上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
負の連鎖を断ち切る   7月25日分

 「自分って、どうしてこうなんだろう」と歯がゆく思うことはないですか。自分ではそんなふうにしようとは思っていないのに、そうしてしまう自分がいる。私もいろいろ思い当たります。

妻妾同棲の生活
先日、知り合って間もないAさん(50歳代前半、男性)とBさん(50歳代後半、女性)と三人ではじめて夕食をともにしました。なんだか知らないのですが、気があうようなのです。仕事も性格もさまざまにバラバラ。
 話の途中でAさんが、こんな話をし始めました。
「僕の家は『妻妾同棲』だったんですよ」
「ええっ。妻妾同棲って、あの、本妻さんとおめかけさんがいっしょに暮らすというの?」
「そう。母は何人かの父のおめかけさんといっしょに暮らしていたんだよ。愚痴も文句も言わず、そういうものだと思って・・・。だから、家には『個』『プライバシー』などというものはなく、食事のときもいつも『公』だった」
「ヘイ、妻妾同棲ということが死語で昔の話かと思ったら、つい先日まであったんだ。お父さんはそんなにお金持ちでいい男だったの?」
「自分は、東北の有名な大きな料亭の息子。ある時期まではお金の苦労をしたことがない。祖父母や母が料亭を切り盛りして、父は半ばアルコール中毒で遊びだらけの人生だった。そして気に入らないことがあると暴力を振るっていた。自分はそれがいやでいやで・・・。遊びには連れて行ってもらっていい面もたくさんあるけれど・・・。だから、早く家を出たいと強く思い、東京の大学に入学し、それ以降東京での生活になっている」

子どもに暴力を振るってしまう・・・と
Aさんは続けて言う。
「『負の連鎖』を断ち切るのにたいへんな思いをしているんです。父は暴力を振るっていた。自分はそれがいやでいやで仕方なかったのに、自分に子どもができて思い通りにならないときに、無意識に自分が子どもに暴力を振るってしまうんですよ。なんと情けないか・・・。そして妻にどうして暴力を振るうのかといわれる。いけないと思いながら無意識に手が動いてしまう『負の連鎖』というものがあるんですね。ほっとけば、自分の子どもや孫まで代々連鎖してしまうかもしれない哀しいものがあるんですね。
だから、自分の代で断ち切らなければならないと決意しているんです。妻に指摘してもらいながらがんばっているんです」
 
プラスの連鎖、マイナスの連鎖
 Aさんは、マイナスの連鎖の話をしみじみと話してくださった。あって間もない私とBさんに、「何だかわかってもらえそうな気がして、ついしゃべっちゃいました」と。
 自分自身の思考や行動が、自分の中から形成されたものだけではなく、無意識に誰からか、どこからか引き継いでいるのでしょう。それは遺伝で変えられないものではなく、意識化しなければならない。
  “マイナス・悪の連鎖”だけではなく、“プラス・善の連鎖”もあります。知らず知らずに、“人の手助けをしよう”“お金より大事なものが社会にはある”などと、人のために昼夜を忘れて動いている人もいます。
 それを自覚し、自分がプラスの連鎖だと思うことは伸ばし、マイナスの連鎖だと思うことは、Aさんのように思い切って自分の代で断ち切る努力をしなければならないのだと思います。

 いい酒を飲み、楽しく語らった会でした。
スポンサーサイト
2009.07.27 Mon l 日々の出来事 l top ▲
都議会議員選挙の結果を見て   7月15日分

 毎日のマスコミ報道は総選挙・政治の変換のことが多いです。それはもちろん必要なことです。先日の都議会議員選挙も大々的に報道されました。政治・政党そのものについてはここでは私は言及をしませんが、感想をちょっとだけ述べます。

ご存知の通り、結果は自民党大敗、民主党圧勝、公明党議席増、共産党議席減、社民党議席獲得ならずです。総選挙前哨戦といわれ、その結果、8月末の総選挙が確定したところです。

