上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- -- l スポンサー広告 l top ▲
友人の急死・・・   6月25日分

 先日、30数年前・学生時代からの友人(男性)が急死しました。55歳、某大学経済学部教授・学部長。急死の原因は、大動脈乖離。石原裕次郎と同じ病気。お通夜に行ってきました。

信じられない“死” 寂しい・・・ 
 友人が白血病になったり、がんが発見されたり、脳卒中になったりと異変が起きています。そういう年齢になったということなのかもしれません。先日死亡した経済学部教授の彼は(Aさんとしましょう)は全くその兆候がなく突然、あの世にいってしまったようです。血圧は高かったようですが、学生への講義終了後、壇上でその場に倒れ、そのまま心臓が止まったとのこと。大動脈乖離という難しい病気です。
 Aさんとは、古い付き合いでした。太い眉毛に独特な眼。いつも粋にカッコをつけニコニコしている人でした。『ワカは、全く元気がいいね。ワカの看護・社会保障の分野と僕の経済の分野は遠いようで実はとても近い関係なんだよ』と、学生の頃から私に教えてくれた。私の学生時代の愛称は『ワカ』。学部関係なく、みんなが昔から、今でも『ワカ』と呼んでくれる。
 最後に会ったのは、共通の友人の人生2度目の結婚式。同窓会のように集まった50歳代同士の結婚式は盛り上がった。ジェームス三木さんが主賓のあいさつ。それも3言で終わり。「一度目の結婚は、『判断力の欠如』、2度目の結婚は『忍耐力の欠如』、3度目の結婚は『記憶力の欠如』ですよ。頑張ってください」と自らの経験談も含めて話された。
 Aさんとは久しぶりに会ったが、妙に太っていた。「Aさん、メタボじゃない。Aさんといえば、私のイメージはスマートなかっこいい人。どうしたの」「そうなんだよ。太っちゃってね。いろいろストレスも多いんだよ。そのうち、痩せるよ」とにこにこしていたのでした。
 そんなに親しくたっぷりと話し込んだわけではないAさん。しかし、亡くなったということを聞いて心の深くに引っかかりができたようでした。何となく気になり、ふと顔が眼に浮かび、「いないのか~」「亡くなったのか~」と。こうやって大事な友人たちがいなくなるのか・・・。寂しいなあ。
 
今、死ぬとすれば、人生の満足度は何点?
 お通夜に駆けつけた学生時代の友人は10人くらい。終了後、みんなで食事をしながら“追悼”といいたいところだが、雑談に花が咲いた。集まったのは、弁護士・教職・公務員・芸術家・主婦・・・。
「いつ死ぬかわからないね。Aみたいにあっという間に死ぬね」
「いつ死んでもいい覚悟と準備はできているの」
「覚悟はできているけど、準備はできていない」
「もし、Aさんみたいに、55歳で死なざるをえないとすれば、これまでの人生に何点つけるかね」
「僕は、85点。いつ死んでも悪くないけど、まだ遣り残していることがあるから、その分のマイナスだな。定年前に仕事を辞めて早めにやりたいことをやってしまおうかな」
「私は、95点。ほとんど悔いなし。いつ死んでもOK」
「自分は、まだ死ねない。病気をしてやりたいことをほとんどできない人生だった。50歳代後半から大学院に入り勉強しなおしたいと思っている」
「ヘイ。僕は考えたことがないなあ」
しんみりするわけではなく、Aさんの死をきっかけに自分たちの死に方・死までの生き方についての大論議になった。こんな会話が大好きだったAさんだから許してくれるだろう。

友人は宝物
 「次は自分かもしれない。自分の時には、おまえ、葬儀委員長になってくれよな」などと話は飛んでいった。今は、肩書きも偉そうになった面々だが、会ってみると昔ながらの青年のまま。言いたいことを言い合える仲間はありがたい存在です。
 私は、看護学校だったのですが、たまたま大学医学部付属看護学校ということで、他学部(経済学部・法学部・教育学部・工学部・農学部・文学部・・・)のみなさんと仲良く学生活を送ることができ、今でも看護学生の友人よりも他学部の学生だった人たちとの方が会う頻度も親密度も深い実態です。社会保障の分野を担う一人としてみなさんと対等に日本の将来について議論できる関係がとてもうれしいのです。
 何が財産かといえば、私の場合はお金や地位ではなく、“友人たちが宝物”です。
宝物が減るのは、なんともいいようのない寂しさです。


