国の人は収入がないんだって」。フィリピンの友人「私のような薄給でもメイドを雇わなければならないのよ」。インドネシアで通訳してくれた母子家庭の知り合い「私も二人メイドを雇っています。家事はその人が全部行います」
 自分の生活のこまごまとしたことを自分の力で自立して行うということではなく、「メイド」にやらせることが当たり前の社会の仕組みなのです。これでは社会的な専門的な介護は育ちません。看護職が担うプロとしての生活支援も光が当たりません。

日本の看護・介護はレベルが高い
 私は、日本の看護・介護の理念とスキルが高いと思います。私は世界中の10数カ国で看護・介護の現場の視察をしていますが、日本の看護師・介護職のレベルが高いです。生きることについて自立の考え方、その支援の理念も高いと思います。誇りに思います。
 EPAの他国の看護師・介護福祉士の来日問題は、考えれば考えるほど深い問題です。単純な労働問題ではありません。そのことを意識しながら議論し、方向性を見出していかないといけないとつくづく思います。

国家間格差・・・
 タイも経済的にそれほど豊かな国ではないといわれています。ですから他国へ出稼ぎをすることを検討しているのです。「貧困国」の一つだと認識されているのだと思います。
 それなのに、私が驚いたのは、タイの人の生活を支える「メイド」を誰が担っているか・・・。なんと自国民ではなく、もっと貧困な周辺の国であるラオスやカンボジアの国民なのだそうです!・・・。なんということなのでしょう! どこまで格差が続くのか・・・。その低いほうに「メイド」が位置づけられている(時に奴隷のように扱われている・・・)日本で築き上げてきたプロとしての「介護職」はどうなるのか。国民はどんな介護を受けたいのか。
スポンサーサイト
2009.09.27 Sun l 日々の出来事 l top ▲
『支えられてーALS療養者になって』   9月15日分

全国の方から話をするように声をかけていただき、出向いています。私が何かを話して啓蒙するというよりは、『伝え、いっしょに考える』出会いです。講師の役割でおじゃまするのですが、実は私のほうが勉強になることが多いのです。だから頑張ってお受けするのです。
先日も、群馬で2つのこと・人に出会いました。

訪問看護師がALSを患って
 群馬の方々とのお付き合いは長くて深いです。今回も『訪問看護と倫理』ということで私の知る限り、考えつく限りお話をさせていただきました。リスクマネジメント・医療の場のリスクと生活の場のリスクの違い・虐待や安楽死問題にも実際の利用者への看護・支援を含めた内容でした。
 それは無事、お役目を果たした(たぶん)のですが、その終了後にある男性がお話をされました。「僕の妻は訪問看護師でした。実は、妻がALSになって要介護・要看護状態になっています。訪問看護師の仲間のみなさんに一度お話を聞いていただく機会があったのですが、それも含めて、このたび自費出版で本を出版しました。よろしければ、皆様に読んでいただき普及していただけるとありがいたいです」というようなことをお話なさいました。
 それで私にその本を託してくださいました。私は、帰りの電車の中で読み、不思議な感覚を覚えました。

気負わず広い心で現実を直視している姿に惹かれました
生まれたときに仮死状態で数時間経過観察で、だめだと判断され、ほぼ“死産”の烙印が押されかかった瞬間に産声をあげたという“命”の持ち主です。生まれた瞬間から何だかおもしろい・変った生き方をしてきたような・・・。子ども時代の出来事・考えたこと・・・、キットちょっと変っている人とみなさんに思われてきたのではないかしら。
 ALSになったこと、職場での仲間の支え、呼吸補助の様子、家族の心のうちなど多様なことが綴ってあるんです。しかし、よくある闘病記とはなんだか違うんです。
 私は、直接お会いした記憶はないのですが、私が想像するに、この方は見栄っ張りの頑張りやさんで、仕事も家庭も手抜きができず精一杯突っ込む人で、負けずぎらいなのではないかと思います。弱い自分を見せるのがイヤで(苦手で)・・・。違ったらごめんなさあいね。 
訪問看護しとして人のために仕事をしてきた人が、最も難しい病気の一つといわれるALS(神経難病・アミトロ・筋萎縮性側索硬化症)になり、誰かの支え・力がないと日常生活を送ることが難しいということに直面なさっている。それなのに、その悲痛感を感じない。書かれている中身を読ませていただく限り、ご自分自身の内面と向き合い、周囲の人たちを改めて見つめなおし、気負わず広い心で直視さなっているように見えるのです。ちょっとの無理があるかどうかは分かりませんが、なんだか惹かれるのです・・・。