変わらないと思っていた・思っていることが変わる
 私は、小学生のころから日本の社会が何か変だと思っていました。一生懸命働く者が報われず、遊んでいい加減に生きている人がどこからかお金が舞い込んでくる周囲の実情をおかしいと思い変革しなければならないと。正直に一生懸命生きる人間がそれなりに生きていける社会にしなければならないと、子どもながら思っていたのです。親戚や周囲に政治家はいませんでしたが、私自身の中からわいたわけではないでしょうから自覚はしていませんが誰かの影響は受けているのでしょう。
 自民党員の個人はいい人もそうでない人も知っています。私の考えでは、個人ではなく、自民党のその発生や性格からして弱い立場の人間を守ることや環境を守る政策をどうしてもでききれないと思っています。「お金」「利権」「権威」が大きく絡む・左右される社会は、大事なものが切捨てられる。だから、私は自民党にはずっと反対してきました。それは今も変わりません。
正義とか正直とか言う言葉が通じない腐敗・汚職・うそ・だましなど人間社会で醜いとされていることがまかり通るような政治の世界。普通に考えると当たり前に思うことが通じなくて結果的にどうしても政治が変わらないという状況が50年余続いているのです。いくらがんばっても変革できない、なんともいえない無力感。
 それが、今度の総選挙で変わるかもしれない、絶対に動かないと思っていた石が動くかもしれないということが見えてきたようなのです。自民党に変わると予測される民主党が果たして自民党とどれだけ違うのか、市民の言葉と常識が通じる政治が行えるのか私は???の部分はある。しかし、とにかく半世紀続いた政治体制が変わる可能性があることには目を見張りたいと思う。

若い政治家に期待と一抹の不安
 都議会議員選挙で気になったのは、若い議員の立候補と当選のこと。20歳代・30歳代の若い男女の当選が目立った。若くして政治家を志すことが悪いとは思わない。むしろ若いときからきちんと政治に目を向け、自分自身の意見をきちんと持つことはとても大事でみんなにそうなってほしい。
 しかし、政治家とは何をする人か、そのためにどういう資質が必要か。じっくり考えなければならないと思う。時流に乗り、一時の勢いだけで政治家になっていないのか。政治家の中には、選挙民の票だけ気にして顔見せ挨拶だけして歩く政治家、エステに通って顔のしわ伸ばしに精を出している政治家、威張って周囲を怒鳴り散らしている政治家(自分が偉いと勘違いしている)、若さだけを売り物にしてイメージと勢いしかない政治家・・・聞くに耐えない話しをよく聞く。本物の筋の通った政治家を目指してほしいと思う。

政治家に必要な資質
 私が思う政治家に必要な資質をいくつかあげると、次のよう。
①『歴史の目』と『世界の目』で、現実を見る姿勢と勉強する姿勢
 一つの問題をどう解決するか。単純ではない。それを縦軸である歴史的な視点で、横軸である地球上の世界の視点からみて熟考して見出していくことが大事だと思う。そのためには労をいとわず勉強し続け、探求し続ける資質が求められると思う。周囲・秘書にやらせるのではなく、自分が中心になって行う姿勢が重要。
②自分の視線・立場をどこにおくかが決定的
 日本の社会全体をよくしていこうということはみんなが発する言葉。その中で私が思うのは、弱い立場といわれる人(自分自身の力ではどうしても生きにくい人)、個人のせいではなく社会のあり方の矛盾をもろに受けて生きにくい思いをしている人、言い方を変えれば社会保障の対象者の視線に自分の身を置き、国全体を見ていく姿勢が非常に大事だと思う。
 今回当選した若い議員と同世代の若者がどういう状況に置かれているか。身の回りにそういう人がいないとなかなか実感できないが、想像以上に深刻。もしかしたら、議員になったあなたが派遣村に行かなければならないかもしれない。議員と仕事がなくてネットカフェ暮らしをする人は表裏一体という日本の実情だと思う。議員になった若手議員が『勝者』ではないということの自覚とその実態をきちんと身をもって実感することが重要だと思う。
財源・経済云々はもちろんいろいろある。それはそうだが、成熟した人間社会の仕組みつくりをする責任ある立場としては、このことをしっかりと土台にすえなければならないと思う。
③一市民として、人間として恥ずかしくない生活・生き方をすること
 「うそをつかない」「ごまかさない」「だまさない」「いじめない」「威張りちらさなさい」などという、政治家の前に当たり前の一人の善良な市民であり続けることが大事ではないだろうか。

 暑くなってきました。どうぞご自愛を!