スポンサーサイト
2009.06.27 Sat l 日々の出来事 l top ▲
ガルーダ 飛び立った!   6月15日分

 昨年末からずっとかかわってきた『ガルーダ・サポーターズ』という団体が、6月14日に正式に設立しました。私にとって、2,009年6月14日は忘れられない日になるでしょう。
 その日、東京・広尾のJICA地球広場は申込者よりもはるかに多い入場者に沸き立ちました。会場に入って誰も知っている人がいないという状況がほとんどのようだったようです。日曜日なのに外務省はじめ行政の方、これからフィリピン人やインドネシアの第2陣を受ける施設の方、日本語教育を心配している日本語教師の方々、インドネシアに縁がある人・看護師・介護福祉士、マスコミ人、研究対象にしている多数の大学院生、大学教師の方々、商社マン・・・。多様な立場の方が集まってくださいました。
 
35人もの、インドネシア人候補者が!
 当会として招待したのは、茨城県の介護施設で研修・就労しているエカさん(22歳、男性)のみ。エカさんは噂によると、タレント志望(看護・介護の研修終了後)といわれるほど、歌や踊りが上手。にこやかな笑顔で会場を和やかにしてくれる。民族衣装を大使館から借りて素晴らしい芸を披露してくれた。
 ところが、どうしたわけか、関東周辺に就労・研修しているインドネシア人候補者がおおよそ30数人当日遊びに来てくれたのです!! 関東だけではなく、兵庫や鳥取からも来てくれたのです。それはこの会のためというよりは、「東京に一度遊びに行きたいと思っていた」ということもありますし、「みんなと久しぶりに会いたい」とあちこちから自分のお金で集まった同窓会のようなものだと思います。役員もびっくりです・・・。
 久々に集まったみなさんの顔は、うれしそうでした。何ともいえない表情で再会を楽しんでいるように見えました。
 そして、会の報告「候補者たちはガンバッています」という場面では、みんなが壇上に立ち、歌・踊り・伝統芸能など約40分間に渡って会場のみんなを魅了する一時でした。私や移民政策研究所所長の坂中先生まで壇上に誘われていっしょに踊ってしまいました。
 いっしょに踊った私は、楽しかった!!
 みんなが言うんです! また、みんなが集まる機会を作ってください!! と。 サポーターズとしては、関東でも関西でも実施しなければ!  早速、関西開催の実行委員会が発足しました。

在日インドネシア人のサポーターズの方の発言に驚き!!
 私は、この「ガルーダ・サポーターズ」の動きをする中で、落ち込みました。誰にも言えず一人で落ち込み、“どうして思うようにいかないのか”、“どうして批判を浴びなければならないのか”と小さくなっていました。そんな時、私を一番、まっすぐに勇気付けてくれたのは、丹マウラニさんです。彼女は、在日20年で日本語は私より上手です。早稲田大学留学生でその後、日本人と結婚して2児の母です。今回、「ガルーダ・サポーターズ」準備会と知り合い、全面的に支援者となって動いてくださっている方です。気持ちをストレートに伝えてくれます。とにかく優しいのです。
 3月から来日候補者からのSOS相談コールを受けてくれて、私たち事務局といっしょになって対応してきました。いわゆる同志のような存在です。
 6月14日の設立のつどいのときに、壇上に立ったマウラニさんの発言は、目を丸くしました。「来日した候補者たちは、詳しい情報をもらっていないのです。そして落ち込み苦慮しているんです! 私はいいたいのです。送り出す側のインドネシアの政府はもっとしっかりやってください! モノを輸出するのではないのです! 人間が動くのです。 きちんと情報を提示してください! 私は政府の対応に怒りにも似た感情でいっぱいです!!」
 迫力がありました。私などが絶対にいえないことをマウラニさんははっきりといっていました。私はつくづく思いました。遠慮しないで、誰にでもきちんと言っていかなければいけない! そうしないと来日した人、そしてそれを受けた側の両者が苦慮するだけだと!

無理があるやり方  大幅な修正が必要!
 当日、私も報告しました。それは「SOS相談コール」「アンケート調査」から見えてきたことを報告しました。詳しくは述べませんが、今のこのやり方・EPAの仕組みは来日者も受け入れ機関にとってもとても無理があるやり方であるとういうことです。大幅な修正が必要なのではないかと思っています。団体として、次期、提言をしていければと思っています。
 
とてもいい会だった

 会合の時間が長引いて迷惑をかけたことは申し訳けありませんでしたが、193名が集まり、中身の濃い報告が続出し、他のどの会合よりも情報量が多い内容だったのではないかと思います。
 この会の出発をずっと準備してきたものとして、『ガルーダが飛び立った!!・・・』という達成感・安堵感で胸がいっぱいです。ガルーダは、飛び立ったからには、自分の力で飛び続けるのをみんなで応援していければと思います。