牛久保結紀著『支えられてーALS療養者になって』
 牛久保結紀さん(たぶん、40歳代後半、子どもさん3人)は、写真で見る限りは“美人”。本を自費出版しました。どうぞご興味のある方、以下に連絡してください。訪問看護師・ケアマネ・医師にとって勉強になるのは、ALSの呼吸苦についてです。本人でないとわからないといってしまってはそれまでです。少しでもその状態を自分で推測できるように、そして専門家として少しでもよりいい方向でサポートするためのヒントを生の声で語ってくださっています。絶対勉強になります。

本やご本人にご興味のある方は、以下に。
    電話・FAX 0270-32-7370
    email u_yuuki330@yahoo.co.jp


2つ目の出会いのことにつては、またの機会に。


2009.09.19 Sat l 看護、介護、医療関連 l top ▲
『訪問看護実務相談Q&A』出版   9月5日分

 今年は、単行本を何冊か出版予定です。まず、第1冊目が9月20日付で出版されます。題名は、『三訂・訪問看護実務相談Q&A』中央法規出版です。
 この本は、社団法人・全国訪問看護事業協会が編集し責任を持って世に出すもので、当協会の担当者が共同で編集・執筆しました。担当した13名は、現場の訪問看護ステーションの所長さんたちが主です。当協会の週1回の電話相談で電話での相談を担当をしているベテラン所長さん。私は、当協会の事務局の仕事を行っているので、この本のまとめにかなりの時間とエネルギーをかけました。

訪問看護と『医療保険』『介護保険』
 この本のオビに書いてあるのは、「この1冊で、訪問看護制度・運営の全体がわかる」「介護保険・医療保険の訪問看護の最新情報を網羅」「訪問看護の迷いや疑問にお答えします」です。訪問看護をめぐる制度の解釈が難しいために、その確認や疑問の電話相談がとても多いのです。今年の4月(2009.4改訂)に介護保険の報酬改訂があり、かなり変更がありました。その内容を追加し、新しい改訂版として出版したものです。
 昨年、医療保険の改訂があり、昨年度1年間の電話相談が約1000件あり、それを分析・選択・整理し、それまであったQ&Aと合体し、全部整理し、結果的に415個のQ(質問)に対してA(答え)を厚生労働省に確認をして、正確に解釈し著述したものです。
 Q&Aだけではなく、制度の概要や年度別改訂の内容、関係法令・厚生労働省の通知などの原文も掲載されています。訪問看護事業を行う上でなくてはならない本であり、事務職にも必携のものです。
訪問看護事業は、医療保険と介護保険の二つの保険にまたがった事業です。利用者の8割は介護保険の対象者、2割が医療保険の対象者です。年齢・病名・状態によりどの保険の対象者なのかが決まっています。しかし、状況によって同じ月に2つの保険を利用する場合もあるのです。

二つの保険の中で複雑な仕組みの『訪問看護』
この本作りをする中で、一番思ったことは、“なんと複雑になってしまったか”ということです。1992年に訪問看護ステーションがスタートしたときには、非常にシンプルでわかりやすい制度でした。それが、介護保険ができて両方の保険にまたがり、両方の制度・報酬改定のたびによりよいものにするために現場からの要望事項を厚生労働省に提出し、改善されてきたのです。そのことはとても大事なことでよいことなのですが、結果的に非常に複雑で分かりにくい内容になってしまっているのです。利用者にもケアマネにも、そして当の本人の訪問看護師にも理解しにくいほどの難しさです。
たとえば、どちらの保険の対象者かを理解し覚えるだけでも大変なのに、場合により同じ月に医療保険と介護保険の両方を利用する人がでてくるのです。それは医師から「特別訪問看護指示書」が発行された場合です。もともと介護保険の対象の方が、急性憎悪等で頻繁に訪問看護が必要になった場合に「特別訪問看護指示書」が発行されます。そうすると、その日から医療保険の対象になるのです。利用者は、その仕組みを理解することが必要になり、自己負担の違いも覚えなければなりません。請求書が2種類発行されることになります。
様々な加算の条件も名称も微妙に違っていていて、わかっていても頭がこんがらがってしまいます。

「医療保険」へ一本化を?!
 この本作りをする中で、色々考えました。それ以前からも考えていましたし、他の事情もいろいろあるのですが、解決策を大胆に提案しなければならないなあと思っています。
まだあいまいな部分はあるのですが、結論からいうと、『訪問看護サービスは、介護保険を外れて医療保険だけにしましょう』という意見が今の私個人の提案です。これは、次に出版される著書(たぶん、11月ころ)の中で詳しく展開しています。

 関係者の方は、ぜひ『三訂・訪問看護実務相談Q&A』中央法規出版 をお手元に!
「中央法規出版」「全国訪問看護事業協会」などのホームページからでも。



2009.09.09 Wed l 著書紹介 l top ▲