2009.07.19 Sun l 日々の出来事 l top ▲
クレージーな人   7月5日分

 2003年に認知症関係の本を2冊出版しました。『生き返る痴呆老人』(筑摩書房、宮崎和加子・日沼文江著)と『大逆転の痴呆ケア』(中央法規出版、和田行男著・宮崎和加子サポーター)です。どちらもとてもいい本で、どちらもよく売れました。買ってくださった方ありがとうございます。特に『大逆転の痴呆ケア』はこの業界では空前のベストセラー。今でもまだ売れています。
 『大逆転の痴呆ケア』は、著者の和田行男氏とサポーターの私と、もう1人中央法規出版の編集者尾崎純郎さんの3人の共同作品ともいえます。もちろん和田行男氏が心血注いで書いたのですが、作品になるように、私と尾崎さんが何とも表現しにくい支援というかかかわりというか・・・それで完成したのです。

認知症専門雑誌『りんくる』の告別式、そして尾崎純朗さんの壮行会
 その後、尾崎さんは認知症専門雑誌『りんくる』を創刊し5年間編集長として認知症ケアの確立のため、本物の実践の紹介・普及に頑張ってきました。しかし様々な事情で『りんくる』が休刊することになったのです。ですから、『りんくる』の告別式。
 また詳しくは知りませんが、尾崎さんが17年所属した中央法規出版を6月末で辞めて、7月から新たにメデイカ出版に勤務することになったのです。それで尾崎さんの『壮行会』を先日行ったのです。長谷川和夫先生(長谷川式スケール)のご挨拶ではじまり全国から多数の方々が集まったおもしろい会でした。
 その挨拶でも述べましたが、尾崎さんは、私にとっては『弟』『弟分』のような存在です。著者と編集者という関係はありつつも、人生で出会った人間同士の大事なつきあいです。とても大事な友人なのです。だから私は、尾崎さんの会のために笑われる、ある“芸”を披露させていただきました。(見てくれて拍手してくれてありがとう!)  結構受けているように見えました。

尾崎さんからのメッセージ 
 翌日、尾崎さんからお礼のメールがきました。その内容がいいんです! これをみなさんに紹介します。

以下、アップルコンピュータ創始者スティーブ・ジョブ氏のコトバです。

クレージーな人たちがいる。
反逆者、厄介者と呼ばれる人たち。
四角い穴に、丸い杭を打ちこむように物事をまるで違う目で見る人たち。
彼らは規則を嫌う。彼らは現状を肯定しない。
彼らの言葉に心をうたれる人がいる。
反対する人も、賞賛する人も、けなす人もいる。
しかし、彼らを無視することは誰もできない。
なぜなら、彼らは物事を変えたからだ。
彼らは発明した。創造した。人の心をいやし、奮い立たせた。
彼らは人間を前進させた。
彼らは人と違った発想をする。
そうでなければ、何もないキャンパスの上に芸術作品は見えてくるだろうか?
静寂の中に、今までにない音楽が聞こえてくるだろうか?
私たちは、そんな人たちのために道具を作る。
クレージーと言われる人たちを、私たちは天才と思う。
自分が世界を変えられると本気で信じる人たちこそが、本当に世界を変えているのだから。


私もクレージーな人間でいたいなあ
みなさんは自分自身を振り返ってどう思いますか?
クレージーですか?
私はクレージーな人間かしら? 
私は、ちょっとクレージーな人間っぽいと自分では思っています。
私は、できればクレージーな人間にあこがれるし、クレージーな人間でいたいなあ。
2009.07.07 Tue l 看護、介護、医療関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。