 詳しくは、ホームページに載せていきます。あと10日ほどでホームページが一新すると思いますので乞う期待! またこの場でお伝えします。6月14日の詳しい資料などが必要な方は、私のメールに連絡を下さい。特別に送ります。(Email info@miyazaki-wakako.jp)

2009.06.17 Wed l EPA、ガルーダ関連 l top ▲

自分の中で“生きる言葉”       6月5日分

 先日、私の看護師の恩師である川嶋みどり先生(日本赤十字看護大学学部長)に久々に会いました。『ガルーダ・サポーターズ』の顧問になっていただくお願いのためです。インドネシアから来日している看護師候補者たちは、たぶん自分の中で悶々としているのではないかと勝手に想像しています。だって、来日しているのは、自国で3・4年看護大学で勉強をして国家資格をもってバリバリ現場で活躍してきた人です。それが日本に来て看護師としてではなく、看護助手・無資格者として補助的な仕事(汚物洗いなど)しかできないわけです。(日本の国家試験合格までは)資格者・プロとしてのプライドは世界共通でしょう。私だったらたぶん・・・。このEPAの看護師・介護職候補者問題を考えるとき、単なる労働者・研修者としてではなく、専門職・プロの問題としても考えなければならないわけです。
そんな時、顧問には日本の看護界の大御所である川嶋先生が最適だと思ったのです。川嶋先生は、全体の説明を聞いてくださり、「わかったわ。EPAにはいろいろ意見があるけれど、来日した看護師たちを尊重することは大事なことです。顧問になりましょう」と承諾してくださいました。
 超多忙の川嶋先生に、恐る恐る「ガルーダ・サポーターズの設立のつどい」に一言メッセージを!とメールしました。そしたら、即返信がきてその中にステキなメッセージが書いてありました。私は、脱帽・・・。川嶋先生は、「私、もう78才になったのよ」とおっしゃっていましたが、私が始めてお会いしたのが34年前(先生が44歳、私が20歳)。先生が全然変らないのです! 顔・皺・鋭い表情・姿勢・頭のさえ具合も、何より記憶力が衰えないのです! 私が知る限り忙しさの度合いも、いつも「忙しいのよ。睡眠時間をとれないのよ」といい続けています。どうして後期高齢者になっている年齢なのに(年齢相応の衰えもなく)若々しくバリバリできるのだろうか・・・。「先生、おばけみたいですね、変らなくって」と冗談でいったら、「何いっているのよ」と一笑。依頼への返事の早さといい、脱帽・・・。

私にとっての川嶋語録
 私にとって川嶋先生は、ずっと刺激的な方です。人生の折々に川嶋語録が私に影響を与えてきました。
 たとえば、3人の子どもに接する時間がなくて悩んでいる私に、「子育ては量ではなく、質よ。頭と心を使って“質”を考えて」。超多忙でめげている私に、「忙しいときほどいい仕事ができるものよ。暇になってごらんなさい、結果的にいい仕事なんてできていないから」。子育てと仕事の両立に四苦八苦している私に、「子育ては、1人の子どもに5年、あなただったら合計10年がんばればいいのよ。あと少しよ。あきらめずに両立させなさい。ふと気がつくと、20歳の子どもと居酒屋にいけるようになっているから」本当にその通りなのです。また、「看護師の仕事と家庭を持つことの両立をさせることは、人生を2倍楽しめるわよ」。
 そのほかにもたくさんありますが、川嶋先生がおっしゃると“そうか”と自分の中にすっとその言葉が入ってくるのです。そうやって励ましていただいて仕事を続ける(日常業務だけではなく、創造的なライフワーク)ことができているのだなあとつくづく思うのです。

知らず知らずに自分の価値観に
 若い頃からの母との会話。
私「忙しくてたいへんなの。手伝いにきて!」
母「いつもいつも、忙しいっていっているわね。じゃあ、1週間だけ泊まりにいくわ」
私「本当にそうだね。私って家庭を顧みず親の支援を受けながら仕事ばっかりしているね。やっぱり少しは仕事を減らしたほうがいいかしらね」
母「いいや。仕事を頼まれるうちが華・花だよ。できることなら何でも寝なくても受けて頑張ればいいよ。忙しいということはありがたいことだよ」
“そうか、忙しいということはいいことなんだ”“来た依頼はできる限り断らない”そんなことを知らず知らずに自分の中で大事にしている自分に気がつきます。

自分の価値観とか自分で考えたことなどと思っていることが、実は知らず知らずに誰かの言葉を自分の言葉にしていたり、無意識に影響を受けていることがあるのだと思います。

久々に川嶋先生にお会いして、その姿を見てそんなことを感じました。



2009.06.06 Sat l EPA、ガルーダ関連 l top ▲
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。